スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うめ様近況

  • 2009/09/29 22:56
  • Category: うめ
最近、うめ様記事をさぼっていましたので、記録として。
(死んでんじゃねーの?という声を否定するためでもある)


 体重、1.2Kg近辺で推移していまーす。 (良好)

 2回/月 行きつけの病院に健診に行ってまーす。 (良好)

 2回/日 お薬飲んでまーす。 (ヤク中)

 目撃者出現! (佐●急便のおにいちゃん)

 行動圏、拡大 (ベランダ、玄関、トイレ!)

外に出たがって窓辺にたたずむ、うめ様 (換毛中)
おんもに出たい



 新体操(リボン回すやつ)始めました (うそぴょん)
持ってきた
新体操





で、最近持病の消化器系も、いい調子で安心していたのですが・・・。

うめ様に、新たな試練が・・・。

うさぎは、一生歯が伸び続けるそうで、
干し草などの固いものを食べることによって削られ、
葉が伸びすぎないようになっているらしいのですが、
どうも最近前歯の一部を欠損したらしく、それが原因でかみ合わせが悪くなっていました。
「不正咬合」という病気で、うさぎにありがち。
だけど、一度なったら、ずぅーーーっと病院に定期的に通って、
歯を削らなくてはいけないらしい (伸びた歯が口の中を傷つけてバイキンが入るため)。

先週定期健診に行ったとき、診てもらって判明したのですが、
早速、押さえつけられ、歯を削られました・・・
削ると言うより、ワンコ用の爪切りみたいので切られた?
見ているだけで、こっちが貧血起こしそうでした・・・。

こんなコワイ治療を、これからずっと毎回やられるなんて・・・。
うめ様、病院に行くとき、ますます抵抗が過激になるだろうな~。
てゆーか! かわいそすぎ!!

がんばれ!うめ様!
長生きして、次の日食も一緒に見るのだぞ!



スポンサーサイト

美鳥花ご一行様 錦秋の東下りプラン

東下りは今週末ですか?
遅ればせながら、白あずきツーリスト 東下りプランを
提出させていただきます。
ご参照下さい。

<上野~湯島コース>

白あずきのブログ記事より数件ご紹介します

東京国立博物館・法隆寺館のレストラン
http://amarantine2.blog46.fc2.com/blog-entry-171.html

韻松亭 http://amarantine2.blog46.fc2.com/blog-entry-481.html

不忍池の畔・蓮見亭(お茶) http://amarantine2.blog46.fc2.com/blog-entry-528.html

小川さんち http://amarantine2.blog46.fc2.com/blog-entry-527.html

シンスケ http://amarantine2.blog46.fc2.com/blog-entry-170.html

昨日のお返事にも書きましたが、シンスケの帰りに、ちょっともう一杯・・・におすすめのBarです。
琥珀 http://www.satonao.com/list/bar/kohaku.html
琥珀
ママさんが気さくだし、一見さんでも大丈夫だと思います。
素敵なストーブがありますよ!




<恵比寿>
もうずっーと行ってなかったので調べてみたら、お気に入りの店が二軒つぶれてました・・・
でも、山種に行く途中にも、よさそうな店がぽつぽつありましたよ。

山種美術館のカフェ『椿』でも、食事がありますが、
”にゅう麺膳”のみなので、ガッツリ食べたいなら、他に行った方がいいかも。
ちなみに↓は、私が食べた”にゅう麺膳”¥1,200.-
にゅう麺
美味しいけど、かなりサッパリですよ。

歩いていて、良さそうだったお店は、以下の通り。
(名前をクリックしてください)

COCI 
PAPAS CAFE 

恵比寿ガーデンプレイスまで行けば、タイ・ユヴァンがありまっせー。
(私はもちろん未体験)
あと、ちょっと美術館とは離れるけど、私がいつも行くのは、
『香り家』という蕎麦屋です。


<椿山荘の近く>
永青文庫 http://www.eiseibunko.com/
東京カテドラル
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%AB%E8%81%96%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82


夏の終わりの第一定食

池袋で所用が終わったのは、お昼時。
さて、どこでランチを・・・。
池袋って、あんまり知らないんだよなー。
で、こちらの食堂で、お昼をいただくことにしました。


食堂内部

まるで、ハリーポッターに出てくる魔法学校の食堂みたい。

食堂内部②
白百合の椅子

立教大学の第一食堂です。
いわゆる学食ですな。
安いです。 早いし。
味は・・・まぁ、見たとおりの味。

第一定食 (第一食堂だから?) 350円也

第一定食

外観も素敵です。
第一食堂外観

ここ、立教大学の池袋キャンパスは、
雰囲気のある建物がたくさんあって、
ついつい、建物ウォッチングをしてしまいました。(建築探偵の性)



蔦の~からまーるチャペールで~♪
のモデルは、ここのチャペルではなかったっけ?

