スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光原社ふたたび

前にも一度ここの記事を載せてまして、同じ様な写真ばかりで恐縮。

盛岡に帰ると、必ず立ち寄りたくなる、光原社

光原社の看板

ここ『光原社』は、東北の「民藝」の拠点ともいえる場所。
または、「聖地」とも。

創始者の頃から、柳宗悦、棟方志功、芹沢介などと交流があり、
彼らが東北を訪れる時のサロンのようになっていたらしい。

だからお店のあちこちに、その足跡が見られます。


光原社中庭にある喫茶室、『可否館』の看板は、芹沢介作。

可否館看板

この喫茶室は、いつ来ても落ち着く。

可否館内部


そんなに広くない敷地の中に、中庭や、
小さな資料館、喫茶室、応接室などが配置されています。

光原社のひつじさん
光原社の鳥さんたち
光原社パティオ
光原社・パティオ

今は全国の民藝品や、光原社うるし工房製作の漆器各種などを扱うお店。
独特な空間ゆえ、盛岡の観光地ともなっています。

店内には、全国の窯元の器などが並ぶ。
光原社店内①
光原社店内②
光原社店内③

『光原社』はまた、宮沢賢治との縁も深い。
というのも、『光原社』は最初、出版社としてスタート。
賢治の『注文の多い料理店』を初めて出版したところでもある。

”マヂエル館”は、賢治ゆかりの小さな資料館。

雨ニモマケズ手帳
光原社・賢治の本
光原社・柚木沙弥郎の賢治
柚木沙弥郎が描いた賢治



奥の庭の壁には、賢治の詩が。

賢治の壁①
賢治の壁②



いつも、この詩の写真を撮ってしまいます。
賢治が妹が亡くなったときに読んだ詩、「永訣の朝」。

賢治の壁③


柿の実は、まだ緑。

賢治の壁と柿


そして、今回のお買い物。

柚木沙弥郎の『注文の多い料理店』の挿絵版画のポストカード
光原社・柚木沙弥郎のはがき

美しいフォルムに思わず目が釘付けになり、
引き寄せられるように購入した、種子島鋏

種子島のハサミ①

マッチは川上澄夫のデザインです。

光原社 ①光原社 ②

ここで買ったものって、今でも長く、そして頻繁に使っている。
そういうものが多いです。

光原社のノウゼンカズラ

光原社
    岩手県盛岡市材木町2-18
    http://www15.ocn.ne.jp/~kogensya/

※ 以前の光原社記事です。 よろしければどおぞ。

   「民芸品やさんが好き! <盛岡・光原社①>」

   「民芸品やさんが好き! <光原社②>」


スポンサーサイト

盆 DE MORIOKA

BON DE MORIOKA
(某ドーナツやさんの新製品ではありません)

盆で盛岡に帰ってきました。
短い時間に歩き回った、盛岡のスナップ写真です。



実家の近所の小さな小さな神社(つか、お社)。

201108熊野神社①
201108熊野神社②

この神社(つか、お社だけど、ちゃんと「熊野神社という名前がある」) の存在は、
市民でも知らない人、多いだろうな~。
(うちの家族は、誰も知らなかった)

私が盛岡に住んでいた頃、
ある日、通勤路の途中にここを発見。
以来、マイ、ホーム神社に勝手に任命。

だけど、お社のとなりに、
こんな小さなお稲荷さんがあるのは、今回初めて気がついた。

熊野神社のお稲荷さん

その近くに、これまた新発見のミント畑!

201108ミント畑

しばらく歩くと、久しぶりに来たS商店街。

うわ~、この写真館、まだあったんだ!

