スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーラ美術館 <箱根>

初夏の一日、箱根へリベンジ。
(ゴールデン・ウィークは混雑で、麓で挫折したので・・・)

201006ポーラ美術館入り口

ずっと行きたかった POLA美術館 へ。

これをやっていたので・・・。

201006POLAポスター

前期は見逃し、後期に突入していた。

でも、見応えありましたー。
杉山寧が多し。
個人的には、加倉井和夫さんという方の絵がびびびと。
(知らなかったんです。ごめんなさい)
ここにあるどの画も、ちょっと違う・・・
もっと素敵な絵だったんだよー
(絵はがきあるけど、著作権がね・・・ご紹介出来ず、残念)

201006POLAアプローチ

建物は、道路からは入り口部分しか見えません。
全景を見られる視点がないので、残念ながら外観はわかりませんが、
白とガラスが、緑にとけ込んで、自然の景観を邪魔しません。

201006POLA外観

201006POLA外構

201006POLAエントランス
201006POLAエントランス①

山の斜面に沿って建っているので、
エントランスからエスカレーターで、ぐんぐん降りていきます。

201006POLAエントランス②
201006POLAエントランス③

箱根は、ヤマボウシの季節でした。

201006POLAガラス越しのヤマボウシ






さて、ここに着いたのがお昼時だったので、
まずは、美術館のレストランで、ランチにしました。

レストランがいい美術館って、リピート率が高いです(当社比)。
中身じゃないのかよって?、ももも、もちろん収蔵品、企画内容が一番ですが。

ここのレストラン、いいです。
レストラン利用だけでも、いいかも。

レストラン arrey(アレイ)

もちろん、テラス席さっ!
(蒸し暑かったけどね)

緑たっぷり!
小鳥の声もたーっぷり。
もうすぐ、蝉の洪水だろうな。

201006POLAテラス



この水差し、きれいだな~。
建物によく合ってるし。

201006POLAいいなーこの水差し

前菜のイメージは大切。
ここで、コースへの期待度が決まる。

201006POLA前菜

メインは、お魚にすることが多いです。
ホウボウだって!
カリッと焼けていて、美味しかった♪

201006POLAほうぼう

そして、デザートが合格点で、
前菜で感じた期待が、確信に変わります。

もう、確信ですよ、このデザート。
バナナと小豆のパイ包み焼き♪on アイスクリーム~
小豆が、あったかいのだ。わーい

201006POLAデザート

201006POLAレストラン

ごちそうさまー。

おっと、絵を見るのを忘れるとこだった。
(何しに来たーーっ)

ポーラ美術館
POLA美術館地図
(ポーラ美術館HPより)


スポンサーサイト

ガラスのうさぎ (の貯金箱・パート2)

先月、ご紹介したこの花瓶関連の後日談です。

うめ花瓶・正面

これをプレしてくれたYちゃんのお話しによると、
某アンティークショップで発見!
店主曰く、
  「S30年代の静岡銀行のノベルティの貯金箱」
とのこと。

この記事に対する、シードルさんのコメント
  >静岡銀行のキャラは昔からうめぴょんてことでOK?
  >ほかにもあるかもよ~!

が、ひじょ~に気になり、検索してみたら・・・

あったのですよ!!

さっそく、お取り寄せしたのは言うまでもありません。

ガラスのうめ貯金箱2号②

かなり小ぶりになりますが、
伏せ状態の、まさに、うめ様!

背中の硬貨投入口が、まさに同じ!
そして、これもまた、取り出し口がないっす。



正面顔がキュ~ト
ガラスのうめ貯金箱2号①

これは、関西方面のアンティークショップのサイトでみつけました。
他にも二件ほどヒットしましたが、「どこかの銀行のノベルティ」という情報のみ。
他のバージョンもあるのかな~。

そうだ!
静岡方面の某ブログのSさんに聞いてみよう!
昭和30年代は、既にばりばり物心ついてるはずだしね!

で・・・・。

今度も、やっぱり、花瓶にしました。

ガラスのうめ貯金箱2号③

うめ様の大好きな、クローバーを生けてみました




缶入りクッキーなのか、クッキー入り缶なのか・・・

缶入りクッキーなのか

全国四千五百万人の、缶フェチのみなさんっ!
時々、こんなふうに思うことはありませんか?

