スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年迎え 2011

暮れの押し迫った街を歩くのが好き。

例年だと鎌倉に行くのだけど、
今年は階段から落ちて、じつは現在松葉杖生活・・・。

なので今年は大負けに負けて、都内をぶらぶらしました。
(だまって家にいなさい

まずは、浅草橋の蕎麦屋 『あさだ』 でお昼。

あさだの門松

年々、門松が好きになる。

なのに、年々街から門松が少なくなってない?



浅草橋は、おもちゃの問屋街で有名だけど、
お店のディスプレイ用品なんかを扱う問屋さんも多く楽しい。
お正月気分も一足先に楽しめるよ♪

浅草橋の繭玉

たしか数年前にも秋にこの辺を歩いていて、
黄色い一角に引き寄せられたっけ・・・。

境内が銀杏の落ち葉だらけだった榊神社へ行ってみたが、
今年は既に落葉しきっていて、
初詣の準備で、境内はきれいに掃き清められていました。
(以前の黄色い時の記事はこちら

榊神社の境内2011
榊神社の提灯

この絵馬に、見覚えはないかい?

榊神社の絵馬2011


ここまで来たら、やっぱり行きたくなるのはここ。

柳橋と小松屋2011

神田川が隅田川と合流するところに架かる柳橋。

柳橋から神田川をのぞむ

これも前にアップしたけど、
やっぱりまた写真撮っちゃった。
柳橋の欄干には、色んな色のかんざしが。

柳橋のかんざし2011
柳橋のかんざし2011②

あちこちに、お正月のお飾りがあるのを見て歩くだけでも楽しい。

船宿小松屋2011

こんなカワイイ鏡餅もね。

薬研堀不動院の鏡餅

柳橋を渡って、東日本橋の薬研堀不動尊へ。

薬研堀不動尊

毎年、都内で最後の”歳の市”が開かれるところ。

お飾り、造りながら売っていました!

作成中のお飾り①

パーツ別のお飾り、初めて見たなー。
それにしてもデカイみかんだ。 だいだい?

作成中の鏡餅②


やれやれ、怪我してても歩き始めるとトマラナイ。
来年は少し慎重派になろう。

などといいつつ、今年もあと数時間。
みなさま、今年もお世話になりました。
こんなやつですが、来年もどうぞ、ごひいきに。

よいお年をお迎え下さい。

松に銀杏




スポンサーサイト

とてもクリスマスな誕生日

北の国に用事が出来た。

前日入りすれば、ちょうど姉の誕生日なので、
 「泊めてくれる?」 と電話したら、
誕生日なのに、ダンナも姪っこも忘年会で、一人なんだそうだ。

せっかくだから、二人で美味しいもんでも食べに行こうぜ!

てわけで、私が行きたかったレストランをリザーブ。
(姉は、どうせ居酒屋だろうと思ってたらしいが・・・)
二人で、クリスマス・ディナーを堪能しました。

公会堂多賀 クリスマスディナー

私が行きたかったのは、
岩手県公会堂の地下で昭和2年から営業している老舗レストラン、
公会堂多賀

公会堂多賀 外構
公会堂多賀 外構入り口

夜だったので、外観の写真がなくてすいません

なので、以前ご紹介した記事(2008年)からパクっちゃいます。
外観

この感じ、なんとなく見たことありませんか?
そう、東京の日比谷公会堂に似てますよね。 (ムリヤリ感?)
それもそのはず、
設計者が、日比谷公会堂や、早稲田大学・大隈講堂を設計した佐藤巧一なんです。

だけど、こっちが先だもんネ!
岩手県公会堂は、昭和天皇のご成婚を祝って昭和2年に建てられました。
日比谷公会堂は、昭和5年(こちらは、設計コンペ)。

RC造、地下一階、地上2階建で、塔屋部分は6層でH=24m
外観②
老朽化で、一時取り壊しされることになったのですが、
保存運動により、現在は色々なイベントに利用されるなどして、
今もその姿を留めています。


