便乗・木曜日記

3月31日(木曜日

今日は、変な夕立(昼立?)が降ったり、
雨があがっても、どよ~んとした変な雲が残って、
三週間前のあの日の、いや~な感じの雲を思い出した。


それから、今日は、
ずーーーーっと昔に亡くなったおじいちゃんと、
そのおじいちゃんが可愛がっていた、アイヌ犬のシュウの命日だった。
(今思い出した


今週なんとなく撮った写真など・・・・。


週末に買ってきた啓翁桜が満開になり、

201103啓翁桜

うめ様が、桜にはげしくニオイつけをする季節になりました。
春ですねぇ・・・(うそ、うめ様は一年中あらゆるものにニオイツケしてます)

うめ様桜にニオイつけ
(こいつ、芽を食ってる・・・)




大阪のお友達から、
地震見舞いに・・・と、ツマガリのクッキー詰め合わせが届いた。

「きゃほ~お、ツ・マ・ガ・リ♪」
・・・・じゃなくて、
私なんて、お見舞いされるほどの被害は受けてないのに、
なんか申し訳ない・・・。

でも、気持ちが有り難い。

そしてなぜか、目が釘付けの「大丸さんの熨斗」。
すてきっ!

大丸さんちの熨斗







去年の同じ頃に花屋さんで買ってきたサボテン、
その名も『うさぎのほっぺ』

↓こちらは去年の写真です
うめのほっぺ

2011年3月現在、こんな感じになってます。

うめ様のほっぺ2011

この後、一体どうなっちゃうんだろおか?!






スポンサーサイト

2011.3月の庭

なんだか虚脱の週末・・・
でも、もうすぐほんとに春だから、
少しは庭仕事もしとかないとね。

てなわけで週末は、庭仕事しました。
(おかげで、腰痛で寝込んだ)

201103白山吹の種

なんでしょう?

答えは、白山吹の種。(今頃取るか)
結構発芽しますよ、この種。
本体は、ばりばり芽吹いてます。


お花も、ちゃんと咲いてます。

201103ニリンソウ②

二輪草の花です(一輪しか咲いてませんが・・・)。
先週買ってきて植え付けたのが、咲きました。
増えて欲しいな~。

201103ニリンソウ①




これは、プランターに咲いたのだけど、
小松菜の花です。
うめ様用に植えたけど、ヒヨドリの餌になって、
ヒヨも食べなくなって、ついには花が咲いちゃった♪

201103小松菜

201103スミレ


タネツケバナ、大好き。
今年はちょっと不作でざんねん。

201103タネツケバナ


剪定してないから、
すごく変な樹形になっちったヒュウガミズキ
なので、全体像はお見せ出来ません。

201103ヒュウガミズキ




あんまりキレイに咲いてくれないけど、
フッキソウの花も咲きました。

201103フッキソウ



おおおっ、こ、これはもしや

201103クリロ発芽?

クリスマス・ローズの発芽ではないかな~。
やったー!
種まいた覚えがないんだけど、
自然に種が落ちて発芽しちゃったらしい。
嬉しい!
(クリロの苗って高いんだもん・・・てことじゃなくて・・・・)


小鳥たちも元気に遊びに来てくれます。
朝、鳥たちがさえずってると、何故かほっとします。

201103シジュウカラ









どんと来い! 計画停電


って感じで、備えてるんですが・・・・。

我が家の防災対策②

ずっと前、IKEAで500円で売ってたカンテラ。
夏の夜にベランダで、(ビールでも飲みながら)
うめ様と戯れるときに使おうと買っていたけど、
結局ベランダには蚊がいるので使わないまま・・・・。
今回の(無)計画停電で、やっと出番が!
・・・と思っていたのだが、家のエリアでは未だ実施されず。




さて、巷では懐中電灯が売り切れ状態ですが、
我が家では、普通の懐中電灯と、
もうひとつ防災用にコレを常備(もらいもの)。

我が家の防災対策③

美鳥花さんとこでも話題になりましたが、
電池が切れた時には、後ろに付いてるハンドルをグルグル回すと、
自家発電出来るというスグレモノ。

ラジオ、懐中電灯、サイレン付き。
携帯電話の充電も出来るらしい(未体験)。

懐中電灯メインではないので、ライトは小さいけどね。
我が家の防災対策④

停電は大変だけど、
ロウソクの炎って好きだなぁ~。
電気の入ってないコタツに家族や仲間で入って、
ロウソク灯して、おしゃべり、思い出話し、百物語(え?)。
そんな時間が出来るなら、計画停電も短く感じられるかも?

