松本から、おしりブラザーズ

アップがすっかり遅くなってしまいましたが・・・・

「ふにゃぷにょ兎」が松本に旅立ったのと入れ違いに、
松本のシードルさんちから、この子達がやってきました。

松本からやってきました
松本から来たうめぴょんズ

にゃーっ!
シードルさんとこのブログで見て、萌えちゃったうめぴょんズでないの!

そう、特にまぁるいオケツが萌えポイント高し。

チャームポイントはオシリです。

では、我が家のタンポポ野原で遊んでいただきましょう。

たんぽぽの野原で遊んでいたら・・・

あれ? 左のコが、何かグレーの影に気づきました。

グレーのおしりが

なんだ、うめ様のオシリだったんですねぇ。

では、うめちゃんと一緒に遊ぼう!

うめちやんと遊ぼう

ぷりっケツといえば、うめ様ですが、
なかなかケツを撮らせてもらえなかったので、
こちらでガマンしてください。


去年描いた(実は描きかけで放置)うめ様の絵。
描きかけのうめ様







カードも一緒に、ありがとう!

月岡芳年・玉兎

きゃーっ、月岡芳年の『月百姿』!
去年「美の巨人たち」で見て、ズキュンだったのー。
しれっとした顔でピョンの、玉兎がクールでステキです。



※ririさんからいただいた、うめぴょんズも近々公開予定!
 ですが、なかなか撮影に手間がかかっております(大げさ)・・・。
 しばし、お待ち下さい。














スポンサーサイト

雪の降る町へ② <渋温泉 外湯めぐり>

渋温泉の続きです。

渋温泉は、「外湯めぐり」が出来ます。
「外湯めぐり」のある温泉地に行ったことはあるけど、
めんどくさがりやなので、宿に落ち着くと、
外に出るのがやになる。

というわけで、今回が初体験!

渋温泉・綿の湯

渋温泉には、大きさや効能・泉質もさまざまな、九つの外湯があります。

渋温泉・松ノ湯

宿で鍵を借りて、でかけます。
各湯の入り口にスタンプが置いてあって、
九つのお湯の名前が書いた手ぬぐいに、スタンプを押していきます。
九つ押したら、渋高薬師さんに奉納すると、満願成就!
・・・ということでしたが、私は二カ所で挫折。
(最初から無理と思い、手ぬぐいも買わないし・・・)

渋温泉・外湯スタンプラリー
いわゆるひとつのスタンプ・ラリーですな


私が入った2湯は、奇しくも一番最初の「初湯」と、
一番最後の「大湯」。

渋温泉・一番湯は坂の途中に

渋温泉・初湯

一番湯(初湯)には、初日の夜、
雪の深々と降る中、行きました。

ちょっと小さめの浴槽。
お湯が熱いらしく、先客の女の子は延々と体にお湯を掛けてるけど、
なかなか湯船に入れないみたい。
私も熱いのが苦手なので、「どんどん埋めちゃえ~」と言いながら、
おしゃべりしながら、やっと入浴。

その子は、去年の夏から予約して、「金具屋」に泊まってるとのこと。
”一人に対するスペースがやたら広いんですー”
と言ってた・・・どんなだ?


翌朝入った九番湯(大湯)は、九つの中で一番広いらしい。

途中貸し切りになったので、写真撮りまくってきました

天井
九番湯・湯船

昨日のお湯より熱くなくて、入りやすい~。

ちなみに、外湯の維持費(光熱費とか掃除代とか)は、
各地区の住民が払っているらしい。
前回記事の『信濃路』のおばあちゃんの地区は、この「大湯」。
”渋温泉で、一番いいお湯!”と誇らしげ。
ここのお湯で、座骨神経痛が治ったそうです。
あ、もちろん住民は、タダで入り放題

九番湯・入り口
浴室から脱衣場を覗く

あ、外湯は建物自体狭いので、ドアを開けるとすぐ脱衣場。
開放厳禁ですから気を付けて(危なくやりそうだったヒト)。

九番湯・洗髪してはいけません

風呂場に転がっている、黄色い桶はもしや・・・

やっぱり、ケロリン♪
やっぱりケロリン♪

宿で借りる鍵は、どこのお湯でも、
男湯でも、女湯でも、共通。
で、オートロックとなっています。

外湯の施錠

一泊二日で九つ巡るのは、きついかと・・・。

だけど、一番湯ですれ違った二人連れは、
”外湯はスピードが命” と言ってました。
(彼女らは、去年も来たそうです)
一カ所で長々と入ってたら、九つ回る前に、のぼせますね

九番湯にて

来年もまた、雪の降る時に行きたいな~、渋温泉。
でも、やっぱり九つは無理だろうから、
一年に二カ所ずつくらい巡るようにしようかな。
(何年行く気だ?)

