ひさびさのあさくさ <後編>

浅草の続き。

2011桜と雷門

桜はもう散っちゃってました。
は、造花です

201104浅草・刃物やさん

浅草は、江戸の職人さんが頑張ってる町です。

201104文扇堂さん

これはいったい、何屋さんだ?
福ねこ・何屋さんですか?
日本髪わんこ

仲見世やら、その裏通りの店をひやかしながら、
向かった先は、本日の目的、浅草寺 伝法院

伝法院の池に写る五重塔

ここは普段非公開なのですが、
本堂の屋根の葺き替え工事が完成した記念に、
寺宝と庭園を特別公開をしていたので。

伝法院とスカイツリー

実は、ここの庭園、前から気になってたんだ。
何年か前、夜にここの前を通ったとき、
庭園の柵から、なんと!タヌキが出てきたのだ!!
東京の、しかも浅草にタヌキがいるとは!

住んでるとしたら、ここの庭園しか考えられない。
で、この機会にタヌさんの邸宅を見ておこうと思って・・・。
(4月28日まで公開中)

シモクレンと緑
乙女椿と湧水

五重の塔とスカイツリーのツーショットは、
こっからしか撮れないかも?(撮れるかな?)

五重塔とスカイツリー

桜は終わり新緑の伝法院


さて、実は伝法院に行く前に赤ワインで出来上がってまして、
なんだかグッタリ・・・
どっかで休みたいな~と、思い出したのが・・・・

観音温泉①
(この写真は2008年のものです。外観撮るの忘れちゃって・・・)

浅草観音温泉

浅草観音温泉201104

一度、入ってみたかったんだ~。
ひとっ風呂あびれば、アルコール抜けるかもっ!

観音温泉ロビー
観音温泉下足箱

女湯の前に、もしかすると私より年上のバンビさん♪

観音温泉のビンビさん①

「バンビさんは動きません」

バンビさんは動きません

観音温泉・女湯

「女湯」に入ります(当たり前です)。

観音温泉脱衣所①

脱衣所に入ると、私一人だったので、撮影会♪

観音温泉脱衣所②
観音温泉脱衣所③

この前の渋温泉みたいに、浴場内部も撮りたかったが、
残念ながら、外国人観光客のナイスバディなお姉さんが入ってたので、断念。

どっかググれば出てくると思うけど、
タイルで描かれた人魚の絵、広い浴槽、
天井までのガラスブロックからお日様がキラキラと、
極上の酔い覚ましリラックスタイムでしたよ~

観音温泉入り口吹き抜け

昭和32年開業という、この温泉。
日本が元気になりだした頃の浅草を、ずっと見てきたのかな。

ロビー吹き抜けのシャンデリアを見上げると、
これに灯りが点いて輝いていた時代に、行ってみたい気がした。

観音温泉のバンビさん

で、ワインはおかげさまで、すっきり抜けました。
(で、「花やしき」に行った)





スポンサーサイト

ひさびさのあさくさ <前編>

ひさびさの浅草に行きました。

生まれて初めて行った、花やしき

2011浅草花やしき

桜はもう終わりかけだけど、
ガラスの桜が・・・・ライトアップするとキレイなんでしょうね。

花やしきガラスの桜

実はわたくし、遊園地が苦手。
(TDRは別)
なぜかというと、乗れる乗り物がない。
(絶叫系や回転系は苦手)
お化け屋敷も拒絶反応。

だけど、花やしきは一度写真撮りに行ってみたかったんだ。

花やしきのメリーゴーランド

でも、せっかくだから、ひとつだけ乗ってみた。
ちょっとユルそうなヤツ。

つぶらな瞳の白鳥さん

湖?で、つぶらな瞳の白鳥さんたちがくるくる泳ぐやつ。

白鳥さんに乗り込みました

BGMは、『白鳥の湖』。

しかし、次第に回転が早くなり、びびり始めた頃終了(ホッ)。

意外と早い白鳥の湖


閉園時間が近づき、やがて空は桜色に。
花やしきも、ほんのりピンク色。

花やしき回転木馬

花屋敷の木馬たち

ちょっぴり画像をセピア色にしてみました。
浅草は、こんな色が似合います。

花屋敷の桜
BEEタワー

うめぴょんも、そろそろ帰れと言ってます。

花やしきのレッゴー三匹


スカイツリーの隣にもお月様。

満月とスカイツリー

さぁ、蕎麦屋で一杯ひっかけて帰るかと、
いつもの蕎麦屋に向かったら・・・・なんと、更地っ!