小原写真館
小原写真館の人魚
人魚が掲げた看板・・・右から読むんですわ




懐かしい喫茶店に、うん十年ぶりに入ってみた(車門)。

車門①
車門②

外観を撮り忘れたけど、白壁の蔵を改装した喫茶店。
落ち着く空間です。

車門③



商店街を抜けると、相変わらずかっこいいぞ!
岩手銀行の煉瓦造りの洋館(辰野金吾設計)

201108岩手銀行

川が綺麗な町です

銀行横を流れる川を渡ると、城址の一帯です。

盛岡城趾に建つ櫻山神社は、七夕の装いでした。

櫻山神社と七夕

ウニ七夕、かわいい!
櫻山神社のウニ七夕

神社の裏には、デッカイ岩が (烏帽子岩といいます)。

櫻山神社の烏帽子岩

不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心

石川啄木が、ガッコをさぼって、この城址に来て寝転がって詠んだ歌です。
昔は、盛岡城を不来方城とも呼んだようです。

盛岡城趾の石垣①

そして、城址をぐるっと巡ると、実家のあたりです。





さて、ひとり散歩の後、
「やっぱり盛岡に来たら、麺類が食べたい!」 と言ったら、
姉一家が連れて行ってくれたお蕎麦屋さん(細川屋)。

細川屋の軒下の丼

実はお休みだったのですが、建物の軒下に”丼”を発見!
写真だけ撮ってきました

細川屋の丼マーク

(ちなみに、ここの向かい側に”田中地蔵さん”がいます)


で、違うお蕎麦屋さん(東屋)に行ったのですが・・・・

お皿の蕎麦の花

お皿に、お蕎麦の花が咲いていました
(ただそれだけのことですが・・・)


東北の被災地三軒の選挙はこれからです。

盛岡は選挙です




夕焼け地蔵さん

・・・・と、呼んでいたような気がしたけど、
最近になって、間違いだったらしいことを知る。

ほんとの名前は、田中地蔵さん。

田中地蔵①

盛岡市内、割と中心部の本町というところにある。
私の家の近所ではなかったけど、
子供の頃は、祖父の家に行く時、よくこの前を車で通った。
あと、近くに母の友達の家があり、
よく一緒に遊びに行く時、この前を通ったっけ。

道路のすぐ脇に覆堂があります(写真右側)
田中地蔵⑦

21年間住んだ盛岡の夢を、今でもよく見る。
このお地蔵様も、時々出てくる。
けど、最近では帰省してもここを通ることは滅多になく、
ほんとに久しぶりに行ってみた。

田中地蔵③

とにかく、おっきいお地蔵さまだったと記憶してたけど、
なるほど、石像にしては大きいよね。
子供の頃 「おっきい」と思ったものって、
大人になって見直すと、意外と小さいと思うものだけど、
田中地蔵さんは、やっぱり今でも大きいな~(お地蔵様にしては)。

(左手に持ってるのは”おにぎり”と、今も信じています)

田中地蔵④
田中地蔵⑤

お供え物はもしかして・・・。
(白い、うめぴょんでした

田中地蔵⑥

母の友達の家の帰りにここを通るのは、いつも夕焼けの時間。
だから、「夕焼け地蔵さん」 って記憶していたのかな?
これからも、自分的にはそう呼ぼう。

昔のままでいてくれて、ありがとうね。

田中地蔵②

花とみつばちとハチミツのお話

お盆で慌ただしく盛岡に帰ってきました。
なので、盛岡記事が続きます。




さて、お墓参りの帰りに、お昼を食べに連れて行ってもらったのは、
藤原養蜂場のショップ。

ミツバチの標本

最近、”はちみつブーム”ですが、
ここ、藤原養蜂場は、日本の養蜂の草分け的存在。
明治34年から、ここ盛岡で養蜂を営んでいますが、
現社長は、『銀座ミツバチプロジェクト』の指導や、
日本ミツバチを復活させ、普及する活動も行っていて、
まさに、日本の養蜂を牽引している方で、
よく、全国ネットのテレビでもお見かけしますが・・・

なんと、お昼を食べていたら、背後にその社長が。
(店内に食事スペースがあるのです)
社長が私の背後で見ていたものは
生きてるミツバチ

おおっ、店内の壁に蜂の巣がっ!

