スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うめ一輪

  • 2012/02/27 22:32
  • Category: うめ
今日はサブイっ!!
あさっては東京でも、また雪が降るかも知れないって~wkwk

この寒さで、今年は梅の開花も遅れているようですが、
やっと我が家の白梅も咲き始めました・・・・が、

写真を撮ってないので、こちらの「うめ」でお楽しみ下さい(常套手段)。

ひなたぼっこうめ様①

うめ様の引きこもりスペースはソファの後ろの窓際。
日が当たると、うちで一番あったかい場所だな。

ひなたぼっこうめ様②

指定席だから、座布団でも敷いてあげたいところだが、
うめ様って、布状のものがあると、すぐホリホリして、
そのうち興奮してきてオシッコとかしちゃうのでダメなんだ・・・残念

ひなたぼっこうめ様③

同じ様な写真ばかりですいません。
私には、どれもキャワイ過ぎて選べなかったのです・・・OBAKA。

申し訳ないので、よそで撮った梅一輪。
一輪ほどの暖かさ・・・って、すげ寒いんですけど。

梅一輪2012





スポンサーサイト

自由が丘・古桑庵

ひさびさの 「従姉妹(いとこ)会」 開催。
(別にたいしたもんではない。
横浜在住の従姉妹と二人で、たまに会って飲み食いするだけ)

その「従姉妹(いとこ)会」を始めた、かれこれ20年くらい前から、
「そのうち行こうね」 と言いながら、
いつも通り過ぎていた、自由が丘の「古桑庵」に行ってきました。

古桑庵 入り口

自由が丘の喧噪が途切れかけた住宅街にひっそりと佇む日本家屋。
大正末期に建てられた物らしい。

古桑庵 前景

の写真でいうと、正面が玄関。
左手に広間があって、畳の座敷があるのですが、
玄関右手の小座敷が空いていたので、そちらの席へ。

古桑庵 中庭
中庭に面した席へ。

なんだか、畳ってやっぱり落ち着くね~、と、
結構長時間居座る。

因みにここは、甘味やさんです。

古桑庵 クリームあんみつ

デザート付きフレンチのランチ後で、
「かー、もう食えねー!」 と言ってた割には、クリームあんみつ。
別腹すぎる。


経験上、こういうお店には、うめぴょんが生息。

古桑庵 うめぴょん押し絵
古桑庵 うめぴょん画

トイレットペーパーまでもが、うめぴょん柄だったことを記す。
(もったいなくて拭けねー)


「お雛様展示中」 ということで、座敷のあちこちにお雛様。
「広間の方もどうぞ」と言っていただいたけど、お客様がいらしたので、
後で・・・と思っているうちに、見せてもらうの忘れてた・・・orz

古桑庵 お雛様

お隣が熊野神社で、本殿が直ぐ近くなので、
時々、ガランガラガラ・・・と、鈴を鳴らす音が聞こえる。
なんか、こっちまで御利益ありそう♪

小さくても、手入れの行き届いた庭は、清々しい。

古桑庵 飛び石

こんな微笑ましい風景も。

古桑庵 お地蔵様
古桑庵 井戸

残念ながら、東京の梅はまだこれからです。
(我が家の”うめ”は満開ですがw)

古桑庵 入り口の梅

広間の写真とか撮れなかったんで、こちらのHPをぜひぜひ覗いてみてください。
http://kosoan.co.jp/






バレンタイン 2012

(今さらですが) 今年のバレンタインに買った(食べた)チョコの一部。

きんとんトリュフ①

信州は上伊那郡・七久保の「信州里の菓工房」さんの、
『きんとんトリュフ』
栗きんとんをチョコでコーティングしたトリュフ。
もちろん、自分用。

きんとんトリュフ②

そして、ここでやっと日の目を見た、
シードルさんプレゼンツ、五山焼・朝比奈克文さんのうめぴょん鉢。
ありがとー!)

