スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アザミ嬢のひとりごと

  • 2007/10/31 22:43
  • Category: 植物
ススキ①

秋の陽を受けて、
ススキの穂がきらきら光っていました。

ススキ②

河原に広がるススキの波。
シェルティーの背中のようで、
陸橋の上を通る電車の窓から見下ろすと、
思わず頬ずりしたくなりませんか?

小春日和の休日、
久しぶりにカメラを担いで散歩にでかけました。

タイアザミ


アザミ嬢のひとりごと

アザミには、名前も知らないハチドリみたいなハチや、ちょうちょが
吸蜜に飛び交っています。
静かな池の畔では、それらの羽音さえ聞こえません。
時間がゆっくりと流れる中、
なんにも話さず、ずっと池の水面(おもて)を見ていたね。
そして陽が傾いて、少し肌寒くなったねと、
冷えたベンチから立ち上がり、スカートの裾にまとわりついたヌスビトハギの種もそのままに、
さよなら、アザミ、次の秋にまた会えるといいね

ツリフネソウ
ツリフネソウ


シラヤマギク
シラヤマギク


白いワレモコウ
20071031231559.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

気になる野の花(その3)・・・アザミ(薊)とキツネノマゴ(狐の孫) from 駿河木の家日記

[アザミ(薊)・・・たぶん、タイアザミ(痛薊)]アザミ(薊)は、日本だけでも60種類はあると言われています。そんなに多い種類の中から、名前を特定するのは、至難の業かもしれません。あまりにもポヒュラーな野の花なのに、正確に60種類を見分けられる人は、そうは
  • 2007/11/04 00:48

風あざみ・2007・夏バージョン from 駿河木の家日記

先日、野アザミの一生が、OMソーラーの家「東京町家」さんのブログに載っていました。確かにあれは野アザミに間違いありません。と、いうことは、自宅近くの山のアザミは、野原薊(ノハラアザミ)でしょうか。同じ茎に蕾と種が付いていました。■昨年の「あざみ記事」→「少
  • 2007/11/04 00:49

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/289-5755f607

Comment

鍛鉄の鉄人

気付くのが遅いかもしれませんが、白あずきさんのブログはブログそのものがアートですね。
  • URL
  • 2007/11/01 18:55

アベッカム

すすき すきすき。

 わが畑には、このススキがはびこりはじめ、困りだしました。

 春先には、カヤネズミの巣がたくさん見かけられます。うーん、なかなか草刈りが進まず。

 ねずみ年 アベッカム

 あー、すきやき食いたい。
  • URL
  • 2007/11/01 18:57

シードル

そういえばアザミ嬢のララバイって歌ありましたね。
光に透けて輝くすすきの穂はきれいですねー、群生してるとさらにみごと。
飛び込んでみたい衝動にかられます。
白いワレモコウ、珍しい!
ワレモコウ好きです。
いい天気に花も最後の輝きをふりまいてるのかも。
  • URL
  • 2007/11/01 20:14
  • Edit

白あずき

あーと、なんて・・・お恥ずかしいですi-229
あーとの鉄人さんに言われるとは光栄!
物を作れる才能があるって羨ましいです・・・
私のは、すべてカメラさんのおかげです。

白あずき

アザミ嬢のララバイ、スキスキでした。

我が家のススキも、
せまーい庭を席捲してきましたが、抜けません。
かわいくて・・・。

カヤネズミもかわいいですよね。
ネズミ年は・・・マメですよね。
あっ、来年年男だ。

白あずき

アザミ嬢のララバイ、スキでした。

私もワレモコウ大好きです。
白いのは、初めて見ました。
最初は、なんとかショウマかな?と思ったのですが、葉っぱも正真正銘(たぶん)ワレモコウでしたのよ。
(最近、言葉づかいが変なワタシ)
漢字にすると、なお好き。
吾れも恋う

牛柄

ススキといえば、会社の同僚(♀)が、生け花展に出す作品のために、ススキポイントを探してました。
で、どういうわけだか、なんちゃってナチュラリストの俺にお鉢が回ってきまして (以下略
白いワレモコウは、もしかしたらナガボノシロワレモコウですかね。
これ、古い種らしいですよ、北方系だとか。
南限はどのへんなのかなぁ。

白あずき

ナガボノシロワレモコウっていうんですか!
ありがとうございます。
そういえば、普通のワレモコウより、長穂?

私も花展の花材、よく河原や空き地に採取しに行きます。
あ~、梵字川が側にあればなー。
憧れの花材豊富!

SO-RA

すきすききらきらv-238
ほんと!シェルティーの背中 (^ ^)

モノトーンのススキの後の鮮やかなピンクがすてき!
優雅なお散歩だわ♪
白いワレモコウなんてあるんですね~。
白いとイメージが全然違う!

かげ

ありゃ、アザミ嬢のララバイ、先を越されてしまった・・・
光にすすき・・・じゃなくって、透けて輝いていますね。
まさに秋!

surugaki

すっかり秋ですね。樹氷かと思いました。キラキラ輝いて
きれいですね。私にとってアザミといったら「風あざみ」です。
見繕ってTBさせていただきました。

白あずき

ね、ね、つやつやな感じが、
シェルティーの背中って、ずっと思っていたんです。
でも、穂が開いてきたら、なんでしょう?
ススキの穂で作ったミミズクがイメージですね。

もうすぐデザフェスですね。
体をこわさないように、頑張ってください!

白あずき

ススキ、今年は穂が開くの遅いと思いませんか?
穂が出てくるのも遅くて、
お月見の時には3本しか出てなかった穂が、
今はがんがん出ています。

白あずき

surugaki さん、TBありがとうございます。
懐かしいですね。
おかげさまで、私にとっても、「風あざみ」が同時にインプットされてしまってます。

アザミもススキ~、じゃなくて、スキ~。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。