鍛鉄

20070816225445.jpg

この柔らかいフォルム
20070816233112.jpg

とても鉄で出来ているとは思えませんね。
20070816233129.jpg




私の生まれ故郷は、南部鉄器で有名な町。
鉄瓶をはじめ、鉄の灰皿、栓抜き、文鎮、風鈴、急須、etc・・・
子供の時から、家の中には、鉄器がたくさんありました。
でも、重くて野暮ったい気がして、なんだか好きになれませんでした。

ところが、
以前ご紹介したことのある「旧小笠原伯爵邸」のキャノピーの葡萄のツルを、
川崎製鉄さんの冊子の特集でみかけてから、初めて鉄モノに惹かれたのでした。
しなやかな蔓が天井を這っているような美しさ。
ウットリ・・・。
正面玄関とキャノピー


そして、ここ2回連続でお送りしている「PAGE ONE」さんの作品との出会い。
私の鉄に対する”重くて野暮ったい”イメージはなくなり、
今では、南部鉄器の鉄瓶でお湯を沸かしています。




さて、南部鉄器と「PAGE ONE」さんの鉄モノ、
実は作り方が大きく違うようです。
(シロウトなので、間違ってたらごめんなさい)
南部鉄器は、鋳型に熱した鉄を注ぎ込んで固めるもので鋳鉄というようです。
それに対して、「PAGE ONE」さんの鉄モノは、
コークスで熱した鉄を叩いたりひねったりして形を作っていく、
鍛鉄という技術らしいのです。
元々、作り方とか考えたこともなかったのですが、
今回六甲の、「PAGE ONE」さんの個展に触れて、
やっと認識したというわけです・・・(遅すぎ?)

丁度私がヴォーリズ山荘に着いたとき、
デモンストレーションをやっていました。
20070816230923.jpg
西田さんのデモンストレーション
20070816231024.jpg

                 ↑こういうものを作られていました。
途中からだったし、遠かったのですが、
作り方、なんとなくわかった気がします。
お客様が飛び入り参加でトライされてました。

私は不器用なので、ムリ・・・と判断。
でも、こんなもの欲しいな、というのを、
いつか作ってもらえたらいいなー、と思いました。

道具たち
20070816232743.jpg

20070816232809.jpg


いろんなモノがありましたが、
なにせ鉄ですし、あまり大きなモノは持って帰れません。
(予算的にも)
でも、なにか記念に、と持ち帰ったのはコレ。
ペンダントトップ@\1,500.-
20070816231557.jpg

ひとつは友達におみやげ・・・と、ふたつ買ったのですが、
帰ってきたら欲が出て、
皮の紐の両端に結んで、こんな感じのペンダントにしてみました。
20070816231816.jpg

前で交差させてもよし、リボン結びにしてもよし。
手首にくるくる巻いて、ブレスレットにもよさそうです。
20070816231959.jpg 20070816232018.jpg


そして、写真集にあったワイングラスに惚れて、
最近めでたく結婚したカップルのお祝い用と、
自分用に作っていただくことにしました。
出来上がりが楽しみです♪
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/262-d9378721

Comment

かげ

キャノピーの葡萄のツルはいいですね。
ワイングラス、とても気になります、どんなんですか?
届くのが楽しみですね~

南部鉄器の風鈴の音色が好きですよ。

白あずき

写真集に載っていたワイングラスは、
グラス部分はアンティークで、
とっても素敵だったのですが、
残念ながら、もうないとのこと。
ただ、持ち手のところが色々で楽しかったので、
こんな感じで色々と・・・あとは、おまかせ。
と、お願いしました。