で、この公会堂の建物の地下で、
嬉しいことにレストランも昔と変わらず営業しています。

公会堂多賀 廊下

子供の時から、祖父母や両親に連れられて、
私たちの卒業式の後や、なにかのお祝いの時、
遠くからお客さんが来たときなど、度々連れてきてもらったところ。

そこで、姉と二人っきりでディナーすることになるとわ。
そういえば、二人できちんとした食事なんて久しぶりかも。

公会堂多賀 w\2@.pZwEyh@

公会堂多賀 コンソメゼリー公会堂多賀 海老のシャンパン蒸し
公会堂多賀 スープ公会堂多賀 ソイのムニエル
公会堂多賀 和牛ワイン煮

電話で予約するとき、バースディ・ケーキをお願いしたのだが、
ケーキは用意できないとのこと。
そのかわり、デザートにプレートをつけていただきました。

公会堂多賀 サンタクロースデザート


早い時間に予約したため、他のお客様が来ないうちに、
他のお部屋もみせていただきました。(やりーっ)

公会堂多賀 別の部屋①
公会堂多賀 別の部屋②
公会堂多賀 別の部屋③



もしかして名のある方の彫刻なども、あちこちに。
(岩手は有名な彫刻家を沢山輩出しているからな、
 でも名前は聞かないで

公会堂多賀 室内の彫刻

そして、例によってうめ様のお仲間も。
(洋室なのに、なぜか床の間がある)

公会堂多賀 床の間のうめぴょん


一足早くクリスマスムードも満喫できて、
姉はいい時季に生まれてくれたなぁ。
(ご本人は不満らしい)

公会堂多賀 クリスマスツリー
公会堂多賀 クリスマスの飾り

昭和11年のクリスマスディナーのメニューだそうです。

公会堂多賀 昔のクリスマスメニュー

さて、前回記事でシードルさんが反応してくれちゃったこの扁額。

多賀のツリー

さすがの目の付けどころです。

度々ここを利用した、新渡戸稲造の書なんだそうです。
(旧五千円札のあの方。岩手出身です)

公会堂多賀 新渡戸稲造の書

 「急ぐなかれ たゆむなかれ(休むなかれ)」

といった意味らしい。 うーん。


東京と盛岡に離れて暮らす姉とは、
両親ともに鬼籍に入った今では、お盆と両親の命日と、
年に2~3回しか会わなくなった。

二人ともあと何十年も生きるわけでなし、
となると、これから生きている間に会う回数は数えられる程度なんだな、
などと、ちょっとしみじみ考えたりした、冬至の一夜でした。

公会堂多賀 馬のフォークレスト


 公会堂多賀
    岩手県盛岡市内丸11-2 岩手県公会堂B-1
    http://www.tagarest.com/




ツリコレ 2011

今年も大好きな季節がやってきた!

その手始めは、やっぱりクリスマス。

ミキモト2011①
ミキモト2011②

クリスマスは、ここのツリーを見ないと始まらない!

ミキモトツリー2011

銀座MIKIMOTOのおっきなツリー。
ここの前は、ツリーが飾られるといつも人がいっぱい。
みんな思い思いにカメラや携帯で写真を撮ってる。
そして、みんな笑顔。

ミキモトモミの木

今年はトナカイもいたよ!

ミキモトのトナカイ





ここまで大きくなくっても、
ツリーがあるだけで、クリスマス気分は盛り上がる!

多賀のツリー

今年は姉の誕生日にちょうど用事が入り、実家のある盛岡へ。
姉とクリスマス・ディナーしたレストランでのツリー。


そして、その日泊めてもらった姉の家のツリーは、
スヌーピーだらけ!

姉ちゃんちのツリー

姉も姪っこも、スヌーピー好きで
これはこれで、なんかいいよねー。

クリスマス当日ではなかったけど、
姉とクリスマスを祝ったのは何年ぶりだろう!


