スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草・秋深かし (もう冬だけど)

平成中村座の道向こうに、待乳山聖天(まつちやましょうでん) というお寺があります。

今年の初詣に初めて行ったのですが、
なんだかパフッと出来る境内がすっかりお気に入り。
この前、中村座の帰りに、寄り道しました。

聖天さま2011秋⑩

聖天さま2011秋②

境内は、イチョウの木が多く、6~7分の黄葉といったところだったかな。

聖天さま2011秋③
聖天さま2011秋④

そんなに広くないけど、お庭も綺麗に手入れしてあります。
なんと、借景はスカイツリー!

聖天さま2011秋⑤
聖天さま2011秋⑥
聖天さま2011秋⑦
聖天さま2011秋⑧

初詣の記事にも書きましたが、ここは大根を奉納するんで、
社務所の前で大根を売っています。
お正月には、納められた大根を炊いて振る舞う、
「大根まつり」で賑わうそう。

聖天さま2011秋⑨

よく見ると、ロゴが大根です
聖天さま2011秋①

聖天さま2011秋⑪

さて、聖天さまを後に、浅草寺へ。
もう夕暮れ。

浅草寺伽藍2011

境内では、菊祭り。

浅草寺菊まつり2011①
浅草寺菊まつり2011②
浅草寺菊まつり2011③
浅草寺菊まつり2011④

ぷ・・・。

浅草寺菊まつり2011⑤

おっと、笑っちゃいけませんね。

今週は、もっと黄葉が進んでいるだろうか。
(今週も行きますゆえ・・・)

浅草寺菊まつり2011⑥

待乳山聖天への初詣記事はこちら→2011.1月 「2011年初詣(待乳山聖天)」



スポンサーサイト

やっぱり芝居は中村座!

本気で定期を買おうかと思いましたが、回数券にしときました。

  自宅 ←→ 浅草

だって、浅草に、あの平成中村座が戻ってきたんだぜ!

平成中村座201111⑥

しかも、あのスカイツリーが間近に迫る、隅田川の畔。

平成中村座201111④

平成中村座201111⑦
平成中村座201111⑧

浅草に江戸の芝居小屋を作りたいと、
中村勘三郎丈がこの地に初めて仮設小屋の『平成中村座』を作ったのが2000年。
その後、浅草寺裏に場所を変えたりしながら、
毎年ではないけど、コンスタントに浅草での開設を続け、
今回はついに!6ヶ月のロングラン公演が始まりました!

だからー、来年五月まで、いったい何回浅草に通うことになるやら・・・。
(今月始まったばかりなのに、既に4回浅草に行ってる

でも、浅草も中村座も、楽しくて楽しくて。
当分飽きそうにありません・・・。
(演目は毎月変わるしね)

平成中村座201111⑨

中はまるで、江戸時代の芝居小屋です。

1階前方10列目までは、「平場」席で、
畳敷き(茣蓙ですが)に座椅子が置いてあり、ペタッと坐って観劇です。
2000年時には、座椅子もなかったので、体制がつらかった・・・orz
今回はフカフカ座布団で、観劇環境が随分改善されました。



平成中村座201111①

ほんとにこの小屋は、年々改善されていて、
トイレも数が増えて、混まないシステムが研究されて、快適です。

前回までは、公演中でなくても撮影出来なかった小屋の内部、
今回は公演中でなければ撮影OKになりました!

平成中村座201111②

仮設小屋のワクワク感を残しつつ、仮設とは思えない快適さです。

平成中村座201111③

この日は一列目!

平成中村座のお楽しみのひとつは、舞台の後ろが開くこと。
しかも今回の小屋の立地は、スカイツリーの真ん前!
そうです! 
演目によっては、舞台後ろが開き、なんとスカイツリーが見えるのです!

ただし、微妙にスカイツリーと小屋のセンターがずれているので、
見える席と、見えない席があるのですが、この日はド真ん前に見えました!
もちろん、勘三郎さんとツーショットで!

今月の演目では、『お祭り』という舞踊で、
江戸っ子の鳶頭の扮装(なり)をした勘三郎さんが、舞台の後ろが開くと、
後方すれすれへ歩いていって、しばしスカイツリーを眺める・・・という図が見られます。

「なんだなんだ、こんなでっけぇもん、こせぇやがって・・・」
なんて、江戸弁でつぶやいてる感じが楽しい♪

この趣向、今後も演目によっては使われると思うので、
是非この機会に、江戸とスカイツリーのコラボを見に、足をお運び下さい。
(12月は後ろが開くような演目がないけど・・・)


nakamuraza201112m[1]nakamuraza201201m[1]
※今後の詳細な公演情報及びチケットの購入は、平成中村座公式HPへ!