『並木藪』は、新築工事のため、三月の始めに解体されたようです。
いい建物だったのにな~。(老朽化だから?)
あの地震前に自ら壊してしまったとは、なんと潔い。
秋には工事が終わるらしいけど、
果たしてどんな建物になるんだろう・・・・。

またひとつ寂しくなった浅草



「ひさびさのあさくさ」、後編に続く。



桜と蘆花と雑木林

しつこく花見記事。

2011芦花公園で花見

といっても、また近所の公園で桜を見たときのこと。

2011桜と菜の花

京王線に、「芦花公園」という駅があります。
その駅の近くに、「芦花公園」があります。
その中に「蘆花恒春園」があって、
明治の文豪・徳富蘆花の暮らした家が保存されています。
(しつこい文章ですいません)


家からは、徒歩圏ではないけど、
自転車で気軽に行ける公園です。


徳富蘆花邸

母屋と、長い廊下で繋がれた、離れのようなふたつの書院があり、
周りは広い雑木林のお庭。
武蔵野の面影を残す所です。

徳富蘆花邸?

徳富蘆花は、この家に約20年間暮らしたそうです。
離れのひとつ、”秋水書院”には二間あり、蘆花の寝台と思われるものも。
こちらでくつろぐことが多かったのかな?という部屋にある屏風絵。
誰のものかわからないけど、好きな絵。
もっとじっくり見たいのに、部屋の中には入れないので、廊下から。

秋水書院の気になる屏風絵
(手前の家具ジャマだ、どかしてくれ)

書院の格子窓

徳富邸書院前の椿
徳富邸木戸

お庭、広いです。
実は去年も桜の頃に来たのですが、
アップしそびれて・・・・今年こそと(滑り込みセーフでしたが)。

徳富邸離れと新緑
徳富邸新緑の始まり

桜と併行して、新緑の季節も始まり・・・。

徳富蘆花邸ガラス戸
梅花書院

蘆花は、晩年、病気療養のため転地した群馬県伊香保温泉で亡くなりましたが、
その亡骸はこの地に戻り、
地元の人びとの手で敷地の一角の雑木林に、手厚く葬られました。

徳富蘆花の雑木林

その後亡くなられた婦人と共に、同じ場所に眠っています。

徳富蘆花のお墓

ところで、私はここに来ると必ず、
墓の前に建てられた蘆花の”墓誌”を読みます。
日頃、史跡の看板など、斜め読みの私なのですが、
初めてこの”墓誌”を読んだときばかりは、
流れるような文章、書き手から伝わってくる蘆花への哀惜を感じ、
大げさかもしれませんが、
途中どこかからピアノコンチェルトが聴こえてきたかのようで、
鳥肌が立つようでした。(曲名は追求しないで)


徳富蘆花墓誌一介の世田谷区教育委員会の方が書いたとは思えない文章・・・
と思ったら、やはり。
徳富蘆花の兄、徳富蘇峰により書かれたものでした。
弟への愛情が滲み出ている、いい文章です。

※興味がおありの方は、画像をクリックしてお読み下さい。



徳富邸たんぽぽ

墓誌の最後は、
「兄 徳富蘇峰 六十五歳、涙をぬぐいつつ書く」
と、締めくくられています。

 蘆花恒春園
    東京都世田谷区粕谷1-20-1







砧の桜

世田谷美術館で開催中の、
『白洲正子 生誕100年特別展』へ。

2011白洲正子展

世田谷美術館は、近いけど徒歩圏ではないので、
年に1回行くくらいかな?

砧公園という、広くて緑いっぱいの公園が隣接しているので、
ピクニックやお散歩にもいいところ。

2011世田谷美術館①

2011クヌギの木と彫刻

公園の緑を楽しみながら、お食事も出来るレストランもあり、
ランチやティータイムにもいいところ。

2011ル・ジャルダン
(この後ろが、レストランです)

そして、お花見の名所でもあります。

2011砧公園花見②

でも、今年は人が少なかったですね~。

2011砧公園花見

毎年これくらいの人出ならいいのにな~。
例年は、芝生いっぱいに花見客がシートを敷いて花見してます。

2011世田谷美術館サクラ
2011世田谷美術館の桜

東京は桜が終わり、もう新緑の季節へ。

2011桜が終わると若葉

(でも、桜記事まだあります

2011芝生うめぴょん

ベルベットなイースター

シードルさんの「花を待つ猫」記事に便乗。
(しかも勝手にリンク・・・ごめん!)

こちらもクリスタルガラスの中にレーザーで描かれた、イースターうめぴょん。
友達からいただいた。

イースターうめ様おめめぱっちり

そういえば、イースターって今頃じゃなかったっけ?