これは、缶入りのクッキーなのか?

それとも、クッキー入りの缶なのか? 

この缶が欲しかった!

缶フェチの私、
いただいたお菓子の缶が可愛かったりすると、なかなか捨てられないんですよね~。
  (今、うなずきましたね、そこのあなた!)
それどころか、缶が欲しさに、クッキーを買ってしまうことさえあります・・・。
  (今、ビクッとしましたね、そこのあなた!)

この目の覚めるようなターコイズ・ブルーのクッキー缶、
欲しかったんだ~

ローザ洋菓子店・クッキー

東京・麹町にある ローザ洋菓子店 のクッキー詰合わせ(の缶)

近くに行く用事があり、満を持しての購入ぅっ!

そしたら、包装紙とか、包装もツボっ

包装紙の上にセロファン、懐かしの金の平たいリボン!
正統派・洋菓子やさん、という感じがいいぞー。

ローザ洋菓子店・包装

包装紙の文字、涙モノです。 「クッキース」だって・・・
ローザ洋菓子店・包装紙

実は、パケ買いなんて失礼なこと言えません。
あとで知ったのですが、ここのクッキー、予約してないと売り切れ必至らしい。
私が行ったのは午後イチくらい。
2500円のお手頃価格のは既に売り切れ。
私が買ってきたのは、3000円のものです。
まぁ、缶の大きさ的には、これくらいのが欲しかったので、いいのですが。

            ***********


さて、我が家の缶を、思いつくままに列記いたしますと・・・
 ・「銀座ウエスト」のピンクの缶、大小3個 
 ・「資生堂パーラー」のクッキー缶(黒)・・・金と白も欲しい!
 ・「ヨックモック」
 ・「泉屋のクリスマスカンパニーコラボ缶」
 ・「六花亭の丸缶」
 ・「一保堂のお茶の缶」
 ・「たちばなのかりんとうの缶」
あとなんだっけ・・・。

スタンプとか、薬とか、使いさしの調味料なんかを入れてます。
ちっちゃいものとか、引き出しに入れて小物を入れたりしてるのは、
キャンディーの缶とかが多いかな。


            ***********


これ、一番のお気に入り。

うさぎやの缶

上野の「うさぎや」さん(どら焼きが有名な和菓子やさん)の、
おせんべいが入っていた缶です。
白状しますと、これは明らかに、缶目当てです
もう一個持ってます

今は、日本画の絵の具入れにしてます♪

うめ缶には絵の具を入れてます

一両目(15g)入りの袋のサイズが、ちょうどピッタリ。
まだ、ひと缶分しか絵の具を持ってませんが、増えたらどおしよう・・・。

ついでながら・・・絵の具は、緑系が半分以上を占めてます。(なぜに)
中身の絵の具たち

マンゴーパフェと高齢化問題の午後

梅雨の晴れ間の某日午後、
久しぶりに、従妹とランチした。

201006マンゴーパフェ

↑ランチ、はしょってますね
デザート、いっちゃってます。

従妹はひとつ違いで、横浜に住んでいます。
若いときは、よく二人で飲み歩いた・・・(血筋ですね)。
ここんとこ、ご無沙汰だったけど、叔母の入院がきっかけで、
最近また、ちょくちょく会ってました。

一時は危なかった、叔母の容体も安定し、
久しぶりに、病院以外の場所で、ゆっくりランチでもしよう、てことになり、
目黒の庭園美術館内にあるカフェでランチ&ビールの後、
こちらのカフェで、ティー&おしゃべり。

201006カフェ

カフェ②

若いときは、渋谷でブイブイだったけど(かなり脚色あり)、
お互い年を取ると、親のこととか、色々苦労が出てくるね~、などと、
ため息多めのティー・タイムは、
白金(プラチナ)通りのケーキやさんのカフェで。
シロガネーゼとは、懐かしい。もはや死語か?
古き良きバブリーな時代の想い出と、高齢者医療をテーマに盛り上がり、
お水を、かれこれ6杯おかわりしたという、ゆーがな午後でした。


