スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の名残りの花たち・・・

  • 2006/09/06 02:09
  • Category: 植物
前回は「秋の気配」とか、先走ってしまいましたが、
昨日お散歩してたら、
まだまだ夏の極彩色のお花も頑張ってますよ。

オイランソウ(花魁草)
ハナシノブ科 フロックス属
別名:クサキョウチクトウとか。
たしかに雰囲気似てるかも・・・
20060906023023.jpg

20060906023047.jpg
近所の裏道を走っていたら、空き地にこのオイラン草のドピンクと、
下↓のキクイモのド黄色が目に飛び込んできて、
いや~、まだまだ夏だぜい。


キクイモ(菊芋)
キク科 ヒマワリ属

実はこの手の花はいくつかあるので、ちょっと悩みましたが、
(例の帰化植物のオオハンゴンソウとか・・・)
まちがってたら、ご指摘下さい。
ヒマワリ属咲く限り、夏は終わらない・・・。
20060906023233.jpg

20060906023256.jpg


マツヨイグサ(荒地待宵草?)
アカバナ科 マツヨイグサ科
20060906023422.jpg

花が終わった跡が汚いのが難点20060906023445.jpg

これも類似品が色々あるので自信ないっす。
子供の頃は「月見草」と呼んで、富士山とよく似合うなぁ・・・
なんて思ってました。(大ボラ)
「富士山には月見草がよく似合う」と言ったのは太宰治で、
御坂峠のナントカ茶屋だったそうです。
一度そこから、富士山と月見草のセットを見たいものです。
(あ、surugakiさん、無理矢理一富士二鷹の記事のTBを思いついたでしょー)
月見草と呼んでいた頃は、ツボミの萼を剥いて、
「バナナ~」とか言って遊んでいました。
夢二を知ってから宵待草と呼ぶようになったのかな?

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
ナス科 ナス属
20060906023651.jpg

20060906023712.jpg

秋になると赤いカワイイ実が成ります。
秋の花展に使えそう。(チェックしとこう)
名前からすると、ヒヨドリの大好物みたいですが、
実は毒があって食べないそうです。
この花に赤い実がつく頃は完全に秋ですねー。

というわけで、
夏の花、大放出でした。
(木の花は立派なカメラをお持ちの方々にバトンします)


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/127-dbd01c53

Comment

すろう

どうして夏の花ってど派手なんでしょうね~?
花魁草→花魁ね。どすピンクね。うんうん。
キクイモ→イモ?食えるのかな。
待宵草→待宵も月見も良い感じのネーム。
爺TBへの釘さしは爆笑です。
鵯上戸→お前さんもナス科食えない系か!

白あずきさん、お花にお茶に着物にと、
大和撫子、三種の神技デスね~。

surugaki

>無理矢理一富士二鷹の記事・・・は、思いつきませんでした。
拝読した時に思い浮かんだのは、「屁糞蔓」です~ぅ。
「富士山には月見草がよく似合う」の前に、確か、井伏鱒二さんが
「放屁なされた。」と書かれていたのを思い出し、「屁糞蔓」と
名付けられた時代、世間では「屁をこく」と言っていたのを、無理やり
丁寧な言い回しにしざる得ない状態に置かれ、照れ隠しに、
月見草を持ち出したのではないかとさえ思えてきたのです。
きっと、一富士ニ鷹など、思いもよらぬほど、焦っていたと思います。
太宰治は、ナイーブですからね。

ブリズ

僕は月見草 好きだなぁ。
ずっとみていたくなるなぁ。

白あずき

早朝からご丁寧にひとつずつコメントありがとうございまする。
相変わらず視点が、食えるか、食えないかってとこが素晴らしい。
(書いてる自分も同じか・・・)

大和撫子もこのトシになると、クチだけざんす~。花の写真をとるのが、せいぜいっすi-241

白あずき

この記事から「一富士二鷹」を想像するより、「ヘクソカズラ」を想像する方が、遙かにスゴイ想像力ですね。
おかげさまで、月見草を見たら『屁』を思い出すようインプットされてしまった気がします・・・i-282あぁ・・・

白あずき

>ずっとみていたくなるなぁ。
現実には、何度も写真を撮り直してるうちに、
足が蚊にさされまくってしまいました。
ずっと見ていたら大変なことになってしまいます。
でも、こういうことをさらっと言えるとこが、
タラシ酋長ならではなんだなー、
グラッと来てしまいますねぇ。
(立ちっぱなしで貧血かしら・・・)

kubo

富士を背にして見る月見草
月見草を背にして見る富士
月見草の向こうに富士
いっそのこと富士も月見草も背にして
茶屋で団子でも食べようか

俗でも、自慢でもなんでもなかったなあ
ただそこにあった大きな山だった。

by 峠の麓町 吉田生まれ吉田育ちのkubo
 

m.m

マツヨイグサと言うのですね。
夏ごろからちらほら見かけるので、何か、と気になっていました。
ただ、道路脇には帰化植物が多いとインプットされてからは(会社の人に)
いつでも、見れるのね、と甘んじていました。

ところで、昨日はめちゃめちゃサーバー重かったですね。
白さんやすろうさんのページ。
アクセスできない人気者っ、このこのっi-179

白あずき

kuboさんは吉田出身ですか?
毎日どっかからゼッタイ富士山v-263が見えていたんですね?!
当たり前のように・・・
私なんて、新幹線から初めて富士山を見たとき、「写真と同じ~」って感動でした。
うちの地元でも、どこにいても遠くに青い山が必ず見えてましたから、東京に来てからしばらくは、なんだか違和感でしたねー。

白あずき

>昨日はめちゃめちゃサーバー重かったですね。
え~、こちらは全然でしたよ。
視察からお帰りのはずなのに、♪待ーてど暮らせ~ど♪戻った気配がないので、
遊びすぎで仕事が溜まっているものとばかり・・・。
クイズ:「富士山ってうまそう」・・・というセリフは、何のドラマで誰が言ったんでしょう???

m.m

あ~容量がオーバーしていたのは私かぁ i-238
戻った気配を消して、仕事に励む・・・
励むというより追われる??? i-182

>富士山ってうまそう
ドラマじゃなくて、すろうさんかな
それともブリズさん が言いそう ←あてZUPPO i-179

白あずき

みんなドラマティックで突拍子ないこと言うからねぇ・・・
「ビューティフル・ライフ」で拓哉が富士山見ながら行ったセリフでーす。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。