FC2ブログ

裏朝顔

今年は朝顔の種をたっくさん蒔きました。
去年は外壁補修工事でうちの周りに足場が掛かっており、朝顔棚を作れなかった反動ですかね。
(足場に朝顔巻きつけたろうかと思ったのですが自粛しましたし)

で、西側の窓の外に植えたもんだから、西日除けにもなるし、
何より嬉しや、裏朝顔。

裏朝顔①

部屋の中から、朝顔の後姿を眺めるのもまたオツなもの。

裏朝顔②

裏朝顔③

裏朝顔④

裏朝顔⑤

とはいえ、結構こちらを向いて咲いてくれる子も居たりして。
裏朝顔⑥

鈴木其一の朝顔図屏風みたいに、蒼い朝顔だけにしようかとも思ったのですが、
そうすると外壁を金色に塗りたくなってしまうのでやめました。
で、大小色とりどり多種の種を買ってきてバラ蒔くというね。
でも結果毎朝色んな色や模様や大きさの花が咲き、とても楽しい。
来年も沢山蒔こうと思っています。

裏朝顔⑦

裏朝顔⑧

こうめの風鈴越しに観る裏朝顔、佳き哉。
裏朝顔⑨



スポンサーサイト



白鳥の湖

信濃の国からやって来た黒いお皿。
(だいぶ前のお話し)
これは絶対に、白いお菓子が似合う!
ふんわり、ほろほろした白いお菓子!

というわけで、白いお菓子をやっと入手しましたので晴れて撮影。
白鳥の湖 ①

クロス模様が素敵。
「白あずきさんは確かキリスト教の学校を出てたはずと思って…」
と贈って下さったのです。
確かに…カトリック系のガッコに居りました。
なのでキリスト教の行事とかグッズ(言い方…)大好き、なんで嬉しい~。
でもこんな汚れちまった私には勿体なさ過ぎです、すいません & ありがとう!

白鳥の湖 ②
下に敷いた白鳥さんにお気づきかな?
ふふふ、実は行ってきたんですよ、松本&開運堂さん。
下に敷いた白鳥さんは、銘菓『白鳥の湖』の手拭いです!
そして、なんと、『白鳥の湖』が缶入りになっていてビックリ(シードルさんから聞いた気もする)。
白鳥の湖 ③
しかし、缶入り⇒紙箱に変更、のパターンはわかるけど、
紙箱⇒缶 のパターンは画期的だと思う。
空き缶、何を入れようかなwkwk

白鳥の湖 ④

久し振りの松本、例によって日帰りだったけど楽しかったー!
写真はあまり撮らなかったけど、もしかしてつづく?




紺スタ 2019

今年も桜を愛でに盛岡へ(日帰り)。
姪っ子が、「ちょうど”紺スタ”やってるよ」 というので、姉と姪っこと三人で参加しました。

紺スタ 1

「紺スタ」 = 紺屋町スタンプラリー です。

紺屋町っていうくらいだから、昔は紺屋が多かったのかな←調べなさい
城下町っぽい名前でしょ。
紺屋町スタンプラリーは実はずいぶん前からやっていて、今年で七回目くらい?←調べなさい
私は初めて知りましたが、知っていたら毎年やっちゃってたかも…という程楽しかった!

はい。四月のことです。(今は六月。しかも明日から七月…)
紺スタ 2
白いスタンプ帳は300円。つまり参加費300円てことですね。

こんな感じで参加各店を回りスタンプを押してくる(買い物はしても良ししなくても良し)。
紺スタ 3
もう、とにかくスタンプも可愛いのよ!

紺スタ 4
スタンプのスタートは、左ページの三軒の和菓子屋さんでした。
(もちろん何処から始めてもOK)

大丸屋さんの桜のスタンプのモデルは、このお干菓子(桜ゼリー)だそうです。
紺スタ 5

紺スタ 6

スタンプはお買い物しなくても全然構わないんだけど(そもそも参加店は商店だけではないし)、
こういう手軽に買える可愛いものを見ると、ついついちょこちょこ買っちゃう。
普段知らなかった地元のお菓子を新発見したりするのもいいね。

紺スタ 7

そして、お買い物スタンプコンプリートしてしまいました。
紺スタ 8

(あ、写真めっちゃ多いです。適当にスルーして下さい)

紺スタ 9
紺屋町番屋。
紺スタ 10

実はここ紺屋町は、私が盛岡で働いていた時の職場が有った町。
なので、懐かしさいっぱいで、それだけでも楽しかったのですが、
この界隈は盛岡でも特に情緒があり、古い建物や個性的なお店が沢山有って新しい発見も有り、
ただ歩いているだけでも楽しいうえに、普段は入りずらい所にも入れたりとワクワクな企画でした。