我が家の防災対策①





春が来る前に

今日は余震が多いなぁ・・・

といっても、私のところはせいぜい震度2、たまに3程度だけど、
東北は、震度3~4の余震がザラだもんな~。
(友達は、もう慣れたと言ってた


来週には桜が咲きそうな時季になってまいりました。
アップしそこねた、だいぶ前の写真を、こっそりアップしてしまいます。




先月、早春の京都にて。

岡崎神社の隣の梅

岡崎神社を後に、版画美術館に立ち寄り、鴨川方面へ。
道々のスナップです。

2011春・京都・水仙

メジロ、見えますか?
2011梅の木とメジロ



お茶やさんのウィンドウの中に・・・
2011早春・京都・ウィンドウのうめ様



こんなカワイイ看板が。

2011早春・京都・マリア

幼稚園の看板でした♪

2011早春・京都・聖マリア幼稚園


前出の『京版画 まつ九』の前にある「京都踏水会」の自転車置き場。
こんな自転車置き場があったら、写真を撮らずにいられません。

2011早春・京都・じてんしゃおきば

2011早春・京都・自転車置き場①


鴨川に出ました。

去年だったか営業を終了した”ホテルフジタ京都”の建物が、
その役を終えてひっそりと建っていました。

2011早春・ホテルフジタ京都

たしか東山魁夷の『年暮る』という絵は、
ここの客室の窓から東山方面の景色を描いたと、
何かで読んだような・・・・。
(2011.6.20追記:旧京都ホテルの屋上から描いたそうです。すいません)

私の大好きな絵、東山魁夷の『年暮る』です。
年暮る


ホテルから見たと思われる方角を撮ってみました。
京都の町も、もうずいぶん変わってしまったようです。

東山魁夷が描いた場所の今

いつかこのホテルで除夜を過ごしたいという夢は叶いませんでした。








こんな三連休

みなさん、三連休いかがお過ごしでしたか?

三連休3日目の今日は雨でした。

スーパーの駐車場にて

ひさびさに車に乗っけてもらって買い出しに。
スーパーの駐車場で開店を待っています。
(開店してから行くと、すごい駐車場待ちらしいので、早めに行った)



前半の2日は、特に予定もなかったし(日本画は延期になった)、
いいお天気だったので、庭の春じたく・・・と、防災対策の強化。

お庭は、もうひと雪あるかな?と思っていたので、
枯れ葉の堆積もそのままにしていたのだけど、
さすがにもう降らないかな・・・と、枯れ葉を取り除いたら、
いろんな発芽があって、テンションUP
ついでに近所の花屋さんに行って、花苗を買ってきたりして。
少し気持ちが明るくなりました。

やっぱりお花は元気をくれるな。

津波で家を流されたおじいさんが、
「軒下にチューリップの球根を500個くらい干していたんだ。
 春になって、このあたり一面に咲いたらうれしいだろおなぁ~」

だって。
こんな時なのに、楽しい想像。
力強さを感じました。






鳥たちも、元気をくれます。

ベランダの手摺りの上に、うめ様用の小松菜をプランターで作ってます。
が、最近ではすっかりヒヨドリのえさ場になってます。

小松菜プランターのヒヨ
小松菜プランターで現行犯目撃の瞬間

うめ様用小松菜畑
こんな感じで葉っぱを食べられます。 どうせなら、残さず食べろ!

もうひとつ、鳥さんパワーの話し。

物干し棹に、ワイヤーのハンガーを掛けっぱなしにしてるんですが、
繁殖期が近いカラスがやってきて、巣作りの材料に持ち去ってます。
白、黒、青のハンガーがあるんですが、黒いのは持ってきませんね。
明るい色でないと、認識できないのかも。

カラスも頑張ってるから、
私もがんばろう。





今、わたしたちにできること③

今さら私が書くほどのことでもないけど、
昔の震災に比べて大きく変わったのは、ネットによる情報がすごく役だったこと。
阪神大震災の時のネット環境ってどうだったろう・・・と思うに、
自分に関して言うと、インターネットはやってなかったなー。
携帯電話は持ってなかったか、PHSだった。
みなさんは、どう?
(生まれてなかってなんて、言わないように)

震災発生から二日くらいは、
被災地方面への電話やメールがなかなか繋がらなかった。
当日は都内でも、なかなか繋がらなかったけど、
ツイッターやインターネットでは、情報が飛び交っていた。

