スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩絵の具を作ろう!

いや~、色んな事やってくれちゃう先生だけど、さすがにびっくりしたね!

前回の日本画教室、なんと岩絵の具を作りました。

(こんなことやると思わなかったから、カメラ持ってなくて・・・
 携帯のカメラなので見にくくてすいません)



なんか色々な石を持ってきて・・・

石いろいろ

こんな感じに砕いて・・・

これなんだっけ?

ミルでグア~っっと挽いて、

アズライト?

目の粗さが五段階の「ふるい」にかけて、

セルレアイト③

それぞれ小袋に分けていれまして、出来上がり!

ソーダライト③
左が一番粗いのです。
右にいくほど細かくなる(白(びゃく)程度)

こんな”篩(ふるい)”を使います。

ふるい

不思議なのは、
挽く前の石の時の色が、そのまま出るわけではないんですね。
それに、粗さによって色が違ったりする。
たしかに売ってる絵の具も、番手(粗さ)で色が変わるからな~。

たとえば、綺麗なオレンジ色のこの石。
その名も 「オレンジカルサイト」。

オレンジカルサイト①

オイシソ~♪

でも、挽くとこんなに白っぽくなっちゃいます。

オレンジカルサイト②

カルサイト(calcite)は、いわゆる方解石で、組成は炭酸カルシウム(CaCO3)。
あの透明な水晶みたいなの?
不純物を含んでいると色が付くらしい。
カルサイトの仲間は他にもいちごみるく色の美味しそうなのとかあったけど、
みんな透明部分があるから、挽くと白っぽくなってしまうみたい。



こちらは、マラカイト(孔雀石)。

マラカイト①

これを挽くと・・・

アラカイト②

これは割と、ちゃんと岩絵の具の緑青ぽくなります。

マラカイト③

水晶ぽくない石の方が、きれいな色が出るのかな?

以下、挽く前の石と、挽いた後の袋詰めのものです。
色を比べてみてね~。

ブルーカルサイト(これも方解石ですね)
ブルーカルサイト

モッカナイト
モッカナイト

ロードナイト
ロードナイト

この石は、ソーダライト
ソーダライト①
挽くと、こうなります。
ソーダライト③

大理石は、それっぽい色になる。こんな絵の具あるね。
大理石


あ、この石、おもしろいでしょ。
ラブラドライト

ギラギラしていて光り物の魚みたい。

ラブラドライト②

挽くと、こうなります。なんか特徴のない色・・・。
ラブラドライト①



この石は、綺麗なブルーのセルレアイト

セルレアイト①

はっきりくっきりした色が出るかと思いきや・・・。

セルレアイト②

いまいちですねぇ。
黒い部分が多くでるところは、ちょっと汚い色になります。

セルレアイト④


絵の具やさんが出来そうです

いろいろ①
いろいろ②


マラカイトは、1個ずつおみやげにいただきました。

お持ち帰りアラカイト

パワーストーン事典によると、マラカイトの効果は、
◆緊張や不安、恐怖、トラウマなどのネガティブな感情を取り除く。
◆神経をリラックスさせ、癒しのパワーを持っている
◆マラカイトは危険を察知する石と呼ばれ、持ち主の身を守り、
 危険が迫ると身代わりとなって石が割れると言われている。
◆人間関係の拡大や安定にも効果的。
◆マラカイトの粉末をまぶたにつけると、目の回りに飛んでくる虫除けになると言われる。
 クレオパトラはアイシャドーに使っていた。

ほほーお、最後の虫除けは笑わせるが、
なかなか役に立つのだな。

しっかし、岩絵の具って、乳鉢でゴリゴリやるんだと思ってたよ・・・。
あー、面白かった♪







スポンサーサイト

ハーブの国から

さて、大多喜町役場では目的を達することが出来なかったのですが、
もともと大多喜といえば、「ハーブガーデン」だったんですよ、私の中では。
(立ち直りが早い)

ここ、大多喜ハーブアイランドは、
ハーブがはやりだした頃からの草分け的存在だったみたいです。

私がハーブに少々ハマっていた頃、一度行こうと思って挫折したことがあり、
今度こそリベンジしてきました!