きんとんトリュフ③

きっと何を入れても引き立つわー。
料理を入れられないところが美鳥花さんとの大きな違いですね

切り口が汚くてすいません。
中の栗きんとんは、普通の栗きんとんより、しっとり柔らかでうまー。
この季節以外にも食べられるのだろおか?

きんとんトリュフ④


さて、もちろんまだあるよ。

今年はもうこれが私のハートを鷲づかみ!
(バレンタインに自分のハートをつかんでどうすんだ)

モロゾフのうめチョコ②

うめぴょん型のケースに入ったチョコ、5種。
もちろん全種コンプリート。

モロゾフさんプレゼンツ。

箱についている飾りがかわゆすぎ。
これは友チョコ用だね。

ゴムがついていて、髪留めに出来そう♪

チョーチョとかオハナはムリだけど、
これくらいなら、私にもスレスレOK?

モロゾフのうめチョコ③

このコイン?には、うめぴょんのシルエットが♪
モロゾフのうめチョコ④

中身もまたタマラン!

モロゾフのうめチョコ⑤

このうさっこ達は4種類あります。(可愛すぎて食えねー

モロゾフのうめチョコ⑥

ああ。 中のパッキンまでかわゆすぎ。

モロゾフのうめチョコ⑦

このうち3個はお嫁に出す予定ですが、
中身を食い終わったら、箱と飾りは返却してもらうつもりですw

モロゾフのうめチョコ①



帰り道にみつけたら幸せになる物

近所を歩いていたら、屋根の上に何者か・・・

屋根の上に何者か

あっ、こっち向いた!

あっこっち見たーっ

枝とか電線とかが邪魔でピントが合わないんで、回り込んでみました。

屋根の上のニャン

それでも、このボケっぷりorz
ちなみにこの時、荷物をたくさん持ってまして腕がプルプル・・・。
ニャンにピントが合ってないのは、そのせいってことに。

ま、いいさ。
ちょっと幸せな気分になったもんねー♪



節分は人形町に限る

去年の節分に、
たまたま通りがかった神社が豆まき大フィーバーだったのに味を占め、
今年も行ってみたら・・・

ガラ~ン・・・
笠間稲荷神社初午

初午と重なったためか、豆まきは2/1に前倒しで終わってました

ま、いいか。
近くの神社で福豆を分けていただいたし・・・。

末廣神社の豆
お賽銭箱の横に置いてありました

せっかく人形町に来たので、久しぶりにアレが食べたいな。

というわけで・・・

人形町壽堂
壽堂・黄金芋①

壽堂さんへ。

壽堂・黄金芋②

黄金芋、三個入りを購入。
たまんねー、このパッケージ!

壽堂・黄金芋③
壽堂・黄金芋④

これが芋以外の何だと言うのだ!
まんま、さつまいもですが、芋は一切使用していません。
皮部分のニッキな感じが好き好き♪
中は白いんげんの餡をウコンで黄色く染めてます。

壽堂・黄金芋⑤


で、ふと見たら節分の豆(枡入り)がありまして。
「今日だけですよ」 の売り言葉に、
「く、下さいなっ!」 と買い言葉。

壽堂・福和内①
壽堂・福和内②
※お面はついていません。

壽堂・福和内③

『福和内』なんて、
ネーミングもいいじゃないですか。

小豆色の方は、”紅大豆”というそうで、今年初めて扱ったんだそうな。
ちょっとふっくらした感じで、なかなかの味わい。

これが、”紅大豆”。
壽堂・紅大豆

『壽堂』さんは、明治30年代創業の老舗和菓子屋さん。
古い建物は以前から比べると傾きがなくなった気がする(え)ので、
耐震補強とかしたのかも。
店内は、昔ながらの座売りの雰囲気が残っています。
何個入りにしようか悩んでいるうちに、お茶が登場するのもまた嬉し。

壽堂・枡



Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。