渋温泉・外湯めぐり

それにしても、冬に浴衣で外湯巡りは寒すぎ。
あ、旅館にはドテラもあります♪







雪の降る町へ① <渋温泉>

もう、一週間前のことになってしまいましたが、
先週末、雪を求めて、長野の渋温泉に行ってきました。

渋温泉の橋

渋温泉は初めてでしたが、
小さい温泉街に情緒溢れる路地や外湯があり、
散策するのが楽しい、いい温泉街です。

温泉スナップ、ご覧下さい。


渋温泉・温泉まんぢう
渋温泉・温泉たまご
渋温泉・温泉街の街灯
渋温泉・外湯にて


路地がめちゃめちゃ萌える。

渋温泉の路地

ふと入った路地に、こんな喫茶店が。

渋温泉・信濃路

昭和ノスタルジック喫茶店のオーラ、まんまん。

だけど、店の前に立つと、こんな感じ。
(どう見ても、開いてませんよね?)

渋温泉・信濃路②

ところが、この状態で開店してたようです。
一日目は、閉まってると思ってスゴスゴ退却。
宿に帰って聞いてみると、どおやら、あの状態で開店してるらしい。
ということで、翌日リベンジ。

扉を開けると、おばあちゃんが一人でやっていて、
もう50年ここで営業してるとか。
ちゃんと、一杯ずつ豆を挽いてくれます。

店内は最高に、いい雰囲気。
あまりにも渋くて、写真撮りませんでした。

同じ路地に、これまた渋いラーメンやさん。
なんてったって、このウィンドウ。

ラーメンやさんで、うめぴょん発見!

アップでどうぞ、キラキラのオメメ
ラーメン屋さんのうめぴょん

電気のメーターボックス?みたいな扉に、ステキな錠前
渋温泉・錠前

アップルちゃん牛乳! 飲んでみたい!
アップルちゃん牛乳



温泉街の裏山には、神社仏閣が張り付いています。

渋温泉・雪の石段
渋温泉・毘沙門天
渋温泉・庚申塚

このお寺、門を入るといきなりビニールハウス?
渋温泉・ビニールハウス①

ビニールハウスの通路を辿っていくと・・・・

本堂前に着きました。 
雪対策(雪かきしなくて済むから?)なんでしょうね。

渋温泉・ビニールハウス②



温泉街メインロード (といっても狭い) 沿いにも萌え物件多し。

渋温泉・雪の蔵
渋温泉・蔵の窓
渋温泉・雪の観音さま
渋温泉の中華そば屋さん

この建物、なんだろう~。
廃墟フェチには、タマラン(廃墟かどうかは不明)
渋温泉・ここってなになに~?

こちらは、有名な旅館の金具屋さん。
ここを予約しようと思ったのですが、やはり満室でした。
3日前じゃ、無理ですね。
外湯で話しをした金具屋泊の女の子は、昨年夏に予約しておいたとか。

渋温泉・金具屋

「千と千尋・・・」の世界ですね。




長野市あたりでは、ほとんど雪がなかったのですが、
この辺まで来ると、雪と氷の世界。


こんなに積もってました。

渋温泉・屋根の雪
渋温泉・氷のオブジェ①



さて、渋温泉には九つの外湯があって、”外湯めぐり”が出来ます。

渋温泉・綿の湯

時間がなくて、ふたつしか巡れませんでしたが、
おもしろかった~。

というわけで、次回につづく。




昨夜の雪は・・・

昨夜の東京は、久しぶりの大雪。
(先週のは、私に言わせれば、雪のうちに入らない)
私がうめ様と、バレンタインりんごで戯れている頃のお外は、こんなでした。

20110214雪景色①
20110214雪景色②

雪が降ると、窓の外を何度も何度も覗いてしまうのは、
雪が沢山降る町に住んでいた子供の頃から変わらない。
なおさら今は、雪が滅多に降らない東京にいるので、
の予報が出ると、もうソワソワワクワクテカテカ・・・・
何度も外を見てしまいます。

