クロイスターズ <白あずき IN NY! REPORT②>

これ、なんだかわかりますか?
20070725232243.jpg


あまりにもあまりにも繊細で、
とてもそうとは思えませんが、
ステンドグラスの一部です。

20070725232349.jpg


ここは、クロイスターズ(The Cloisters)
中世フランスのお城です。
20070725232621.jpg


アメリカ東海岸まで行けば、ヨーロッパも近いもの。
ちょいとおフランスまで足を伸ばしました・・・
な~んて!
実は、ここはれっきとしたニューヨーク。
ヤンキース・スタジアムのちょっと北側にある小高い丘の上に立つ
メトロポリタン美術館別館のお城のような美術館です。

20070725232952.jpg


展示しているのは、アメリカの彫刻家ジョージ・グレイ・バーナードが集めたフランスの中世寺院の廃材などのコレクションと、
その後それを引き継いだ、かのロックフェラーが集めた中世の宗教美術品などなど・・・。

面白いのは、あちこちの寺院の廃材をつなぎ合わせて、
ひとつの古城のように建物を造ってしまったということ。
たとえば、↓の回廊などは、柱頭の装飾はバラバラで、
柱は後で作られたもの。
もしかして、全然別の場所にあったものを、
ひとつの回廊に仕立ててしまったのか!?
20070725233520.jpg

もちろん、マリア像や聖杯、タペストリー、絵画etc・・・
なども、たくさん展示されていました。
フランスのクリスチャンが来たら怒るぞ!
まったく、金持ちのやることといったら・・・
と思いつつ、ここは観光客も少なく、荘厳な雰囲気もあれば、
回廊に囲まれた中庭には、ハーブが沢山咲いていて、
とても和む空間です。
マンハッタンの喧噪に少し疲れたら、是非訪れて欲しい穴場!
ちなみに、運転手さん曰く、ここに日本人を連れてきたのは初めてとのことでした。
(でも、ちゃんとガイドブックに載っています)
20070725234736.jpg

20070725234149.jpg

この中庭の周りの回廊は、カフェになっています。

展示品の一部をちょこっとご覧下さい↓

中庭できれいなチョウ(アゲハ?)を撮影。
アゲハってフラフラして、いつもはうまく撮れないのに、
この日はバッチリ!
20070725234129.jpg

20070726000450.jpg

あ、だけどこれは展示品じゃなかったですね! 失礼・・・。


ランゴン礼拝堂
ボルドー近郊の町ランゴンにあった12世紀の礼拝堂を移築したものだそうです。
20070725234244.jpg



このユニコーンのタペストリーが有名らしい。
ショップでグッズを色々売っていました。
しかし、こんなタペストリーの似合う家が日本にあってたまるか!
20070725234351.jpg



どう見ても壁からはぎ取ったぽい聖母子像。
いやいや、「廃材」だったのを救ってきたものと信じよう。
20070725235144.jpg



ゴシック様式の礼拝堂にある石棺。
なんだか「ダヴィンチ・コード」を思い出しません?
20070725235204.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/254-d0d2a3e7

Comment

surugaki

素晴らしいですね。・・・が、これから名古屋にお下りしないといけないので、
続きは、帰宅してからということで・・・。では、行ってきま~ぁす。

白あずき

お早いお帰り、おまちしております。
また、新幹線で飲んだくれているのでしょうけどね・・・

かげ

なんだかアメリカとは思えない場所ですね。
教壇?の上に天蓋みたいなものがある礼拝堂ってあまり見かけないような・・・
最後の写真の像も壁かどっかに立ててあったものを寝かしたみたいな感じがしますね。

建物の横のキスゲのような花が一番気になったのは内緒(^^ゞ

白あずき

私も、一瞬アメリカにいるのを忘れました。
最後の写真の像は、石棺なので寝姿なのです。
石棺というか、墓碑なのかも・・・。

>建物の横のキスゲのような花が一番気になったのは内緒(^^ゞ
えへへ、実は私も。
植物編もご用意してますから、ご安心を。

m.m

って読んじゃったのは、内緒。
和製英語やん。

ステンドグラスの美しさを感嘆しているのかと思いきや、
>こんなタペストリーの似合う家が日本にあってたまるか!
>どう見ても壁からはぎ取ったぽい聖母子像。

というところにオオウケ!i-179

ブッドレアにたかっているアゲハ
私も写真に収めたことがありました。
穴があったら入りたい、って靴下の穴の話をつらつらと・・・
ってナゼか自分の記事のことも思い出しましたが、
良く撮れていますね(爺のところへのコメントをリユースではありません)

