スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小春のひなたぼっこ

本日は、ひたすらなごんでください。

先日庭園美術館で出会った、猫の小春ちゃんのひなたぼっこです。


☆スライドショーの作り方は、牛柄さんに教えていただきました。ご協力、感謝!
スポンサーサイト

小春日和の、白金散歩

小春日和の1日。
猫の小春 (と勝手に命名)は、朝から日だまりの中でとろ~んと、溶けそう。
ねこ
庭園美術館にて

こりゃ、いかん。
昨日もこのまま居眠って、肌寒くて目をさましたら、日がトップリ暮れてて、
今日は若干風邪っぴきなんだよなぁ。
今日は健康のために、散歩でもすっか・・・。

ここ、白金の『庭園美術館』は、今ティファニー展とかやってて、人がたくさん。
どれ、お隣の『自然教育園』でも行ってみようかな。
すすき

ススキの穂が、秋の陽を受けて、きらきら。
ついこの前まで、
”シェルティーの背中みたい”とか言ってたヤツがいたけど、
今はすっかり穂も開いて、もじゃもじゃ~
猫はこういうの、なんか好き♪
じゃれたくて、血がさわぐぅぅ・・・

秋の陽

う~、まぶしいゼ。
眠気は飛んだけど、ちと小腹が空いたな~。
プラチナ通りに、粋な蕎麦屋があんだけど、ちょっと蕎麦でもたぐってく?

利庵②ほら、見えたきた。
格子窓がいい感じでしょ?

ここは、『利庵(としあん)』というお蕎麦やさん。
おしゃれーなプラチナ通りに面していて、かなりメジャーなので、
休日は若干行列が出来ちゃってる。
ここの、出汁巻き玉子焼がなんとも美味しいんだよな~。






利庵①

そおいえば、この前ここの店から出てきた酒飲みの白あずき姐さんから聞いたんだけど、
ここで升酒を頼むと、
「女性の方はグラスでお出ししますがよろしいですか?」と、聞かれるんだそうだ。
だから、白あずき姐さんはいつも、ここに入る前に念入りに口紅を落とし、
「口紅は付けてませんから、升で飲ませて下さい」と言うそーだ。
つまり、ここの升は、白木なんだな。
口紅付けられたら、洗っても取れなくなっちまうってわけだ。
酒飲みも、ここまで行くとすさまじいな・・・。

さーて、腹ごしらえもしたし、升酒もいただいたことだし、
塒に戻るとすっか。
そうそう、白金あたりはまだ紅葉が始まったばっか。
庭園美術館のイロハモミジはやっと部分的に色づいてきたから、来週あたりまたおいでよ。
紅葉

あなたは、なにフェチ? (注:変なブログではありません)

自分はもしかして、階段フェチなのではないかと、ふと思う。
だって、こんなフォルム見たら、もうタマラナイ。
手すり


そして、吹き抜けフェチでもあると思う。
ドーム


でもって、ライトアップも大好きさ!
さぁて、ここはどこ?
夜


☆答えは、続きをクリック!

ぬーぼーな、いちにち

  • 2007/11/16 11:16
  • Category: 植物
昨日はボジョレー・ヌーヴォー解禁日でしたね。
もちろん、酒盛りでした

で、二日酔いではありませんが、
本日はお休みしちゃって、
おうちでぬーぼぉーっとしてます。

桜の葉の紅葉
さくら


まずお洗濯して、庭の冬支度、あとお掃除、
時々、お茶&PCに向かい、お仕事・・・あれ?
だめだめ、今日はぬーぼぉーな日にするんだから!

ヌルデの葉の紅葉
ヌルデ


ユリノキの葉に雨滴
ユリノキの葉っぱ

虫たちも冬支度?

昆虫はもともと苦手の部類なので、
こいつらが、秋の昆虫なのか、
それとももうすぐ消えていく季節なのかわからないけど、
なんとなく、もうすぐいなくなってしまうようで、
名残を惜しんでみようと思います。

ススキの穂に留まっているのは、バッタ目
(目までしかわからん)
バッタ①


茎の色に合わせて、どんどん色が変わってくるみたい。
気のせいかなぁ?
20071114003148.jpg


(たぶん)ヒメアカボシテントウ
ヒメアカボシテントウ

ノボタンがお気に入りのようで、
ずーっとこの木に留まっていました。

そして、我が家のおなじみ、カマちゃん!
カマちゃんと洗濯バサミ

物干しの、洗濯バサミのところにジーッとしていて、
もしかして死・・・・と思った途端、
くるっとこっちを向きやがって・・・びっくりしたー。
ちょっと、洗濯物取り込んでるようにも見えますね♪

さて、以下は去年の秋に多摩川で出会ったシジミチョウ。
(はい、ネタ切れですんで、去年のを引っ張り出しましたー)

ベニシジミ?
ベニシジミ


こちらもベニシジミ?
または、ツバメシジミ?
ツバメ? ベニ?