20110214雪景色③

昨日の夜は、私が窓辺に行くたびに付いてくるうめ様に、
「明日はお庭で雪遊びだよ」・・・と、お約束♪






翌日は、昨夜の雪は嘘のように晴れてしまいました。ちぇっ。

雪に埋もれていた水仙を救出。

雪後の水仙

そして、うめ様を雪の上に放出!

うめ様雪遊び①

実はうめ様、雪の上は初めて。

「なんだか冷たくてびしょびしょ~」

うめ様雪遊び②


で、すぐに踵を返して、ご帰宅。

うめ様雪遊び③

もっと、サラ雪がいいよね~。

あ、信州はパウダースノーでしたー。
気持ちよく転んだぞー。





MY FUNNEY VALENTINE 2011

  • 2011/02/14 21:49
  • Category: うめ
今日は、バレンタイン

私の本命は、もちろん、うめ様

2011うめ様バレンタイン④

うめ様は、食べたらダメダメなモノが多いので、
バレンタインは、リンゴが定番になりつつあります。
(もちろんチョコなんか食べたら、死んじゃいます)

一昨年は、スーパーでみつけたバレンタインりんごを差し上げたのですが、
今年はみつからなかったので、手作り(というか、工作?)しました。
(「め」の字がヘンです)

2011うめ様バレンタイン③
うめ 「あの~、カドがないものって、食べにくいんですけど・・・」

丸いままだと、滑って食べにくいようなので、
刻んだりんごを、別途差し上げました。
(ちなみに、信州みやげ♪)

2011うめ様バレンタイン②
うめ 「これなら食えるぜ。ガツガツ・・・」


ああ、愛する人のために努力する私って、かわいい。
(勝手にやってろ)

LOVEうめリンゴ

東京は、夕方からの雨が雪に変わり、
ガシガシ降ってます。

お願い。 雨にならないで!
明日の朝、うめ様と雪だるまウサギを作るんだから!!






続・五年後の自分

ふと気がつくと、先月で、ブログを始めて五年経ってました。
(よく続いたな~)

ブログを始めてしばらくして、免許の更新があって、
私は優良ドライバーなものだから (つまりペーパー)、
次の免許の書き換えは五年後かぁー。
五年後の自分は、どおなっていることやら・・・・という記事を書いたっけ。
あの時は、遠い遠い先のことと思っていたけど、
あっという間だったような。

免許更新に行きました

五歳年をとるって、大変なことですよ
個人差はあるだろうけど、色々身辺も変化があるし、
事件?も大小さまざまありました。

そんな私の五年間の中で、どれくらいを占めてたかはわからないけど、
このブログの存在が、かなり支えになっていたのは、確かなこと。
書くこと、写すこと、もですが、
ここを訪れてくれた、みなさんのおかげです。
あらためまして、ありがとう




ところで、五年も経つと、自動車免許界も色々変わってたんですね。
「普通免許」って、今は「中型免許」っていうんだー。
え~、8tまで運転出来るんだー(あなたには出来ません)。

で、免許更新も無事終わり、
警察署の近くの町を、ちょっとぶらぶらしてみました。
(ウルトラ商店街のある町です)

おお、でかい団地があるぞ!
萌え~♪

団地萌え①
団地萌え②

昭和な団地が、都内にもまだたくさん残っていますが、
その命は短いのでは、という思いを、ひしひしと感じています。
だから、団地を見ると、「残しておきたい」という気持ちで、写真を撮ります。

団地萌え③
団地萌え④

この町の商店街は、結構大きくて、活気はある方だと思います。
ご多分に漏れず、大型スーパーやフランチャイズの飲食店も多いですが、
昔からのお豆腐屋さんなども頑張っていて、
私は50円の”おから”を購入。