発災初日は・・・
都内では電車が全面ストップしたため帰宅困難者が多数出て、
私の知り合いでも会社や、近くのホテルの、
運が良ければ室内、ちょっと運が悪ければロビーなどに泊まった人もいた。
がんばって歩いて帰宅を決行した人も多く、
ツイッター利用者の間では、これらの人たちに向けて、
帰宅途中に、休憩出来る場所、ひと晩泊めてくれるとこ、
お水を提供してくれるとこ、営業しているカフェ、
などの情報を発信していました。
どれくらい役にたっていたかは知らないけど、
なんとなく、みんなで助け合ってる感じは嬉しい。

ツイッターには、“リツィート”という機能があって、
自分の読んだ情報(ツィート)を、たくさんの人に流したい時、
“リツィート”すると、
自分のフォロワー(ブログでいうとリンクしてる人たち・・・みたいな感じ)全員に、
そのツイートが広がります。

さらに、【拡散希望】としておくと、
それを読んだ人がさらに“リツィート”して、どんどん情報が広がっていきます。
(つまり、”ネズミ講”だな)

たとえば、
「【拡散希望】私の親戚が、気仙沼の●●ホテルの中で助けを待っています。」
というツイートを、自分のフォロワーに送ると、
受け取った人たちが更に自分のフォロワー達に拡散して・・・・回り回って、
その情報が元で救出された方達もいたそうです。

フォロワーを沢山持ってる人にツィートして拡散をお願いすると、
一気に多くの人に広がるというわけで、
芸能人のツイッターに、「拡散お願いします!」とツィートしてる人もいて、
それをちゃんとリツィートしてくれる芸能人の方がいたりして、嬉しかった。




情報発信も、自分たちに出来ることのひとつなのかも・・・
という思いで、
「燃料を大切に使って」
「ガソリンの買い占めをやめて」
という、私が直接聞いた被災者からのメッセージを伝えたいと思います。


彼女は今、福島原発近く(ただし、30㎞圏外)の実家に身を寄せています。
ライフラインは通っていますが、いつ終息するかわからない原発の状況の中、
燃料は最小限に抑えて、薄暗い家の中でずっと原発のニュースに見入ってるそうです。
一番深刻なのはガソリン不足で、
いざという時の脱出のため、買い出しなどにも気軽に出かけることが出来ず
(車がないと買い出しが不便です)、
そのうち食料も不自由になってくるという不安もあります。

被爆をおそれて、次々と福島を脱出している県民が増えているそうですが、
彼女の家では、「遠くまで行くガソリンがない」とのこと。
なんとか東京に出て来られるなら、住むところを探すよ、と申し出たのですが、
「混乱に紛れるよりは、最後は家族と一緒に家にいたい」と、
家族で話し合ったそうです。

何より心配なのは、彼女は今妊娠中で、
微量の放射能でも赤ちゃんへの影響を考えると、
本人の不安ははかり知れません。
実家に戻る前にお医者さんに、
「最悪の事態になった時の脱出用のガソリンは残しておくように」、
そして、「次の健診は診てあげられるかどうか」と言われたそうです。

「今、私たちに出来ることは?」という私の問いかけに対する彼女の答えは、
「エネルギーを大切に使ってほしい」と、それだけでした。

電車などの公共交通が整備されている首都圏のみなさん、
自動車に乗るのはやめて、ガソリンを買うのはしばらく控えてください!
(電車の本数が減ったくらいで、車通勤するんじゃねーぞ!)

私のブログなんかでは、少数の方にしか伝わらないので、
これを読んだ皆さん、周りの自動車を利用してる方に、
声を掛けたり、メールなどで、“リツィート”して下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m
(車が生活手段に欠かせない地域のみなさんは別ですよー)


うめ様も節電中。
うめ様節電中






今、わたしたちにできること ②

前回記事にも書きましたが、震災四日目の月曜日は予定でオフにしていたので、
この機会に、防災準備とか用事を片付けておこうかなと思い、
最寄りの駅前に買い出しに出かけました。

コンビニなどでは棚がカラッポという噂は聞いていたので、
ちょっと不安だったのですが、まぁ、大丈夫だろうと楽観していたら!

