スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ、建築探偵(見習い) ~岩手県公会堂~

ネタギレなので、ひさびさに、建築探偵レポなどを。
(私が建築探偵(見習)になった経緯は、こちら

故郷の盛岡にて。 岩手県公会堂です。
外観

この感じ、なんとなく見たことありませんか?
そう、東京の日比谷公会堂に似てますよね。 (ムリヤリ感?)
それもそのはず、
設計者が、日比谷公会堂や、早稲田大学・大隈講堂を設計した佐藤巧一なんです。

だけど、こっちが先だもんネ!
岩手県公会堂は、昭和天皇のご成婚を祝って昭和2年に建てられました。
日比谷公会堂は、昭和5年(こちらは、設計コンペ)。

RC造、地下一階、地上2階建で、塔屋部分は6層でH=24m
外観②
あはは、盛岡は緑が多すぎて、建物が見えませーん。
見えない部分は、ご想像下さい。

内部


この建物、老朽化が激しく、一時立て替え計画があったのですが、
保存を望む声が多く、ついに最近国登録の有形文化財となりました!

実は、生まれて初めて行ったコンサートがここのホールで開かれたものだったので、
私にも、ちょっと思い出深い建物でもある。
それに、ここの地下にいい感じのレトロなレストランがあって、
たしか今も現役なはず。
よく、祖父や父に連れて行ってもらったので、
そんなところも私の大事な思い出の縁(よすが)なのです。

だから、保存されることになってホントによかった。
帰る度に、故郷の町に見慣れた建物がなくなっていくのに気づくのは、つらいものです。
(南大門が消失しちゃった韓国の人たち、悲しいだろおなぁ・・・)

だけど、保存した場合の維持管理が大変なのもわかります。
そして、飾り物になってしまってもつまらない。
そこで、今はこんなことになってるらしい・・・よかったら、続きをどうぞ
維持管理には、お金がかかります。
そこで、この建物では指定管理者制度 (それまで地方公共団体やその外郭団体に限定していた公の施設の管理を、株式会社をはじめとした民間法人・NPO法人にもさせることができるという制度)を導入し、
現在は、 「いわてNPOセンター(盛岡舞台共同体)」というNPOが
平成23年まで指定管理者となって、岩手県公会堂を維持管理・活用しています。

で、なにをやってるかというと、実は私も知らないのですが (なんじゃそれ)、
この写真を撮ったときは、なにやらアートほにゃ?、とかをやっていて、
建物内をアート・ギャラリーとして使っていました。
展示①
展示②



室内のほか、
ベランダや階段に作品を展示







こんな風にしてくれると、建物にも気楽に入れて、ジックリ建築探偵出来るし、
なんといっても、建物が息づいてる感じがします。

さて、内部は結構アール・デコしてたりするんですよ。
階段①
階段フェチな私・・・曲線美もいいけど、こういうカチッとしたのもいいわぁ。

ヌーボー
ドアの上の窓の装飾が、ヌーボーしてます。

ちなみに、廊下を歩いていると、ドアの上の窓がそれぞれ違うんです。
こんなのも。
ドア②


長くなってしまって、ごめんなさい。
最後に扉をもう一枚。
ここを出ると、地下のレストランへの入り口があります。
いつか、ここもご紹介したいですねぇ。
東側扉








スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/324-52208e40

Comment

アベッカム

こんにちは。

南大門、ショックです~。

 それはさておき、ほんと、言われなければ、日比谷かと思ってしまいますよ。

 レトロ感漂う内装に合わせて、おしゃれしてみたくなりますね~。

 昭和初期の風情。この時期の文学作品をこよなく愛している私には、たまりまへん。
  • URL
  • 2008/02/13 11:29

かげ

ほんとにそっくりですね~
階段の穴がおしゃれですね。
地下のレストランへ行ってみたくなりますよ。
  • URL
  • 2008/02/13 12:30
  • Edit

白あずき

アベッカムさんも韓国に思い出ありですか?
私は過去3回行ってますが(ソウルのみ)、
南大門市場には毎回行ってるので、あの建物がもう見られないと思うと、とても残念です。
わざわざ文化財や古い建物に放火するという神経が許せんっ!