お蕎麦やさんの飾り窓に、こんなキャワイイうめぴょんズ♪

あめぴょん①

「あめぴょん」っていうらしい。
あめ細工のうさぎの七福神。
(そういえば、雑誌で見たことあるぞ >あめぴょん)

あめぴょん②

お蕎麦やさん仕様で、みんなそれぞれ、お蕎麦などを持ってます。

↓ネギが乗った「かけそば」?
かけそばあめぴょん


↓蕎麦屋は酒がつきもの。白あずきあめぴょんと命名。
一升瓶あめぴょん

↓徳利とお猪口を持ってる。美鳥花あめぴょん?シードルあめぴょん?
酒飲みあめぴょん


↓盛りそば?
盛りそばあめぴょん

↓海苔がパラついてそうだから、こちらはざるそば?
ざるそばあめぴょん

↓お魚みたいなのが乗ってるけど、なんだろう・・・
天そば?あめぴょん

あまりの可愛さに、つい全部ご紹介してしまいました


さて、途中で100均を覗いて感心したり、
郵便局で記念切手を調達したり、スーパーで買い物をして、帰路へ。

また、さっきの団地の別の道を通ったら・・・・

おおっ、スカイツリーかっ?!

給水塔萌え①

古い団地は、こういう施設も萌え要素。
給水塔?

給水塔萌え③

ああ、あの窓みたいのはナニっ?
上まで上れるの?
わくわく・・・・

給水塔萌え④

とか、写真を撮ってたら、お巡りさんがチャリでパトロールしてたので、
ささっと買い物帰りのおばちゃんを装う。
(装わなくても、そのものですが)

この辺は都内とはいえ、畑が多く、無人売店もちらほら。

無人売店

しかも、広大な梅林まで!
あなどれん!

梅林発見①
梅林発見②

未明のみぞれで、花びらが弱ったのか、
カメラを向けていると、花びらがひらひらと散ってきて、
とてもきれいでした。

梅林発見③

そうそう、五年前の免許証と、新しい免許証。
並べて見てるんだけど、変わったような、変わらないような・・・。
ま、元々老け顔だしね。

おひまでしたら、五年前の私でも覗いてみてくださいな。
2006.2月「五年後の自分・・・」







豆まき 昼の部 2011

今年の節分、
夜の部はうめ様と豆まきに興じましたが、
昼の部は、こんなとこに行きました♪

2011節分 水天宮の豆

水天宮の豆まきの豆、待機中。

いや、別に水天宮の豆まきに参加しようと思ったわけではありません。
単に、水天宮~人形町をぶらぶらしてきましたー。

で、水天宮はすごい人出になりそうなんで、早々に退散。

ぶらぶらしてたら素敵な神社に遭遇。
小網神社というんですが、小さい神社ながら次々に参拝客が。
ここ、東京の銭洗い神社なんですって。
早速、五円玉を洗ってきましたが、その五円どこやったっけ?

お賽銭箱の隣りに「福豆」が。(もろてきた♪)
2011節分 小網神社の福豆

で、更にぶらぶらしてたら、裏道の小さな神社で豆まきが始まりそうだったので、
急遽、地元の人たちに混じって、参加することに。

豆まきの前に、地元の年男&年女(つまり、福男&福女)が社殿に集まり、
お祓い?の神事が行われてました

2011節分 福男・福女

この頃は、まだ数人しか集まってなかったのですが、
徐々に地元の小学生や、小さな子供を連れたお母さん達が続々と集まってきました。
しかも、みんな手に手にデカイ紙袋を持って・・・。
なるほど~。

2011節分 ほとんど地元のこどもたち
紙袋で、前が見えないんですけど・・・

私はカメラを右手に、そして左手には一応エコバックを・・・(やる気まんまん)
で、豆まきが始まったら、みんなスゲー
それに、豆の他にも、小銭だのお菓子だのが降ってきてぶつかるので、
私は顔をエコバックでカバーして、ほとんど前が見えない状態。

で、帰ってきたら、エコバックの中に、豆が4個入っておりました

これが、今年の豆まきの収穫です。

2011節分の収穫


<オマケ>

豆まきの神社に「うさぎみくじ」がありました。

2011節分 うさぎみくじ

最近は、やなことが書いてあるとイヤなので、
あんまりおみくじひかないんですけど、つい引いちゃった。
(うさぎだから)

2011うさぎみくじ

ALL良いことが書いてある「吉」・・・・うめ様効果ですね、きっと。








鬼はそと、福はうめ!