チャペル
教会の窓
チャペル内部

雰囲気のある構内は、映画やドラマの撮影にも
よく使われるらしい。

この日も食堂前で、男の子モデルがコートを着て撮影してた。
まだ、クソ暑い時期だったのに!
(だけど、私の好みじゃなかったわ)


で、あちこち潜入して遊んできました。
(水洗になった以外は昔のままっぽい男子トイレまで)

たしか以前は古い住宅建築(校宅というのかな?)があったはずだけど、
今回それらしいのは、ここしか見あたりませんでした。

ライフスナイダー館
正面側面
木瓜の実

こちらは、モリス館。
蔦がもこもこ
階段とアーチ
窓と手摺り



煉瓦の回廊

たまには、学生時代に戻った気分で、学食ランチもいいもんだ。
大学ってソソラレル建物も多いし、学食めぐりも楽しいかもね。
あ、うちの姪っこの大学の学食には、ほやの酢の物がありました。
レベル高いよな!!


長いす

ぶどう棚を渡る風 ~原茂ワインにて~

数年前、二年間 甲府出張が続いた時期があった。

楽しみだったのは、仕事が終わってから、
 ① 駅の近くで発掘した某居酒屋に立ち寄ることと、
 ② 帰りの”あずさ”で飲む”ハラモワイン”
   (カップタイプのやつ)

で、漠然とインプットされていた ”ハラモワイン”
ある日思いついて、突然勝沼の ”ハラモワイン” 蔵元に行ってみた。

以来、やみつきです。
また、行っちゃいました。

原茂 と書いて、「ハラモ」・・・だったんですね。


入り口

今回、ちょうど、ぶどう狩りシーズン。
町のどこを見ても、ぶどうTAWAWAのぶどう棚。
原茂ワインでも、ぶどう狩りやってます。

ぶどうシェード
ぶどう狩りも出来ます

甲州
白い蔵と葡萄がよく似合う。
蔵と葡萄

ガーデンテラス
ぶどう狩りの季節は、ぶどう棚の下のガーデンテラスで、
バーベキューなども出来るそう。

だけど、私は、二階のこのテラス席がプラチナシート。


テラスから

眼下にぶとう棚の緑。 その遙か彼方に、甲斐の山。
ぶどう棚の上を渡ってくる風が、ワインでほろ酔いに心地よし。


赤ワイン

さんま
本日のプレート

そして、デザート
ぶどうのタルトいちじく
紅茶のアイス

たっぷり時間をかけて、食べて(飲んで)、贅沢なランチ。
美味しいワインと食事とおしゃべりのために、東京から一時間半。
ふ・・・。 かまわんよ。

最後はもちろん、ワインをお持ち帰り。

ワインの棚
いらっしゃいませ
店内
葡萄の灯り
萩

もうひとつ、お楽しみ♪

ぶとう棚の下で、ロンが待っています♪

ロンがいます
ロンがお出迎え

ロンは、ぐりぐり撫でられるの、大好きです。

「遊びに来てね!」 (By.ロン)


ロンアップ

原茂ワイン HP (ロンの日記もあるよ♪)

場所はわかりにくいです。
電車で行く方は、タクシーがおすすめ

map.jpg
(地図は、クリックすると大きくなります)



葡萄の國から 2009

葡萄の國は、すっかり葡萄の季節でした。

斜面という斜面が、すべて、葡萄畑。


葡萄の國

葡萄の國 といえば、山梨県。
ワイナリーたっくさんの、ワイン・パラダーイス! 勝沼イェーィ


葡萄棚②
わんこもいたよ
わんこ、います。

葡萄畑のわんこを見てたら、
通りがかりのワンコ連れのおばちゃんが声掛けてくる。
「うちのワンコもあんな感じの子で、
頭良くて、新聞持ってきてくれるしかわいくてね~」
連れてるワンコは預かりワンコ (別ワンコ) らしい。

