スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩絵の具を作ろう!

いや~、色んな事やってくれちゃう先生だけど、さすがにびっくりしたね!

前回の日本画教室、なんと岩絵の具を作りました。

(こんなことやると思わなかったから、カメラ持ってなくて・・・
 携帯のカメラなので見にくくてすいません)



なんか色々な石を持ってきて・・・

石いろいろ

こんな感じに砕いて・・・

これなんだっけ?

ミルでグア~っっと挽いて、

アズライト?

目の粗さが五段階の「ふるい」にかけて、

セルレアイト③

それぞれ小袋に分けていれまして、出来上がり!

ソーダライト③
左が一番粗いのです。
右にいくほど細かくなる(白(びゃく)程度)

こんな”篩(ふるい)”を使います。

ふるい

不思議なのは、
挽く前の石の時の色が、そのまま出るわけではないんですね。
それに、粗さによって色が違ったりする。
たしかに売ってる絵の具も、番手(粗さ)で色が変わるからな~。

たとえば、綺麗なオレンジ色のこの石。
その名も 「オレンジカルサイト」。

オレンジカルサイト①

オイシソ~♪

でも、挽くとこんなに白っぽくなっちゃいます。

オレンジカルサイト②

カルサイト(calcite)は、いわゆる方解石で、組成は炭酸カルシウム(CaCO3)。
あの透明な水晶みたいなの?
不純物を含んでいると色が付くらしい。
カルサイトの仲間は他にもいちごみるく色の美味しそうなのとかあったけど、
みんな透明部分があるから、挽くと白っぽくなってしまうみたい。



こちらは、マラカイト(孔雀石)。

マラカイト①

これを挽くと・・・

アラカイト②

これは割と、ちゃんと岩絵の具の緑青ぽくなります。

マラカイト③

水晶ぽくない石の方が、きれいな色が出るのかな?

以下、挽く前の石と、挽いた後の袋詰めのものです。
色を比べてみてね~。

ブルーカルサイト(これも方解石ですね)
ブルーカルサイト

モッカナイト
モッカナイト

ロードナイト
ロードナイト

この石は、ソーダライト
ソーダライト①
挽くと、こうなります。
ソーダライト③

大理石は、それっぽい色になる。こんな絵の具あるね。
大理石


あ、この石、おもしろいでしょ。
ラブラドライト

ギラギラしていて光り物の魚みたい。

ラブラドライト②

挽くと、こうなります。なんか特徴のない色・・・。
ラブラドライト①



この石は、綺麗なブルーのセルレアイト

セルレアイト①

はっきりくっきりした色が出るかと思いきや・・・。

セルレアイト②

いまいちですねぇ。
黒い部分が多くでるところは、ちょっと汚い色になります。

セルレアイト④


絵の具やさんが出来そうです

いろいろ①
いろいろ②


マラカイトは、1個ずつおみやげにいただきました。

お持ち帰りアラカイト

パワーストーン事典によると、マラカイトの効果は、
◆緊張や不安、恐怖、トラウマなどのネガティブな感情を取り除く。
◆神経をリラックスさせ、癒しのパワーを持っている
◆マラカイトは危険を察知する石と呼ばれ、持ち主の身を守り、
 危険が迫ると身代わりとなって石が割れると言われている。
◆人間関係の拡大や安定にも効果的。
◆マラカイトの粉末をまぶたにつけると、目の回りに飛んでくる虫除けになると言われる。
 クレオパトラはアイシャドーに使っていた。

ほほーお、最後の虫除けは笑わせるが、
なかなか役に立つのだな。

しっかし、岩絵の具って、乳鉢でゴリゴリやるんだと思ってたよ・・・。
あー、面白かった♪







スポンサーサイト

ガラスのうさぎ (の貯金箱・パート2)

先月、ご紹介したこの花瓶関連の後日談です。

うめ花瓶・正面

これをプレしてくれたYちゃんのお話しによると、
某アンティークショップで発見!
店主曰く、
  「S30年代の静岡銀行のノベルティの貯金箱」
とのこと。

この記事に対する、シードルさんのコメント
  >静岡銀行のキャラは昔からうめぴょんてことでOK?
  >ほかにもあるかもよ~!

が、ひじょ~に気になり、検索してみたら・・・

あったのですよ!!

さっそく、お取り寄せしたのは言うまでもありません。

ガラスのうめ貯金箱2号②

かなり小ぶりになりますが、
伏せ状態の、まさに、うめ様!

背中の硬貨投入口が、まさに同じ!
そして、これもまた、取り出し口がないっす。



正面顔がキュ~ト
ガラスのうめ貯金箱2号①

これは、関西方面のアンティークショップのサイトでみつけました。
他にも二件ほどヒットしましたが、「どこかの銀行のノベルティ」という情報のみ。
他のバージョンもあるのかな~。

そうだ!
静岡方面の某ブログのSさんに聞いてみよう!
昭和30年代は、既にばりばり物心ついてるはずだしね!

で・・・・。

今度も、やっぱり、花瓶にしました。

ガラスのうめ貯金箱2号③

うめ様の大好きな、クローバーを生けてみました




はじめまして

なんとなく、『書く』ことをしたくなって、
ブログを始めてしまいました。

ほんとは、メールよりも手紙の方が好きなくらいなので、
日記帳でもつければよいのでしょうが、
残るものはなんだか嫌で、ブログにしました。
ブログも残るものだけど、私が誰だかわからないから、ある意味残ってないのと同じでしょ?
実は、ブログの仕組みもよくわからないけど、
こちらから解約しない限り、私が消えてもプログは残るのかな?
(すいません。利用規約よく読んでないのがバレバレ)

そんなこんなから、ブログタイトルをAmarantine”(永遠)にしました。
ちょうど、エンヤの同名のCDを聴いていたから、というのが真実ですが、
エンヤ曰く、アマランタインとは、
「詩人が"永遠の花"を語る時に使う言葉」なんだそうです。

"永遠の花"ってなんだろう?
ドライフラワーや造花や最近流行のプリザーブド・フラワーでないことは確か。
自分の庭でお花を作ったり、生けたりしていて、花が枯れるのは悲しいけど、
枯れない花は魅力を感じないし、ドライにしてまで飾るのは花が可哀想。
(自分が剥製にされて博物館とかに展示されたらヤでしょ)
今年の花は終わったけど、また春が来たら新しい芽が出てきたよ、っていう繰り返しが"永遠"なのかも。

ちなみに、我が家の庭は、猫の額ほどですが、もう水仙の芽が出てきました。
こんなに寒くても、もうすぐ蕾をつけますよ。



Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。