(推測)ガイドさんと英会話をしている白あずきさん尊敬!
弟子入りさせて下さい。mi-233

アベッカム

「ダヴィンチ・コード」まだ見ていないので、私には、ハン・ソロ船長の炭素冷凍に見えました。

 ユニコーンのタペストリー、いいですねえ。埒が狭いのがかわいそうですけれど。なんとなく、西洋文明的です。

 埒の外のお花畑は、見事です。手織りでやったら、どれだけの時間がかかることやら・・・。
  • URL
  • 2007/07/27 11:53

白あずき

そういえば、三春でもアゲハを追いかけて、
二人とも挫折でしたっけねー。

えーと、ガイドさん、というより運転手さんは、
ばりばり日本人のおじさんでした。
今回の旅、現地の知人が会社接待の名目で何日か案内してくれ、この日は運転手付き。
翌日のディナーは、こじゃれたブラッスリーで、
調子に乗って$98のトスカーナ・ワインを頼んじゃったりして・・・。

私の英会話のモットーは、
「心と手振りで通じ合う」ですから・・・。

白あずき

たしかに素敵なタペストリーでした。
$30くらいで複製(サイズは半分くらい?)を売っていましたが、似合うような家ではなくて悔しいので、ついひがんでしまいました。
でも、ミニクッションはかっちゃった♪

ハン・ソロ、好きです~。
でも、パート2は閉じこめられっぱなしで
つまんなかったですね・・・。

けん

私も凍らされボバ・フェットによってジャバの元へ運ばれたハン・ソロかと思いました(笑)。解凍してもしばらく目が見えないかもしれませんね。えっ、これは生身の人間ではない…。

ところで本場のスタバはどうでした?

アベッカム

お久しぶりです!

やっぱりこのネタに、かかりましたね。しかも、詳細なこと!

 マイリマシタ!
  • URL
  • 2007/07/28 21:08

すろう

画像だけ見てるとおふらんすに見える!
大都会の中にこんな空間もあるのかすごいぞNYめ。
礼拝堂の画像が、なんか昔の写真風?に
見えてイイ感じ~
最初の画像はスカーフの模様かと思いました。
ガラスでここまで表現するとはすげー

鍛鉄の鉄人

今日はびっくりしました。日帰りで世田谷から来てくださるなんて、感謝に堪えません。ありがとうございました。
個展も明日を残すのみとなりました。
  • URL
  • 2007/07/28 22:04

白あずき

>私も凍らされボバ・フェットによってジャバの元へ運ばれた・・・
うーん。
マニアックなコメントありがとうございました。
おかげで、アベッカムさんが反応してしまったではないですかー。
あ、ジャバ・ザ・ハットはわかりますよ、モチロン。
実は、ハン・ソロが出なくなってから、
スター・ウォーズは見てないワタシ・・・。

NYでは、スタバだらけで、
2ブロックに一軒くらいの割合であるのでは?
という感じでした。
毎朝スタバのカフエモカで目覚めておりました。
(早起きの連れが買ってくる)
NYタンブラー、買ってきましたよ!
後日アップしますね。

白あずき

あのコメントは、もしかして、
けんさんを捕まえるためのトラップ?
アベッカムさんに、ぜひ↓のサイトを見て欲しいです。
http://www.all-american-jp.com/sutar/costume.htm

★昨日、鉄人・西田さんにお会いしてきましたよ~。
山荘も、作品も、西田さんも、とっても素敵でした!
NY編が終わったら(すぐ終わりますけど)、
アップしますね。

白あずき

アメリカ人は200年そこそこの歴史しか持ってないから、古いものに憧れるのでは?
などと、穿った見方をしてしまいました。
まぁ、そんなことはさておき、
こんな空間を作ってくれたお金持ちさんには感謝です。

そうそう、金持ちは、社会に還元しないといけませんよね。
(わかりましたか?to surugakiお社長)

この土地と建物(中身ごと)は、NY市に寄贈され、
メトロポリタン美術館分館として公開されています。
(基本的には無料で公開)

白あずき

1週間の山ごもり、お疲れ様でした。
ケーブルカーを降りた後、しばらく耳が変でした。
私なら、1週間いたら、高山病になってしまったかも知れません(ウソ)。
ヴォーリスの山荘に一泊なんて、羨ましい限りです。
今日は最終日ですね。
気をつけてお帰り下さい。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作