すると、すれ違ったばあちゃんも、「こんにちわー」と、唐突に声掛けてくる。
少し歩くと、通りがかりの小学生たちも、声をそろえて「こんにちわー」。


あぁ、なんかいい町。

葡萄棚

ちなみに、ぶどう狩りはしませんでした。
ワイナリーで飲みまくってました
だって、飲みに行ったんだもん。

だけど、秋は満喫したぞ。


ツリバナ
紫苑?

黄色い花
すすき
落柿

で、葡萄を食べてないことにハタと気がついて、
帰りがけに慌てて、通りがかりの葡萄園で葡萄を購入。

さんざ、試食させてくれて、
いろんな種類をご予算に合わせて詰め合わせてくれて、
さらに、駕籠に入るだけ、半端な葡萄とか粒とか詰め込んでくれた。
(阪本園さん、ありがとおっ)
勝沼の人たちって、みんないい人ばっかりだったなー。

また飲みに行こう。 (え?)


メルシャン

そして、陽が翳り始めると、急に風が冷たくなりました。
やっぱり、秋だなぁー。


落日





一房の葡萄たち

すっかり秋めいてまいりました。
葡萄 および 葡萄を原料とするもの
が美味しい季節です

葡萄とワイン

そこで、周りの葡萄をモチーフにしたものを拾ってみました。

ペーパーウェイト

わざとらしいですが、有島武郎の 『一房の葡萄』
表紙が葡萄の絵だったような気がして、引っ張り出してきたら、
葉っぱだけでした


一房の葡萄
年季が入ってますよね・・
たぶん、中学生の時に買った文庫本です。
(本って、捨てられない・・・)

文庫本といえば・・・このロゴ。

                新潮文庫

わかりました?
新潮文庫のロゴです。
私は、カバーをはずして読む派でした。
(今はブックカバー派)
新潮文庫①

で、葡萄といって真っ先に浮かんだのが、これ。
小樽の北一硝子さんのサンドブラストのペーパーウェイトです。

陽にかざすときらきら お気に入りです。
文鎮

話が逸れますがの便箋(事務用ですが)も、お気に入りです。
これ使うときは、なんかキリッとしたヒトになった錯覚を覚えて・・・
事務用箋
ロゴも、カワイイでしょ?
ツバメ

えっとー。
もっとあるかと思ったら、これで終わり。 (ワインならあるけど)
葡萄文のお皿があるんですが、自分で買ったくせに気に入らないので出さない。

てわけで、以下は、他所の葡萄たちです。

こんなとこにも、さりげなく。

レースの葡萄

こちらは、ポストの飾りでした。ポスト

そして、やっぱり、本物の葡萄の季節・・・うっとり(垂涎)。
葡萄園にて。

黒い葡萄
緑の葡萄

・・・てことは?

はい。 次回は、葡萄の國からお届けします。


建築探偵 その49  <婦人之友社>

前回の、上川口屋に引き続き、
”前から行ってみたかったシリーズ” (いつのまに)、その2 ってとこです。

自由学園 明日館
 (豊島区西池袋)
全景


いわずと知れた、フランク・ロイド・ライト作。
だけど、実はこの日、なにかイベントをやっていて、見学出来なかった・・・


彼岸花
自由学園の窓

なのでこちらは、また、いつか。




前日、ホームページをチェックしたにも関わらず、
気づかなかったおバカな自分に腹立ちつつ、
ふと道の反対側の建物に目をやると、そこにもズキュンな建物が。
(転んでもただでは起きない)

こちらは、南側講堂?と、ものの本にはありましたが、
ライトのお弟子さんの遠藤新の設計とのこと。
あまり写真ありませんが・・・(しかも、全景ないし。人が多かったのです)
もっと、素敵な建物です

デザインが、明日館とリンクしています。
お隣
この、長すぎる庇はなにぃー???

