柑橘 三題

  • 2006/09/20 20:17
  • Category: 植物

その一 かぼす
20060920204843.jpg
しまった、いつものスケールを置くの忘れた

毎年、大分の知り合いからカボスをいただきます。
これをいただくと、「さんまの季節だな~」と思うのですが、
カボスと一番相性がいいのはサバだと聞きました。
てことは、さんまにはスダチなのかなぁ?
(ちなみに、カボスは、スダチより一周りくらい大きいです)
実は一緒に食べたことがないから、違いがよくわからないのですが・・・

でも、こんなに沢山・・・私には、焼き魚の付け合わせしか考えられないので、
大抵は友人にお裾分けになりますが、
なにか簡単で美味しい食べ方があったら教えて下さい。
20060920204945.jpg






その二 金柑

我が家には3年目になる鉢植えの金柑の木があります。

1年目は毎日食べに来るヒヨドリがいて、供給が需要に間に合わず、
実が食べ尽くされてからは、私がスーパーで金柑を買ってきて、
夜中にそっと枝に刺して補充したものです。

しかし、去年はあまり実を付けず、ヒヨも見向きもしなかった・・・。

今年こそリベンジ!と、肥料もあげて、へんてこな虫もやっつけて・・・
そしたら、こんなに花が咲きました!
20060920205154.jpg
ツボミも花もすごく沢山つきました
20060920205100.jpg


花は、木全体に咲いて、すぐにちいさな実になったんですけど、大きくなり始めたのは数個だけ・・・自然淘汰なのか、他のは早々に食われちゃったのか・・・
残った子、がんばれー
20060920205244.jpg
↑残った数個のうちのひとつ





その三 伊予柑

リンクさせていただいているアベッカムさんの
愛媛のみかん農園・青い楽園
伊予柑などの木のオーナー制度に取り組んでらっしゃいます。
伊予柑大好きな私は、早速1本オーナーにさせていただきました。
自分の木には、自分で好きな名前もつけられるんですよ。
ちなみに、私の木の名前は、
『伊予勘(柑)三郎』! 
どお?男前な名前でしょ?
(十八代目 中村勘三郎のファンなんです~)
最近は台風情報も東京より、四国の方が心配だったりして・・・・
でも、今回、ちゃんと無事だったよーというご報告もいただきました♪
アベッカムさんのブログに、ちゃんとご報告を載せていただいてます。
写真も見て下さいね~。
いい男(枝)っぷりですよhttp://blog.goo.ne.jp/meguminoame/e/503db52c0fa06b64b971d9de629ff4d5

オマケ

今年の初夏に食べた伊予柑の種を蒔いてみました。
発芽はしたんですが、おっきくなりませ~ん。
もう少し大きくなったら、名前は「勘太郎」にしよう。
20060920205325.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

スダチスカッシュ from @すろうな暮らし@

(スダチの砂糖漬けです)スダチもらっちゃった~♪白あずきさんの記事を見た日から毎日脳内がスダチ一色になり(でもあれはカボスだったっけ)周囲にスダチオーラが出たのでしょうか。チビの友達婆からいただ
  • 2006/09/30 09:24

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/133-978f645c

Comment

すろう

v-379かぼす・すだち
新メニュー開発実験のために在庫をお寄越し
下さいませ。
朝飯前なのにアブラノリノリの青魚食べたい~

v-519キンカン
ヒヨのためになんてけなげなんでしょう。
今年は花もたくさんついたようなので
余剰在庫は(以下略

v-379勘三郎に勘太郎!
まさに親気分になって楽しいオーナー制度ですね。
うちの清見オレンジ全滅しちゃたよ(泣
冬越し気を付けてやってね>勘太郎

m.m

アパートには観葉植物ですが、
ガジュマルとコンシンネを店から連れて帰りました(支払い済i-179)
水をあげたらイキイキしたり、直射日光にあてたらコタッとしたり(i-229)
見ていると楽しいですねぇ。
も少ししたら、食い物に挑戦したい。
行き着くところはソコですよねi-179

勘三郎さんもすくすく育ちますように。
そして届きますように。

金柑トリック、笑いましたi-179i-179

白あずき

まだ開発段階なんだ・・・
では、材料はそちらで調達して、レシピが固まったら教えて下さいネ!

冬は東京でも雪の多かった去年でも
ほったらかしで今年も生きてるから、
大丈夫でしょう?

しょうがない。
サンマとサバを日替わりで食べるか・・・

白あずき

たしか、サボテンも枯らすあなたに何か育てられるのかしら・・・心配。
あ、人違いだったかな?

でも、ゼッタイ植物は育ててね。
ちゃんと、語りかけるのですよ。
(グチとかヤツアタリはNG)
手をかけた分、生長してくれると嬉しいですよね。

先日、瀕死のドラセナに新芽が出てた時には感動でした。
あの時は放置してただけですけど。
いや、あの、それだけに、感動が大きかった、と・・・・

surugakobo.Y

青々さがたまらないですね~
見ているだけで唾液の分泌が活発になります
時々伺うお料理屋さんでは最後の口直しに
“カボスかスダチ”のシャーベットを出してくれます。
まったりデザートもイイですが、サッパリデザートも捨てがたいですよ


白あずき

む! シャーベットか!
なるほど~、そ、それならO型の私にも
出来るような気がしてきました!
作り置きも出来るしね!v-218
>お料理屋さんでは最後の口直しに
というとこに、特に惹かれました。
私の場合、居酒屋ですが・・・

surugaki

日本の四季と情緒が感じられる文章で、感服しています。
自然と共に暮らしてきた日本人の感性を大切にしたいものです。

アベッカム

当農園の記事を紹介してくださり、ありがとうございます。

 勘三郎くんも、12月に入ったら、色づき始めることと思います。

 金柑は、出来れば、少しずつ大きな鉢に植えかえてあげると、どんどん大きくなると思います。葉っぱを食べられないように管理すれば、実も安定して結実するかと思います。小さいうちは、葉っぱの数が少ないですから、どうしても、栄養不足になると思います。植物の栄養は、とにかく、太陽の光。これを大事にするのが良いかと思います。
 後は、水と、空気の流れ。

 我が農園の農法の特徴は、「光と水と風」
を大事にしています。
  • URL
  • 2006/09/22 18:41

白あずき

いつになく、遠慮がちで力のないコメント・・・
きっと長野で美味しいモノとか、美味しい液体とか、美味しくない仕事でお疲れなんでしょうね。
ビタミンCかしじみ汁で、元気になって下さい。

白あずき

こちらこそ、楽しい企画に交えてくれてありがとー♪
勘ちゃんは12月に色づくんですね。
丁度その頃、勘三郎は2年に渉る襲名披露に幕を閉じます。
どちらも、お疲れ様!

金柑の植え替え時期は、今の実が終わってからの方がいいですか?
それとも寒くなる前の今の方がいいですか?

アベッカム

実を収穫したあとが、いいと思います。

5月ごろでしょうか。

寒さには弱いので、冬は出来る限り温かいところで管理したほうがいいですね。
  • URL
  • 2006/09/24 12:40

白あずき

うちの場合は・・・金柑を収穫するのは、
ヒヨi-274です。

>寒さには弱いので、冬は出来る限り温かいところで管理したほうがいいですね

i-282去年、おととしは、雪にもあててしまいました。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作