思い草 (ナンバンギセル)

  • 2006/08/24 14:36
  • Category: 植物
「思い草」なんて、いい名前だと思いませんか?

実は、「ナンバンギセル(南蛮煙管)」の別名です。
これは自宅の

上は自宅の。下のは近所の植木鉢のもの

花が下を向いている感じが、物思いにふけっているように見えるからだそうで、
万葉集の中でも「思い草」と詠われています。
ご近所の


道のへの尾花が下の思い草 
      今更さらに何をか思はむ
  (万葉集 巻十)

ここに、“尾花が下”とありますが、
実は、ナンバンギセルは葉緑体を持たないため自活できず、
ススキやミョウガなどの根元に寄生しないと生きていけない寄生植物なのです。
ススキが大きいのに対して、ナンバンギセルは小さいので、つい見逃しがちです。
これからの時期、庭園散歩の時は、ススキの根元にも注目してくださいね。
もしかして、物思いにふけっている姿があるかも知れませんよ。

※新宿御苑の日本庭園の池の周りのススキの根元にもありますよ。

我が家は鷹の羽ススキと糸ススキに寄生させてます20060824143845.jpg


ツボミの状態
ツボミの状態

おまけ

我が家に住み着いてるヒッキー(ヒキガエル)。
まだ、中くらいの大きさ。
他にチビヒッキーが2匹確認されております。
ネズミさんとは、うまく共生してるんでしょうか???

真ん中辺り。わかりますか?
20060824144201.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/122-ebfe9a9a

Comment

surugaki

思い草 (ナンバンギセル)・・・ナンパサレル・・・あの病院のオッサンを
思い出してしまいました。忘れそうになったら、病院のオッサンで、
思い出すようにインプットしました。「思い草」より、「想い草」の方が
イイと思います。

m.m

血液型で言うとAB型っぽいi-179
(うちへのすろうさんのコメントを活用させて頂きました)

この状態で完成なんですね。(花が開いた状態)
不思議だ、とても不思議な掴み所の無い種類ですね。
まして寄生して生きるとは、変わってるi-237
AB型の方恨みはありません。ごめんなさい。mi-230

白あずき

余計なインプットしないこと!
surugakiさんちのススキには、ナンバンギセルさん、いますか?
あんまりナンバンギセルの方が元気になると、寄生されているススキが弱くなってしまうらしいですけどね。
うちの鷹の羽ススキは、なかなか伸びなくて心配していたのですが、お月見に合わせて、いい感じに伸びてきましたよー。

白あずき

完成形は・・・O型です。・・・なんちって。
一番完成に近いのは、1枚目の一番右かなー。もうちょっとピンクの部分が伸びて、萼に対して直角に近くなり、まさに「煙管」の形になります。
茎ももう少し伸びるのでは?
で、もうちょっと伸びた花を正面から見ると、口がO型・・・あ、ポケモンにいますよ、「ウツボグサ」・・・こんなの参考にしちゃいけないか、でも、口元は似てるかも。

kubo

寄生植物といえば
ヤセウツボを思い出しました
春 アカツメクサに寄生していたなあ

すろう

ヒッキーはAB型だってさ^^まれにO型も。
植物はO型が多く、
O型の植物は赤く紅葉する。
AB型の植物は黄色く紅葉する。
南蛮はきっとABにもう一票!

これからお散歩の時は尾花の下の思い草にも
思いはせて見てみようかな~
  • URL
  • 2006/08/25 08:34
  • Edit

ブリズ

そもそもナンバンギセルが
そうしてあるってことに
おどろき!
新宿御苑にもあるってぇ・・
そりゃー行くさ。
日本庭園のまわりって
いけばわかるかなぁ??

白あずき

えーっ!
そもそもヤセウツボなんてものが
この世にあるってことに
おどろき!
(↑若干ブリズさんの表現をパクらせていただきました)

検索して写真いっぱい観ましたが、まったく記憶にありません・・・・
修行しなおしてまいりますぅ<(_ _)>

白あずき

>O型の植物は赤く紅葉する。
ポッ!i-237 (パクリ?)

C型は?
・枯れて朽ち果てる
・ヒッキーに食われる
・三角野郎に食われる
・虫を食っちゃう食虫植物

白あずき

うーん、新宿御苑のHPは見づらい。
けど、日本庭園の池に橋がかかっている園路沿いのススキの根元らは大抵生えていたと思います。
カメやコイに気を取られちゃだめですよ。
あ、あそこはサギがいますよ。
ツルボも咲き始めたらしいので、お見逃しなく!

アベッカム

電車賃をごまかすことを、「きせる」なんていいましたよね。

 自動改札全盛の昨今では、キセルは死語なのかな?

 言葉の由来は、いまだにわかりませんが、たぶんこの寄生植物あたりから来たのではないかなと、思っています。
  • URL
  • 2006/08/30 12:00

白あずき

えー、まず「無賃乗車」の「キセル」の言葉の由来は、
(以下、Wikipediaよりそのまま引用)
煙管では吸い口とタバコを乗せる部分である雁首(がんくび)にのみ金属を使用することから、「入るときと出るときは金を使うが、中間には金を使わない」という意味ともいわれる。

キセル乗車は鉄道の不正乗車として最もよく用いられる手法であるため、通俗的には「鉄道の不正乗車行為全般」を示す言葉として「キセル」という言葉が用いられることもあるが、本来は誤用である。


とのことでーす。
ちなみに、ナンバンギセルの花の部分が
煙管の雁首に似てるんですよね。
私は歌舞伎好きなんですが、お芝居中、役者さんが煙管を吸う場面にいつも見入ってしまいます。かっこいい、というか、イナセっていうんでしょうか?

アベッカム

やっぱり昔の人のシャレは、奥が深いですね。

 私は、キセルそのものよりも、角火鉢(箱火鉢?)にあこがれます。

 
  • URL
  • 2006/08/30 22:56

白あずき

でもって、帯からぶらさけ゜る煙管入れセット?なんかもかっこいいなー、と思っているのですが、私は酒はかなりいけますが、煙草は全く吸えませんでしたー。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作