おとなり




そして、その更にお隣には、婦人之友社社屋。
こちらは、遠藤新のご子息、楽さんの設計とのこと。

婦人の友社

わたし的には、この建物がツボ。
中、探検したい♪

窓

そうそう、自由学園の沿革は、みなさんご存じと思いますので略しますが(手抜き)、
黒柳徹子さんの『窓ぎわのトットちゃん』の舞台になったところで有名ですよね。
※説明読みたい方は、こちらで~自由学園HP


建具

どの建物もだけど、窓のデザインが素敵です。

グッゲンハイム
この窓、ちょっとだけ、グッゲンハイムに似てるぅー。



こちらがグッゲンハイムの窓
20070723004713.jpg
































ラムネな午後

暑い午後でした。
いつもなら、●ールでプハーっ、ですが。

こんなシチュエーションなら、やっぱり、ラムネ!

今のラムネって、瓶じゃないんですね~、ちょっと残念
ラムネ

だって、こんな駄菓子やさんがあるんだもん!
鳥居のむこうに
おもちゃもあるし

雑司ヶ谷・鬼子母神の境内にある、昔っからの駄菓子やさん。

上川口屋さん。

創業1718年!
もともと、江戸時代は飴屋さんだったとか。

境内の駄菓子屋さん

もちろんラムネ!
するめ

この前行った、あさがお市も、鬼子母神だったなー。

鬼子母神の手には、ザクロの実が定番だそおな。


絵馬
ザクロの絵馬

ザクロの実の中には、
小さな種がたくさん入っていることから、子孫繁栄をあらわすそうで、
絵馬には、子供が授かるようにとか、子供の健康祈願の願い事が多かったです。

一説には、子供を食べていた鬼子母神が、お釈迦様からそれを戒められ、
かわりに人肉の味のするザクロを食べてるなんて、
おどろ~なお話もあるそうですが、
それは嘘だそうですよ。 よかった・・・


あ、屋根にもザクロの絵。
屋根にもザクロ

そして、いつものお約束。
うめ様守り

あ、ラムネ飲んだの、すっごく久しぶりでした。
んまかったー♪
たまには、ノンアルコールもよいね。 (独り言・・・)




鎌倉晩夏

日中は、まだまだ蝉の声が聞こえるものの、
すっかり秋の風が立ってきましたね。

まだ、晩夏の気配まっただなかの鎌倉を、そぞろ歩きした時のスナップ。

この道は、初めて歩きました。
八坂神社という小さな神社がありました。
(おっと、写真は寿福寺)
参道

これ、神社の、お祈りするときの、ガラガラの持ち手(なんて名前~?)。
レースっぽいカバー(?)の白が、夏っぽかった。

がらがら
せなか

鶴岡八幡宮の池の蓮は、ほとんどが白い花でした。
上野の不忍池はピンクだったなー。


太鼓橋
しずく

古いものがいっぱいある鎌倉だけど、
新しいお店も、目が離せない。

ジャムの専門店
 ロミ・ユニ コンフィチュール


ジャム①
シ゜ャム②
こんなかわいいラッピングをしてくれます♪
ジャム③

『イチゴミルク』 と、『マンゴー&パナナ』 をお買い上げ。ジャム④




なんだか入ってみたくなる、こんな病院。
犬猫病院

モミジアオイも、晩夏の赤。
モミジアオイ


今日の夕方、お外を歩いていて、
ふっと感じた空気のニオイ。

「あ、学園祭の準備の帰り道の空気・・・」

なにがどのように?・・・と言われても、わからないけど。
秋の冷たい空気と、草のにおいが。
学園祭の準備で、暗くなった帰り道。 そんな感じ。
(とかいって、そんなに熱心に学園祭に燃えたことはありませんが・・・)







建築探偵その48 神奈川県立近代美術館

鎌倉は、鶴岡八幡宮の境内にある 神奈川県立近代美術館に、
『建築家 坂倉準三展』 を見に行く。

坂倉準三展
外観

この器(美術館)自体、坂倉準三の作品だ。
実は、中にはいるのは初めて。

ロの字型の建物の一階は大谷石の外壁で、
展示室のある二階周りは白い外壁(アスベストボードか?)


