FC2ブログ

週末ガーテーナー日記(7/10)

特にちゃんとしたお手入れはしていないのですが、
みんなそれぞれ頑張って勝手に育っているみたいです。
(放任主義なので)
ちょっと手抜きの、お庭報告。

<ギボウシ>ユリ科、ギボウシ属、(擬宝珠)
今、うちで一番元気な子。
20060710135207.jpg

ギボウシのツボミ

去年2株植えたけど、もうひと株(斑入り)は、
紫陽花の影になったせいか、まだツボミもつけません、
こちらは元気。元気。

うちの実家では、ギボウシの葉が開く前を「ウルイ」といって、
茹でてマヨネーズをつけたり、ジャガイモとおみそ汁にしたりした食べた
懐かしい山菜でもあります。
最近東京でも、ハウスものが出ているので懐かしいです。
20060710135122.jpg



<キキョウ>キキョウ科、キキョウ属(桔梗)
葉っぱが虫にぜーんぶ食べられて諦めてたのに、
ツボミだけちゃんと残っていて、健気に咲きました。
お疲れ様です。敬意を込めて・・・
20060710135248.jpg


<ハンゲショウ>ドクダミ科、ハンゲショウ属
20060710135333.jpg

半化粧、半夏生とも書きます。
葉が半分白くなるから、「半化粧」。
夏至から数えて11日目に咲くから「半夏生」・・・諸説あるようです。
もっと沢山生えているので、
みんな白くなってから、お披露目を、と思ってたのに、他はなかなか色づきません。
なので、待ちきれず・・・。
たしかに、ドクダミの白ですね。20060710135416.jpg


<スプレーマム?>キク科の園芸種
P1011137.jpg

去年、まーるく刈り込んだのを頂いて、地植えしました。
少しはたおやかになったかな?
20060710135621.jpg


<ウォーター・マッシュルーム>セリ科
20060710135704.jpg

ウォーター・コインの名前で売っている店もありました。
なんだか、まん丸い葉っぱがかわいくて。
ガラスの花瓶にぽちゃん、と、入れたままです。
水辺でも、普通の所でも育つそうですよ。夏の間は水の中で育ててみます。
20060710135757.jpg


<オヒシバ>イネ科
20060710135835.jpg

対になるからと、メヒシバも探したんですけど、
いないんですよ。
近所にも・・・・メヒシバまで、絶滅危惧種になってしまったか?!

<おまけ>
ハタケニラの種。
20060710135914.jpg

ブリズさんのところで教えてもらったハタケニラ、うちにもあったんですが、
なんと種まで!こんな黒々と!
これは繁殖力ありそうですよー。
来年が楽しみだー!



スポンサーサイト



Pagination

Trackback

ギボウシ from @スローな暮らし@

  • 2006/07/10 17:25

焼津ギャラリーの花 from 駿河木の家日記

焼津ギャラリーには色々な花が咲いていますので、少しづつご紹介いたします。玄関入り口横には、生活排水を浄化した水を貯める池があります。先日の睡蓮の池です。(モネの睡蓮の池ではありません。)その池の周りの塀にはビヨウヤナギ(美容柳)が咲き、池の周りにはギボウ
  • 2006/07/24 16:20

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/101-aa8b688a

Comment

surugaki

ギボウシをアップしようとした矢先、念のためチェックに
伺ったら、案の定と言うか・・・なんと申してよいのか・・・
で、出直してきます。では、また明日。

すろう

やった~、爺より先にTB~i-237i-185
ふっふ~ん♪
でもギボウシが食べられるとは知りませんでした。
半化粧というと、顔の半分だけフルメイクで半分はすっぴん・・・を思い浮かべました。

m.m

ウルイの葉を水芭蕉と間違えて、
うちにも水芭蕉があった、あったと喜んでいたm.mです。
今は立派なギボウシになりましたi-241

それにしても白あずきさんのお庭って広いですね。
生き物達も延び延び 伸び伸びと育っていらっしゃる。
あっi-240

アベッカム

除草剤を使用しないわがみかん園では、メヒシバが花盛りです。こちらでは、「ハタカリ」といいます。ツユクサのことは、「カマクサ」というのを、昨日知りました。

 下の記事の、洋館の壁の模様が、なかなかいいですね。
 和風建築も好きですが、ああいう楽しげな建物も、好みです。
  • URL
  • 2006/07/10 21:20