プラスチックの窓で仕切られていて、巣の様子が観察出来ます。
藤原さんは、「2階の巣に繋がっていて、女王蜂もいますよ」
と、教えて下さいました。

食べ終わって、店内を探検。

裏庭スペースにはテラス席も。

藤原養蜂場中庭のテーブル
テーブルの形と、壁の模様は、蜂の巣か?
(ぶらさがってるシェードは、巣ではありません、念のため)

藤原養蜂場蔵
藤原養蜂場蔵②
藤原養蜂場中庭

よく見ると、木戸も蜂の巣マーク。

蜂の巣の木戸

店内には、はちみつトースト、はちみつソフトなどのカフェスペースの他、
もちろん、ハチミツも販売しています。
(量り売りもしているらしい)

盛り上がったのは、いろんなハチミツの試飲コーナー。
試飲蜜

一つの花からだけとられた蜜を”単花蜜”というそうですが、
ラベルには、ありとあらゆる花の名前が。

れんげ、アカシア、さくら、みかん、夏萩、ゆりの木、けんぽなし・・・・
中には、「皇居のソメイヨシノ」とか、
「石割桜」(盛岡の有名な桜です)なんてのもありましたよ。

それぞれ、味、香り、色が全然違う!
(色々試しすぎて、最後には何が何だか状態になりましたが
結局、「アカシア」と「れんげ」をお買い上げ。

ハチミツ、こんなものにも使われているみたい。

ミツワ石鹸

夏萩の一番蜜

2階(事務所?)の入り口に、半纏が掛けてあったので、
お店の方にお願いして羽織らせていただく(図々しい)。
姪っこと、記念撮影(非公開)。

藤原養蜂場半纏

そうそう、お昼は「ひっつみ定食」をいただきました。
(写真ボケてますが、)
ひっつみ定食

”ひっつみ”って、わかりますか?
岩手の郷土料理で、”すいとん”みたいなものかな?
よく家でも作りました。
時々むしょーに食べたくなる。
よっし、明日作ろうっと。


 藤原養蜂場
    岩手県盛岡市若園町3-10
    http://www.fujiwara-yoho.co.jp/





フエキちゃんズ

なにげに予感してたとおり、
我が家にフエキちゃんが増殖してしまいました。

フエキちゃん増えました

前回は、フエキ糊の「フエキちゃん」をご紹介しましたが、
(→前回記事フエキちゃん」)
今回は、”ハンドクリーム”と、”ヘアトリートメント”!

温泉限定フエキちゃんズ

温泉限定のため、
頭に”豆絞りの手拭い”を乗っけてるあたり、芸が細かい。

先日泊まった、箱根のホテル売店にいた。

ヘアトリートメントはまだ使ってないけど、
ハンドクリーム、めちゃくちゃスグレモノだ!
(見た目、糊っぽいのが笑える)

実はここんとこ重度の手荒れ・・・というか皮膚炎で、手がボロボロ。
あらゆる薬やハンドクリームを試したが全く治らない。
近々、人に聞いた評判の皮膚科に行こうと思ってたのだが、
なんと、フエキちゃんでほぼ治ってしまった!
一年近く悪戦苦闘したのが、嘘みたい。

なので、ハンドクリームは三個も買ってきてしまった♪

フエキちゃんズ、あなどれないぞ!

温泉水配合ですと!

ホテル売店のフエキちゃん

※フエキちゃんのサイトはこちら→http://www.fueki.jp/index.html


ザ・プリンス箱根 <建築探偵 その60>

前回に引き続き、村野藤吾の作品。

ザ・プリンス箱根

ザ・プリンス箱根 外観①

前回アップの箱根樹木園休息所の、7年後の作品。

元箱根の奥の奥、芦の湖畔に佇むホテル。
(樹木園は、その更に奥にあるんですが・・・)