イースター(復活祭)とは:
キリスト教のお祝いの日で、
十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、
三日目に復活したことを記念する日。

復活祭は基本的に、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」。

で、今年は4月24日らしい。
(以上Wikipediaさんより、ほぼ引用)

イースターうめ様

イースターといえば、イースター・エッグ。
このうめぴょんの手にも、足元にも卵が転がってます。

うめ様のイースターエッグ

イースターには、卵の殻に絵の具で模様を描いたゆで卵を出す習慣があり、
イースター・エッグと言われます。
子供の時、修道院のバザーで、この卵を買ってもらったっけ。

これはもともと、ヒナが卵から生まれることを、
イエスが墓から出て復活したことに結びつけたもので、
それを運んでくるのが、我らがうめぴょん。
つまり、イースター・バニー
(またまたWikipediaさんより、かなり引用)

下からも覗いてみました(もはや変態です)。
イースターうめ様おけつ


で、なぜにバニーかというと、
ウサギは多産なので生命の象徴であり、
また跳ね回る様子が生命の躍動を表している・・・そうです(丸写し)。


イースターうめ様後ろ姿

生命の象徴であるうめぴょんは、
相変わらず週2で病院通いですが、おかげで元気!
最近バカ食いで、おかわりする始末・・・。

でも、連日の地震には、かなり心を痛めておられる様子。

最近のうめ様、
「地震速報」と、「緊急地震速報」と、携帯の「エリアメール」の
使い分けが出来るようになりました。

「地震速報」→ 耳を立てて注意。
「緊急地震速報」→ 耳を立て、更に立ち上がって警戒。
「エリアメール」→ ソファーの下に脱兎の如く自主避難。

うめ様にも早く穏やかな日々(ハラ出して爆睡)が戻りますように。
(あ、ハラ出して爆睡してる・・・)

にっこりイースターうめ様






一ヶ月

早いのか、遅いのか、今日で震災から一ヶ月が経ちました。

私としては「やっと一ヶ月・・・」、
ずいぶん長く不思議な時間が流れたような気がする。

そして今日は、夕方から大きな余震と、
それに続いていまだに鳴りやまぬ、地震速報・・・。

20110410さくら②

東京は、桜が満開です。

昨日は、都知事選。
投票開場の隣のお寺の桜が見事だったので、立ち寄り。

20100410近所のお寺
20110410さくら①

福島のいわきでも、桜が開花したというニュースを聞いたばかりで、
少しでも気持ちが和らげればいいなぁと思っていた矢先、
ほとんど5分おきくらいに起きる震度3以上の余震。

・・・あ、今のは震度5弱だって!
東京でも震度3でした

20110410さくら③
20100410さくら④

例年だと、「ああ、今年も生きていて桜の花が見られた」と、
我が身のことを思いながら眺める桜。
今年の桜はさぞや感慨深くと思いきや、
なにやら気もそぞろで、桜が心に沁みません。
こんな桜は初めてかもしれません。

きっと、こんな自分が、
こんな出来事が初めてだからなんでしょうね。

20110410ぼけ

神様、もういいんじゃないですか?
(って思ってる人、手をあげて





上野純喫茶逍遙

若いときは、なんか上野ってあんまりー・・・と思ってた。

でも、最近は、ある意味わくわくな町♪

上野のわくわく雑貨屋さん②

なんだかこんな雑貨やさんがあったりするし。

上野のわくわく雑貨やさん

アメ横はとにかくミラクルワールドだし。

アメ横うめぴょん

いきなり、ヌーヴォーな建物も現れるし。

ぬーぼーな水道局施設


で、
なんてったって、昭和のかほりがぷんぷんして、

私の大好物の”純喫茶”が、まだ生きてる街♪




またまた、まだ寒い2月某日のこと
目的地は、ここ。

丘 外観①

ここは、オリンピックの年に開業したらしいから、
私の好きな昭和高度経済成長期絶頂の頃じゃね。

丘 外観

四階建てくらいのビルの、地下1階と地下二階が、
この喫茶店 『丘』。

丘 地下入り口

地下への入り口、
階段を一段下りる毎に高まる興奮。

さすが、この不自然なくらい自然な昭和ヨーロピアンさは、
この時代でないと、醸し出せない空気。


丘 入り口前のシャンデリア

お約束の色褪せたウィンドウに、アドレナリンMAX噴出!

丘のウィンドウ

ほんとは中もすごいんだけど、
さすがに撮影しずらくて、やめました。
(だって、写真撮られたらマズイよねっていうカップルとか、
オラオラとか言われそうなおじさんとか、静かに読書してる人とか、
いろんなお客さんがいたから・・・・)

代わりといってはなんですが、
いただいたマッチに、店内の写真が貼ってありましたので公開。

丘 表

★マッチの詳細はこちら→『丘』のマッチ




で、『丘』で気をよくしたもんだから、
もう一軒、純喫茶ハシゴ。

王城 店補

すぐ近くにある『王城』へ。

紫の看板の灯りに吸い寄せられるように・・・。

ここの名物という、アフォガードをいただきました。

王城 アフォガード

アフォガードとは、バニラアイスにホットコーヒーをかけて食べるのだそうです。
感想は・・・ご推測ください。(ハラこわしそう)

ここは、マッチにしびれました。

王城 表王城 裏

「憩いの殿堂」っ!!