レトルダムール

LETTRE D`AMOUR (レトルダムール
東京都港区白金台5-17-1

一階は、美味しそうな焼き菓子やケーキがたくさん
二階は、採光たっぷり、広い窓辺の、落ち着くカフェです。

テーブルの緑

いやー、高齢者医療、なんとかせんと!
たのむよ、民主党さん。




二年ぶりの小江戸訪問

バス旅行の続き。

一昨年行ったばかりの、千葉県の佐原
一昨年行ったばっかりで、
通算3度目の来訪ですが、ここ、けっこう好き♪ リピートOK

「小江戸」と言われる町のひとつです。
(「小江戸」と言われるのは、川越、栃木と、ここ佐原のみっつ)

2010ジャージャー橋

これは、ジャージャー橋

町の観光エリアの中心は、小野川と、
そこに架かるこの樋橋 (通称:じゃーじゃー橋) です。

水が出てないとき


この橋、下に水路が通っていて、30分に一度、橋の真ん中から水が流れ落ちます。

水が出ました


バス旅行の短い自由時間ではありましたが、
しっかり見てきましたよ!

この時の音が、じゃーじゃー ジャージャー橋・・・というわけです。
この音、『残したい日本の音百選』に選ばれているそうです。

2010水出てます

反対側からも出ています。

2010反対側からも

ここも、あやめが満開。
ここを訪れるには、一年で一番いい季節だと思います。

2010川辺にあやめ
2010蔵とあやめ


2010娘?船頭
201006青い船頭さん
201006船着き場のあやめ

201006文明堂2010糀や
201006赤煉瓦の銀行2010佐原のあやめ


お!
話題の、八重のどくだみ発見!
我が家の八重ちゃんは、まだツボミをつけません
今年もダメかなぁ・・・

2010八重どくだみ

さて、ここでやっと、おみやげターイム

籠屋さんで、大・中・小の籠を購入。

201006佐原かご

小さいのには、手ぬぐいを重ねて入れたり、
大きいのには、野菜を入れたり、あ、お花も生けられそう。

小さいのは、佃煮と一緒に、お友達におみやげ。

201006佐原かご②

とか、写真とってたら、きたきたー。

201006きたきたー、うめさん

家に新しい物が出現すると、必ずチェックして、
アゴでニオイつけする、うめ様であった。

201006うめ様籠にもにおいつけ



梅雨前日のジューン・ブライド

関東地方、梅雨入り直前、ギリギリやや晴れの一日。
水郷の町を訪れました。


舟でお嫁入りの、潮来の花嫁さん。
雨に降られなくて、よかったね。

潮来花嫁さん①
潮来花嫁さん②

花嫁さんを乗せた「嫁入り舟」の後には、
潮来囃子を演奏する下座連の舟が続きます。

潮来花嫁さんの囃子方



小さな舟にこわごわ乗り込んで、前川十二橋巡りに出発した私たち。
運良く、「嫁入り舟」に出会いました♪

霞ヶ浦の舟
出航します

舟って、大好き。
旅先で、遊覧船、シーバス、ボートなどなど、大小とりまぜ・・・。
時間があるものなら、必ず乗り込みます。
一年間、水上交通の仕事をしたこともあって、
都内の水路も、うねうねくねくね走り回りました。
なんだか、久しぶりの舟ーーっ。 血が騒ぎましたわ。

十二橋巡り①

狭い水路ですが、サッパ舟という小さな舟がたくさん。

十二橋巡り②

私たちの乗った舟は、小さいながら動力がありましたが、
たぶん正統派は、手漕ぎの「サッパ舟」。
若い娘船頭さんが、顔を真っ赤にして漕いでいるのが、ほほえましい。
(年齢制限はあるのだろおか・・・)

娘船頭
娘船頭さん

潮来と言えば、あやめ。

欄干のあやめ

ちょうど、あやめが満開。
「あやめまつり」開催中で、前川沿川は賑やかでした。

あやめまつり2010
あやめ園

初夏を思わせる、川辺の木々の緑が爽やか。
あ~あ、明日から梅雨なのかな~・・・

空に伸びる木
潮来・柳の緑

実は、ひっさびさのバス日帰り観光旅行でした。
人数合わせにかり出され、半分しぶしぶ参加だったのですが、
たまには、こういうのもいいですね。

私はどっちかというと、一カ所滞在型の旅が多いです。

フリーで、好きなところを歩いてまわり、
そのうち観光エリアをいつの間にかはずれて、
ふつーの町なかをウロウロすることが多い私としては、
集合時間が決められた団体旅行だと、どーしても心残りが。

せめて、通りがかりのワンコなぞを・・・。
(named ポチ)←本当

潮来のポチ

そして、にゃんこも。

潮来のにゃんこ

この町も、もうちょっとウロウロしてみたかったなー。



舟に乗り込んだ、女船頭さんの赤い鼻緒の草履が、
船着き場にポツリと残されていました。
おーい。

船頭さんの赤い鼻緒
なにやら白い花と舟

ここにも、増殖中!!

