お月見カウントダウン 2012

うさぎ飼い・・・じゃなくてうめ様の下僕にとって重要な年間イベント・お月見が、
今年もあと少しに迫って参りました(今年は9月30日)。

そろそろ、あちらやこちらの和菓子屋さんで、素敵なウサギ菓子が期間限定で発売開始~!
もう、下僕は大忙しです

既に入手&腹の中のお月見和菓子をご紹介しますね。

お月見のお干菓子・塩瀬②

お月見アイテムの詰め合わせ干菓子は、塩瀬総本家さんの『お月見和三盆』。

お月見のお干菓子・塩瀬③

掛け紙はちょっと色っぽいウサギ。
塩瀬の月見干菓子 ①




お次は、清閑院さんの『秋夜のうさぎ

秋夜のうさぎ ①

きや~っ! 萌え~


おっきい子は3個入り。
開けると子うさぎが3羽出てきて、もう萌死!

秋夜のうさぎ ②

中は桃山風味のお饅頭。
もうちょっと形が判別出来ればかわいいのに~(あまりリアルだと食べにくいですが・・・)。
秋夜のうさぎ 




ラストは、同じく清閑院さんの『お月見うさぎ』。

お月見うさぎ①
掛け紙も萌えポイント。

開けてびっくらです。

お月見うさぎ②

もうこれは絵ですね。げいじつです。

お月見うさぎ③

カットすると更に美しい・・・。

お月見うさぎ④
洋菓子感覚で軽く食べられます・・・軽く・・・あっという間に・・・。

ごちそーさま!

お月見のお干菓子・塩瀬①

繰り返しますが、今年のお月見は9月30日です。
今からこんなに食ってどおする!


スポンサーサイト

ジョーが連れてきたうさぎ

九月初旬の某日(つまりだいぶ前のネタです、すいません)、届いた宅急便。

マジで ”ウニ(雲丹)”が届いたかと一瞬うわついた。

美鳥花プレ・UNI

差出人と裏面のジョーを見て、全て了解!

美鳥花プレ・食うんだ!ジョー!

「食え!食うんだ、美鳥花!」・・・の美ジョー花ですね。姐さん。

そうして中から飛び出たうめぴょん達!!

美鳥花プレ・こうめ堂クッキー

やだ、これ姐さんとこで見たばっかじゃないですかっ!!
噂の”こうめ堂”(ネーミングがまた・・・)のうさぎ型クッキー!
IN ピーターラビットの六角会津塗り菓子入れ!

美鳥花プレ・こうめ堂クッキー②
なんて美しいフォルムのうさぎ達。
ずんぐりむっくりまん丸うめ様とはかけはなれていますが・・・。


そうしてまた玉手箱のように色々出てくる、出てくる・・・。


美鳥花プレ・カード①

うめぴょんカードの数々

こんなちっこいウメぴょんまでみつけてくれて有難う!
美鳥花プレ・カード②

コーヒー豆と、丸い瓶は、”ふりかけ赤いべりぃ”だって。は?
いったい何にふりかけ?と思ったら、
アイスにシリアルに、バナナに、ヨーグルトにトッピング・・・と書いてありました。
なるほど。今夜のHゲンDッツにふりかけてみようっと。

美鳥花プレ・コーヒー

「うめぴょんの診察券でも入れてください」ってお手紙にあったので、入れてみました。
美鳥花プレ・パスケース

きゃー♪ 花脊のお土産のうめぴょん皿!
花脊ってことは、あの店かしら。

美鳥花プレ・まつ元角皿

こんな感じで壁に掛けてもいいかもしんない。
美鳥花プレ・まつ元お皿


おっと見逃すところだったけど、お手紙が入っていた封筒は、
湖北の十一面観音の寺、渡岸寺じゃーないですか!

美鳥花プレ・封筒
後ろに敷いたうめぴょん尽くしの包装紙は、
姐さんがそのお店で会った専属のデザイナーさんのものらしい。

そうして、我が家にもやって来た、ほんのり酸っぱいプラムジャム。
姐さんの真似して、噂のセブンのチーズケーキに添えてみました。
(セブン行くのいっつも忘れていて、それでアップが遅れたのだよー)

美鳥花プレ・プラムジャム

ほんのり酸っぱいから、甘くてこっくりとしたフロマージュにぴったり!
これは、目から鱗の組み合わせでした。

姐さん、いつもすいません & 有難うございました。
また明日、セブン行ってきま~♪





夏休みの自由研究

先生、夏休みの自由研究、提出遅れてすいません、すいません

しかも、なんか市販のものでごまかしちゃってすいません、すいません

研究課題:『コーパル磨き』 2年うさぎ組 うめ

<研究のあらまし>
数万年前の樹脂の化石であるコーパル(若い琥珀)の中に閉じこめられている昆虫を救出する!!