  • 2011/02/03 23:48
  • Category: うめ
今日は節分

先々週から用意していた、鬼のお面付き豆。
もちろん、セレクトの基準は、うめ様サイズのお面であったこと。

で、すいませーん、うめ様。
ちょっとの間、オニさん役、お願いしまーす。

うめ様、少しのガマンです

ま、無理だろうとは思ってたんだけどね。
サンタの帽子の時も、激しく抵抗されたしね。


「なにすんだーっ!やめろおーっ!!」
オニなんて、やだーっ

もう、まったく写真なんて無理。

残念・・・来年の「うさぎめくり」に投稿しようと狙ってたのに・・・。

ごめんね、うめ様~

ま、写真の締め切りまでは、まだ二ヶ月あるしね。
チャンス、狙ってます

ちなみに、我が家はうめ様の黒豆●で、
一年中、豆まきやってます。

「オニはーそと、福はー、うめ!」






ブーメランボックス

うめ様 「あれ~、この箱見たことあるよ~」
(そして、アゴで激しくニオイつけ)

戻ってきた箱

美鳥花さんから、ブーメランボックス!

うわー。
私なんて、スカスカで送ったのに、
びっしりと、福袋のように、色んなものが詰まって戻ってきました!
どうしよう~(喜

本日、風邪でダウン・・・
午前中は寝込んでたのに、この荷物が届いて、
俄然張り切って撮影会開始!
おかげで、元気になったみたい(仮病か)





サンキライの素敵な蓋物の器。 橘吉~♪
(クリスマスに使ったサンキライを慌ててレイアウト)

サンキライの器

蓋を開けると、なんとマッチー♪
後日、、『マッチ好きの少女』でご紹介しますね。

中からマッチが♪

マッチを取り出して、早速、姐さん特製の梅干しを入れました。
姐さんの弁当を見て、梅干しうまそ~(涎)と思ってたんだ~

姐さんのうめぼし♪


次に、うめぴょんペーパーウェイトと、蜜柑!
 
うさぎとみかん 表

これって、お正月に、年賀状の上に乗っけてたよね。

蜜柑は、なに蜜柑だろう?
これも、箱の底に入ってました♪
(マーマレードを作れと?)

うくくく・・・この子のケツが、たまらんので、後ろ姿も。

うさぎとみかん


うわさ?のガラス壺!

何を入れようかと迷って、
大好きな河道屋さんのオリーブの漬け物を入れました。

ガラスの壺にオリーブ①

スプーンを見て、「ラー油入れっ!」って思ったんだけど、
とりあえず、姐さんの好きな緑の物を入れたくて。
オリーブがなくなったら、先日沖縄みやげにもらったラー油を入れようかな。
(でかすぎる?し、もったいないかなー)

ガラスの壺にオリーブ②


松本民芸館のリス絵皿!

松本りす絵皿

いいんすかっ! 私がもらっちゃって!
去年行ったとき買い忘れたから、ウレシイっ!


他にも、鳥さんたち、いろいろや、
鳥さんいろいろ

うめぴょん達など、いろいろ。
姐さんのブログに登場の、あんなもの、こんなもの・・・。
まるで、美鳥花ブログ・オンラインショップから、お取り寄せしたみたい。

うめぴょんいろいろ


うめぴょん達は、早速うちに馴染んで、
サンキライで楽しそうに遊んでいます。

うめぴょんと遊ぼう!サンキライ編

オウムさんも、気に入った止まり木をみつけたようです。

オウムさんの居場所

みんな、新しい住み処を気に入ったみたいですから、ご安心下さい。

姐さんが「物の叫び」を感じて集めたもの達、
私が大事に引き継がせていただきますね。
ほんとに、ありがとうございました。



おまけ・・・これ、意外とツボ。
(箱、見たことなかったんだー。いつも無包装なので)

清浄歓喜團の箱









Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作