正面

一階の一部は、八幡宮の平家池に張り出している。

一階バルコニー
一階バルコニー②

池はこの時期、睡蓮と蓮で埋め尽くされています。
中庭と、この池に張り出したバルコニーの連続性が開放感。


中庭から
二階から中庭

中庭には、ところどころに彫刻が。

中庭のふたり

大谷石が、いいアクセントを作っています。

大谷石

あぁ。 階段フェチの血が騒ぐぜ。
三階への階段


この昭和な雰囲気のカフェに入らなくてどおするの!と、心の声が叫び、
思わず、くそ暑い中、テラス席へ。
テラスからは、平家池が見渡せます。


カフェ

カフェの壁画が、これまたシビレル。
壁画


意外と、ふっとしたところに、凝ったデザインのものがあったりして。
水飲み
ドア

坂倉さんは、ル・コルビジェの教えを直接受けた弟子で、
たしか日本人では最も長く一緒に仕事をしていたのでは?
学校、役所、美術館などの公共建築をはじめ、
渋谷、新宿という大都市のターミナル開発も手がけている、
建築家という枠に留まらない、都市計画デザイナーとでもいうんでしょうか。

かと思えば、民間企業の仕事もたっくさんやっていて、
自分的には、出光のガソリンスタンド群がツボった。
もしも現存しているスタンドがあったら、ぜひ訪れてみたいもの。

一方、住宅建築も精力的に手がけていて、家具のデザインなんかもしているんですね。
新橋にある 
バナソニック電工 汐留ミュージアム では、
板倉準三の住宅建築と家具デザインにフォーカスをしぼった
『建築家板倉準三展 
    モダニズムを住む/住宅・家具・デザイン』

を、9月27日まで開催中。
こちらも行かなくちゃ。

sakakura01.jpg


ところで、
私は、美術館に隣接するこちら
の建物に、魅せられた。
『学芸員室』 とだけ書かれた、そっけないプレートがかかっているだけ。


学芸員室②

外壁の控えめなアールに、いたくソソラレル。
板倉準三作かどうかは、不明。
だれか教えて。


学芸員室
白壁
キバナコスモス


裏ガンダム

さらばー地球よー♪ ・・・あれ。
ガンダムを歌おうとして、なぜかヤマトを歌ってしまった。

たぶん、ガンダム世代ですが、あっさり冷めました。
(最初は結構見てたんだけどなー。 最初の映画もみたぞ)
なので、わざわざこんなマニアちっくな写真を撮りに行ったわけではありましぇん。

裏ガンダムっ!


8/31まで、お台場に出現した原寸大ガンダム
裏ガンダム

キバナコスモスを見た後、公園内をウロウロしていたら、
ちょうど園内の船着き場から、水上バスが出るところだったので、
乗ってしまいました・・・(衝動的人生)。

東京水辺

コースは、浜離宮公園~お台場~隅田川~桜橋(浅草)

船、好きなんです。
旅先でも、遊覧船とかあると、時間の許す限り乗ってしまいます。
隅田川の水上バスはひさしぶりだなー。

ああ、お天気もよくなってきて、きんもちいい。
(ただし、クソ暑い日で、ちょっとメゲかけた)

飛行機とフジテレビ
レインボーブリッジ

ちなみに、東京湾のコレが好き。
スター・ウォーズに出てきそう。
スターウォーズ

レインボー・ブリッジの裏側。
橋の裏

建築も好きだけど、土木構造物も、なかなか好き。
でっかい構造物の足下に立つと、なんかワクワクしてくるし。

ブリッジ

隅田川めぐりは、橋めぐりでもある。
いろんな形の橋が架かっていて、橋の見本市。
(関東大震災後、いろんな橋を作ってみよう!ってことで、いろんな構造の橋を架けたため)

清洲橋②
清洲橋①
勝鬨橋

ちなみに、水上バスは、もちろん屋根付きの席ではなく、屋上デッキで潮風浴びて!
シミなんて、もうあきらめたしさー
で、橋の下をくぐる時、一緒に乗り合わせたガキんちょ達(もちろん初対面)と、
「あ゛~~~っ!!」っとデカ声出して。
楽しかったです。

そのガキんちょ達は、両国で下船。
突然、しーーーーーーん。
子供って、いるとウルサイけど、いないとサビシイ。


浅草の北側、桜橋の船着き場で下船。
川向こうには、早くも東京スカイツリーの一部が建ち上がっていました。

スカイツリー

もう西日です。
浅草で、蕎麦でもたぐって帰るか~。






Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。