スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜旅行記 その4

<相生座編>

長々と引っぱってきました、岐阜~名古屋の旅行記、
岐阜編は、今回が最後です。
(すいません。まだ名古屋編があります・・・)

今回の旅行の目的のメインは、中村勘三郎丈の襲名披露巡業が、
岐阜県瑞浪市の『相生座』という古い芝居小屋で行われるので、
それを観に行くというものでした。

歌舞伎ネタなので、歌舞伎の内容については別ブログ『着物で歌舞伎!』に書きますが、
surugaki宮崎さんから、“小屋の外観が観たい”とのリクエストをいただきましたので、
めずらしい古い芝居小屋の写真、こちらのブログでもみていただこうと思いました。
たくさんの幟
ゴルフ場がたくさんある山の中にある大手門みたいな門をくぐると、役者さんの名前を書いた幟がたくさん。

その幟をみながら坂を下りていく途中から小屋が見えてきます。
(右側の建物が相生座。たぶん左は資料館で、そのため小屋の全貌が見えないのです・・・)

20061017234958.jpg


そして、小屋正面20061017233201.jpg


勘三郎さんは、江戸時代からの歌舞伎小屋で、
江戸時代の歌舞伎に近い体験を・・・というのにこだわり、
今回の巡業では、全国8カ所の古い芝居小屋で興業しています。
『相生座』は、その中でも一番小さい小屋だそうで、
口上の時、勘三郎さんは、客席後部に目をやり、

「昔の芝居小屋で演るのは今日の相生座が最後ですが、
ここが一番、近こうございます」と表現されました。

(“狭い”と言わないのが、勘三郎さんのいいところ!)

★小屋内部を2枚
20061017233615.jpg

20061017233633.jpg


私は、観光で、金比羅の金丸座、秋田の康楽館、内子の内子座は見学したことがありますが、たしかに、ここは一番狭い!
資料がなくて、収容人数とかは分かりませんが、30列もなかったかもしれませんね。
しかもラッキーなことに、私は二列目ド真ん中!
こんな遠くに来てしまって・・・ともおもいましたが、来てヨカッタ!
他の芝居小屋と違うのは、狭さもですが、
すごーい山の中(実はゴルフ場の敷地内)にあり、
自然がいっぱいの中で芝居を観るという体験もなかなかないよなぁ~、と、
これもまた良い体験でした。

ちなみに、この小屋は元々下呂町にあったのですが、
取り壊しの話しが出たときに、
日吉ハイランド倶楽部というゴルフ場の方が買い取って、
ゴルフ場の敷地内に移設してくれたとのことです。
だから周りはゴルフ場。
では、口上や舞台の様子は、後日別ブログで・・・。(いつになるやら)

あとは、周辺で撮った写真↓ よかったらどうぞ



★真っ赤なきのこ♪食べられるかな?20061017233941.jpg


★白いミゾソバでよろしいでしょうか?
諸先生方、同定お願いします。トゲトゲの有無は見ませんでした

20061017234111.jpg


★タカトウダイか、オオニシキソウ・・・これも諸先生方、同定お願いします。
20061017234339.jpg


★最後に特別!勘三郎さんの幟です!
20061017234537.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

2006・夏 近くの山の雑草?・・・ミゾソバ(溝蕎麦)→ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) でした from 駿河木の家日記

山には、水溜りや湿地があります。そんな所に金平糖のような形をした可愛らしい薄桃色の花が咲いていました。これは、蕾ですね。金平糖に見える部分全体の径は10ミリくらいで、蕾一つは3mm程度と、可愛らしい花です。葉は牛の顔を逆さまにしたような形で、昔は田んぼの
  • 2006/10/19 12:08

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/152-a8c53d84

Comment

m.m

POKKA提供なんですか?
肝心なところがまーったく分からないので、
そういうところに目が行きますた。

まったく関係ありませんが、うちの住所はカブキです。
仰るとおり、カタカナ表記です。
昔、近くに歌舞伎が来たので、カブキだとか言ってるます。
歌舞伎という漢字が難しかったから、らしいです。
前にも書いたような・・・はて?
そろそろネタが尽きてしまいましたi-179

すろう

去年の仮面ライダーは「響鬼(ひびき)」といって和風の鬼ライダーでした。
映画を見に行きましたが、そこでは映画オリジナルキャラの
「かぶ鬼」が出ていたなぁと思い出しました。
チビの中の歌舞伎のイメージがあれになってしまった事が悔やまれます。

狭いではなく近い、E表現ですね~。

白あずき

私も写真を整理しながら、
なぜPOKKA?
と思っておりました。
主催者ではありません。

住所でカブキというと、どっちかてーと
華の歌舞伎町をイメージしてしまいます。

白あずき

ザ・グレート歌舞伎とかいませんでしたっけ?
まずい!
このままでは、将来の子供達の歌舞伎観が!
歌舞伎弁当、作ってみませんか?
思いっきり、隈取りの。

teru

すごく小さな小屋なんですね。
ホント、江戸時代にタイムスリップしたみたいな気分になりますよね。
つむぎさんの席から舞台がどう見えたか?
写真がほしかったですね。
その写真を見てか「勘三郎さんが目の前で口上してくれたんだぁ」と想像しちゃったりできたのになぁ。
レポ楽しみにしています。
来年の映画に相生座が映るので懐かしく思い出すでしょうね?
いつか金丸座(こんぴら歌舞伎)行くつもりでいるので芝居小屋レビューは金丸座かな?
  • URL
  • 2006/10/18 22:02
  • Edit

surugaki

以前、テレビで中村座が地方巡演されると、報道されていましたが、
報道では、感じられなかった、江戸文化が感じられよいですね。
これを見ますと、追っかけをされる気持ちが分りますね。
近所の山では、ミゾソバが満開ですが、白は見かけません。
桃色の咲き始めの頃をTBさせていただきましたので、ご確認ください。
花形と葉形からは、ミゾソバだと思いますね。

白あずき

ご存じの通り、公演中の撮影は禁止されてますからね。残念ながら・・・
ただ、近すぎて、舞台全体が見えず、上手と下手を両方みることは出来ず、ほとんど勘三郎さんだけを目で追っていた状態です。

>来年の映画に相生座が映るので・・・
映画情報はいったんですか?
是非『着物で歌舞伎!』の方で教えて下さいね。楽しみにしてますっ!
そういえば、先代もここでTV撮影してるらしいです。

白あずき

>報道では、感じられなかった、江戸文化が感じられよいですね
浅草に仮設の芝居小屋を造ったときなんかは、周りにも江戸時代ぽいお店を出したり、係の人もみんな江戸の装束で、雰囲気盛り上げてるんですよ。
ここも屋台がでたり、にぎやかでした。
そうそう、ふるまい酒が出ることもあります。

白いミゾソバ、1個だけヒットしたので、あるんだなーと思って。
TBありがとうございます。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。