いつもはガラガラのスーパーに敢えて行ったのですが、
すごいレジ待ちの行列が店内を渦巻いてる!
私が行ったのは午前11時頃だったので、それでもまだマシだったのかも。
パン類、カップ麺、レトルト食品はほとんどなくなってたけど、
他はそこそこ残っていたし。
で、周りに流されやすい私は、不安になってちょっと普段より色々買い込む。

レジに30分くらい並んで買い物を終えた後、
そういえば目薬が切れそうだったなーと、ドラッグストアに行ってみると、
なんとここにも行列が!
トイレットペーパー、ティッシュペーパーを持った行列・・・オイルショック再来か!
おむつ、生理用品、●ロリーメイトやソ●ジョイみたいな携行食品が飛ぶように売れていました。

いつもはそんなに人がいない駅前商店街が、まるで竹下通りみたいに混んでいました。
自転車に乗った主婦系が異様に多く行き交っており、
店頭には置ききれず、脇道にまで駐輪が溢れているし、
これからどうなっちゃうんだろう・・・・という不安感と、
一応自分も買い出しをした安心感と、周りに流されてしまった罪悪感

被災地の人たちは、ひとつのおにぎりを二人で分け合っている人もいるというのに・・・。
そして、その報道を見て、さらに買い出しに拍車がかかり、
物不足が続く・・・報道が煽る・・・という、負のスパイラル。

関西の友達数人から、なにか必要だったら送るよ!のメール。
しかし、大阪の友達の話だと、大阪でもカップ麺やペーパー類が品薄だそう。
そういえば、一昨年の新型インフルエンザの時のマスク不足も、
あっという間に全国に広がったっけ・・・。

で、家に帰って、買ってきた食料を、冷蔵庫や棚にしまおうとしたけど、
ちょっと整理しないとうまく収納出来ないみたい・・・と、整理したら、
缶詰とか乾物とか、乾麺とか、なんだ、結構食べられるものって家にあるじゃん。
この機会にちゃんと食べて整理するのもいいかも。
いつも棚の奥で、食べきらないうちに、
賞味期限を迎えてしまい廃棄処分のこれらの埋蔵食品、
この機会に食べ方、買い方も見直さなきゃね・・・って思った気持ちが、
どうか手遅れになりませんように。

被災地に食料が届かないのは、
このような買い占めのせいだけではないかも知れないけど、
救援ルートが確立した時に、届けられる物が不足していないように、
買い占めをやめることも、今自分に出来ることのひとつかなぁ。

それにしても、
神戸の時もだけど、被災地に送られた食料品が、被災地にうまく届かないシステム、
非常時だからといっても、なんとかならないものでしょうか。

(今、わたしたちにできること ③ に、つづく)


★いっぺんに沢山アップしてしまい、読む方も大変ですよね。
 律儀に全部コメントしていただくと申し訳ないので、
 コメントを入れられないようにしようとも思ったのですが、
 色んな方の考えをお聞きしたい気持ちもあるし、オープンにしておきました。
 自分の心に引っかかった記事にだけコメントしてください。
 コメントも節電?ってことで・・・。

今、わたしたちにできること ①

震災四日目の月曜日のこと、
この日は新橋演舞場に歌舞伎を見に行く予定で、全日オフにしていた。
だけど、とてもとても、そんな気になれず、パスした。
空席を作ってしまって、役者さんには申し訳ないと思ったけど、
私の立場では、それが正しいと思ったから。

こんな時に公演を実施する興行主(●竹)は、どうかと思うけど、
上演が決まった以上、役者さんは舞台に出るしかないから、
役者さんに出来ることは、こんな時こそいい舞台で、
東京で地震にあってストレスを抱えた人たちを喜ばせること。
それは役者さんにしか出来ないこと
見にいった人たちだって、自分たちの事情の中で、行くことが可能だったし、
チケットを無駄にしては失礼だし・・・・。
軽い気持ちで行った人はほとんどいないだろう・・・と思いたい。
(さすがに客席は、ガラガラだそうですが・・・)
それに、一時自分を現実から離れたところにおかないと厳しいくらい、
ストレスを抱えた人もいるかもしれない。
事情心情も、人それぞれ。

ちなみに、国立劇場では15日から歌舞伎公演を中止にしたし、
中止が決まった前日は、公演後役者さん達がロビーに出て、募金活動をされたそうです。
それは役者さんだからこそ、やって効果があること
これってすごくいいですよね。
公演中止で行けなくなった人たちは、
「払い戻しのチケット代を義援金に寄付するぞ~」と、ツイッターでつぶやいていました。
その時その時で、それぞれが出来ることをそれなりに実行する・・・ということ



じゃあ、今私に出来ることは?

