スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の想い出

今年のお盆は、遠出が出来ないので、実家に帰省できません。
なので、うめと二人で、東京でマッタリ。

姪っこが、
 「うめのために、ベランダで作ってたニンジンが食べ頃だよ~」
と、写メをくれたけど・・・ゴメンネ、おばちゃん帰れないの。

子供の頃、お盆の日には、家から車で2時間くらいのお寺さんに行くのが恒例でした。
まず、おばあちゃんちに行くと、
ばあちゃんがお花やら、お墓に供える食べ物やら用意して待っており、
私たちはそれを車に積んでピクニック気分♪

今は姉一家と一緒にお墓参りが恒例だったけど、
今年は姉たちにお任せデス。 ゴメンナサイ。

明日は少し涼しいらしい。
リハビリに近所をお散歩しよおかな~
日傘
スポンサーサイト

竹の露

みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

今日はひさびさ、和菓子でもって涼をお届け。 お中元です。
この暑いのに和菓子かよと思ってるあーた。
過去にお届けした涼の和菓子をご堪能下さい。 → 夏の金魚の和菓子
ネ、涼しげでしょ?

さて、今年は水ようかん。
竹露③
本物の竹の筒に入った竹流しの水ようかん”竹露(ちくろ)”
京都は先斗町駿河屋さんの夏限定(販売期間 4月~9月)の一品です。
竹露②
蓋になっている竹の葉をはずして、写真下に写っている専用のキリで竹筒の底に穴を開け、
軽くふると、水ようかんがツルンと出てきます。
(プッチン○リンの原理だな)
キリ
竹露①
私は2本セットのものをいただきましたが、1本 320円で、キリ(100円)が入っています。

舞妓はんとも時々すれ違う先斗町 の、歌舞練場の近くにあるお店では、10本入~20本入など、贈答用の箱入りもあり、盛夏の手みやげに涼しげどす。
おためしやす~。

先斗町駿河屋
 京都市中京区先斗町三条下ル 
 最寄り駅 京阪本線三条駅より先斗町を四条方向へ徒歩7分
 営業時間 10:00~21:00 (日祝日18:00まで)
 定休日 火曜日
 

Heavenly Blue ~天上の青~

  • 2008/07/22 09:51
  • Category: 植物
天上の青
今日は大暑だそうです。
暑そうで、お庭仕事も放棄しております・・・
だけど、せめて。
毎朝目が覚める万年床の窓辺に、朝顔の鉢を置きました。

寝ぼけつつ障子を開けると、今朝は青い朝顔の花がふたっつ咲いていました。

寝ながら目線
裏朝顔

タイトルの”天上の青”は、たぶんもっと鮮やかなブルーの品種。
だけど、響きが好きなので使ってしまいました。
”ヘブンリー・ブルー”は、イギリスで品種改良されたものらしく、
最近庭先などでみかける、あの力強いやつかなーと・・・
(夕方までガンガン咲いてる)
だけど、こちらも響きが好き。

ところで、何年か前、『天上の青』という曾野綾子さんの小説を読みました。
1971年に群馬県で発生した婦女連続暴行殺人事件(大久保清事件)が題材になっているそうです。
主人公の女性と、連続殺人犯の犯人が付き合うきっかけとなったのが、庭先の青い朝顔。
とても印象深い小説だったような気がします・・・(って、忘れてるのかよ)。
ドラマ化されたときは、佐藤浩市がやったらしい。 見たかった・・・。
(佐藤浩市、いいよね・・・お父さんも好きだけど)
葉

モノクロームの太陽

モノクローム

先月の写真になります。 (ネタ切れ・・・)
しかも、タイトルは、YUMINGのパクリです。 ゴメンナサイ。

某河川の現場で夕暮れ近くに撮った写真。
堤防の天端が遊歩道になっていて、お散歩の人やワンコがすれ違います。

「富士山の写真は撮りましたか?」

なにやらカメラだけはデカイのを抱えてるものだから、
時々、プロ (ひゃ~) とか、セミプロに間違われて声をかけられる。

通りがかりの、お散歩中のご夫婦が、富士山スポットを教えてくださいました。
冬には、ダイヤモンド富士も見られるんですって。

これはなんだろ?
待宵草? メマツヨイグサ?
ちなみに、”宵待草”というのは俗称なんですって。
待宵草

やがて、夕日がひとしきり赤光を放ち、沈んでいきました。
河原の夕暮れ

listen to me

小さなパールホワイトのピラミッド型のパッケージの中に・・・ピラミッド包装

さらに小さなピラミッドが5つ小さなピラミッド


京都のインセンス(お香)のお店、lisn(リスン) のお香です。
ちょっとスペルが違いますが、”listen”の発音記号を使っているそうです。
そおいえば、お香は、「香りを聞く」・・・っていいますね。

このお店では、お香を1本から買えますが、
10本単位で、こんなピラミッド型のコンパクトなケースに入っていて、
150種以上の香りが揃っています。

ちょっとした京都のおみやげに、かばんの中に入れておいて、
急に会ったことになった友達にも、気軽に、「ハイ、京都のおみやげ」って渡せたり。
セットもあります


1本1本に香りの名前が入っています。
オルレアン


余談ですが、入院中、パジャマの香りが気になって(ひとに洗濯してもらったから文句いえないし・・・)、
そんなときに、カバンの中からこの1ケースをみつけてヤッタとばかり、
パジャマの胸のポケットに忍ばせておりました。
時々そのうちの1本を取り出して、葉巻みたいにしてこっそり嗅いで聞いてみたり・・・
(なぜか、こっそり)

お店も素敵です(東京・青山にもあるらしい・・・シラナカッタ)。→HP見て下さい。
同じビル、烏丸COCONには、唐紙の店、唐長もはいっていますよ。
烏丸通りと四条通の交差点近く。
こっから四条通りを右往左往しながら、八坂さんまで歩くのが好き♪

COCONビルの外壁は、唐長の唐紙模様
唐長①


唐長で買ったポストカード。
千鳥好きの友達におみやげ。
千鳥

アニマル・セラピー

  • 2008/07/12 13:34
  • Category: うめ
ご無沙汰。
わたしは、うめ

ご覧のとおり、うさぎ。
品種:ネザーランドドワーフ。
現在、生後約六ヶ月。
神奈川県出身。
所属:白あずき部屋。

白あずき家専任のアニマル・セラピストである。
セラピスト・うめ
勤務中のうめ先生。

え?アニマル・セラピストをご存じない?
うーーーーん。 困ったものだ。
といいつつ、自分で説明するのはめんどいので、Wikipediaさんに手伝ってもらおう。
(以下青字は、Wikipediaより都合のいいとこだけ引用)

アニマルセラピーとは、動物と触れ合わせることでその人に内在するストレスを軽減させたり、~中略~精神的な健康を回復させることができると考えられている。
~中略~
難病で生存への意欲が低下している患者にペットないしコンパニオンアニマルを宛がい、動物の世話を介して生活習慣を付けさせるなどの活動も報告されている一方、情緒障害や精神疾患などで対人関係に疲弊していた人の回復期に行ったり、または身体の障害でリハビリテーションを必要としている人に「動物の世話をさせる」という目的を与えて、それら作業を通じてリハビリを行うという様式も行われている。

ま、うちの場合ちょっと違うが、おおむねそんなとこだ。

Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。