あなたは、なにフェチ? (注:変なブログではありません)

自分はもしかして、階段フェチなのではないかと、ふと思う。
だって、こんなフォルム見たら、もうタマラナイ。
手すり


そして、吹き抜けフェチでもあると思う。
ドーム


でもって、ライトアップも大好きさ!
さぁて、ここはどこ?
夜


☆答えは、続きをクリック!
ここは、上野。 
国立博物館敷地内の表慶館です。
正面
(正面に回った時はトップリ日が暮れていました。スイマセン)

場所柄、行かれたことのある方も多いと思います。
私も、建物の前は何度も通っていましたが、中に入ったのは、去年の改修後が初めて。

この建物、大正天皇が皇太子時代にご成婚のお祝いにと建てられたものだそうです。
設計は、J.コンドルの弟子、片山東熊
赤坂の迎賓館を設計した方です。(うん、似てる、似てる。)
中央にドームを据えたネオバロック様式のレンガ造石張り2階建。
通り過ぎずに、是非立ち寄ってみてください。

あ!明るいときの写真もあった!
・・・側面ですが・・・
外

ひさびさの、建築探偵シリーズでした!

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

ガウディーの建築・予備知識(その3)・・・モチーフ from 駿河木の家日記

ガウディーは、植物や動物をモチーフに建物を装飾しているように思われがちですが、実際には、装飾に留まらず、構造 に至るまでの全ての部位に、生き物や自然から学んだものを取り入れています。 ■螺旋(らせん)階段は、アンモナイトがモチーフです。構造的には、一...
  • 2007/11/20 13:01

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/295-a17b1734

Comment

アベッカム

えーと、私のおぼろげな記憶が正しければ、この建物の中には、国宝のはにわが陳列されていたように思います。

歴史の資料集などでよく見る、メジャーなやつを初めて生で見たときに、鳥肌が立ったような、ないような・・・。

う、うろおぼえ~。
  • URL
  • 2007/11/19 20:30

けん

うー、この階段見るだけで目が回るぅ~(◎-◎)。そう言えばここ7~8年、東博に行ってないなぁ…。

私は猫の肉球フェチであります。猫1匹1匹微妙に違うんですよね。グニグニ撫でていると爪が出てきますし(^-^

牛柄

え、あれ? こんな建物あったかな・・・。
実習で行ったときは、全然気づかんかったよ(何年前のハナシじゃ)。
それにしても面白い建物ですね~。
外観はビザンチンメインにフレンチロマネスク、ちょっぴりゴシックの混じった、でも内部はアールなんちゃら風のところもあるし。
うーむ、久しぶりに様式学の本でもひっくり返してみるか・・・。

  • URL
  • 2007/11/19 21:46
  • Edit

白あずき

教科書に載ってた級の絵や彫刻などのホンモノを見ると、
やはり鳥肌モノですよね。
私の場合は、初めて富士山i-259を見た時がそれでした(笑)。

表慶館は、今は、「みどりのライオン」という変なネーミングになり(たぶん誰もそんな名では呼んでないけど)、
教育普及プログラムを行う場所として、ワークショップなどが開催されています。
ハニワちゃんは、国立博物館の方に行っちゃったのでは、と思います。

白あずき

片山東熊といえば、京都、奈良の国立博物館の方が、
関西在住のけんさんには馴染み深いでしょう。
東博、今は『大徳川展』ですよ!
けんさんの好きそうなテーマですが?
いらっしゃった時は、是非、表慶館にもお立ち寄りを。

>猫の肉球フェチ
じゃあ、私は、犬の肉球フェチ!
v-286は、爪立てないですよぉー。
ニオイをクンクンしてしまう私はヘンタイ?