大多喜ハーブガーデン①
大多喜ハーブガーデン千日紅


広い敷地の中に、
レストラン、ホテル、ショップ、教会ぽい建物(未確認)などが点在。
あ、もちろんハーブの温室もね。

大多喜ハーブガーデン③
ホテル内部のレストラン?ロビー?天窓から外光がたっぷり降り注ぐ。


大多喜ハーブガーデン④
大多喜ハーブガーデン②

大多喜ハーブガーデン⑤


教会ぽい建物もあったけど、結婚式とかも出来るのだろうか?

大多喜ハーブガーデン⑥
大多喜ハーブガーデン⑧
大多喜ハーブガーデン⑨
大多喜ハーブガーデン⑩
大多喜ハーブガーデン⑪

カフェレストランは天井が高く広々。
ガラス張りの窓からは、もちろんハーブガーデンが見渡せます。

大多喜ハーブガーデン⑫

今回はお茶だけだったけど、次回はランチだな。
(お、リベンジする気だな)

大多喜ハーブガーデン カフェ①大多喜ハーブガーデン カフェ②
大多喜ハーブガーデン カフェ③

ショップでは、ハーブティーやお花を売っていて、
私は、千日紅の花束を二色と、”ぷるぷるお肌ティー”なるものを購入。

大多喜ハーブガーデン⑬
大多喜ハーブガーデン⑭

こんなお庭を見ると、刺激を受けてしまうな~。

我が家のターシャ・チューダーは(私ですが)、
蚊が多い、蜂がこわいとほざいて庭仕事をさぼっていますが、
秋のハーブたちが旺盛に咲いています。
ありがたや、ありがたや・・・

大多喜ハーブガーデン⑦

 ハーブアイランド
    千葉県夷隅郡大多喜町小土呂255
   http://www.herbisland.co.jp/





  

城のある町にて <千葉県・大多喜町>

前から見たいと思っていた建物のことを思い出して、
ある休日、千葉県の大多喜という町に出かけました。

見たかった建物といのは、今井兼次設計の大多喜町役場だったんですが、
ま、結果から言うと、これですわ

大多喜町役場

そ、耐震補強工事中・・・。

仮囲いしてるわ、中には入れないわで、
いきなり目的を達成できないことがわかり、
とりあえず、町をぶらぶらすることにしました。

役場の近くの小学校もなかなかいい感じ。
遠くに、大多喜城が見えますよ。

大多喜小学校
大多喜小学校



大多喜は「房総の小江戸」と呼ばれているそうで、
城下町の面影を残す、古い建物が残っていて、
町並み保存に力を入れ始めている・・・という感じ。

大多喜の町で①
『伊勢幸』さんの建物は国の登録有形文化財です。

大多喜の町で②
大多喜の町で③
大多喜の町で④

この日はちょうどお祭りが始まるみたいでした。
(始まる前に帰っちゃったけど・・・)

大多喜の町で⑤

うろうろ歩いていたら、地酒やさんが♪

大多喜の町で⑥
この『豊乃鶴酒造』の建物も国の登録有形文化財。

大多喜の町で⑧

『大多喜城』という酒がメインブランドらしい。
ちなみに大多喜城は、徳川家康に仕えた本多忠勝が初代城主だったそうです。
へー。

大多喜の町で⑦

お土産は、『大多喜城』の特別純米にしました。

お土産は純米酒

大多喜の露草

歩いていると、汗ばむ暑さでしたが、
やっぱり、秋が色づいているようで・・・。

大多喜の町で⑨
大多喜の柿

大多喜町の休日、つづく・・・。




地図が読めるけど、早とちりな女

まだちょっとばかり暑さのあった某日、
長い人生で、ほぼ初めての”迷子”経験。

武者小路実篤記念館 赤い彼岸花


正確に言うと、「道を間違えた」で、「迷った」わけではない。

武者小路実篤記念館 白い萩・赤い萩

バス停を降りてから、
目的地と真逆の方向へ、ずんずん進んでいってしまったのだが、
しばらく行ってから、「もしかして、真逆?」と気づき、軌道修正。
で、徒歩7分で着くはずだったところへ、40分かけて到着。

自分で軌道修正し、最終的には誰にも道を聞かずに、
目的地に着いたのだから、「道に迷った」わけではない。
(なぜに、えばってる?)

