スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都7時間

うめ様の入院中の、心の隙間を埋めるために突如京都へ・・・。
(病院が休診日でお見舞い行けなかった日のこと)

1.トウカエデ

屋根の上の”しょうき”さんを見ると、京都に来たって感じがするな~。
2.しょうきさん

二条城は堀の外からチラ見。
3.二条城とピラカンサ

近くの和菓子やさん『二條若狭屋』へ。
4.二条若狭屋①

おみやの和菓子を買うと、包んでいる間どうぞ・・・と、お茶とお菓子をふるまわれた。
4.二条若狭屋②

烏丸方面に向かって、あてもなく本能のままに、
うねうね歩いたスナップです。

5.わんこ

地方の地牛乳(地酒じゃないって)の牛乳箱が好きだ。
6.牛乳箱

あっ、この染屋さん着物の雑誌で見たぞ!
たしか帯揚げからでも染めてくれるって・・・悩んだけどこの日はやめといた。(ちょっと後悔)
7.染屋さん

そして通りの向こうに、何か美味しい予感がして方向転換。
すると、それはそれは夢のような喫茶店に出逢いました。
8.ユニオン

なんと形容していいやら・・・奇跡の空間としか言えない。
写真なんて、あの空気を壊してしまうようで、とてもそんな気になれなかった・・。

9.ユニオン外観
この平屋風建物の中に二階吹き抜け三角屋根トップライトな空間があり、
その下で国会中継を見ながらぼーっと本を読んで一時間ほど過ごしました。
(何しに京都へ)

近くの老舗和菓子屋の窓の秋。
10.和菓子屋の店先の秋

で、いつしか烏丸通りまで出てました。
まあ、京都は歩いているだけで十分京都なんですが、
やはり一軒くらいはお寺の庭でも眺めてぱふっとしたいなと、
そっからタクシーで一気に建仁寺へ(閉門時間が不安だったので)。

11.建仁寺①

入り口で、すべて写真OKですとの太っ腹なお言葉。

11.建仁寺②
11.建仁寺③

まぁ、それもそのはず。
ほとんどの絵が複製画なんでね。
だとしても太っ腹ですが。

11.建仁寺④
11.建仁寺⑤
11.建仁寺⑥

建仁寺を出る頃には、少し肌寒くなってきました。

12.草履やさん
あー、こんなとこで草履作りたい。

というわけで、四条大橋の東詰、『松葉』であったかい”にしんそば”を。
鴨川が見下ろせる二階の席で、ひさびさの味を堪能。
父が”にしんそば”好きだったな~。

さて、食べ終わって席を立つとお店の方がエレベーターを呼んでくれましたが、
丁重にお断りして階段で。
すると踊り場にこんなお宝が!

13.松葉①
こちらが原画かと。
13.松葉②

鴨川を渡る頃には、もう夕日の時刻。

憧れの四条大橋西詰めの東華菜館も夕闇に包まれつつ。
15.東華菜館①
15.東華菜館②
あ、ちなみに改修工事中でした。

さて、お茶でもしてそろそろ帰途につこうかな。

16.フランソア①

ほんとは帰ってもうめ様が待ってるでもなし。
最初は泊まっちゃおうかと思っていたのですが、
なんか気持ちがはずまなくって、さびしくなって、早く東京に帰りたくなってしまったのでした。

17.村上重漬物②

へへへ。
うめ様が元気で退院して帰ってきた今となっては、泊まってくればよかったなーと
あーっ、うめ様ごめんなさいっ!(ドスツバキッ←うめ様の折檻)