白あずき

東博で実習したり、様式学のお勉強してたり、
そおいえば、牛柄さんって何屋さん?
てっきり、梵字川自然ツアーガイドさんだとばかり思っていましたが・・・。

>こんな建物あったかな・・・。
>何年前のハナシじゃ
何年前の話しでも、この建物は明治42年からありましたよー。
今度来たら、ちゃんと見てって下さいよー。

surugaki

お~ぉ。そそられる~ぅ。サクラダファミリアの螺旋階段以来の
衝撃です。グッゲンハイム美術館も真っ青です。巨大ナガラミ
って感じでしょうか?昼から飲みたくなります。またしても、TB
させていただきました。

かげ

この民衆を導く自由の女神を見て、本館をぐると回って帰ってきちゃった・・・
他もちゃんと見ればよかったと反省。

シードル

螺旋階段のある建物ってこちらでは見かけないです。
東京には知られてないちょっと覗いてみたくなるような
歴史的建造物がわんさかありそうですね。
白あずきさんのポイントは私のツボつつきまくってくれますなあ。

白あずき

アンモナイトTBありがとうございます。
表慶館は、ひと巻だけなので、ナガラミ程度ですね。
グッゲンハイムをTB返ししたいのですが、
また時間制限で扉を開けていただかないといけないので、やめときます。
出張で飲み過ぎないよう、ご自愛下さい。

白あずき

>民衆を導く自由の女神
って、なんでしたっけ?
でも、ここは本館だけでオナカいっぱいになりますからねー。
平成館、法隆寺館と全部1日で見るのは不可能に近いです。
1日ふたつくらいのつもりで、あとはお庭をのんびり散策、くらいがよいですね。
次回はぜひ!

白あずき

>東京には知られてないちょっと覗いてみたくなるような 歴史的建造物がわんさかありそうですね。
おっしゃるとーり!
わんさかありますよぉ。
次回上京の際は、是非、建築探偵してみてください。
なかなかご紹介出来てないんですが、
よかったら『建築探偵』カテゴリをご参照下さいナ。

すろう

く、くやしい、最初の階段の
曲がりっぷりにムラムラしてて、
このカーブはアンモナイト黄金比だなぁなんて
思ってたら、やはり爺思考回路の洗脳の結果でした(汗)
こうなんとも形容しがたいカーブi-6って
いいですね♪

夕香

私は何フェチ???なんでしょう。もしかしてコスモスフェチでしょうか。
でももう一部しかさいていません。
階段モステキですね。建物も・・。写真は力強く感じます。
  • URL
  • 2007/11/21 16:29

白あずき

ムラムラしましたか・・・。
でもって、爺と同じ発想とは、
さすが血筋じゃのぉー。

こういう階段があると、上から下から
あちこちからカーブを追求したくなります!
これってやっぱり、ふぇちずむ?

白あずき

>コスモスフェチ
うーん、なんて美しい答えでしょう。

うちのコスモスは、先日水不足でグッタリしていましたが、
慌てて水をあげたら、また復活してました。
な、涙ぐましい・・・けなげなコです。
けなげなコって、往々にして、ほっとかれるのよネ。

夕香

そうなんですよ~よくご存知ですね。
まるでXXXみたい~♪(゚▽^*)ノ⌒☆
コスモスはたくましいです。
  • URL
  • 2007/11/23 07:18

白あずき

>よくご存知ですね。
いつも、
しおれてる → あわてて水をやる → 立ち直る → また油断して放っとく → しおれる・・・・
のメビウス状態なもので・・・。∞

>まるでXXXみたい~♪
XXXiに好きな文字を入れようっ!

setukosan

おはようございます。
でんでん虫?の様なこの階段
するするーて下まで滑っていけそうな・・・
小学校の頃手すりを滑つた事思い出しましたよ 
・・私はコロコロフェチ・・かな???
じゅたんの上をコロコロ わぁ~ついてる
これを途中で破れない様めくる カイカ~ん

白あずき

setukosanさん、お久しぶりです~。
お忙しそうですね、相変わらず。

>コロコロフェチ
あー、わかります、わかりますー。
私も好きかも♪
でも、シートをはがす時、
いつも途中で破れてしまうワタシ・・・

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作