fc2ブログ

高崎哲学堂 (旧井上房一郎邸)

先週末、私のお花のお師匠さんが高崎で開いてるお教室の花展があり、
高崎哲学堂(旧井上房一郎邸)に行ってきました。
DSC_0312.jpg


この建物は、実は近頃話題?のフランク・ロイド・ライトの弟子であるA・レーモンドの設計といっても過言はではない建物なのです。
DSC_0313.jpg

DSC_0325.jpg


以前、kuboさん、m.mさんも記事にしてらっしゃるのを見ていたので、
いつか行きたいと思っていたのに、
まさかお師匠の花展で行けるとは?!

以下、ワタクシの建築の師、写真の師、人生の師、バーチャル妹であるm.mさんの解説
(無断で)お借りしながら説明しますと、

ブルーノ・タウトを支援し、群馬交響楽団や群馬音楽センター・県立近代美術館など「文化の街高崎」の芸術・文化に尽力した井上房一郎が41年間居住した住宅。
2000年に高崎市都市景観重要建築物に指定されています。
1952年に井上は自宅の焼失に遭い、親交のあったA・レーモンドの「麻布笄町の自邸」に惚れ込み、平面図を借り受け、大工に実寸を採らせ、本来は細部の図面のなかったこの住宅を、まったくそっくりに再現した。現在「麻布自邸」は取り壊され、瓜二つのこの住宅にて「レーモンド・スタイル」を実感できる。

ただし、相違点が五つ
事務所付き二棟であったのを一棟にし、東西を反転させ、プールの庭が竹と石燈籠の庭になったこと。そして夫人の為の部屋を寝室と厨房の間にし、靴ばきから靴を脱いで生活するスタイルに変えたこと。
 
ということです。(緑字部分はm.mさんの分です。ありがとう!)
DSC_0332.jpg

DSC_0407.jpg
  

ですから、レーモンドのマネっこではあるが、オリジナルがない今、
その面影を思い出すよすがとなる貴重な建物とのこと。

現在はボランティアで維持管理していますが、
今回の花展の前の週は別流儀の花展をやっていたり、
勉強会に使ったりと、高崎の文化振興に大部貢献しているようです。
DSC_0328.jpg
お庭にもこんな秋らしい花が沢山生けられました
                  
花展は土日とあり、私は初日の午後伺い、
ゆっくりと建物とお花と写真を撮って、
遊んで帰るつもりだったのですが、
師匠に、「あなたも1品生けていきなさい!」と突然言われ、
もう大部暗くなった中、残った花材で、一点仕上げました。
その後、風呂場で残った花の片付けをしたり、
かなりドップリと哲学堂を楽しんでまいりましたよ。
(色んな意味で・・・ほんと汚い・・・)

(きれいな部分は、)
作りつけの家具が多いのが、便利そう。
丸太を組んだり、山荘風なのがレーモンドぽい?
DSC_0341.jpg

DSC_0342.jpg


実は邸内にお茶室もあるけど、維持改良費がなくて、ほったらかしとのこと。
もったいなや~。
確かに台所から北側は汚かったけど、現状ではあんな使い方なんでしょうね・・・。

DSC_0388.jpg

DSC_0346.jpg


こんな図面が、裏の部屋に無造作に置いてある・・・DSC_0412.jpg


kuboさん、m.mさん、TBお待ちしています<(_ _)>

以下、お花をちょっとだけご紹介↓
DSC_0384.jpg

仏間↓にいけた師匠の作品↑
庭にある仏間DSC_0385.jpg



師匠の花の一部DSC_0377.jpg

DSC_0373.jpg


私が生けたのではないけど、
花器(コーヒーカップ)が私の提供です
DSC_0367.jpg

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

旧井上房一郎邸 from たるけんの隠れ家

続いては、さらに高崎市駅側にある’旧井上房一郎邸'です。別名:高崎哲学堂 別名が旧井上房一郎邸かもしれない。以下、色々な資料から抜粋です―ブルーノ・タウトを支援し、群馬交響楽団や群馬音楽センター・県立近代美
  • 2006/10/25 08:31

建築物が気になったぞ from 建築物が気になったぞ

桂離宮と日光東照宮を対比させ、前者に日本の伝統美を見出し、『ニッポン』『日本美の再発見』などを著した。数寄屋造りの中にモダニズム建築に通じる近代性があることを評価し、日本人建築家にも大きな影響を与えた。日向別邸は熱海市に寄贈され、2005年から公開されている
  • 2007/03/23 00:02

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/157-ae5bc96b

Comment

surugaki

文化の香りが漂ってきました。でも、酔いが回ってきましたので、
この続きは、また明日。FC2ブログは「編集」が付いているのが
良いと、しみじみ思いました。
その翌日・・・正にレーモンドですね。このような建物が、
今でも展示会などに使われているところに価値を感じます。
ブルーノ・タウトは、日本人が気づかなかった桂離宮の
美しさを教えて頂きました。どちらも、日本の文化に大きな
影響を与えましたね。桂離宮は、2度伺いましたが、こちらには
伺った事がありませんので、是非、伺いたいと思います。

