パンダあんぱん

上野の西郷さんの下に出来た新しいビルの前を初めて通った。
以前はレトローなおみやげ屋さんとか、食堂(聚楽)のある渋いビルだった。
なかなか入らないし、横目で見てるだけだったけど、いつまでもそこにあって欲しかった。

こんな新しいどこにでもあるビルになっちまって・・・。
おれはぜってー入らないぞ!

って思ってたのに。

『パンダあんぱん』に、あっさり落ちた。入店。

パンタ゜あんぱん

このキューブ型がまたかわいいっ!!

パンダあんぱんの中身

あんぱんなので、中はあんこです(当たり前です)。

ごちそうさま。


 このビルの名前は『上野3153』といいます。
        3153→さいごーさん→西郷さん・・・。



      
スポンサーサイト

お月見 2012

もうかれこれ二週間も前のことなんですが、一応毎年アップしてる記事なんで・・・。

今年のお月見団子は、これでした。

お月見2012 ①

なんか手抜き感ありありですが、スーパーで調達
だってさー、もう二週間も前だからお忘れでしょうが、
この日(十五夜)は、昼から台風17号が来るってんで、遠出は諦め近場のスーパーで・・・。

ま、参加することに意義があるのだ!

もちろん例年通り、うめ様に飾り付けのお手伝いいただきました。

お月見2012 ②

うめ様はこういう食べ物には無関心。
むしろ三方の角に興味を示し、アゴでニオイ付け。
うめ様、それはもう去年ニオイ付け済みですよ。

お月見2012 ③

ま、こんな感じで。
お月見2012 ④




お月見団子は手抜きになってしまいましたが、その前にちゃんと月見饅頭済み。

桃林堂月見団子①
上野桜木の『桃林堂』のお月見饅頭とお月見団子(関西風)
関西の月見団子はあんこが外側に付いてるんだよね~。

中には黄色いお月様・・・じゃなくて栗きんとん。
桃林堂月見団子②

外には薄とお月様。
桃林堂月見団子③

上野桜木の『桃林堂』さん、いい雰囲気です。
桃林堂 ①
昔、役者さんが住んでいたという家屋を使った店舗(信号じゃま!)

桃林堂 ②

店内の一角でお抹茶もいただけます。
桃林堂 ③
桃林堂 ④
桃林堂 ⑤

東京国立博物館や芸大に行かれたときは、是非足を伸ばしてお立ち寄り下さい。

今頃は、かぼちゃの形の上生が出ている頃かな。
あ、以前ご紹介したパンダ饅頭は要予約になったそうです。要注意




東京駅に行ったぞ! 

報道過熱気味で、少し冷めた頃に行こうと思っていたのですが、
先週の連休に上京してきた友達が「見たい!」と言うので、予定外で早々に行ってきました。

あ、復原工事を終えた東京駅の話です。

201210東京駅・全景
見えますか?駅舎の前の豆粒の人達。すげー人でした。

まずは、丸ビルでランチを食べたので、5階の東京駅を見下ろせるテラスから見学。

201210東京駅・南口

そうそう、東京駅ばかり注目されていますが、
そのお隣の東京中央郵便局も、古い建物を一部(ファサードのみ)残して新しく生まれ変わりました。
の写真で東京駅の右隣の白い建物部分が旧郵便局)

201210東京駅・郵便局と
201210東京駅・中央郵便局

では、下に降りて、駅舎を見学しましょ。

201210東京駅・真ん中遠景

テレビの特集番組を見て初めて知ったんですが、(旧)二階建て三階建て になったんですね!
そんな大々的なことをやっていたとは!
直してるのはドーム部分だけかと思っていた私って・・・(恥

201210東京駅・正面

駅舎中央のこの部分は天皇陛下ほか海外からの貴賓客などが駅を利用する時専用の出入り口。
後から知ったのですが、なんとこの日、天皇陛下と美智子様が山梨に行かれるので東京駅を利用されたらしい。
つーことは、この扉が開いたのね・・・惜しかった・・・。

201210東京駅・正面玄関
201210東京駅・軒

ドーム部分。
パンテオン神殿のドームにならって作られたという復原前のドーム天井だって、
なかなかの物だったと思っていたのですが、
復原成ったドームを見たら、やっぱりこっちの方がすごかった!

東京駅20121002

残念ながら二階部分に網が架かっていて写ってしまった・・・。
鳩除けか?

201210東京駅・ドームの鳩

ドーム内部も見学の人だらけ。

201210東京駅・二階から

ちなみにドームに沿ってる二階の回廊に登れます(の写真は二階回廊から)。
昔はこの回廊に沿ってオイスターバーみたいなパブっぽいお店があって、
とってもいい感じで好きだったのになー。(とらやカフェは出来てましたが)

201210東京駅・トラヤカフェ
東京駅の夜の梅
東京駅限定『夜の梅』ひとくち羊羹。おみやげにいいよねー。

ドーム部分は、南口と北口の二カ所にありまして、二階回廊に上がるには、
南口は東京ステーションホテルのエレベーターから(無料)。
北口は、東京ステーションギャラリーから(ギャラリーの入館料を払う)。
というシステムになっとります。

こちらはギャラリーのトイレのサイン。かわいー。
201210東京駅・サイン

東京ステーションホテルは昔むかーし泊まったことがあります。
あの時はあの良さがいまいちわからなかったのが惜しまれます。
201210東京駅・ホテル看板

あ、ドームから二階へ行くエレベーターへの入り口はこれが目印
201210東京駅・ホテル入り口

復原に当たっての詳細はテレビで散々やってたので、ここでは略(つまり手抜き)しますが、
我が建築探偵の師と仰ぐ藤森照信先生の『建築探偵雨天決行』に、
創建時の駅舎の立面図とともに、奇しくもこんなことが書かれていたので抜粋させていただきます。

 この絵(創建時の駅舎の立面図)から左右の大ドームを取り、三階をなくすと、
 みじめな姿になるわけで、やはり復原して保存してもらうしかない。

              (※ちなみにこの文は1988年に書かれたもの)

201210東京駅・模型

東京駅を利用される際は、是非素通り乗り換えなどなさらずに、
丸の内側の改札を出て、ご見学を!




Pagination

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作