てなわけで、2011年、パリコレ ならぬ、ツリコレ・・・でした。

さて、クリスマスといえば、ツリーもだけど無くてはならぬコレ。

2011クリスマスケーキ

えへ、今年はもらい物だったんだけどさ、
千疋屋のクリスマス・ケーキでした

もちろん、ローソク消灯担当は、うめ様。

よろしく。

うめ様ローソクふぅーっ2011

お礼に今年も、うめ様スペサル・クリスマスディナープレートをご用意しました。
(写真撮る前に食われた)

うめ様クリスマススペサル2011

来年は我が家もツリーを買おうかな。

今年はこれで間に合わせるか、うめ様ツリー。

うめ様ツリー2011

今年も大好きな人たちと、クリスマスを過ごせた幸せに感謝。

VERY MERRY CHRISTNMAS!!



ADVENT 2011

ADVENT(待降節)といっても、もう今日はクリスマス・イヴ・・・。

ちょっとバタバタしてまして、なかなか更新おぼつかず、
宝探しなんかしてるバヤイじゃなくなってきたので、
まずは季節ネタを先にアップしちゃおう。

ポインセチア2011

バタバタしてても、クリスマスはちゃんとやりたい派。

といっても、リースを作るのと、
室内のちょこっとスペースにクリスマス・グッズを飾る程度だけどね。

今年のドア・リースは(も)、超手抜きです。

クリスマスリース2011

オハナのお稽古でいただいた、ビャクシンとヒイラギを束ねただけ~。
(ほんとはドアに飾ってます・・・)

クリスマスリース2011部分

そして、毎年使い廻しの虹色リボン♪
(え~かげんにせいとの声)



今年のウリはこれだな。

2011ツリーうめぴょん
お友達からいただいた、うめぴょんツリー♪
木彫りなんですよ♪

こちらはトイレコーナー
ガラスのツリー2011


オーナメントは、ツリーがないので苦し紛れのカーテンに・・・。

窓辺のクリスマス

来年はツリー買おう。

おととい姉の家に行ったらツリーがあった。
やっぱりツリーがあると、ぐんと雰囲気が盛り上がるな。


そして、今年の一押しコーナー!

こんなものをみつけまして。
うめぴょんガーランド①

開くとこんな感じ。

うめぴょんガーランド②

長さは3mだそうです。

うめぴょんガーランド④

お部屋の窓辺にかけました。
(一年中掛けっぱなししてしまいそう)

うめぴょんガーランド⑤
うめぴょんガーランド③

うめ様見てくれてる?
ささ、これからうめ様とクリスマスパーチー♪

今年もいっしょにクリスマスのお祝いが出来たことを、神に感謝のクリスマス。

そしてみなさまにも、メリークリスマス!!



家康の隠し財宝を探せ! <中央区宝探し その③>

そろそろ飽きてきたそこのアナタ!
そして謎解きなんかには興味のない方は、写真だけスルーッと見て、
へーっ、中央区ってこんな所があるのね・・・って程度でお付き合い下さい。

で、前回みつけた手がかりの、『山折り』と『合体』を駆使すると、
こんな言葉が浮かんできました。

宝の地図の、指示された部分を山折りにします。
宝探し暗号①
       ↓
そして、合体!
宝探し暗号
       ↓
で、浮かび上がってきたキーワードは、

 青竜 : うみのみずのいえ
 朱雀 : かたいさかなよこ
 白虎 : みどりのかぜよこ
 玄武 : すみよしのやしろ


はてさて、なんのことでしょう?

他にも、宝の地図に散りばめられたヒントを寄せ集めて、
宝探し3日目へGO!




10月某日 (宝探し3日目・・・出来れば今日で終わりたい!) 
※この時点でも、宝のありかは、全く見当がついていません。

この日は、中央区京橋駅で降りて、銀座からスタート!

まず目指すは、『月光の結界』
月光の結界

 「猿若勘三郎 中橋南地に芝居櫓を築く
  この地より 長き歴史は幕を開けん」


これは知ってたぞ!
だって、マイラブ勘三郎さまゆかりの地なんですもの!

