スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦屋で一杯!

蕎麦屋で日本酒・・・しかも、まだ日が暮れる前の夕方あたりから・・・
なんて、憧れです。
だけど、今日はビールだけでガマンしましたよ。
まだお昼でしたし。

場所は虎ノ門。
ビジネス・官庁街でビルが立ち並ぶ街、というイメージのこの街の一角に、こんな趣のある蕎麦屋さんがあるなんて・・・
実は知りませんでした。
(一応蕎麦好きで、同じ蕎麦好き友達と”ソ連”(ソバ連の略です。杉浦日向子さんのパクリですが)と称して、食べ歩いてはいるんですが、なにせ行き当たりばったりなんで)
虎ノ門 砂場」という店です。
20060226023338.jpg

20060226023357.jpg
いい看板ですねぇ・・・

「砂場」という店名を掲げる蕎麦屋は都内にもたくさんありますが、もともと発祥は大阪で、この店はその流れを汲む都内で最も古い蕎麦屋だそうです。
創業は明治5年~というから、もう約140年。
この建物は、関東大震災直後に建てられたものらしいです。
ちなみに、五代目(たぶん当代)店主が4代目である父親から店を継ぐことになった時に、店を継ぐ条件として「今の建物を残すこと」を申し出られたとのこと・・・関東大震災もバブルの建て替えラッシュも乗り越えて残ってきたこの建物、威厳すら感じる・・・でも軒に下がった電灯の灯りは、なんだかとても暖かく、
「寒いから、ちょっとお蕎麦と熱燗で暖まっていったら?」と語りかけているよう。
ね、こんな店に入ったら、日本酒呑みたくなるってもんでしょう?!
人として当たり前の欲求だ!(正当化)

蕎麦は白くて細いきれいな蕎麦。
アサリのかき揚げと白魚のかき揚げで”せいろ”をいただきましたが、かき揚げはあっさりとあがっていて、もたれません。
蕎麦の種類も多いのですが、一品(つまり、ツマミ、アテですね)も充実していて、これはやはり呑むしかないでしょう?・・・という感じ。
そんな私の背中を押すように、日本酒も焼酎もメニューの各1頁ずつ占めるほど種類豊富。
ラインナップも私好みです。
次回は夜の部で来たいですねー。ぜひ。

虎ノ門砂場:東京都港区虎ノ門1-10-6
      休日:日・祝

20060226023419.jpg
◆玄関横の前栽にふきのとうが・・・もうすぐ春の予感・・ですね

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/23-53a41dc8

Comment

POPPO

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で紹介されていたので見にきました。また見にきますネ。
  • URL
  • 2006/02/26 03:16

SO-RA

うふふ、虎ノ門ですね♪
建物がカッコイイですね~。
軒先の電灯や、手前の木の枝など、回りにあるものが
また風情を醸し出していて、ものすごくステキ♪
そして、かき揚げが本当に美味しそうで、ゴックン!!
  • URL
  • 2006/02/28 13:40

白あずき

そう、SO-RAさんに教えていただいた神谷町の楽吉左衛門さんの個展に行ったときに、ここでお昼しました。
かき揚げは他にも、”小柱と桜エビ”とか、”イカと長ネギ”とか、色々あって迷いました。
菊池寛実記念智美術館の近くには、同じ砂場系列で『巴町砂場』という蕎麦屋もあり、こちらもお薦めですが、こちらは土曜日はお休み。
それに建物重視の私としては、やはり虎ノ門の方がお薦めですネ!
  • URL
  • 2006/02/28 22:40

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。