計画停電が始まった。
今回の地震で、電力が不足しているという話しは、発災当初から出ていたので、
節電を心がけてはいたのだが、こうなると更にシビアになる。
前からこれくらいやってれば・・・と思うことが多々。

『計画停電』は、実施初日から、ちょっとお粗末なことが多すぎて、
計画停電』とか揶揄されているけど、
この対策の実施やその報道のおかげで、
節電への意識がずいぶん高まったのはたしか。
私の周りの人たちも、テレビで見える限りの人たちも、けっこう節電してる。
停電の影響で、電車は運休続発、駅は大混雑・・・。
不便じゃないですか?のインタビューに、
「被災者の不便に比べれば・・・」と、当然のように応える人たち。
当たり前だけど、嬉しい。

無計画なままの実施には、みんな不満を持ってるけど、
停電自体には賛同していて、たぶん多くの人が、
停電を受けて立つ気まんまんなんだと思う。
だからこそ、最初のワタワタ状態で、なかなか実行されない『計画停電』に、
出鼻をくじかれた思いで頭にきてるんだと思います。
だって、自分の住む地域がどのグループなのかも曖昧、
いつ実施するのかも曖昧、
なぜ実施しないのかも曖昧・・・
それに、テレビもネット環境もない人へのアナウンスはどおすんだ!
(緊急時だからカンペキにとは言いませんが)



ちなみに、うちのグループも、まだ実施されていません。
ローソクとカンテラをセッティングして、待ってるのに・・・・。

電気やエネルギーを大切に使う気持ち、
被災地や、計画停電の対象地域以外の人たちにも、
広がることを願ってやみません。

それも、今わたしたちが被災地のために出来ることのひとつだと思うから。

(今、わたしたちにできること ②に、つづく)

関東エリアのみなさん、計画停電のHPはこちら→
http://keikakuteiden.com

無計画停電

★いっぺんに沢山アップしてしまい、読む方も大変ですよね。
 律儀に全部コメントしていただくと申し訳ないので、
 コメントを入れられないようにしようとも思ったのですが、
 色んな方の考えをお聞きしたい気持ちもあるし、オープンにしておきました。
 自分の心に引っかかった記事にだけコメントしてください。
 コメントも節電?ってことで・・・。




二日目の夜に

ご心配いただいたみなさま、有り難うございます。
そして、被害にみまわれたみなさまには、
心からお見舞い申し上げます。


東京でも、大きな被害に合われた方や、
電車が止まって帰宅難民になった方も多かったなか、
幸いというか、申し訳ないくらい我が家は無事でした。

大きな地震のあった盛岡には実家があり、
姉一家や友人がたくさん住んでいますが、
こちらも連絡がついた限りでは大丈夫のようです。


ちなみに昨日は、夕方うめ様の病院を予約していたので、
たまたま早い時間に帰宅し、
自転車置き場に自転車を入れているときに、グラッときました。

都内はしばらく電車が全面運休していたし、
うめ様の病院の予定がなかったら、
きっと帰宅難民になっていたと思うと、うめ様さまです。


さて、急いで家に入った時には、
ちょうど最初の地震が収まったところで、
小物を飾っていた小さな棚とか、
何カ所か立てかけていたものなどが倒れていました。

ケージの中のうめ様は、慌てるでもなく、
もしかして寝てた?ようで、私が駆け寄ると、
「ん?やっと帰ってきたか・・・」という感じでした
(さすが、大物!)
でも、ケージの中の水入れのお水がこぼれて、
床に敷いていた新聞紙が一部濡れていて、
けっこうケージも揺れたようです。

「ごめんね、一人にして!」
と、外にお出ししたものの、余震が続いているので、
キャリーバッグに押し込め入っていただき、
私もコートを着たまま、テレビを見ながらまんじりともせず待機。

報道によると、実家のある盛岡でかなり強い地震があったというので、
姉の携帯に電話をかけまくる。
さいわい、しばらくすると奇跡的につながって(その後は夜になるまでメールもつながらなかった)、
姪っこと一緒にデパートの布団売り場で布団被ってるから大丈夫とのこと。
(なんて悪運の強い姉・・・)

ちなみに、姉一家はその後、近くの小学校に避難。
とはいえ、自宅も無事なので、行ったり来たりして、今夜も避難所に泊まるらしい。
(きっと不安だから大勢の中にいたいのね)


東京は、今日になってからは余震も小さくなりましたので、
お昼前に、昨日延期したうめ様の病院に行きましたが、
町は何もなかったかのように、普通の状態に見えました。
帰りにスーパーで食料を買い込んだのですが、パン以外は食料品は充実していて、
昨日のツィッターなどでは、コンビニでは食料品が皆無!のようだったのですが、
余裕でした。(で、ついつい買い込みすぎてしまう・・・パニックに弱い私)