勘三郎さんの始祖、猿若勘三郎が関西から下ってきて、
この場所に芝居小屋を開いたという碑が建っているはず!

月光の結界・歌舞伎発祥の地
上に中村屋の”角切銀杏”の紋所が。

で、周りをウロウロ探すと、植え込みの木の根元にありました!
月光の結界・手がかりめっけ

月光の結界・暗号

 「福禄寿と弁財天」
 ・・・・・これは、すぐわかりました。
 前回まわった人形町の七福神のうち、
 「福禄寿と弁財天」のふたつを祀った小網神社に手がかりがありました。
 この暗号を先にみつけてたら、七福神も全部回らなくて済んだのね・・・。

 その下には、
 「天ハ 人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」

 ・・・・福沢諭吉?

実はこの日は、歴史に詳しい相方を同行。
すると早速本領発揮!
「たしか、諭吉が慶應義塾を造ったのが、中央区のどっかではなかったか?」
というので、携帯で検索・・・あった!
『蘭学事始の碑』というのが、前回行った「あかつき公園」近くにありました!
この辺はどうせ後で通るので、まずは次のポイントへ。

        

次は、『日輪の結界』

日輪之結界


 「華やかなる銀の座
  文明花開きたることの象徴あり」


銀の座=銀座で、この絵に似た、銀座発祥に関連しそうな碑を探したら、
いくつか候補が上がったのですが、
とりあえず、さきほどのポイントの真向かいにある『煉瓦銀座の碑』に行ってみました。

日輪の結界・煉瓦銀座の碑

ラッキー! ありました!

ここも、手がかりがふたつ。

日輪の結界・上

 上の暗号は、「麒麟に守護されし橋」
 ・・・・日本橋には、麒麟の像があります!
 そう、この文字はちょうど、
 前回発見した『東方守護印』の絵の塗りつぶされた部分に嵌ります。
 ということは乙姫像のとこね、この手がかりはもう解読済み。

もうひとつは。
 
日輪の結界・下

 「安楽なる牢獄」
 ?????
 全く思い当たらないので、とりあえず保留で次のポイントへ。

        

銀座から新富町を通って、目指すは中央区役所

お、足袋の『大野屋』さんはここにあったのか!
いい建物だなぁ。
こんな発見が出来るのも、宝探しのいいところ。

足袋の大野屋

区役所が見えてきました。

中央区役所が見えてきた

お目当ては、中央区平和都市宣言記念の『ニコラ』像。
朝倉響子さんの作品です。
宝の地図に、”平和のニコラ”という言葉があったので。

中央区役所・平和のニコラ像

ところが、何度探しても、何もみつかりません
やはり宝探しと思われる女の子二人組も一生懸命探していました。

とりあえず私は区役所に入り、受付にいたおじさんに、
「中央区の史跡とかが載っているパンフレットがあったら下さい」と。
抜け目なく、資料をゲット。
ついでに、
「宝探ししてるんですー。
 そこのニコラ像にもあると思って探してるんですけどみつからなくて・・・」
とこぼしたら、おじさんがコッソリ、「ここにはないよ」と、教えてくれました。
ふふふ、年の功ね(というか、しゃべらずにいられないオバハン気質)。

ここで、宝の地図のヒントにもフェイクがあることが判明。

        

ないとわかったら、さっさと次へ。

お次は、宝の地図にあった「名犬チロリ」と、
「月を呼ぶもの」を求めて、築地銀座公園へ。

築地銀座公園

いたいた、名犬チロリの像。

築地銀座公園・名犬チロリ①
築地銀座公園・名犬チロリ②

だけど、なんにもみつかりませんでした。

次はこちらの像、「月を呼ぶ」

築地銀座公園・月を呼ぶもの

宝の地図には、「つきをよぶもののはいごのひかり(背後の光)」とありましたが、
ここでも何もみつけられず・・・。

「ニコラ」のところで、フェイクもあるんだということがわかったので、
ここは深追いせず、先を急ぐことに。

        

次は、福沢諭吉の『蘭学事始の碑』を目指して明石町へ!
(場所は、さっき区役所でもらった地図にバッチリ載っていた)

築地本願寺が見えてきました。

築地本願寺が見えてきた

目的の『蘭学事始の碑』です。

西方守護印②

本の形の碑は、建築家・谷口吉郎氏の設計によるものだそうです。
手がかりにもあった、
「天ハ人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
の文字が見開きの左右ページに刻まれていますから、『学問のすすめ』ですね。

そして、ふと右手を見ると!