昭和、カムバーーーック!




まだ寒い頃のおくりもの

いつもネタ切れにあえいでる私なのに、
なぜか、震災前はネタ飽和状態で、うはうはしてました。

・・・・なのに、あの震災のバタバタで、アップしそびれ・・・・
というのを、知らん顔して時々アップしてしまいますので、ヨロシク。
(つまり、今はネタ切れ




あの頃は、雪なんかも降ってたっけ・・・(どんだけ前のネタだよ

ふたたび東京雪景色


2月某日。
 美鳥花さんより、こんな荷物が届きましたよ。

美鳥花コワレモノ
うめぴょんイラスト、かわいいじゃねえか!

梱包を解いたら、なな、なんと!

万年筆とカメリア

姐さんやririさんとこのブログでお馴染みだった、
万年筆ライダーさんの絵!!
ひぇ~っ、ホンモノ~?!

絵の椿にちなんで、椿尽くしの絵はがきもたくさん!

椿の絵はがきシリーズ

絵とおんなじ”岩根絞”の椿が、
今、都内でも咲いているのをみかけます♪

(H23.4月都内で撮影)
岩根絞りの椿

姐さんのメッセージ

姐さん、ありがとう! 大切にするね。
(アップ遅くなっちゃってごめんなさい)




そしてまた、2月某日。
 カモメのririさんより、素敵な封書とともに、うめぴょんズ届く!

カモメから届いたプレゼント
封筒のセンス、カモメのスタンプ、みんなすてき~♪
このカードは見たことあるぞ~♪

カモメで個展をされていた作家さんの作ったうめぴょんズのブローチ!
ブログで拝見してたけど、こんなに小さい作品とは!
すごく細かい作業なんですね~。

ririさんから双子うめぴょんず


サイズを見て、即思いついたコーディネイトは、これ!



お花見きものコーデ

帯留めにぴったりのサイズ!
お花見とかのカジュアルな着物姿に付けて、
連れて歩きたいきゃ~
(いい年をして、と言わないで。着物は若めでもいいのです)

・・・と思っていたのに、あの地震で意気消沈
着物ではなくても、春色ブラウスに乗っけて、
週末は一緒にお花見に行こうと思ってます。
(落とさないようにしなくちゃ・・・)

ririさん、ありがとう。大切にします。
(アップ遅くなっちゃってごめんなさい)←こればっかりだよ




えーと、これらの写真は、地震前に撮っていたものですが、
同じフォルダに、こんな写真もありました。

キッチン菜の花

利休さんの好きだった菜の花です。
お茶席では、利休忌(旧暦)過ぎるまで菜の花を生けないそうですが、
とっくに過ぎましたので、公開いたします。
(といっても、お浸し用の菜の花が台所で咲いてしまっただけですが)





さくらカウントダウン 2011

  • 2011/04/05 00:08
  • Category: 植物
それでも春は来て、今年もサクラサク。

2011御苑・枝垂れ桜
2011御苑・枝垂れ桜③
2011御苑・枝垂れ桜④

東京もついに、ソメイヨシノが咲き始めましたが、
また寒さが逆戻りで、週末は足踏み。

2011御苑・枝垂れ桜②

友人と会うことになり、新宿御苑へ。
ここなら広いし、指定避難場所だから、いざという時も安心
なんだかあれ以来、高いビルや人の多いとこは避けてしまいます。

201104docomotower.jpg

だけど、その帰りに入った喫茶店で、震度3の地震。
しかも結構古いお店だったので、恐かった。
だめじゃん。



新宿御苑も、すごい人出でした。

東京は石原慎太郎知事の「花見自粛令」が出ましたが
(おまえは何様じゃ)、
桜を愛でたい気持ちは、みんな同じ。

2011源平桃②

毎年桜に先駆けて咲く、源平桃には、
いつも人が沢山集まります。

一本の木から、3~4色の花が咲き分けます。

2011御苑・源平桃



つい上ばっかり見てしまいますが、
足元にも、貝母(バイモ)、花ニラ、スミレ、ニリンソウなど、
春の花が咲き始めていますよ。

2011御苑・バイモ

こぶしも、まだまだ咲いていました。

2011御苑・裏こぶし

岩手の早春というと、「こぶし」を思います。

東北の春も、もう少し!





【緊急追加】

けんさんのコメントにもありましたが、
岩手の酒蔵から、
「花見を自粛するより、岩手の地酒を飲んで被災地を応援して!」
という、”HanaSakeNippon”関連の動画を貼り付けておきます。
どこも私の大好きな蔵元です。
よかったら応援してください。
そしてみんな、いつもどおり、酒飲もうぜ!!

<南部美人>


<月の輪>


<あさ開>




Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作