白あずき

おはようございます。
眠くてへべれけなのにコメント残してくれてありがとうございます。
でも、今日は編集じゃなくて、新たにコメント入れてくださいね。
酔っぱらいの痕跡を消してはいけませんよ。

m.m

>ワタクシの建築の師、写真の師、人生の師、バーチャル妹であるm.mさん
もう、この文言でご満悦~ぅi-237
言い過ぎですよぉi-237 ←カンチガイ
気分良くなっちゃって、本文はもうこの際・・・(嘘)

お花の催しをするのにいい立地ですよね。
駅から近いし、急に静かな佇まいが現れて。

そうなのー台所周りがね~散らかっているのには、残念。
管理人のオバちゃん、頼むよ~。

でも、裏(の)方まで存分に楽しめたようで、
貴重な経験ですね。
雨のカーテンを見に、もう一度行かねばi-179

setukosan

おはようございます。
建築の事 難しいことは分かりませんが 
高い天井にある光とりの窓や丸太の組み方など面白いな~てそれにランプの様な電気のシェードすきですね。
お花も野の花が沢山使われていて
しっくり落ち着いた雰囲気の空間を作っていますね。
花器の扱いも勉強になりました^^。

白あずき

私の手抜きのために、
かなり長文引用してしまい、すいません。
ご承諾&TBありがとうございましたー。

管理人のおばちゃんは、2日間好きに使っていいわよ~といって、全くいらっしゃらなかったので、定番の「雨のカーテン」のお話は聞きませんでした。
「雨のカーテン」は見たいけど、そんな時は
人が少ない方がいいですね。

白あずき

ランプシェードや明かり取りからの採光、
椅子や作りつけの家具、大きな窓から見える緑・・・きっと、くつろげる家だったんだろうなー、と思います。
そういえば、お風呂もリビングに並んであって。ガラスの引き戸だから、お風呂に入りながらお庭が見えます・・・。
野の花が、よく似合うおうちでした。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/10/25 15:31

ブリズ

白ねぇ・・・

さて、花を生けるのも面白いかもね。
気持ちが落ち着きそうです。
しっとりと野の花を見ながら
のみたいところです。

ルーズメリー

こんばんは~。
丁寧な説明で。。。嬉しい(^_-)-☆
レーモント設計事務所に多くの日本人が集まった訳がわかりますね!
これですか!
あのリビングの空間の取り方は、小金井公園内の「前川邸」を思いおこします。
前川國男もこちらで学んだんです物ね~

一度は行きたいと思いながら 東京へ直行でしたので、今度は是非高崎で途中下車を。。。
白あずきさんのコーヒーカップもステキ!
ところで、白あずきさんの作品は。。。
私 見落としたのかなァ~  きょろきょろ

白あずき

なるほど!
私もスッキリしました。
「煮るなり、焼くなり・・・」とありましたので、
近々発表させていただきまーす。

白あずき

なんか元気ないですよー。
新潟から、おもどりですか?
季節を感じる時間、ありますかー?
更新待ってますからね。
  • URL
  • 2006/10/26 10:12

白あずき

あれ?
ブリズさんへのコメントが消えた。
たった今書いて送信したのに・・・
妖怪のしわざ???
ブリズ兄さんが元気ないからですよ。
元気出して、j毎日、更新待ってるんですよ!

白あずき

丁寧な説明は・・・・妹の担当です。
てゆか、無断借用(あ、事後承諾はとりましたi-201
ほんとに駅から近いので、今度途中下車してみてください。
(ただし、会館日は要確認)

え~と、私の作品は、もう閉展したあと外の玄関前に、居残り坊主のように生けさせられたので、写真も暗くて取れなかったんです。
本人もよくわからないまま、カンで入れていました・・・
今週末は、ちゃんと花展なので、うまく生けられたら、はっぴょーしますね。

kubo

ごぶさたしてます

華やかな花展で
旧井上邸も喜んだでこととおもいます
こういった催し物が頻繁に行われるといいなあ~
旧井上邸の第二、第三の人生に乾杯!

いいな- 表門からのアプロ-チですか
私は裏口からしか入ったことねエ~



白あずき

お忙しそうですね。
そちらにいっても、なかなか更新されてないので、「ほっとできませんでした~」。

井上邸は、ほんとに裏の裏までしかと体感(足の裏とか真っ黒)したし、戸締まりの仕方や、電気のスイッチ場所まで会得してしまいましたi-229

この前の週も花展だったらしく、
結構哲学堂、大活躍でしたよ!
もちろん、花展も素敵な器(建物)のおかげで、お花も生き生きしていました。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作