西方守護印①

こっ、この絵はっ!!

西方守護印図

『西方守護印』のわけわかんない絵!

なんと、こちらの碑は、『解体新書』の碑でした。
そういわれれば、この絵・・・orz

そして、手がかりもみつけました。

西方守護印③

これは、宝の地図にあった手がかりの読み方ですね。
これによって浮かび上がったふたつの言葉は、

 「築地の銀座 月を呼ぶ者の 背後の光」
 ・・・・え~っ、さっきの像じゃない!
 やはり、あそこに何かあったのか!

そして、もうひとつは、

 「佃島への 渡し舟跡 散歩道下」
 ・・・ここは、まさにこれから行く予定の所です!


というところで、本日は力尽きたので、次回につづく





家康の隠し財宝を探せ! <中央区宝探し その②>

さて、1stステージは難なくクリアしました。
”発見報告所”(区内数カ所にある)へ発見したキーワードを提出して、
2ndステージの宝の地図をゲットしましたよ~。

これが、2ndステージの宝の地図です。
地図というか、宝を探すための手がかりですね。
2ndステージ宝の地図

この宝探し、
暗号が解けても、実際現地に行かないと、謎は解けない。
そこがまた楽しい。


この時点では、何が何やら?でしたか、
なんとか見当の付くところから、とにかく現地に行ってみなくては始まりません。

まずは、日本橋人形町からスタートすることにしました。




10月某日 (宝探し2日目)

北方守護印の手がかりを求めて人形町へ。
北方守護印

 日本橋の地にて 七人の福の神を詣でるべし
  ×××××××が手がかりとならん」


これはすぐにピンときたね~。
なにせ今年の節分に、日本橋人形町はかなり洩れなく歩いたんだ。
たしか人形町には、『七福神めぐり』というのがあったっけ。

人形町七福神

七福神の地図を入手して、
効率のいい歩き方を考えて、上の図の矢印の順で回りました。
(黄緑の丸は七福神ではありません)
しかし、暗号文によると、手がかりは七福神のうちの一カ所だけにあるらしい。
早めにみつかるか、最後までみつからないか、運試し。


七福神めぐり、スタート!



ひとつめ 水天宮。
2011宝探し・水天宮
  ここ、面白かったよ。
  入り口に、『水天宮は宝探しに参加していません。境内を探し回らないで下さい』
  と、立て札が・・・。
  参拝者の多い神社だから、ジャマになるんでしょうねぇ。

   ↓

ふたっつめ 松嶋神社
松嶋神社の鳥居
松嶋神社の絵馬

   ↓

みっつめ 末廣神社
末廣神社

   ↓

よっつめ 笠間稲荷神社
笠間稲荷の鳥居

ここ、今年の節分に豆まきに参加した神社です。
なんか、愛着が・・・。

お稲荷さんなので、きつねがたくさんいました。

笠間稲荷のきつね①
笠間稲荷のきつね②
笠間稲荷のきつね③

   ↓

いつつめ 椙森神社
椙森神社の境内
椙森神社の提灯

   ↓

むっつめ 寶田恵比寿神社
寶田恵比寿神社

  ここは、『べったら市』で有名な神社。
  お祭り準備中で、道の真ん中にでかい提灯を設置中。

べったら市の提灯
べったら祭り準備

   ↓

ななつめ・・・・

もう、おわかりですね。
私の運の悪さ。(勘の悪さとも)

てことは、残る一カ所に、北方守護印の手がかりが!