スカイツリーの見える席は、1階松席8番より下手側かと思われます。
上手側は見えません。ご注意を。

あと、この小屋ならではの「桜席」の体験もおすすめ!
桜席は、江戸時代の小屋にあった席を再現したもので、
舞台上の左右上部に作られていて、舞台の真横上から鑑賞することになります。
幕が閉まっている間も、舞台上が見られるので、
開幕前や芝居が終わった後の役者さんも観ることが出来るし、
舞台を準備している様子も見学できて、すげー楽しいっ!
ぜひ、おすすめ!

平成中村座201111⑤

以上、自称:平成中村座広報担当、白あずきでした!




北から、西から、南から。

  • 2011/11/20 00:44
  • Category: うめ
なかなか家の中で写真を撮る機会が無くて、
アップが遅れているあれやこれやを、一挙公開!




かなり前なんだけど・・・
西の魔女から、新宮さんの絵本が届きました。

新宮さんの「ことり」

ななななんと、サイン入り!
(白あきてなってるけど、そんなの気にしない~♪)

新宮さんの「ことり」②

「うめ様に読み聞かせしてね♪」とのメッセージ。

うめ様、おいで。

新宮さんの「ことり」①

実はこの絵本、文字がありません。
読み聞かせするお母さんによって、いろんなストーリーが生まれるのね。
さて、白あずき下僕は、どんなストーリーを創ったかとというと・・・

新宮さんの「ことり」③

うめ様がジッとしていないので、読み聞かせられませんでした・・・。

新宮さんの「ことり」⑤
それよりページの角にアゴでにおいつけするのにむちゅうのうめ様。


木の葉の緑と、小鳥の青い羽根が鮮やかな絵本。
なぞって絵を描きたくなってきます。

新宮さんの「ことり」④

面白いのは、トレペを使っていて、
緑が重なって奥行きが感じられて楽しい。

新宮さんの「ことり」⑥




そして北の魔女からはこちら。
(若干、北じゃないんだけどさ)

シードルさんから③

きゃ~っ
シードルさんのブログでいつか見た、
あの『巣ごもり』じゃないですかっ!
食いたい食いたいと騒ぎ過ぎたかな~、ごめんね。
(勝手にリンクのシードルさんの巣ごもりブログはこちら

食して、餡の繊細さにびっくりこきました。
シードルさんのブログ見たときは、マイ故郷の某『かもめのたまご』みたいなもの?
と思ってたけど、全然ちゃうわー。
とても手がかかってるお菓子ではないかと思います。
取り扱いも注意書き付きだし。
(早く冷蔵庫入れろとw)


シードルさんから①

そして、お約束の展覧会チラシ入り。
どれも行けないよちくしょーっ、でも嬉しい♪
「抱きしめたい」の文字の横にうめぴょんが!
ふふふ、毎日たくさん抱きしめてます。 >うめ様

おお、ジブリのカードではないかっ。
貴重なものをありがとうっ。
封筒のテープもクリスマスぽくてツボっ!

シードルさんから②




南(正しくは西南?)の魔女ririさんからは、
東の小魔女経由で、こんなものが届きました!

うめ様の版画①

もぉーーっ、なんてらぶりー

ririさんのブログで拝見した、えーと、チャッタンダ先生?
(すいませーん。名前失念!)
の、うめぴょんの版画があんまり可愛らしくて、譲っていただくことに。
しかも、色とか変えられるかも・・・ということで、
図々しくも、うめ様色にしていただきました!
(カモメの個展に出品されていたものは、白いウサギだった)
わーい♪ 特注品だぞっ!
先生、ririさん、無理言ってごめんなさいっ!

うめ様の版画②
うめ様も納得しておられます。

お月見っぽい絵なんだけど、
なぜかクリスマスっぽく飾ったら、それはそれでいい感じ

うめ様の版画③

ちなみに、東京在住の小魔女(味噌人ちゃん)経由で届きました。
味噌ちゃんからのカード。 チームカモメっぽい♪

味噌人ちゃんのカード

味噌人ちゃん、お手数かけてすいません。
ありがとね!




さてラストは、だいぶ前に届いたコレ!

愛しのカレンダーボーイ①

そう!
うめ様の写真が、今年も『うさぎめくり 2012』に採用されました!

