スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の河原

  • 2006/10/25 23:18
  • Category: 植物
急に寒くなりましたね。
またまたまたまた、風邪をひいてしまいました。
みなさん、お気をつけて。

お友達のうちに行ったついでに、
すぐ近くの多摩川の河原に出てみました。
もっと秋草が・・・というのを想像していたのですが、
堤防のり面と、のり面天端の除草がおわった後らしく、丸坊主。
のり面下にチカラシバやアメセン(アメリカセンダングサ)が広がっているばかり・・・。
それでも、小さな秋は残っているようで・・・

向こうに見える鉄橋は小田急線です
20061025231611.jpg


チカラシバ!ピッタリのネーミングですね
20061025231702.jpg


ヒメムカシヨモギ<キク科 ムカシヨモギ属>
20061025232021.jpg


アメリカセンダングサ<キク科 センダングサ属>
20061025232031.jpg


不思議ですね。
以前はチョウチョは大の苦手だったんですが、
最近はきれいだな~、というか、
モデル視してしまうようになりました。
苦手が減るのって、滅多にないことだから、嬉しいです。
20061025232105.jpg

20061025232049.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

休耕地の観察・2006・・・ヤマトシジミとベニシジミ from 駿河木の家日記

休耕地を観察していますと、ヤマトシジミとベニシジミが舞っていました。春の蝶はそれほど長い時間は飛ばずに花や地面に舞降りてきます。そ~っと近づいてみました。[ヤマトシジミ]羽の表側は、薄い紫色です。広げても両翼で、2cm足らずの小さな羽です。生命力が強く、
  • 2006/10/26 07:27

2006・夏から秋へ(その3)・・・ベニシジミ (紅小灰蝶)とキク科の花 from 駿河木の家日記

ベニシジミ (紅小灰蝶)がヒメジョオン(姫女苑)に飛んできました。この蝶は春から秋にかけてよく見かけますが、夏に生まれてくるシジミは、春の蝶に比べ、羽の表側の黒褐色部分と斑点が大きくなります。こちらが春のベニシジミです。比較しますと秋バージョンになってい
  • 2006/10/26 07:29

やはり野に咲けレンゲソウ from @すろうな暮らし@

カラスウリTrichosanthes cucumeroides双子葉植物離弁花 多年草 つる性 ウリ科本州、四国、九州花 期 8~9月 結実期 秋イヌタデ別名アカマンマPersicaria longiseta 双子葉植物離弁花 1年草 タデ
  • 2006/10/26 12:03

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/158-905e2308

Comment

miti

こんばんわ~~

秋の河原も秋景色なんですねぇ
最近 休日になると野暮用ばかりで外に足をむける時間がなさすぎ~~なんです

とってもステキな画です
一番したのなんかすごくスキ!!
D80でどんどん楽しんでくださいね

surugaki

D80に慣れてきましたね。という事は、私もD80の購入が
早まるかも知れません。特にベニシジミがきれいですね。
こげ茶の模様が大きいですから、秋バージョンですね。
好きになられたのでしたら、私も遠慮しないで、TBさせて
いただきましたよ~ぅ。

ブリズ

チカラシバははえすぎだネェ。。^^

白あずき

D80は、まだまだ使いこなせないのですが、
重くて、しんどいです。
これをもってm.mさんは山野をかけまわっているかと思うと、すべって、転んで当たり前・・・と思います。
でも、ついでに外に出ることはいいことですよね!
あれ?どっちがついでだっけ?

白あずき

まだまだまだまだ手探り状態なんです。
ホント。v-12
爺は一眼レフ持ってるんでしょ?!

さて、チョウ類は慣れてきたけど、蛾はだめですからね!
あと、ニョロ系も!

白あずき

ほんと!
私も初めてみました。
チカラシバ群落。
見てると、元気がもらえそうです。
「おらおら、そこ、しっかりせーよ!」
と、言われているような・・・

すろう

うちの近くにもチカラシバははびこってるけど、
ここまで豪快に侵略していると、もはや清々しいですね。
なんと私もけふ、道草をUPしようとしていた所なので
早速TBしました。
アメリカセンダングサ、これ将来のひっつき虫ですよね?
なにげないてふてふも、こうして見ると
ほんと美しい。モデルへの愛が感じられます(爺口調)

m.m

>これをもってm.mさんは山野をかけまわっているかと思うと、すべって、転んで当たり前・・・と思います。
でしょ~河原ではカメラの命を優先しました。
この間なんて脇田アトリエのお便所で、カウンターから落っことして、
反射カバー(何というのだ正式名称)壊しました・・・・・涙

チカラシバと言うのですねぇ。
大きいネコジャラシのような草。
助かりました~。
先日撮ったんです、また被写体カブったわ。
DNA強しi-179

surugakobo.Y

アメリカセンダングサ<キク科 センダングサ属>
こんな立派な名前があったとは勉強になりましたi-237
クッツキ草くらいの簡単な名前ではなかったのですね・・・
秋色の草花に癒されてしまいます

surugaki

私は、D50やD80を検討した結果、Finepix S9000という
一眼モドキのカメラにしましたが、ピントが合わないので、
いつものバカチョンオンリーです。(涙)それで、今度は失敗
しない為にも、先生方のお使いのカメラを購入しようと密かに考えて
いたのです。そうすれば、ご教授願えるはず・・・と、甘い考えを
持っているのです。

白あずき

すろうさんの道草は、私のとはスケールがちがいますねー。
>アメリカセンダングサ、これ将来のひっつき虫ですよね?
そうでーす。オナモミとかもひっつきますよね。
私は子供の時「ドロボウ」とよんでいました。

白あずき

ほんっと、カメラって重いっすね!
で、レンズも、もひとつ。
サービスで三脚ももらったけど、めんどくさくて・・・というより重くて、まったく使ってません。
でも、念のため小型カメラまで持って歩いてる(盗撮用)もんだから、肩こりがぁ~。

チカラシバ!一度聞いたらゼッタイ忘れない名前ですね。
ふくしまのチカラシバは、もっと力強そうだなー、アップ待ってます。

白あずき

アメリカセンダングサという長ったらしい名前名ばっかりに、植物やさんは大抵この花を、「アメセン」と呼びます。
なぜかそのたび、アメ横を思い出すワタシ・・・

白あずき

>ご教授願えるはず・・・と、甘い考えを・・・
はい。甘いっす。
爺の老後のお世話は、妹に託しておりますので。
っていうより、ワタシもほんと、まだ理解してないの~。
習うより、慣れろっ!

uka♪

河原の近くに住んだことがありません。(海の近く=防砂林の近くならあります。) 自然が豊かですね~。幼少の頃は蝶々(ここではてふてふ?w)も元気に捕まえていたのに、いつのまにかこのドアップに恐怖を覚えるようになってしまいました・・・白あずきさんと同じく蛾はもってのほか!近くにいようものなら本気で悲鳴あげます (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ところでカメラの件ですが、まだ本格的に購入予定があるわけではなく、あくまで願望なのでまた参考程度に教えて頂ければで結構です。 なんだか面倒なことをお聞きしてしまったようで申し訳ありません(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ 気長にお待ちしてます。
  • URL
  • 2006/10/27 23:37

白あずき

いえいえ、義兄はカメラの話しになると、
目が輝き、色々持ってきて説明してくれます。
(私はサッパリわからないのですが・・・)
だから、きっと、喜んで考えてくれると思います。
ただ、いつになるかは、あてにしないで下さいねー。
IXYは、軽くて薄くていいですよねー。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。