   ↓

で、ななつめ 小網神社

ここも、今年の節分に寄って、豆をもらったところだよ~。
そうか、ここからスタートすればよかったんだ・・・orz

小網神社
小網神社うめぴょんず

すっごく小さい神社なのに、
この前来たときも、今回も、人がたくさん!

小網神社鳥居
小網神社おみくじ
小網神社銭洗い

もっとも今回人が多かったのは、宝探しのせいでしょう。
1stステージは平日に行ったのですが、この日は日曜だったので、
宝の地図を持った人たちが沢山いました。
だから、探さなくても場所がわかっちゃいます

北方守護印みっけ

さて、北方守護印の手がかりは、手水鉢の覆の柱の根元に。

北方守護印のヒント

  「寅-未 丑-申 山を折れ」 と、ありました。

実は、宝の地図の周囲に十二支が書いてあったのです。
寅-未、丑-申の位置を結んで山を折ると、こんな感じに。

2ndステージ宝の地図・山折り

さて、実は小網神社に来る途中、
別の守護印(東方守護印)の手がかりがあると当たりをつけていた日本橋へ行き、
ヒントを入手していました
(七福神の地図にあった黄緑の丸地点です)

東方守護印のヒント

  「牛-寅 申-未 合体させよ」 とありました。

これも、地図の十二支の印のことです。
2ndステージ宝の地図・合体

赤い四角部分と青い四角部分、
黄緑の四角部分と黄色の四角部分を、合体して読めということらしい。
これは、自宅で検討中に既に解読済み。

でも、ただ合体させるのではなく、
山折りにしてから合体させることによって、別の文章が出現!
その内容については、次回。

さて、日本橋でみつけた『東方守護印』は、こちら。
東方守護印
東方守護印

 「××××の近くにて乙姫を 背後より見下ろせる地あり」

これは、”中央区 乙姫”で検索したら、
日本橋のたもとに乙姫像があるというので、わかりました。

いたいた、いました、乙姫様。

東方守護印乙姫像
乙姫像と日本橋
乙姫さまの背後から、日本橋を望む。

乙姫像の背後は、小公園的スペースで、日本橋が見下ろせます。
手がかりは、その植え込みの中にありました!





この日はこれにてタイムアップ!

果たして家康の財宝は、何回目でゲットできるのか?!



<オマケ>

水天宮さんで、こんなものをいただきました。

水天宮のてつせん①

東日本大震災の復興祈願をやったときの撤饌(てっせん)で、
被災地宮城のお酒が入っているとのこと。

タダで頂くのはあまりに申し訳ないので、
お賽銭100円で、復興祈念してまいりました。

帰って開けてみてビックリです。

水天宮のてつせん②

ひぇ~、一ノ蔵!
しかも、黒豆 & 塩まで!
100円で復興祈念なんて、バチ当たりでございました・・・。

★ 宝探し 3日目につづく!

家康の隠し財宝を探せ! <中央区宝探し その①>

二ヶ月も前の写真になりますが、今まで公開出来なかった理由が・・・。

10月3日~11月30日まで実施されていた、
中央区宝探し に参加していました!

中央区宝探しパンフ

もちろん、遊ぶ金欲しさに、賞金100万円が狙いです。

ネタバレ、解答バレしてしまうため、開催期間はアップを控えておりました。
なので、時期はずれの写真などご容赦下さい。

参加は自由。
まずは、ネットなどでも入手出来る1stステージの謎を解いて、
それをクリアすると、2ndステージの「宝の地図」がもらえます。
で、「家康の隠し財宝」の隠し場所までたどり着き、
そこに隠されたキーワードを届け出て、応募終了という段取りです。

中央区宝探し・参加方法

1stステージの「宝の地図」は、これだ!