愛しのカレンダーボーイ②

去年の写真は、うめ様より七草籠の方が大きいのでは?
と、七草がらみで採用されたインチキくささが漂ってましたが、
今年はアップだぞ! どうだ! 
・・・と、こころなしか、うめ様もドヤ顔。

みなさま、来年も『うめ様めくり』をお側に置いて、
一年間可愛がって下さいましね。

あ~、今年もあと一ヶ月とちょっとだなぁ・・・。
また年賀状かー・・・(暗







霜月の庭 2011

北の方では雪が降ったようですね。
盛岡も明日は雪の予報・・・初雪かな?
私が住んでいた頃は、初雪は11月3日前後だったような気がするから、
今年は初雪が遅いのかも。

さて、私の住む辺りは、まだ紅葉しかけ。
我が家のイロハモミジも、まだ色づいてきません。

201111アメジストセージ

なんとなく、我が家の秋の庭は、
ブルー~紫~ピンクのグラデーションって感じかな?
秋は、少し小さめの花が多いようです。

201111コスモス①
201111コスモス②
201111ノコン菊
201111なんだっけ?

↑の紫の花、名前忘れたけど最近花屋さんで身請けしてきたもの。
だから元気で花もたくさん咲かせている。
我が家で冬越しした植物は、年々花が小さく、色も薄くなる。
肥料と愛が足りないらしい・・・

↓この「大文字草」もそう。
毎年咲いてくれるんだけど・・・

201111大文字草①

いまいち、花の形が 「大」にならないんですよね~。

201111大文字草②
これは正しく、大文字。




まぁ、でも、いろんな虫たちが遊びに来てくれるから、
見た目はともかく、中身で勝負なお花たちなんでしょう。

201111ナントカヒョウモン


そしてもうすぐ、お庭は冬へ。

201111ノボタン




和菓子で歌舞伎!

週末、山種美術館に 『知られざる歌舞伎座の名画』を観に行った。
(ギリ最終日

2011-11山種美術館①
2011-11山種美術館②

2013年の開業に向けて、現在建て替え中の歌舞伎座ですが、
取り壊し前の歌舞伎座のロビーなどに飾られていた名画や、
初公開の貴重な資料などが展示された企画展。

いつも歌舞伎座の、ロビーや階段の壁面で見ていたあの絵もこの絵も♪
そして私のような庶民は入れない貴賓室に架かっていた大観の絵も♪
すべて間近に観られてサイコーっ(感涙


そして、美術館の中にある『Cafe椿』に入ったら、
この企画展に合わせて作られた、こんな綺麗な和菓子があったので、
思わずテイクアウトしました。

菊家・和菓子三種①

和菓子は、南青山にある、『菊家』さんに特別にオーダーしたオリジナルとのこと。

菊家・和菓子三種②

ひとつひとつ、歌舞伎座が所蔵する名画に因んだものです。




まずは、娘道成寺

菊家・娘道成寺

ポスターに使われた岡田三郎助の『道成寺』(油彩)をモチーフにしたもの。
抹茶風味の練り切りで、道成寺の鐘に見立てています。
中は粒餡♪
ちなみに、絵のモデルは、五代目中村歌右衛門。




こちらは、藤娘

菊家・藤娘

きれいな藤色です。
七代目尾上梅幸の『藤娘』を描いた、長谷川昇の油絵をモチーフに。
(背景の藤娘衣装は写真です)
こちらの中身は、漉し餡。




最後は、白ぼたん

菊家・白ぼたん

川端龍子の『青獅子』という日本画をイメージしたもの。
きれいなブルーです。
中は柚子餡。

この絵は、歌舞伎座さよなら公演の筋書きの表紙も飾りました。

菊家・青獅子①

歌舞伎座では、階段の踊り場にあったんだったかな~(既にうろ覚え)

歌舞伎座の青獅子




歌舞伎座閉場前に、記念にと内部の写真を撮りまくった中に、
今回出品された絵画の写真も何枚かありましたのでご紹介します。

美術館ではもちろん写真撮影NGでしたけど、
歌舞伎座では全然OKだったのでね。(^_^)v


東側1F~2Fの階段踊り場にあった、堂本印象の『婦女と卓子』
歌舞伎座の堂本印象


2階ロビーにあった安田靫彦の『神武天皇日向御進発』
歌舞伎座の安田靫彦


3F東側ロビーにあった絵。
今回出品されていなかった・・・作者は・・・松尾敏男かなぁ・・・不明。
歌舞伎座・松尾?