チョウ類は、子供の頃暗闇の中でガをすり潰して以来苦手なのですが、
シジミチョウあたりなら、近くに寄っても平気になってきました。
蛾は未だにだめっす。

白いお菓子たち

ひさびさ、お菓子のレポです!
(これで、「あずきときなこ」も久しぶりに更新出来る・・・

最近、地元のコンビニ、スーパーで、
立て続けに北海道のお菓子を手に入れました。
しかも、レアものっぽい、
そして、カワイイ!

まずは、これ!
バンビ

バンビ 生キャラメル
なんともレトロでカワイイパッケージで、即お買い求め。
(○ィズニーキャラのパクリっぽくもありますが・・・)

小樽の老舗菓子メーカー・池田製菓の商標を、
(株)北海道村という菓子製造業が有償で譲り受け、
復活させたものらしい。
地元では、きっと懐かしいパッケージなんでしょうね。
ホワイトチョコで生キャラメルを包んでいて、
ヤワラか~い、どこか懐かしい味♪
ばんび②

素敵なお皿でしょ♪ SO-RAさん作です。
他にも、チョコ包みの「スウィートチョコ」や、キャラメルプリン、
ジャムなどがあり、楽天市場などで購入できるようです。
みんなパッケージがかわいー。




さて、バンビの次は、シロクマくんです。

旭山動物園
みんなの白くまロールケーキ
しろくま①
絵本作家のあべ弘士さん描く白くま君がカワイイ!

卵白だけを使った白いふわふわスポンジに、
中身はクリームチーズ。
冷凍状態で売っているので、すっかり解凍せずに、
ちょっと固い状態で食べると、アイスクリームみたいで美味!
白くま②


旭川市の梅屋さんのお菓子。
他に、シュークリーム、フロマージュもあり、
すべてネットショッピング出来ます♪

稔りの秋!

  • 2007/11/07 22:16
  • Category: 植物
秋と言えば、稔りの季節。
本来なら、柿、栗、かぼちゃ、ぶどう・・・と、食い物に走る私ですが、
ちょっと秋らしく、
食える・食えない、ではない実のりを紹介します。

ノイバラ(バラ科:野茨)
ノイバラ①

先週は、花屋さんで買ったこの実を花展で使いましたが、
このノイバラは、池の畔でひっそりと秋を告げていました。

あれ、写真さかさま? いえいえ、これでいいのです。
そう、実はこの写真、
水の面(おもて)に写っている物で、実体ではありません。
こちらを見ると、わかりやすいかも。
下の方に波紋が見えるでしょ?
ノイバラ②


来年に向けてスタンバイ!

  • 2007/11/04 12:19
  • Category: 植物
最近現場に入ると、作業服の裾が、
ヌスビトハギとかキンミズヒキなどの
ひっつき系のタネがたくさんくっついてきて、
お洗濯前がタイヘンです。

植物も、来年に向けてスタンバイを始めてるんですね。

この季節、目に付いたタネを集めてみました。




トウダイグサ系?

トウダイグサの仲間かと思ったのですが、写真で見ると、ヒペリカムみたいにも見えますね。
現地では、
赤い実が付いてなかったし第一印象で草本と思ったので、
トウダイグサの方と思いたいのですが・・・。
秋の陽を浴びてきれいでした。


見えるでしょうか?
ガマ?の葉に絡みついたヘクソカズラのタネ。(アカネ科:屁糞葛)
ヘクソカズラ

このブログの常連さんは、
結構このタネを好きな方が多いですよね。
これはまだあまり色づいていませんでしたが、
色が濃くなるとちょっと金色ぽくなって、もっと秋の陽に似合います。
クリスマスのアレンジやリースにも、よく似合います。

ヤブミョウガの種(藪茗荷:ツユクサ科)
ヤブミョウガ

来年へのスタンバイといいつつ、
なんとなくこのタネは繁殖力が弱いような気がします。
(ただの想像ですが)
地下茎での繁殖の方がメインじゃないかな?
なので、あんまりタネの採取はしませーん。
(いつもはタネをやたら採取しては、あちこちに蒔いています)


これはなんのタネでしょう?
なんだろう?

前記事でアップしたシラヤマギクと繋がっていたような気がしたので、
シラヤマギクかなーと思っていましたが、
どうもキク科のタネじゃないですよねぇ。
ご存じの方、教えて下さい。

次回は実モノ予定。

Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。