あとは鉄人さんの気分次第ですねー。
でも、急がないのでいつでもいいですよー、
という極めてのんびりしたお願いなので、
いつになるか、
これもまた楽しみです。

私も風鈴は、南部鉄器の音色が一番!
だと思っています。

アベッカム

チューリップの花、門扉の飾りですね。メルヘンチックです。

 花びらの中に雨水がたまるのでは?と思って、良く見たら、ちゃんと水が切れるようになっておりました。さすが、プロのお仕事です。
 
 ペンダントトップ、うまいアイデアですね。鉄という素材が、身近に感じられます。
 
  • URL
  • 2007/08/17 19:04

surugaki

都会的なセンスとクラフトマンシップ、ヨーロッパ的なエスプリと
日本的な味わい深さを併せ持っているような感じですね。
・・・何と表現して良いのか分かりません。(表現力不足)
5月に行ったフランス・エビアンのホテルの手摺を思い出
しました。近いうちにアップしますので、またご覧ください。
(予告編になってしまいました。)

surugakobo.Y

こんにちは
一枚目のチューリップのお写真
ここのところの
あまりの暑さに黒くなってしまったのかと
錯覚してしまいました・・i-230

どの作品もステキです
欲が出てしまう気持ち良くわかります

‘おもいたったら六甲!’
このフットワークの良さは見習わないとです~i-203
  • URL
  • 2007/08/17 19:22
  • Edit

白あずき

チューリップの中までご覧になったのですか?
すごい。
私は全然気づかなかったなー。

ペンダントトップ両端に、って、なかなかいいでしょ?
ただ、鉄ですから、
かがんだり、ブレスレットに使うときは、
食器やグラスにぶつけないよう要注意!ですね。
でなくても、おっちょこですから。

白あずき

表現不足どころか、表現過多・・・
いえいえ、表現力タップリですよ、
有り難うございます。

階段の手摺りって、鉄に限らず好きですー。
エビアンのホテル記事、楽しみにしています。

あ~、まじめにコメントしてしまったー。
暑いんだもの・・・

鍛鉄の鉄人

自宅では寿退社した元女性スタッフが作ってくれた少し大きめのワイングラス(正確には足)で、ビールやワインを飲んでいます。もちろん鉄ですが、熱したあと蜜蝋を焼き付けて皮膜を作ってあります。洗ったあと直ぐに水を切って棚に片付けていますから、4年以上使っていますが錆びていません。<コマーシャルになってしまいました。>
  • URL
  • 2007/08/17 23:34

白あずき

>‘おもいたったら六甲!’
なんか、JRの新しいキャッチフレーズに出来そうですね。
(あ、六甲にJRは通っていないか・・・)

お尻は重いのですが、
思い立つことが極端すぎるので、
実行に移した場合、驚かれることが多いのです。
普段は極めて、フットワークは重ーいです。
休日は、予定がないと1日おうちに居ますしね。

我が家の植物、あまりの暑さに黒くはなっていませんが、
かなり乾燥気味。
明日はまず庭仕事かなー。

白あずき

お、時間差でコメントいただき有り難うございます。
ご紹介したような感じで、ペンダントトップ、
早速使わせて貰ってます。

南部鉄器の鉄瓶とか急須は、
少し水気が残ってたりすると、すぐ錆びるので
食器に鉄は扱いづらいイメージでしたが、
鍛鉄の鉄人さんのコメントを拝見して安心しました。
急ぎませんから、気持ちの乗ったときに作ってくださいね。
楽しみにしています。

m.m

以前ブログに載せた南部鉄器でカレーとかシチューとか、
相変わらず作っていますよ~
扱い難い分、じっくりと腰を据えて、
取り組むのがオイシクなる秘訣なのかと思っています。
気にいったものが身近にあって、ふれ合っていることは、
気持ちもいいし、やはり雰囲気って大事ですよね。

きっとペンダントトップがペンダントとして使わなくても、そこにあるだけで、
幸せな気持ちになるのが、感じられますi-236

白あずき

そうですねー。
うちの鉄瓶も、使い込まれて、
段々いいお顔になってきました。

きっと一生モノですから、私と一緒に年取っていくんだなー、と先が楽しみです。

ペンダント、いい感じですよ。
武器にもなりそうだし・・・?

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作