2008年に、汐留ミュージアムで開催された
「村野藤吾 建築とインテリア」という展示を見てから、
いつか行きたいと思っていたホテル。

展示のタイトルにもあるように、村野藤吾の作品は、
建築だけでなく、インテリアを含めたトータルデザイン。
それを感じるのには、ホテルが一番わかりやすい。

ザ・プリンス箱根  スワンチェア

村野藤吾デザインの スワンチェア

座面が低く、座りやすい(日本人はね)。
これは、2008年の展示にも実物が出品されていて、
実際座ってみたり出来た。

この椅子もきっと村野藤吾作だね(未確認)。
ザ・プリンス箱根 ベンチ

のベンチの近くにあった階段。
ザ・プリンス箱根 階段
ザ・プリンス箱根 階段②
村野藤吾っぽい~♪
そして、階段フェチの血が騒ぐぞ。

 客室は、円形の建物に放射状に配置。
 1階部分はレストラン。

ザ・プリンス箱根 外観③

という棟が二棟あり(東棟・西棟)、
それらとフロント棟が繋がっていて、なかなかの迷路度。
建築探偵のしがいがあります♪

箱根プリンスの彫刻①

ロビーは、かなりのゆったり感。 まるで礼拝堂。

ザ・プリンス箱根 ロビー①

赤いカーペットの通路を挟んで、
前掲のスワンチェアを配したスペースが並びます。

ザ・プリンス箱根 ロビー③
ザ・プリンス箱根 ロビー②

通路の天井には、日生劇場でも使ったアコヤ貝のモザイク。

ザ・プリンス箱根 ロビー天井①
ザ・プリンス箱根 ロビー天井②


ここのお目当てのひとつは、照明。

一番楽しみにしていたのが、これ!

ザ・プリンス箱根 なだ万照明

木馬が2匹!

和食レストラン(なだ万)にあります。
ザ・プリンス箱根 なだ万内部

この木馬も、汐留ミュージアムに展示されていました。
これがぶら下がっているところを、見てみたかったんだ~
ああ、家にも一匹ほしいっ!!


ザ・プリンス箱根 レストラン照明①

洋食のレストランにある照明は、
わかりにくいですが、人の顔の形×3です。
(ポワンポワンの羽根飾りは、帽子に付いている)
インド人なんだそうです。

こちらは真下から撮影。少しわかりやすいかな?
ザ・プリンス箱根 レストラン照明③


ザ・プリンス箱根  テーブルセッティング

レストランの壁の青いタイル装飾も素敵。

ザ・プリンス箱根 レストラン壁面装飾
ザ・プリンス箱根 レストラン壁面装飾②


室内も、意味無くアールが施され(いや、意味ないわけでわ)、村野藤吾してる。

ふふふ・・・芦ノ湖&富士山ビューのお部屋でした♪

芦ノ湖と富士山

お部屋からの景色です。

富士山ビューのお部屋

曇りがちのお天気の箱根でしたが、
初日は富士山も見えたし、夜は雲の切れ間から、
久しぶりに大きな星や、流れ星も見られました(当然宝くじ当選祈願)。

朝は未明に大きい地震があったこともですが、
あまりに大きなひぐらしの声に目が冴えてしまいました。

まだ薄暗い芦の湖畔の桟橋です。
未明の桟橋
朝靄の窓外

残念ながら翌日は朝から霧が多く、小雨が降ったり日が差したり、
また霧が出たり・・・という不安定なお天気でした。

そんな中、外観写真を撮りがてら、湖畔をお散歩。

芦の湖畔

ザ・プリンス箱根 外観②

ザ・プリンス箱根 外観④
ザ・プリンス箱根 外観と紫陽花

芦ノ湖 蜘蛛の巣

時々雨が上がって日が差したタイミングで、
湖上に小さな虹が立ちます。

芦ノ湖にかかった虹

桟橋の上の虹は、あっという間に消えてしまいました。

桟橋の虹


 ザ・プリンス箱根

 神奈川県足柄下郡
 鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
 地上4階、インド砂岩塗り込め




箱根樹木園休息所 <建築探偵その59>

突然箱根に行くことになり、だったら是非見たいところが!

・・・と、ここにババーンと、
建物全景写真をアップしたいところだが・・・。

鬱蒼とした木々に埋もれていて、いい写真がないので、
アプローチから・・・。

箱根樹木園休憩所①

元箱根の奥の奥。
『九頭竜の森』という自然公園の中にある、箱根樹木園休息所

設計は、村野藤吾

箱根樹木園休憩所②

・・・って、廃屋かよっ!