スポンサーサイト

春が来る前に

今日は余震が多いなぁ・・・

といっても、私のところはせいぜい震度2、たまに3程度だけど、
東北は、震度3~4の余震がザラだもんな~。
(友達は、もう慣れたと言ってた


来週には桜が咲きそうな時季になってまいりました。
アップしそこねた、だいぶ前の写真を、こっそりアップしてしまいます。




先月、早春の京都にて。

岡崎神社の隣の梅

岡崎神社を後に、版画美術館に立ち寄り、鴨川方面へ。
道々のスナップです。

2011春・京都・水仙

メジロ、見えますか?
2011梅の木とメジロ



お茶やさんのウィンドウの中に・・・
2011早春・京都・ウィンドウのうめ様



こんなカワイイ看板が。

2011早春・京都・マリア

幼稚園の看板でした♪

2011早春・京都・聖マリア幼稚園


前出の『京版画 まつ九』の前にある「京都踏水会」の自転車置き場。
こんな自転車置き場があったら、写真を撮らずにいられません。

2011早春・京都・じてんしゃおきば

2011早春・京都・自転車置き場①


鴨川に出ました。

去年だったか営業を終了した”ホテルフジタ京都”の建物が、
その役を終えてひっそりと建っていました。

2011早春・ホテルフジタ京都

たしか東山魁夷の『年暮る』という絵は、
ここの客室の窓から東山方面の景色を描いたと、
何かで読んだような・・・・。
(2011.6.20追記:旧京都ホテルの屋上から描いたそうです。すいません)

私の大好きな絵、東山魁夷の『年暮る』です。
年暮る


ホテルから見たと思われる方角を撮ってみました。
京都の町も、もうずいぶん変わってしまったようです。

東山魁夷が描いた場所の今

いつかこのホテルで除夜を過ごしたいという夢は叶いませんでした。








京版画・まつ九

まつ九・版三昧
京都版画館


今回の京都旅行は、初めてのところ尽くしでした。

岡崎神社のあと、横道・細道・裏道をくねりながら、
初めての、京都版画館へ。

京都版画館・入り口

ここは、木版画家・徳力富吉郎の作品を展示している版画館だけど、
そちらは要予約。
でも、私の目的は、同じ建物にある『京版画まつ九』
版画館のスーベニア・ショップという位置づけでいいのだろうか?

とはいえ、ここ自体、「アポなしで入っていいのか?」と、悩む雰囲気。
重圧感たっぷりの入り口・・・。

まつ九①

二階に上がると、先客が一組。
お土産を買っているという風情ではなく、画廊で絵を買うマダムという感じ。
ちょっと尻ごんだけど、買いやすそうなレターセットとか葉書も沢山あったので、
楽しく物色。

まつ九②

もう~、なんて楽しいの?!
ギャラリー兼ショップという感じのスペースには、
物欲をかきたてるモノがあり過ぎっ!

まつ九・短冊
季節の短冊は、2,500円くらいだったかと・・・。

まつ九・花鳥図①
まつ九・花鳥図②

これは抱一?

まつ九④
まつ九⑤



系列店で、花背に『工芸 離世(はなせ)』というお店もやっていて、
そこの”花背焼き”の、おしょうゆさしなども売っていました。

まつ九・しょうゆさし
これ、悩んだんだけど、おしょうゆさし買ったばかりだったので、
小鳥の形の、水差しの方をお買い上げ。



まつ九③

このシリーズ、この前新宿伊勢丹の京都展に来ていて、
ここのものと知らずに買っていたんです! びっくり。
そのひとつが、これ

まつ九・心ばかり

まつ九・版木とか
これは、版木とか?版画の道具と思われます


結局わたしは、水差しの他はうめ様便箋、一筆箋くらいしか買わなかったのだけど、
親切にお茶まで出していただき、
そのうえ、便箋とぽち袋のオマケまでいただきました。

まつ九・包装紙
包装紙もすてきです。


徳力さんの京都の名所の版画で、一力茶屋の葉書があったのですが、
一力茶屋のマッチの図柄に似ていたので(ネットで見たことがあった)、聞いてみたら、
「そうです!あれはこちらで作ったマッチです!」とのこと。
うわー、聞いてみるもんだー。
この中に、一力茶屋の版画があります。マッチの図柄とは微妙に違いますけどね)

・・・と、思わずここに一時間くらい長居してしまいました
いやー、想定外に楽しいところでした。
版画好きには、パラダイスです♪


お持ち帰りした、花背焼の水滴は、こちら。

まつ九・水滴①
まつ九・水滴②

さぁ、道具で盛り上げて、日本画がんばろー!


 京都版画館、京版画まつ九

    京都市左京区聖護院蓮華蔵町33
    http://www.kyoto-matsukyu.jp/top.html
京都版画館map



聖地巡礼 <京都編>

去年、予定していた名古屋行きがブッとんだのですが、
その時に買った新幹線の回数券が、3月1日で期限切れなのに気づき、
急遽、新幹線に乗りました。

行き先は、なぜか名古屋を通り越して、京都。
きゃーっ、久しぶりっ!







