稔りの秋!

  • 2007/11/07 22:16
  • Category: 植物
秋と言えば、稔りの季節。
本来なら、柿、栗、かぼちゃ、ぶどう・・・と、食い物に走る私ですが、
ちょっと秋らしく、
食える・食えない、ではない実のりを紹介します。

ノイバラ(バラ科:野茨)
ノイバラ①

先週は、花屋さんで買ったこの実を花展で使いましたが、
このノイバラは、池の畔でひっそりと秋を告げていました。

あれ、写真さかさま? いえいえ、これでいいのです。
そう、実はこの写真、
水の面(おもて)に写っている物で、実体ではありません。
こちらを見ると、わかりやすいかも。
下の方に波紋が見えるでしょ?
ノイバラ②


サワフタギ(ハイノキ科:沢蓋木)
ブルーベリーのような青い実がたっくさん。
食べられなくてもいいや!って、思ってしまいます。
(やっぱり、食うんかい!)
別名、瑠璃実の牛殺しっつーくらいだから、
やっぱり食えないんだろうなぁ。
サワフタギ



マユミ(ニシキギ科:檀)
これとか、ツリバナとか、はじける前のこの色、形、
ウットリしますね。
(写真はボケてますが・・・
マユミ



ムラサキシキブ(クマツヅラ科:紫式部)
園芸種のコムラサキシキブではなく、
ムラサキシキブの実です。
春先に小さな花を見たことはあったけど、
実を見たのは初めて
ムラサキシキブ

意外と、コムラサキと似てる~。
でも、実の付き方が違いますね。
それと、ムラサキシキブは、葉っぱの手触りがフカフカで、
コムラサキとは全然違います。
植物調査は軍手なんてはめちゃダメ、
感触で覚えろって、植物の先生に怒られますが、
私はいつも軍手着用。
だって、素手だとなぜか、傷だらけになってしまうんだー。
色んなモノつかんじゃうしね。 ヘビとか、(←うそ)

次回予告は、たぶん虫さんです。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/291-7bbdf5fd

Comment

surugaki

サワフタギは、初めて知りました。う、旨そうです。実生の調査に
行った時に味わってみますね。私も真似して、「実生シリーズ」を
これから再開させていただきますので、よろしくご指導賜りますよう
お願い申し上げます。それにしても、全てが貴重な「超レア物」に見え
ます。

かげ

うちの近くにもサワフタギがありますが、こんなにたくさんの実はついてないです。
開く前のマユミの実もいいですよね~
秋の実ってどれも美味しそうですよね。

白あずき

>実生の調査に行った時に味わってみますね。
surugakiさん!
それは止めた方がいいですよ!
別名が「瑠璃実の牛殺し」 ですから!
まぁ、敢えて止めませんが・・・
ほんとは、興味シンシン。
食べても生きていたら、レポ楽しみにしています。

白あずき

マユミの色は、格別ですね。
やはり、実のものは、
「食える」か、「食えない」かで見てしまいます・・・

けん

関西は今日も11月とは思えない暑さでした。週末には木枯らし1号のようですが…。

前に私のブログで白あずきさんが質問されていた例の亀ですが、龍の子供なんだそうです。新しい画像もアップしましたので、またご覧下さい。ついでに小亀?もアップしました(笑)。

シードル

2枚目が素敵でうっとりします。
白あずきさんは絶妙な瞬間をとらえますね。
それぞれの微妙な実の色も掴んでいて
柔らかさとか、固さとかもすごくよくわかる。
居ながらにしてめったに見られない秋の実りの野山を
満喫させていただいてます。

uka♪

水面に映る植物なんてよくぞ捉えましたね~。
本当に素敵。
ワタシ幼少の頃、祖母の畑で縄をつかんだと思ったら蛇だったという逸話を持っています。
本人の記憶はないんですけどねー、母や親戚がいまだにその話をするんです。
周囲の方がオドロキ&慌てたのでしょうね。
  • URL
  • 2007/11/08 23:17

白あずき

見てきましたー。カメさん。
そちらにも書いたけど、龍の子供というより、
ガメラみたいでカワイイですね。

東京は今日はすごくいい天気i-1
でも、適度に涼しく過ごしやすかったです。
仕事なんかしてるのが勿体ない1日でした。

白あずき

>2枚目が素敵でうっとりします。
ありがとうございますーv-398
ほんとは、実体と水面に映るのと一緒に撮りたかったのですが、この日はマクロレンズしか持っていかなかったので、こんな撮り方しか出来ませんでした・・・残念です。
でも、褒めてもらったからヨシとしよう。

>柔らかさとか、固さとかもすごくよくわかる。
それは、シードルさんの感性ですよ!
いや、マジで。

白あずき

げげっ、ヘビをつかんだんですかっ。
意外と見かけによらず(あ、見かけ知らなかったっけ)、ワイルドなんですね~。
私はこの前、ヒッキーv-535を石と間違えて、危うくつかむところでしたi-230

牛柄

沢蓋木、まさしくその名のとおりなんでしょうか。
これ見たことないなー、沢に行けば見れるのか!?
この青さが美味しそうにも見えるんですけどね^^;
ニシキギ・ツリバナ・マユミ・・・なんでかどうも苦手なんですw
あの、ブラーンとしたところとか? そういう意味では家にもあるマサキもか(ニシキギは枝の様が、ね)。
先日、梵字川の対岸に紫の実を見つけました。
望遠にしても、それがムラサキシキブだったのか、それともコムラサキ家出系だったのか・・・。
実際に手にして確かめてみたいものですが、いかんせん向こう岸に行けん orz
  • URL
  • 2007/11/09 22:29
  • Edit

白あずき

ニシキギ系苦手ですか?
牛柄さん、実モノ全般だめなんじゃ・・・
(ノブドウもダメでしょ?)
ニシキギの枝はわかる気もしますが、
ちょっと病的かも・・・。

>コムラサキ家出系
いいですねー、普段は 「逸出」 とするのですが、
今度から「家出系」にしてみようかな~(^_^)v

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作