帰宅してからは、とりあえずありとあらゆる物に水を貯め、
節電にこころがけているものの、
情報を得られないのは不安なので、テレビはつけっぱなしです。

携帯の通信状況が改善され、
次々と色んな人から「無事です」メールが届き、ひと安心していますが、
まだまだ油断はできませんね。

自分の身内は無事だったものの、故郷である岩手の惨状の報道を目にすると、
やはり胸が締め付けられそうになります。
まだまだ予断を許さない状態ですが、
今後自分が被災者の方々のために何が出来るのか、
復興に気持ちを切り替えていかなくては、と考えています。


というわけで、とりあえず、
うめ様と私は元気です。

まだ余震が続く地域のみなさん、
気を引き締めて、がんばりましょう!
まずは、風邪をひかないように。





京版画・まつ九

まつ九・版三昧
京都版画館


今回の京都旅行は、初めてのところ尽くしでした。

岡崎神社のあと、横道・細道・裏道をくねりながら、
初めての、京都版画館へ。

京都版画館・入り口

ここは、木版画家・徳力富吉郎の作品を展示している版画館だけど、
そちらは要予約。
でも、私の目的は、同じ建物にある『京版画まつ九』
版画館のスーベニア・ショップという位置づけでいいのだろうか?

とはいえ、ここ自体、「アポなしで入っていいのか?」と、悩む雰囲気。
重圧感たっぷりの入り口・・・。

まつ九①

二階に上がると、先客が一組。
お土産を買っているという風情ではなく、画廊で絵を買うマダムという感じ。
ちょっと尻ごんだけど、買いやすそうなレターセットとか葉書も沢山あったので、
楽しく物色。

まつ九②

もう~、なんて楽しいの?!
ギャラリー兼ショップという感じのスペースには、
物欲をかきたてるモノがあり過ぎっ!

まつ九・短冊
季節の短冊は、2,500円くらいだったかと・・・。

まつ九・花鳥図①
まつ九・花鳥図②

これは抱一?

まつ九④
まつ九⑤



系列店で、花背に『工芸 離世(はなせ)』というお店もやっていて、
そこの”花背焼き”の、おしょうゆさしなども売っていました。

まつ九・しょうゆさし
これ、悩んだんだけど、おしょうゆさし買ったばかりだったので、
小鳥の形の、水差しの方をお買い上げ。



まつ九③

このシリーズ、この前新宿伊勢丹の京都展に来ていて、
ここのものと知らずに買っていたんです! びっくり。
そのひとつが、これ

まつ九・心ばかり

まつ九・版木とか
これは、版木とか?版画の道具と思われます


結局わたしは、水差しの他はうめ様便箋、一筆箋くらいしか買わなかったのだけど、
親切にお茶まで出していただき、
そのうえ、便箋とぽち袋のオマケまでいただきました。

まつ九・包装紙
包装紙もすてきです。


徳力さんの京都の名所の版画で、一力茶屋の葉書があったのですが、
一力茶屋のマッチの図柄に似ていたので(ネットで見たことがあった)、聞いてみたら、
「そうです!あれはこちらで作ったマッチです!」とのこと。
うわー、聞いてみるもんだー。
この中に、一力茶屋の版画があります。マッチの図柄とは微妙に違いますけどね)

・・・と、思わずここに一時間くらい長居してしまいました
いやー、想定外に楽しいところでした。
版画好きには、パラダイスです♪


お持ち帰りした、花背焼の水滴は、こちら。

まつ九・水滴①
まつ九・水滴②

さぁ、道具で盛り上げて、日本画がんばろー!


 京都版画館、京版画まつ九

    京都市左京区聖護院蓮華蔵町33
    http://www.kyoto-matsukyu.jp/top.html
京都版画館map



聖地巡礼 <京都編>

去年、予定していた名古屋行きがブッとんだのですが、
その時に買った新幹線の回数券が、3月1日で期限切れなのに気づき、
急遽、新幹線に乗りました。

行き先は、なぜか名古屋を通り越して、京都。
きゃーっ、久しぶりっ!







目指すは、西の聖地巡礼。








パンダうさぎちょうちん②

けんさんに教えてもらい、美鳥花さんに二度も魅せびらかされた、
京都のうめぴょん神社、岡崎神社へ!!