ひところベストセラーになった 
『地図が読めない女、話しが聞けない男』・・・とかいう本があったけど、
私は自信を持って、『地図が読める女』!と叫べるぞ!
地図見るの大好きだし♪

今回も、HPでちゃんと地図を頭に入れて出かけた。
けど、降りたバス停と、反対側のバス停を勘違いしてしまったのでした。
そう、私は『地図は読めるけど、早とちりな女』・・・。

で、着いたのは、ここ。

武者小路実篤記念館

調布市にある、武者小路実篤記念館

武者小路実篤記念館 実篤翁


むかーし一度行ったことがあって、
たしか日本庭園と、実篤翁の自邸があったな~と思い出し再訪。

大きな池がふたっつあり、

武者小路実篤記念館 庭園の池①

ふたっつもあり、

武者小路実篤記念館 庭園の池②

水面だらけなものだから・・・・・





蚊!

だすげで~!!
蚊に襲撃されて死ぬかと思いました ほんとに。

で、写真なんか撮ってられなくて、
実篤邸の写真は、これしか撮れなかったっす。

実武者小路実篤記念館 篤邸玄関
武者小路実篤記念館 実篤邸②

この日は公開日じゃなくて、中は見られず。
(中に入れても撮影は不可だそうですが)

武者小路実篤記念館 実篤邸③


開けたお庭は、少しマシ(蚊が)だったので、写真あります。
おまけに、ボランティアの方が、ちょっと案内してくださいました。

武者小路実篤記念館 八ツ橋

八ツ橋なんかもあって、ショウブ? あやめ?
まぁ、それっぽいのが咲くようです
その頃なら蚊もいないだろうから、来年は五月に行こうっと。


おっと、面白い物がありました。

ヒカリゴケだそうです。

武者小路実篤記念館 ヒカリゴケ①

わかりますか?
なんとなく、光って見えますよね。

武者小路実篤記念館 ヒカリゴケ②

そんなに花の多い時期ではないようでしたが、
いくつか目に付いた物をご紹介。

シュウカイドウ
武者小路実篤記念館 シュウカイドウ
いつの間にか、我が家の庭から消えてしまったなぁ。

八ツ橋から、ニヨキッと出ていたヤブミョウガ
武者小路実篤記念館 ヤブミョウガ
普通、ヤブみたいなとこに生えてないか?

千両の実は、まだ緑色。
武者小路実篤記念館 千両

そして、今年初めての、白い彼岸花。

武者小路実篤記念館 白い彼岸花

「原発のせいで、彼岸花が白くなった!」って、
騒いでる人たちがいるそうです。

冷静にならなきゃいけないこと。
冷静ではいられないこと。

とりあえず私は、早とちりしないように気を付けよう。

武者小路実篤記念館 白い彼岸花②


 武者小路実篤記念館
    東京都調布市若葉町1-8-30
    http://www.mushakoji.org/



困ったときの、上野谷根千

週末、どこ行こっかー・・・って迷ったとき、
なぜかいつも、この辺りに足が向いてしまいます。
上野~谷根千(谷中・根津・千駄木)のあたり。

以下、歩いた順に写真のっけてるだけです。
てきとーに流し読みしてください。




鶯谷の蕎麦屋でお昼 あんど ビール あんど 純米冷酒・・・のあと、
国立博物館の裏を通って、見えてきた壮麗な建物。

国際こども図書館

国際こども図書館
一度入ってみたいと思っているが未踏。
カフェテリアもあるらしいし、建物見学ツアーもあるらしい。

国際こども図書館②
前庭の噴水らしきもの、ちょっとこわいんですけど。


この前、「美の巨人たち」かなんかで、黒田清輝の『湖畔』をやってたの見たし、
ちょうどいいから入ろう♪と思ったら・・・・休館でした

黒田記念館
黒田記念館はお休みでした

となったら、ここへ行こう!