中央区宝探し・六つの財宝

六つの財宝の場所を探して、
そこにある宝箱に記されたキーワードを”発見報告書”に届けます。

中央区宝探し・キーワード記入欄

てわけで、私の謎解きした通りの順番でアップしていきますので、
行きつ戻りつ、イライラすることと思いますが、
一緒に宝探ししている気分になって、お付き合い下さい。
(写真多くてごめんなさい




10月某日 (宝探し一日目)。

前日ネットを駆使して検討した「宝の地図」を持って、
いざ、宝探しへ出発!!

六つの暗号うち、確実なところと、効率的な歩き方を考慮した結果、
まずは、人形町をスタート地点にしました。

で、まず探検の前は腹をこしらえないとね。

宝探し・よし梅

昭和二年創業の、人形町の老舗の料理屋さん『よし梅』
前栽の施された粋な路地を抜けて、白木の一枚板のカウンター席に通され、
白い板前姿が清々しい板さんを前に頂く和食・・・
っていうと、すげー高そうですが、実は1000円の定食がいただけるのが嬉しい。

宝探し・よし梅の路地
この辺りは、こんな路地があって、ひょっこり入りたくなります。


おっと、宝探し、宝探し

まずは、財宝 三から。

1st stage 財宝三

財宝 三の暗号は、

  人形たちの行進を見守る 大いなる観音様を訪ね
   神速の足を持つ者を探すがよい」


「人形」とあったので、単純に人形町かな?と当たりをつけました。
人形町は、前にもブラブラしたことがあり、
「大いなる観音様」=大観音寺が思い当たりました。

『よし梅』の横、石段を上がったところにある小さなお寺です。

大観音寺
石段昇って、正面が本堂。右にある小さなお堂に韋駄天が祀られています。

では、このお寺のどこに宝箱が?

「宝の地図」の絵を見ると、馬の顔と、足のような絵が。
これは、”馬頭観音”と”韋駄天”だろうと、前日ネットで調査済み。
暗号文に、「神速の足を持つ者」とあるし、
どうやら、絵に×印の付いている”韋駄天”の方らしい。

こちらが、韋駄天を祀ってあるお堂。

大観音寺・韋駄天

周りを見渡してみたけど、なにせ初めてなので、
キーワードがどんな形であるのか検討がつかない。
すると、お堂の脇に、「この裏にあります」とヒントの貼り紙が

大観音寺・韋駄天堂裏

あった! ありました!
韋駄天堂後ろに渡っている手摺りのところにひっそりと。
箱を開けてみると・・・

大観音時のキーワード

最初のキーワードは、「ショガ」
書画? 
ま、いいか。
とりあえず1個、難なくクリア♪

ちゃんと、本堂、お地蔵さまなど、拝んで帰りましょ。

大観音寺・地蔵尊①
大観音寺・地蔵尊御影
大観音寺・わらじ60大観音寺・稲荷弁天




さて、次に目指すは、財宝 二

1st stage 財宝二

暗号文は、「源氏のカブトが祀られた社を探すがよい」

中央区の、社寺を案内するサイトを調べてみたら、
日本橋兜町に、兜(カブト)神社というのがありました!

兜神社へは、人形町から徒歩で移動できます。

日本橋川を渡る

首都高の高架が走り回る下をくぐり、日本橋川を渡ると・・・

東京証券取引所

東京証券取引所です。
兜町といえば、証券会社がひしめく街ですもんね。

さて、目的の兜神社は、高速道路の下にひっそりとありました。

兜神社

小さな神社。
境内も狭いです・・・なのに、ちょっとだけ手こずりました。

下調べの段階で、この石の近くにあるかな?と思っていたのですが(兜石)。
兜石

兜石の周囲には宝箱は見あたらず。
社の周りも一周したのですが、見つからず。

こ、こんなところに・・・。
(なんかのパイプの脇)

兜神社の宝箱

実は、私が着いたとき、中年男性が一人、
携帯電話をかけなから、何かを探している風情で境内をうろうろ。
その方が、何かをみつけた風で、うずくまって写真を撮っていたので、
立ち去った後行ってみて発見・・・ちょっと達成感がイマイチでしたが、
同志をみつけた思いで、嬉しくもあり。