と思うほど、若干荒れた風情の茅葺き屋根の円形の建物が、
3棟連なったプラン。
だけど、前述のとおり鬱蒼とした林の中にあるため、
全景を見ることは出来ません。

かろうじて2棟並んだところ
箱根樹木園休憩所③

箱根樹木園休憩所④

3棟というのは、ロビー、食事室、貴賓室で、
この中の貴賓室の内観写真、とりわけ照明の写真を見て、
いつかここに行ってみたい!と思っていた。

白い花びらが三枚の清楚な花がアンシンメトリーに、
モビールのように咲いているシャンデリア。
(図録の写真持ってるけど著作権がな~・・見せたいぜっ)

残念ながら、貴賓室は奥の棟だったようで、外からは覗けませんでした。

箱根樹木園休憩所⑧

ここは食事室でしょうか?
この奥の部屋に、屏風らしきものが見えたから、
そこが貴賓室なのかも。


玄関の方に廻ってみました。

箱根樹木園休憩所⑨

入り口には、もちろん鍵がかかっていて、
ブルーシートが掛かっている作業用の車両が停めてあったりして、
更に廃屋感を濃くしている。

ふと、エントランスの外壁を見ると・・・

箱根樹木園休憩所⑤


箱根樹木園休憩所⑥

おおっ!
もしかして、ここに事務所を置いていたのか?

近くにある、『箱根プリンスホテル』(現 ザ・プリンス箱根)も、
村野藤吾が1978年に設計したものだから、
ここでプランを練ったのかも。

それとも、ただの「定礎」か?

箱根樹木園休憩所⑦


検索してみたところ、
数年前にここでコンサートなども行われていたので、
全くうち捨てられているわけでもないらしい。

でも、村野藤吾の作品って、結構壊されてるからな~。
ここも、ちょっと心配です。
樹林の中に、いつまでもひっそり紛れていて欲しいもの。

箱根樹木園休憩所⑩

崩れた茅葺き屋根には、いろんな芽吹きが・・・。

箱根樹木園休憩所⑪

そうそう、
屋根の構造は、コンクリートスラブの上に鉄骨下地、
その上に茅葺きが架かってるようなので、
こんな屋根になってても大丈夫でしょう。

箱根樹木園休憩所⑫

通りがかった子供達が、「きのこみたーい!」 と言ってた。
なるほど、すっかり森と一体化しとるな。




※九頭竜の森は入園料が500円かかります。
 休息所の中には入れませんので、
 外からヨダレを抑えつつ、ガラス越しに覗くだけです。









第3回 まつけん

まったくの想定外でしたが、
「まつけん(松本検定)」 も、回を重ねて、第3回となりました!

 第1回まつけんはこちら → クリック!
 第2回まつけんはこちら → クリック!

まさか、今年も行くことになろうとは・・・。

だってさ。

松本駅のおかえりなさい

勘三郎さんの復帰公演が松本だって聞いたら、
行かずにはいられないでしょう!
松本駅にかかっていた「おかえりなさい」幕)

開場はものすごい熱気と緊張感と、文字通り割れんばかりの拍手。

まつもと市民芸術館のおかえりなさい

全3公演の、最初と最後の2回行って、その合間に松本観光でした。
その割に結構歩き回ったな~。

同行の友達は初松本だったので、
松本城など、市中心部の「まつけん」初級コースを歩く。
でも、私もン十年ぶりなので、新鮮だったな~。

逆さ松本城
睡蓮と鯉

開智学校のエンゼル

だけど、暑かった~


お宿は今回も、松本ホテル花月。
ホテル内喫茶店の、ケーキセット付きプランで。

松本ホテル花月のマッチかご
※マッチは籠にドッサリ(喜)

あんまり遠くには行けなかったので、中町通を中心にぶらぶら。

蔵シック館にて①
蔵シック館にて②

例によって、通りをジグザグ。
あっちこちの店に入って歩いた。

うめ様はお留守番

漆器やさんの看板

はかり資料館隣の百合の花


おおっ、シードルさんのブログで見たことあるぞっ。
松本の七夕飾りとかいうお人形に浴衣(など)を着せた飾りが、
あちらの店先にもこちらの店先にも・・・。

松本の七夕飾り


お祭りの季節ですね。

深志神社盆踊り
松本天神祭

何度訪れても、なんか懐かしい町だなぁ。
町の真ん中を川が流れているところが、盛岡に似てるからかな。

松本お祭りの山車

たぶん、来年もまた来るよ。
勘三郎さんがそう言ってたから。

演目の押し絵




Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。