芸大アートプラザ

芸大アートプラザ

現代アーティストの作品(卒業生?)など高い物から、
美術系の本とか、絵はがき、芸大クッキーなどリズナブルなものまで色々あって楽し。
http://www.geidai.ac.jp/facilities/artplaza.html

ロダンです。
上野には、ロダンがたくさんいますね。

芸大アートプラザのロダン


最近発見したんだけど、このアートプラザの隣の、
芸大の図書館ロビーが楽しい。
(一般人は、入っていいのか?ちょっと入りにくい)

外から↓この壁画が見えて、入ってみた。

芸大図書館の壁画

ズカズカ入ってみると、階段の吹き抜けなどにも色々あって楽し。

芸大図書館の水煙と書

薬師寺の”凍れる音楽”水煙まであるぞ。

芸大図書館の水煙部分

この落款、イルカでやんの。カワイイ。

イルカの落款

こんなカレンダーあったんだー、今さら欲しい。

東京芸大カレンダー

で、芸大を出て、上野桜木の和菓子やさん、
桃林堂(とうりんどう)』で、”黒豆パンダ”を購入ー。

桃林堂の黒豆パンダ

そして、谷中方面へ。

あっ、ここ入ってみたかった喫茶店です。

カヤバ珈琲
カヤバの黄色い看板

カヤバ珈琲

むかしっから気になってたけど、いつでも閉まってた。
結局前の店主が亡くなって、しばらく閉店していたのだが、
最近、若い人たちがここを残そうと、
なるべく昔の雰囲気をそのままに、営業を始めたと聞いていたので。
(最近っても、かなり前だけどね)

カヤバの窓からキッコーマン

外の黄色い看板や、椅子、コーヒーカップなどは、
当時の物をそのまま使っているそうです。

カヤバのコーヒーカップ

昔ながらのメニューも残しつつ、
コーヒーパフェなど新しいメニューも加えて。

カヤバのコーヒーパフェ


この辺はこんな風に、若い人たちが、
古い建物を活かして、いろんなことをしてくれてる。

こちらは、閉業した銭湯をギャラリーにしちゃった、
スカイ ザ バスハウス

スカイザバスハウス①
スカイザバスハウス②

カヤバでパフェを食べたばっかりなので、
愛玉子(オーギョーチィ)が開いてたけど、今回はパス。

愛玉子の看板
愛玉子の店先

『韋駄天』も行ったけど、お買い物なし。
この通りは、古い町家やお寺が多くて、空も広く見えるね。

20111001のソラ

そして、谷中ぎんざの入り口に出た。
(朝倉彫塑館は全面工事中)

夕焼けだんだん

この坂は、”夕焼けだんだん”っていうんだって。
坂道の名前って、好きだな。
というか、坂道に名前をつけるっていう発想が好き。


谷中ぎんざのアーチと、暮れてきた空を撮ろうと思ったら、
いきなり灯りがともりました。(実話)

谷中ぎんざに灯が灯る

ああ、もうそんな時間か。
どおりで、喉が渇いてきたぜ・・・
(その後、湯島に移動して、酒飲み)

道ばたの彼岸花








毎日、無花果

無花果(いちじく)の季節なんですかね?

あんまり、季節感ないんですが、
最近スーパーでよく見かけるので、
ジャムにしたらウマソ・・・と思い、作ってみました。

いちじくジャムを作った

もー、簡単なうえに、
さっさとジャム状(わかるね?)になってくれちゃうし、
30分かからずに出来るので、ハマってます。

あ、しかも美味しいです(つけたし)。

いちじくジャム①

1パック(だいたい5個入り)で、↑のビンに1.5個分くらい出来る。
で、すぐ食べちゃうから、またスーパーで無花果買ってきて、
もう4回くらい作ってるね。

作り方は・・・てきとーにググって下さい。

いちじくジャム②

ところで、なんで「無花果」って書くか知ってる?

花が無いように見えるけど、実は、実の中のツブツブが花なんだって。
ジャムにしても、ツブツブはシッカリ残ってます。
心して食べよう。





Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。