岡崎神社外観

以降、延々、うさぎだらけです。
食傷気味の方は、画面右上の×印をクリック。

岡崎神社の狛兎

お約束の、狛犬、ならぬ、狛うさぎ~っ
このケツ、たまらん~っ!

もういっちょ、プリッけつ

岡崎神社の狛兎③

もう、素晴らしいフォルムですね!
このー、バックシャン!(死語?)

そして、この円らな瞳~。

岡崎神社の狛兎②

100%きゃわいさオーラ爆発ですね、この子。
おっと、一応正面からも見ないとね(後ろばっかりって、変態か)。

岡崎神社の狛兎①

そして、手水鉢にもウサギさま。
口から水だらだらで、ちょっとコワイです。

岡崎神社の手水兎

そうそう、去年の秋は、「聖地巡礼 <埼玉編>」として、
浦和の、調神社をご紹介しましたけど、
そこの手水にも、口から水だらだらのウサギ様がおられましたね。

お庭に、こんな親子ウサギもいました。

岡崎神社の親子兎





あ、これこれ!
美鳥花さんの記事に出ていた、赤い欄干のうめぴょん達!
そっかー、こうなっていたのね。
(池があると思ってた)

欄干のうめ様たち
ピンクうさぎもいるの?

この子達は、売店にいる、おみくじではないかと思うの。

岡崎神社のうさぎみくじ①
岡崎神社の4xg@nhd@

おみくじですよ (”うさぎまんじゅう”ではない)



ここは、絵馬のバリエーションが豊富♪

岡崎神社の絵馬①
岡崎神社の絵馬②
岡崎神社の絵馬③
岡崎神社の絵馬④

もちろん、うめ様の健康長生き祈願!

岡崎神社でうめ様健康祈願



美鳥花さんのブログで見て、気になっていたのが、
この、白黒パンダうさぎマーク。

パンダうさぎちょうちん①

あちこちにありました。(ロゴ?)

こんなとこにもパンダ兎
硝子建具のパンダ兎

社務所扉のパンダ兎

そして、もちろん御朱印にも♪

岡崎神社の御朱印

帰ってきてから、いろいろと見落としていたものがあったことに気づく・・・。
いつかまた、巡礼しようっと。
うめ様の持病平癒のお礼参りになるとよいなー。


 岡崎神社
    京都市左京区岡崎東天王町51番地
    http://www.kyoto-16sha.jp/j_okazaki.html



雪の降る町へ④ (残った写真クリアランス大セール)

長野の写真の総決算です。

ちなみに、渋温泉に泊まった翌日は、信州中野で土人形を見て、
小布施、須坂にちょっこっとずつ寄って、
あとは長野駅近くで飲んだくれて帰りました。

雪の林檎畑
リンゴ畑も雪景色


タイトルが、「雪の降る町へ」ですが、二日目は雪が晴れて、
また、渋温泉を出て南下するほどに、雪はどんどん少なくなりました。

この坂道で転びました

でも、一日目はガンガン降ったし、の雪道では派手に転んだし、
思いっきり雪を満喫できました!

凍り付いた木

オブセ牛乳も飲んだぞ!
(紙パックだったけどね)

ついに、オブセ牛乳


小布施では、十年ぶりくらい?の、岩松院(がんしょういん)に行きました。
もちろんお目当ては、北斎の天井画 『八方睨みの鳳凰』。
前に見たときは、みんなで本堂に寝ころんで、天井画を鑑賞。
なんか、のどかでいいな~と思ったのですが、
今は、ずらーっと長椅子が並んでいて、寝ころんで観ることは出来ません。
なんか長居する感じじゃなくて、そそくさと撤収(寒かったしね)。

でも、山門の仁王さまは可愛かった
岩松院・かわいい仁王さま


小布施でお昼。
小布施の蔵元・枡一市村酒造でやっている『蔵部』で食べようと思ったのですが、満席。
あとで入れたとしてもカウンター席といわれ、あきらめました。
(どうしても行きたい場合、予約をおすすめします)

蔵部は混んでました

で、桜井甘精堂さんでやってる『泉石亭』へ。
奥の雪のお庭が見える席で、落ち着けてよかったー。

小布施でお昼食べた

で、栗関係を買い込んだら、あとは酒関係。
前回の旅でも買って帰った、枡一市村酒造の『スクエア・ワン』をゲット。

枡一市村酒造
スクエアワン

※シードルさんが狙っている『白金』は予算の関係で、今回もパス

小布施の氷柱


時間切れ、最後の一カ所は、須坂の 田中本家

須坂・田中邸

北信濃屈指の豪商の館というだけあって、なかなか。
なにより驚いたのは、土蔵5棟を改修した秘蔵コレクションの展示室。
収蔵品もだけど、広ーい長ーい通路が、全部床暖完備!
え? 驚くところ、ヘンですか?