① まず、本屋さんでこんなものみつけて買ってきました。

コーパル磨き①
対象年齢:10歳以上(注:うめ様は4歳)

”コーパル”っていうのは、琥珀(アンバー)の中でも若いもののことなんだそうです。

  ※うめ様メモ:琥珀  → 2000万年以上前に生成されたもの
          コーパル→ 数万年前に生成されたもの

② キットになってるから道具がそろっていて楽ちん手抜き便利です。

コーパル磨き②
琥珀が2個と、つや出し用の粉と布(水色の)、スプーン、スポイト、左の黒いのはサンドペーパー

③ コーパル原石(琥珀)は2個。マダガスカル産です。

コーパル磨き③

④ コーパル原石(琥珀)はまだ不透明な状態で、中に何があるかわかりません。

コーパル磨き④

⑤ サンドペーパーの目の粗いもの(#400)~徐々に細かいもの(#1500)で磨く

コーパル磨き⑤
コーパルは熱に弱いので水をつけながら磨きます。

⑥ 徐々にコーパルの中が見えてくるので、昆虫を探します。
  (2個あるうち、どっちかには入っていると書いてあった) 

何が何だかわからんけど、なんとなくこれかなー?っていうのを、どちらの石にも発見!
虫発見!①
(青い丸の中)

(こちらは青い楕円の中)
虫発見!②

⑦ こっちの方が大きくて救出しやすそう!と思ってガシガシ磨いてたら・・・

コーパル磨き⑥

パキッと折れてしまいました・・・すいません、すいません

⑧ だんだんめんどくさくなってきたのですが、なんとかもう1個を磨き上げ、
  最後にツヤ出し粉でツヤを出して救出終了!!

コーパル磨き⑦

ま、虫はまだ閉じこめられたままだから救出とは言えないかもだけど、
下手に出そうとするとパキッとまっぷたつにしてしまうことが判明したので、
研究の考察結果としては、コーパルに閉じこめられた昆虫は救出不可能・・・ってまとめで。

あ~、夏休みも終わったな(とっくにです)。





おもしろびじゅつワンダーランド

まんまタイトルなんですが、サントリー美術館でやってた
 おもしろびじゅつワンダーランド展 を見てきました。

おもしろびじゅつポスター80

秋篠宮家の悠仁さま(字、合ってるかな?)が行かれたニュースを見た方もいらっしゃるのでは。

この展覧会は「体験型」なのでその分展示数こそ少ないが、展示方法がとてもユニークで、
沢山の作品をダラダラ延々眺めて歩くより、ずっと楽しいしじっくり見られる。
しかも、全て撮影OK!ってことで、写真多いのでテキトーに流して下さい。
歩いた通りに並べます(手抜き)ので、一緒に歩いてるつもりでスルーッと。




天井に、国宝の螺鈿蒔絵手箱の蓋の模様が浮かび上がる、模様のプラネタリウム
1蒔絵のプラネタリウム

あ、折角の国宝手箱の現物、写真撮るの忘れた・・・orz

2蒔絵のプラネタリウム
3蒔絵のプラネタリウム




次のコーナーは、ススキ林のアプローチ

1薄の原
このススキの中を悠仁さまが歩いてた映像、ニュースで流れてました。

3薄の原

ススキ野原の向こうの屏風は『武蔵野図屏風』(作者名は書いてありません)
またこのポップがいかしてるんだ。

4薄の原
まぁるいのはきっと、銀箔のお月様だな(酸化して黒くなった?)

5薄の原
2薄の原

ススキの向こうに、青いドームが見えてきました。
次は、あのドームです。




和ガラスの藍色ドーム

1ガラスのドーム

ドームの中のケースには、藍色ちろり他21個の和ガラスが。

2ガラスのドーム
3ガラスのドーム
ガラスのドーム

ここ、一定時間の間隔で照明が白~藍色に変わって、
青のグラデーションの中でガラスの藍色を楽しめます。素敵だった。

4ガラスのドーム

    こんな風に・・・

5ガラスのドーム




伝土佐光高筆の洛中洛外図屏風がどーん!

洛中洛外図屏風1
洛中洛外図屏風3

ここも楽しかった!
京都街中タッチパネル

洛中洛外図屏風2

本物の屏風の隣に、タッチパネルになった洛中洛外図があって、
よく見たいとこをタッチすると、拡大して説明も出てくる!

洛中洛外図屏風6

時間が許せば全体触りまくりたかった!

以下は、本物屏風の写真。
洛中洛外図屏風4
洛中洛外図屏風5

雲の部分は、盛上げ胡粉の上に金箔貼ったのかな?超豪華。




さて、舞踊図を見て、

舞踊図

階段をおりてね!

サインがかわいい
サントリー美術館階段

顔はめパネルなりきりDancersコーナー

顔はめパネル

影絵を作るコーナー(便乗撮影)
影絵コーナー




わたし的には、ここが一番ツボ!
マルの中のクール・デザイン「鍋島」

鍋島皿のパーツデザインを自分デザインで丸皿にアートスルというアプリ!

鍋島皿文様タッチパネル1

丸皿の左右にある文様のパーツを自由に選んで配置出来ます。
鍋島皿文様タッチパネル3

楽しい~♪
鍋島皿文様タッチパネル2

これじゃ、やっぱり寂しいかな~と、桜花を足して、サインして出来上がり!

鍋島皿文様タッチパネル4

しばらくすると展示パネルに自分の作品が登場します。

鍋島皿文様タッチパネル5
パーツは引き延ばしたり、回転も出来たのね・・・(←マニュアル読まずに突っ走るタイプ)

鍋島皿文様タッチパネル6
ここのコーナーは、子供より大人が夢中になってたなー。
このソフト、お家に欲しい。




で、次回展示『お伽草子』展の予告コーナー(タッチパネルの絵草子)。

見たい絵巻物をタッチすると絵草子が開かれます。(写真は『鼠草子』)

お伽草子1

まずは登場人(鼠)物の名前が現れます。
お伽草子2

物語の進行に合わせて鼠たちの会話が現れます。
お伽草子3

これなら楽しく読めそう!!
お伽草子4

次回のサントリー美術館は、『お伽草子 この国は物語にあふれている』
9月19日~11月4日。
また行っちゃおうかな~と思わせるニクイ演出の予告コーナーでした。

お伽草子5

 サントリー美術館
    http://www.suntory.co.jp/sma/
    ※ここの休館日は火曜日だから気を付けてね!


Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作