白あずき

どおしたのかなー?
私なんて、kuboさんのギボウシにも、すろうさんのギボウシにも負けずにアップしたのに、今見にいったら、更新してませんでしたよね。
こんなことにめげるsurugakiさんではないから、きっと飲んだくれて寝ちゃったんだね。
では、また明日v-222

白あずき

そおいえば、ギボウシと何かを間違って病院に運ばれた・・・とかあったような気がするので、ちゃんと売られている物を買ってくださいね。
半化粧・・・私も、そっちを思い出すので、「半夏生」の方を使っています。

白あずき

そおいえば、ウルイと水芭蕉を間違えて病院に運ばれた人が・・・・だったかも。
気をつけてください。

>それにしても白あずきさんのお庭って広いですね
そう、錯覚してしまうほど、なんでもごちゃごちゃ植えてますよね。ほんとはスゴイ密集。
季節棲み分け型。
または、自然淘汰型なのです。
来年は誰が生き残ってるかな?

白あずき

ねぇ、メヒシバなんてどこにもあるもんだと思ってたのに、いざ探してみたらなかなかないので、ビックリでした。
個人的には、メヒシバの方が好きです。

↓の壁、底抜けに明るくって、大好きです♪

miti

半夏生にキキョウ み~~んな枯れちゃったデス
ウルイってギボウシだったの はじめて知りました
たしか母がウルイっていってたような気がします
ハタケニラは普通のと違うのですか?たべられるのかな??

ブリズ

キキョウ・・このはなは僕は好きですよ。
雰囲気といい、色といい、かなり完成されている感じがして・・・
オヒシバ・・渋いところを持ってきましたね。
そこらで見られる定番なのにまったくめだたない。
野草ファンでもなかなか目をつけないですよね。
それを持ってくるところがステキ!

ハタケニラはそんなに種をつけんのね。
すごいね。そればっかりになったら困るっしょ。
ハタケニラ自体は食えるのかな?

白あずき

>半夏生にキキョウ み~~んな枯れちゃったデス
ええ~っ、早くないですか?
mitiさんて、新潟?違ったかな???
ハタケニラは食べられるのかなー。
見た目は、「ニンニクの芽」というかんじ。
ニラより、芳しい香りがします。

白あずき

私も桔梗好きなんです。
・・・なのに、虫に食いまくられちって・・・・。
オヒシバは、実は虫みたいで苦手なんで、メヒシバとペアで出そうと思ったんだけど、メヒシバがいなくてですね・・・。
メヒシバは好きです。
沢山摘んできて、ガラスの器にうわっーっと生けると、なかなか涼しげでいいですよ。
でも、いないんだなぁ・・・。

さくらママン

白あずきさんのお庭のお花たちって、なんとも涼しげ♪紫で。
桔梗やギボウシ、昔実家にありましたっけ。
建て替えてなくなっちゃったけど、きれいだったなぁ。
来年、タヌキのそばに植えようかしら(笑)

kubo

白あずきさんとこのギボウシの蕾はしっかり「擬宝珠」の姿ですね。
我が家のは あれ?って感じでした。

ひめ@キッチンひめ

ひまわりみたいな太陽さんさんのお花もいいけれど、日陰の草花も清涼感があっていいですね~
キキョウって、晩夏から秋だと思っていたのですが、もう咲いているのね。

白あずき

そうですね、なんとなく、白・紫系を植えてしまいます。
あれ?そういえば、白い桔梗もあったはずなんだけど、今年は咲かなかったかな?
タヌキにギボウシは、よく似合うと思いますよ。
うちのタヌキは、よく移動させられます(笑)

白あずき

たしかに、たくましいツボミでした。
逆に、咲いたら、あれ~、こんなもん?というかんじ。
他の花もだけど、ツボミとか、開きかけ、くらいの時が一番きれいですね。

surugaki

蒸し暑い日が続きますが、お体自愛くださいますよう
お祈り申し上げます。
取立て屋さんのように、更新の催促で伺ったわけでは
ございませんので、ご安心ください。

白あずき

>キキョウって、晩夏から秋だと思っていたのですが、もう咲いているのね。
そうなんですよねー。
秋の七草のくせに!
おかげで、桔梗の帯を持っているのですが、いつ付ければいいのやら???
未だに締めたことがありません・・・ムズカシイ花です。

白あずき

自分が、ネムノキアップしたからって、
様子を見にきやーがったな。
せっかく、これから「水戸黄門」みようと思ってたのに・・・ちっ。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作