先日の結婚式の引き出物で、ラブリーな重箱をいただいた。
ラブリーすぎて、たぶん料理では使わない気がして、
そうだ!あちこち分散してぶちこんでるスタンプ類入れにしよう!と、思い立つ。

さて、分散されたスタンプ入れ、集合!

缶

すべて、お菓子の空き缶、空き箱・・・。

こわごわ開けてみます。

スタンプたち

なんだか、関係ない物も入っていたので、
スタンプだけにしてみると、こんな感じ

スタンプたち②

整理してみると、そんなにないですね(ホッ)。
それに、今は使ってない物の方が多いです

若気の至りの頃に買った、キャラ系スタンプ類。
キャラもの


今でもよく使うのは、やっぱり和ものかな。
(レターセットも、和系が多いので)

和もの

最近の”封”は、ほとんどこればっかり。
封

これらは、京都の田丸印房で買った物たち。
田丸印房、はんこ専門店なんだけど、すっごーく楽しいです。
はんこパラダーイス♪
次回上洛時には、また入荷予定。
(ちなみに、田丸印房さんのHPに出てる以外のハンコが素晴らしいです!
 正直、HPのはイマイチ・・・。でも、これは作ってみたいかも)

田丸印房


そして・・・。

はい。 ご想像どおり。
うめ様シリーズ・・・じゃなくて、うさぎシリーズ

うさぎスタンプ

うさぎスタンプも増殖中だけど、意外と少なかったな。

うめぴょん模様の入った印鑑は、友達の京都みやげ。
高台寺の近くにあるお店で、色んな模様入りの印鑑に、
その場で名前を彫ってくれるのです。
(つまり、私の名前が彫ってあります)
ちょうど、私もここで知人にお土産を買ってきたばかりだったので、びっくり。
(しかも、うめ模様。あ、これ”B.U(うめ様前)”だった)

京都みやげ・うめ印鑑


これ、お気に入り。
木彫りうさスタンプ

値段はそんなに高くないのに、しっかり木彫りのうめ様。
(模様違うけど・・・)
上から見たり、下から眺めたりして、にやにやしてしまう。
木彫りうさスタンプ②

スタンプ部分がわからないものが多いので、
押してみました。
うさぎスタンプ押してみました
(B.Uと書いてあるのだけは、うめ様前(B.U)に買った物)

ミッフィーの「みました」印は、仕事場で使用。
「みました」印


おっと、このシャチハタを忘れてはいけない。いけない。
シャチハタ

うめ様スタンプ!

うめスタンプ

当然、A.U(うめ様後)の購入です。






お絵かきの時間

今年もドクダミの花が、あそこにも、ここにも♪

去年の4月から、日本画を習い始めたのですが、
初めて描いた、作品第一号が、ドクダミの花の絵でした(F6、紙)。

家への帰り道、ドクダミを摘んで帰り、身近に置いて、
毎日ではないですが、ニラメッコして描いたのを思い出しました。

あれから一年たったのね~(よく一年続いたよ・・・)


           *******


というわけで、時々描いてます・・・(言い訳的)

次々と描いてるわけではないので、
絵の具や道具は少しずつしか増えてませんが、
ちょっと前に、硯と墨を買いました。

墨と硯

硯と墨くらい、日本画やってなくても持ってるわい!
と言われそうですが、私、持ってませんでした・・・

何に使うかといいますと、
墨で絵を描くこともモチロンですが、
「骨描き(こつがき)」という、いわゆる下図の輪郭線を描く時に、
墨を使います。
墨汁で間に合わせてたんだけど、なんとなく・・・ね。

百貨店の”京都展”に出店していた、京都・寺町の「龍枝堂」さんで。

もちろん、安ーい方のものを揃えました。
墨は、”青墨(せいぼく)”を。

硯

なんか、やる気出てきたぜ!
(何事も、形から入るタイプ)