で、キーワードは、

兜神社のキーワード

さっきの 「ショガ」と続けると、
「オオゴショガ」=「大御所が」・・・大御所はもちろん、家康ですね。

兜神社だけに、あちこちに 「兜」マークが。

兜神社・手水鉢
兜神社・賽銭箱
兜神社木戸

暗号に、「源氏のカブト」とあったので、
てっきり鎌倉時代の神社か?と思ったら、
明治11年に、東京株式取引所(東京証券取引所の前身)が設けられた時に作られた神社らしい。

暗号にあるとおり、兜が祀られているわけではなく、
前出の、源義家が昔前九年の役出征の折、願を掛けた岩という兜岩が名前の由来?
もちろん、兜町の名前は、この岩に因んだもの。


次の財宝のありかへは、電車でひと駅移動。

駅へ行く途中で、美味しそうな建物に出会いました。

山二証券

山二証券という、証券会社さんの建物でした。

山二証券・正面
山二証券ポスト
このポストも昔からのものだろうか?わくわく。

おっと、いかんいかん。
今日は宝探しに専念しなくてわ。




財宝 四

1st stage 財宝四

暗号文は、

シーボルトが見守る地 魚河岸に夜明けを告げる 暁の園を探すがよい」

財宝四のとっかかりは暗号ではなく、古地図でした。
地図の中に、「明石町」という文字があったので、
それに、暗号に「魚河岸」とあったので、=築地?
で、築地明石町の辺りの地図を広げると、古地図と同様の三角の土地があり、
現在は「あかつき公園」となっていました。

暗号文の中の、「暁(あかつき)の園」あかつき公園
で、ネットで「あかつき公園」を調べたら、
シーボルトの像があるらしいのです!

いました。
シーボルトさん。

あかつき公園シーボルト像

ところが、シーボルトさんの周りには、何も見あたらず・・・。

そこで、財宝四の図面を見直す。
なにやら、シーボルトを中心に、二方向に線が伸びていて、
左側の丸い物に×印が付いている。

では、シーボルトさんを中心に見えるところに立ってみましょう。

あかつき公園シーボルト前の広場
(赤い丸で囲ってあるのが、シーボルトさん)

その左手の園路を歩いてみると・・・あった! 丸い物!

あかつき公園・丸いもの発見!

中央区憲章の碑だったと思います。

あかつき公園・中央区憲章

この碑の後ろの外灯の根元に、宝箱発見!

あかつき公園の宝箱
あかつき公園のキーワード

「ノコシタ」・・・・「残した」・・・・

「大御所が残した」・・・財宝を探せってことですね?

よしよし、任務終了。
これで、2ndステージ進出だぜっ!

あはは、実は六つある暗号のうち、三つわかれば2ndステージの地図はもらえるのです。
六つ全部探せば、何か商品がもらえる(抽選)らしいけど、
私はとにかく、早く2ndステージに行きたかったので、
ここで妥協することにしました。
(だって、残りの三つのうち、ひとつ全くわからないのがあったんでぃ)

ということで、あとはのんびり公園の写真を撮ったり、
喫茶店で一服した後、無事発見報告書にキーワードを提出。
2ndステージの地図をゲットしたのでした!

あかつき公園から聖路加病院が見えた
公園から聖路加病院の塔が見えました。
この辺りは、2ndステージでも再び訪れることになります。

あかつき公園のぞうさん

ちなみに、ここの宝箱を発見して写真を撮っていたとき、
背後から、三輪車に乗った男の子が近づいてきて、
「なにやってるのー?」と。
「宝物を探してるんだよ、ほら、宝箱!」
と、誇らしげに見せたら、
「知ってるよ!もう宝探し終わったよ!」・・・だって。
きっと家族で宝探ししたんでしょう。
それにしても、私は始めたばかりなのに、もうゴールとは(焦
さすが、区民は違うわ。

あかつき公園にて

★2ndステージへ、つづく!


Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。