目指すは、西の聖地巡礼。








パンダうさぎちょうちん②

けんさんに教えてもらい、美鳥花さんに二度も魅せびらかされた、
京都のうめぴょん神社、岡崎神社へ!!

岡崎神社外観

以降、延々、うさぎだらけです。
食傷気味の方は、画面右上の×印をクリック。

岡崎神社の狛兎

お約束の、狛犬、ならぬ、狛うさぎ~っ
このケツ、たまらん~っ!

もういっちょ、プリッけつ

岡崎神社の狛兎③

もう、素晴らしいフォルムですね!
このー、バックシャン!(死語?)

そして、この円らな瞳~。

岡崎神社の狛兎②

100%きゃわいさオーラ爆発ですね、この子。
おっと、一応正面からも見ないとね(後ろばっかりって、変態か)。

岡崎神社の狛兎①

そして、手水鉢にもウサギさま。
口から水だらだらで、ちょっとコワイです。

岡崎神社の手水兎

そうそう、去年の秋は、「聖地巡礼 <埼玉編>」として、
浦和の、調神社をご紹介しましたけど、
そこの手水にも、口から水だらだらのウサギ様がおられましたね。

お庭に、こんな親子ウサギもいました。

岡崎神社の親子兎





あ、これこれ!
美鳥花さんの記事に出ていた、赤い欄干のうめぴょん達!
そっかー、こうなっていたのね。
(池があると思ってた)

欄干のうめ様たち
ピンクうさぎもいるの?

この子達は、売店にいる、おみくじではないかと思うの。

岡崎神社のうさぎみくじ①
岡崎神社の4xg@nhd@

おみくじですよ (”うさぎまんじゅう”ではない)



ここは、絵馬のバリエーションが豊富♪

岡崎神社の絵馬①
岡崎神社の絵馬②
岡崎神社の絵馬③
岡崎神社の絵馬④

もちろん、うめ様の健康長生き祈願!

岡崎神社でうめ様健康祈願



美鳥花さんのブログで見て、気になっていたのが、
この、白黒パンダうさぎマーク。

パンダうさぎちょうちん①

あちこちにありました。(ロゴ?)

こんなとこにもパンダ兎
硝子建具のパンダ兎

社務所扉のパンダ兎

そして、もちろん御朱印にも♪

岡崎神社の御朱印

帰ってきてから、いろいろと見落としていたものがあったことに気づく・・・。
いつかまた、巡礼しようっと。
うめ様の持病平癒のお礼参りになるとよいなー。


 岡崎神社
    京都市左京区岡崎東天王町51番地
    http://www.kyoto-16sha.jp/j_okazaki.html



たまには、京都でイタリアン

京都に行くと、いつもほとんどゼッタイ和食してしまうけど、
こんなとこなら、イタリアンもアリでしょ?


窓の外、簾の向こうに見える影は、八坂の塔
八坂の塔

ここは、日本画家・竹内栖鳳の別邸跡を使った
イタリアン・レストランです。


懐かしい感じの鍵は、きっと当時のまま?
鍵

広いお屋敷に面した庭は、八坂の塔を借景にしているという贅沢さ!

敷地内では、チャペルや結婚式場もあります。
だれか、ここで結婚式してくれないかな~。


ホール
門から玄関庭

食事を終えたら、
 「よろしかったら、デザートとコーヒーは別のお部屋でどうぞ」
と、すすめられて、別の広間へ案内されました。

もちろん、拒否も出来そうですが、他の部屋も見たかったのでよろこんで!


デザート

ちょっと敷居が高そうにも見えますが、
実は平日のランチは、なんと、¥1,200.-(パスタランチ)~と、お手軽。
私は、¥1,700.-のステーキ・ランチをいただきました。


清水方面の二年坂から石塀小路を通って、
霊山観音の前の交差点に出たところにあります。

門構えが料亭風なので、最初に前を通ったときは敬遠してしまいましたが、
今回予約して行って、入ってみたら、割と気軽に入れそう。
そのくせ、ロケーションや雰囲気は大満足。
しかも、このお値段。

ぜひ一度、結婚式を・・・じゃなくて、ランチでも。


エントランス

碑THE GARDEVN ORIENTAL KYOTO
京都市東山区 八坂通下河原東入八坂上町366
□レストラン   TEL. 075-541-3331
□ブライダル  TEL. 075-541-3333
□パーティー TEL. 075-541-3310

















Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。