どんなのやってるか、ちょっとご紹介。

揉み紙パネル
揉み紙*を作って、パネル(サイズ;SM)に貼りました。
この上に、絵を描きます。

※揉み紙は、今回は、墨を全体に塗った紙の上に、
 薄いピンクの絵の具を塗り、 乾いたら、揉み揉みします。
 すると、上の絵の具がカピカピ剥がれ落ちて、
 下の黒い部分がシワの間から見えて、いい感じになります。

椿の花を描きました。
デッサンをトレースして、墨で骨描きしたところです。
骨描き

この上に、彩色します。

ふふふ・・・、完成してるけど、完成品は非公開。
(理由は、わかるね?)

そして、今は、うめ様を描いてま~す



私のカバンの中のうさぎ

私のカバンの中には、たくさんのウサギが住んでいます。

葉っぱとうさぎ

うめ様効果とでもいいますか、
次から次と、ウサギが周りに増えていくのです。

かけっこうさぎ

で、ある日の私のカバンの中。
(ネタ切れか)

かーいいボタンでしょ!?
(うしろは、エコバック)

エコバッグとボタン

made in どこのかわからないけど、
先日Bunkamuraミュージアムのショップでみつけました♪

こんなカードも

うさぎカード

で、カバンの中。
し・・・知らない間に、火星人ならぬ、うめ様増殖中。

ほんとはペンケースらしいけど、サングラス・ケースに使ってます。

メガネペンケース②

眩しいのに弱いけど、真っ暗になるサングラスは苦手で(コワモテだし)、
色が付いてないUVカットガラスのサングラスです。
(By.●NIQLO)
これからの季節、これなしでは自転車に乗れない・・・。

いろんな形のうめ様がいっぱい
眺めていて飽きません(アフォだ)。
メガネペンケース

それと、ディズニーのミラー二種。
・・・・・あのぉー、私、決してこういう路線ではなかったんですけど・・・。
だけど、この髪を梳くしぐさ・・・うめ様そっくりなんだもの~
(うしろはクリアファイル)

うめぴょんミラー

まだあるぞ。
コンパクトにたためて、かなり使えるエコバッグ。
京都で買ったピンクの手ぬぐい生地のカード・ホルダー。
山種美術館のショップで買ったミント・ケース。

エコバッグ&ミントケース&カードホルダー

忘れるとこだった。
出雲で買った、ピンクの石のお守り。
うめ様の化身。
いつも、これに守られてたのね、私は。

ウメピョン守り

今日はこれくらいにしといたろか!
(意外と少なかったなー)





三分の一レシピ

むかし、むかし。

大好きな、ばあちゃんちの庭には、二本の梅の木がありました。

一本は「お母さんの梅の木」で、二階くらいの高さの白梅。
もう一本も白梅で、
こちらは一階の屋根くらいの高さで、「ばあちゃんの梅の木」。

毎年家族総出でウメ取りをして、
「お母さんの梅の木」から採れたウメは母が持って帰り、梅干し作り。
「ばあちゃんの梅の木」から採れたウメは、ばあちゃんが漬けた。

2010うめ豊作

オモシロイのは、親子なのに、漬け方が全然違う!
母親のは、紫蘇を散らして、どっちかというとトロッとした仕上がり。
ばあちゃんのは、一個一個紫蘇で丁寧に包んであって、実がシッカリしてたっけ。

もちろん、どっちも美味しかった!
もう一回食べたいなー、二人の梅干し!
私はお手伝いはしてたけど、部分的にしか作り方を覚えてなくて×。
もちろん姉の記憶も、私と同等程度。
ざんねん・・・

* * * * *

さて、
今年は、我が家の庭のウメの木に、たくさん実がつきました!
・・・といっても、まだ植えて4年目くらいだから、
ばあちゃんちの二本の梅の木とは、比べぶべくもないけど。


そのままにしておくのは、もったいないかな?
という程度に実をつけたので、
今年初めて、「収穫」なるものをやってみました。

2010うめ収穫

計ってみたら、300gだって。 ははは・・・

梅干しはシンドイので、
梅漬けにしてみようと思います。
レシピは大抵1㎏なんですが・・分量1/3にしないとね。

さて、どおなることやら・・・



Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。