什器はなかなか見応えありましたよ。

雪吊りと昼の月
田中邸の青い窓


この辺りになると、疲労が出てきて、写真が少ない・・・。
お池にカモがたくさん居たりして、お庭も良かったです。
でも、寒かったしね、早々に喫茶へ。

ほっとあっぷるジュース♪

ほっとアップルジュース

いちご白玉ホットアップルパイ&アイス
田中邸珈琲
↑こんな感じのコーヒーカップが欲しい。

てな感じで、冬の長野雪まみれツアーもおしまい。
長らく引っ張りまして、すいませんでした。

あ、田中本家は、4月4日まで、雛人形(250余点)を展示しているようです。
江戸時代のひな祭り料理再現会食会だって!楽しそう~!!

(あ、目黒雅叙園でもやるって、行こうかな~)

渋温泉のお雛様
※このお雛様は、渋温泉のお宿で出会った官女さまです。

これから行かれるそこのアナタ!
今週はまた寒波到来!
雪靴、腹巻き、ホッカイロ、完備でどうぞ、行ってらっしゃいまし!
(おっと、胃薬もね)



























雪の降る町へ③ <中野土人形資料館>

えへへ、まだ長野シリーズの続きです

渋温泉と小布施の間に、中野という市があります。
ここに、前から行きたかったところがありまして。

中野土人形資料館

日本土人形資料館は、中野市の小高い山の上にありました。
前夜の雪で、周りはすっかり雪景色。

土人形資料館の氷柱
有害鳥獣慰霊塔
中野土人形・外は雪景色

そういえば、昔から土人形って好きだったんだよねー。

なんてったって、兎モノ多し、土人形。

中野土人形・神兎
中野土人形・うさぎ①

ウサギって、なかなかいいキャラですよね。
小幡人形・カチカチ山

中野土人形・うさぎとかめ

もちろん、ウサギばかりじゃなくて、
お雛様や、歌舞伎の主人公や、いろんな人形がありますが、
写真はやっぱり、ウサギばかり・・・すいません。

あ、でも、今回のマイベストONEは、これ

マイベストお気に入り・どろぼう猫

ここは、中野土人形をはじめ、全国の土人形約2000点が収蔵、展示されています。
土地によって、それぞれ素朴さ、造作が違うはずなのに、
どことなくみんな同じ様な懐かしさを感じます。

この正月に、浅草で買ったうめぴょん土人形と同じ、
今戸焼の土人形もいろいろあったので、
ご紹介します。

今戸焼・口入狐

私が買った「子守兎」はありませんでしたが、
同じパターンの「子守狐」がありました(河童の右後ろ)。

今戸焼・スズメ、小河童
今戸焼のうさぎ親子←こちらが、お正月に浅草で買った、
我が家の今戸焼うめぴょん(子守兎)
狐がベーシックで、こちらは卯年の特別バージョンか?

(写真はクリックすると大きくなります)









こちらも今戸焼の「月見兎」と「月兎」。
ちょっと悲しい謂われがあります。

今戸焼・月兎





さて、この資料館のマスコット、月の兎です。

我が家の月の兎①

この兎は、長らく作られていなかったのですが、
江戸時代から残っていた型を使って、近年再び作られるようになったそうです。
そして、今はすっかりこの資料館の顔に!

それだけに留まらず、市内のお菓子やさん数軒でも、
この『月の兎』キャラのお菓子が色々工夫されていて、
もしかして、町おこしキャラにも?という活躍ぶり。

我が家の月の兎②

この『月の兎』のポスターを、去年長野駅で見かけてから、
ずっと行きたいと思ってた! 悲願達成!

展示を堪能したら、いよいよグッズ売り場へ!
ヤターーーッ!
ここも、うめぴょんだらけ♪

なぜか、神社仏閣でもないのに、お守りが
月の兎・お守り

あなたの胸に、ピンバッチ~♪
月の兎・ピンバッヂ

他にもいろいろ、グッズあります



帰りに、長野駅のお土産ショップでみつけました。
月の兎・ゴーフル

 日本土人形資料館

    長野県中野市大字中野1150番地 
     0269-26-0730 
    http://clay-doll.jp/







Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作