紺スタ 11

ユーモアのあるスタンプがいっぱい! これ…
紺スタ 12

私は紺スタの手帖と別に、マイスタンプ帳にも押しまくってしまいました。
紺スタ 13
こうして並ぶとなかなか圧巻。

紺スタ 15

紺スタ 16

紺スタ 14
平興酒店は、地酒「菊の司」の親戚筋で、菊の司を中心に置いている酒屋さんですが、
角打ちでも有名。
近くに勤めていた時代には、行ってみたいなぁ~と思いつつ入りずらかったのですが、
この日は紺スタの力を借りて、明るいうちから角打ちで飲んじゃったりして…。

紺スタ 21

紺スタ 22

紺スタ 17
いつしか常連さん達から「平興学校」と呼ばれたそうです。

紺スタ 18

紺スタ 19

紺スタ 20
手前に並んでいる缶詰とか乾き物は、角打ち特有のアテですね。

こちらは別の和菓子屋さん。
クリスマスの菓子型!今でも作って欲しいなぁ。
紺スタ 23


紺スタ 24
『草紫堂』さんは、紫根染の絞り模様のスタンプ。
ここ、当時居た会社の直ぐ近くだったけど恐れ多くて一回も入ったこと無かった…初入店!
紺スタ 25


紺スタ 26
『ござ九』さんは以前にもUPしました。大好きなお店。
紺スタ 27

全体像を写せないほど広くてスバラシイ建物です。当然文化財指定。
紺スタ 28


南部鉄器の『釜定』さん。ここも懐かしい店先。
紺スタ 29

紺スタ 30
『ウサギボタニカ』は残念ながら準備中。(店の前にスタンプが置いてある)

紺スタ 31
この紅茶のお店は会社に居た時、時々通った思い出の喫茶店。
久し振りに入りました。

懐かしくて、大好きな風景たちが何十年経ってもまだそこに在るという幸せ。

紺スタ 32

紺スタ 33

紺スタ 34

紺スタ 35

紺スタ 37

絶対撮っちゃう岩手銀行(辰野金吾設計)。
紺スタ 39

紺スタ 40

夕照。大好きな川を渡ってそろそろ帰ります。
紺スタ 41

うしし…。
紺スタ 42

紺スタ、来年も参加したいな。






庭の記憶 20190505

近頃、重い荷物が耐えられなくなり、写真はもっぱらスマホ頼りで、
カメラを全く持ち歩かなくなりました。
でもスマホの写真って、やっぱりPCに落とすとイマイチなんですよねー。
(遠回しにブログをさぼっている言い訳)

でも、お庭の写真ならカメラで撮れるじゃないか。
と、連休に撮った数枚。
もうカメラの使い方がワカラナイ…(わからなくなるほどの高度なカメラではないのに)

まぁ、ジャスミンが満開で嬉しくなってカメラを引っ張り出したわけです。早い話。
20190505ジャスミン

ハゴロモジャスミンは、若い時、春になる度買っては部屋に置き、
そして枯らしていた…。
だから、香りを嗅ぐと、二十代の四月、五月の記憶がぐぐぐーっと引き寄せられる。
大学に入学し、一人暮らしを始めた部屋の事や、
会社に入社したての新鮮な気持ちに戻れるんだなぁ、一瞬だけど。
植物の香りに伴う記憶って、ほんと凄いといつも思う。
(梅とか雪柳とかジャスミンとか金木犀とか)

こちらはろくなお世話もしてないのに、そこそこ美味しい実を付けてくれるブルーベリー。
20190505ブルーベリー
去年も沢山実ったけど、外壁修繕工事で洗浄剤とか撒かれたので食べられなかったから、
今年はこうめと一緒に食べまくるぞーっ!
因みにこれを書いてる5/13現在、もっと沢山実ってます。わくわく。

去年の修繕工事の足場組立のために移植したコクテールは、無事今年も咲きました。
20190505コクテール
引っ越した十年前に植えて沢山花を咲かせたピンクのつる薔薇は、足場設置のせいで枯れてしまった。
小さな私の庭にも植物相の遷移の縮図が(そんな大げさなもんではないが)。

そして、去年は植えられなかった朝顔の芽が沢山出て来ました。
庭仕事は果てしなく、そして楽しい。



追いかけて盛岡

あー、今年はついに桜記事をUPしなかったなぁ。
ということで、桜を追いかけて北国へ。

と言っても桜の写真はこれしかないの。
2019-04-22 桜山神社 ①

市内の櫻山神社さんです。
あれ、なんか変な奴がぶら下がってる…。

なんじゃ、こいつww
2019-04-22 桜山神社 ②

櫻山さんは季節ごとに社門に可愛らしいモビールが飾られていて楽しい。
手作り感満載で、親近感を覚えます(マイ産土神なので尚更)。

盛岡では楽しいスタンプラリーに参加。
その件は、また後日。
(とりあえずスポンサーサイト消し


Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作