地下食堂に降りる階段のところにあった岩田正巳の『源氏物語』
歌舞伎座・源氏物語

絵を観てたら、その絵が飾られていた歌舞伎座の、
建物のあちこちが甦ってきた。
大好きな場所だったなぁ・・・。

それにしても、綺麗なだけでなく、美味しいお菓子でした。
期間限定なのがもったいないくらい。
お店にあったら買いに行くのになぁ・・・。

南青山『菊家』さんはコチラ




お寺 DE テラス

今回の鎌倉行き、なぜに報國寺、杉本寺コースにしたかというと、
スタートがここだったから・・・。

浄妙寺
屋根がモアレってますが・・・

報國寺の近くにある、浄妙寺

なんと、この境内に・・・

石窯ガーデンテラス①

石窯ガーデンテラス というカフェ・レストランがあるんです。

窯ガーデンテラス⑤

繰り返しますが、ここはお寺の境内です。

窯ガーデンテラス②

建物は、大正11年に貴族院議員邸として建てられた、
木造3階建ての洋館を使っています。

窯ガーデンテラス⑥

穏やかな天気の日だったので、テラス席にしました。

石窯ガーデンテラス⑱
石窯ガーデンテラス22

鎌倉野菜をふんだんに使ったランチ with Beer.

ここは、石窯で焼いたパンがウリ・・・

(なのに気づくと、ほとんど食いかけですいません
石窯ガーデンテラス⑳

(こっちも食いかけで、慌てて写真撮った)
石窯ガーデンテラス⑲


ふと気づくと、うめ様達の視線が・・・

石窯ガーデンテラス⑰

テラスの向こうには、ナチュラルガーデンが広がっていて気持ちいい!

石窯ガーデンテラス21

石窯ガーデンテラス⑯
石窯ガーデンテラス⑮

食事が終わったら、のんびりお庭を散策します。


窯ガーデンテラス⑩
窯ガーデンテラス⑪
窯ガーデンテラス⑫
窯ガーデンテラス⑬
石窯ガーデンテラス⑭
台風の被害だったか、ちょっと建物が傷んでいて修繕中。
足場が架かっていますね・・・

窯ガーデンテラス⑧

外には、パンや小物を売っているショップがあったのですが、
食事とお散歩を終えて、さてショップを・・・と思ったときには、閉店。
残念でした。

窯ガーデンテラス③

未練がましく、カーテンの閉まったショップの窓を覗く。
なんか、キュートな物が色々ありそうなのに~。

窯ガーデンテラス④
※左の鳥さんのなんて、美鳥花さん好きそうだー


テラス席にはブランケットも常備ですから、
もう少し寒くなっても大丈夫だな。

窯ガーデンテラス⑦

もう少し秋が深まったら、また来たいなぁ。

しつこいようですが、ここはお寺の境内です。
なので、拝観料100円を払って入ります。

窯ガーデンテラス⑨

 石窯ガーデンテラス
    神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-50(浄妙寺境内)
    http://www.ishigama.info/index.html






鎌倉初秋

久しぶりの鎌倉でした。

今回は、竹の庭が有名な報國寺周辺を散策。
秋の景色を探すには、まだちょっと早かったかな。

報國寺・薄


たしか秋は、「竹の春」とかいって、一番青々してるんだよね。
(逆に、春に枯れる)
だから竹林にいると、季節感が感じられない。

報國寺・竹林
報國寺・竹林①

竹林を眺めながら、お抹茶をいただく。

報國寺・お抹茶②]

ぷはー。

報國寺・お抹茶①

お干菓子は、菊の花と葉(どこのだろう?)。
報國寺・お抹茶③


でも、境内をそぞろ歩くと、さりげなく、少しずつ秋ですな。

報國寺・掛け花
報國寺・鐘楼
報國寺・石段
報國寺・石仏



近くの杉本寺は、苔むした石段が有名。

杉本寺・苔の石段

だけど、この石段は立ち入り禁止。
(苔保全のため)

実は着物で出かけて、この手前の石段の蹴上で、
草履のつまをガリッとやってしまった私は、
これ以上登る気になれず、石段の写真だけ撮って退散・・・(敗北感)。

杉本寺・あうん像
杉本寺・山門

ま、時間も時間だったしね。
で、さっさとバスに乗って町に戻り、
秋だねぇ~(無理矢理まとめ)

報國寺・千両

千両が早くも赤く色づき始めていました。
もういくつ寝るとお正月だねぇ~(無理なまとめ)





Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。