白あずき

この時代の階段は、そそられますよぉ~(階段フェチ)。
子供の頃から、昔の建物の階段って好きだったなぁ。
子供の頃の身長や目線って、ちょうど階段の手摺りより下じゃないですか。
階段に腰掛けて遊ぶって行為も大人になるとしませんし。
こんな穴が開いてると、絶好の遊びポイントですよね。

ローズコテージ

本当に、なつかしの日比谷公会堂にそっくりですね。横に階段が付いていたらバッチリです。
色々な思い出があります。
こういう建物は、いつまでも残して欲しいと思います。

シードル

むかしむかし盛岡へ行った時街中を散策しましたが、
古き良き建物がいっぱい残ってましたね。
この公会堂もいいですね!窓や階段がそそるなあ。

諏訪にある「守矢神長館」(おそらく藤森照信氏設計)へ行ったことがあります。
ここの建物の写真見て飛びつきまして(笑
藤森さんは諏訪大社の長である守矢さんと同級生だとかで(うろ覚え)、
そのつながりらしいです。
小さいけれど土壁に手吹き?のヨーロッパのガラスの窓と、
和洋をミックスしたシンプルでありながらもかなり凝ったものでした。
(中はすごーいものがいっぱいでしたが。。)
  • URL
  • 2008/02/14 00:07
  • Edit

白あずき

日比谷公会堂は、思い出のある建物ですか。
特に、古くて趣のある建物は、思い出とセットになって残りますよね。
そこに入った途端、その頃の自分にタイムトリップしそうな・・・。
そんな建物がどんどん壊されていくの、とても残念です。
日比谷の三信ビルというとても素敵な建物が、
ついに解体されてしまいました・・・
いい建物は、今のうちにしっかり探偵しておこうと思っています。

白あずき

>諏訪にある「守矢神長館」(おそらく藤森照信氏設計)
藤森照信氏設計で間違いないですよ。
そおいえば、藤森さんは長野出身でしたねぇ。
守矢神長館は、藤森さんの作品写真集で見ました。
守矢さんは一緒に遊んだりした記憶はないものの藤森さんと幼なじみで、
その関係から史料館の設計をお願いしたそうですが、
「奇想天外なものができるかもしれないけど驚かないでね」って、言われたそうです。
で、工事が始まってみたら、藤森さん自ら板を割ったり、石を並べたり、職人さんと一緒に作ってたそうですよ。

>中はすごーいものがいっぱいでしたが。。)
もしかして、シカさんとか、ウサギさん?i-229

surugaki

ネタ切れで、これだけの記事を書かれるとは、恐れ入りました。勉強になります。
岩手県公会堂よりも若いですが、静岡県庁舎(昭和12年)や静岡市庁舎(昭和
9年)も保存され現役として今でも活躍しています。→http://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-130a/index_013.html
地下のレストランで食事をしたいものです。まだ、招待状が届いていません。(涙)

m.m

欄間と呼んでいいのか分かりませんが、素敵ですねぃ。
設計していた人も楽しかったろうなぁ。

白あずきさんの建築探偵記事を見て、私も地元の建物を取り上げたいな、と思いました
が、誰かが見ていたら、と小心ですi-229
変装した方がいいかしら、した方が目立っちゃいますよねi-179

シードル

>中はすごーいものがいっぱいでしたが。。)
もしかして、シカさんとか、ウサギさん?

当たり~
他にも祭事用のちょいグロめのロウ見本などが色々と。
諏訪大社って昔は凄いことしてたんだなあと
今の感覚からですが思いました(汗
  • URL
  • 2008/02/14 21:26
  • Edit

白あずき

    ~v-254ご招待状v-254
日頃のご愛顧に感謝して、盛岡市岩手県公会堂地下のレトロなレストラン・公会堂多賀にご招待します。
当日、以下のものをご持参下さい。
・ご自分のお食事代
・白あずき姫の分のお食事代
・姫へのお土産(酒、食い物系)
・お車代(姫の)
いつでも、どうぞ。

白あずき

>欄間と呼んでいいのか分かりませんが
私もなんと読んでいいかわからなかったので、
某建築やさんにお尋ねしようかと思っていたところです。

変装なんかせず堂々と、
ぜひ、郷土に錦を飾って下さい!

白あずき

当たりですか。
あれはちょっとキボイですよねー。
でも、ちょっと見てみたい気も・・・。

あれは、諏訪退社の仕業でしょうか、
それとも、藤森センセの「奇想天外」なのでしょうか???
いつか行くときは、ご案内よろしくお願いします。

けん

体調大丈夫ですか?神戸の御影公会堂も規模は小さいですが似た雰囲気でした。地下に食堂が現役なのも同じですね。

先日宮崎に行ってきましたが、もちろん宮崎県庁も(笑)。ただ前を通っただけですが県庁に観光客がワンサカいるのはあそこだけかも。宮崎県庁も建物は古く非常に雰囲気があるのですが、それよりも前にある知事の看板と記念撮影が目当てなようで…(^^;)。「もう少し建物にも注目してあげてほしいなぁ」と心の中でつぶやきながら横目に見て通った私です(笑)。

白あずき

体調は、良くなったり、また悪くなったり・・
ご飯も、お粥になったり、普通のご飯になったり・・・三寒四温です(意味違うか・・・)。

>神戸の御影公会堂
行ったことありませんが、オムライス、美味しそうですねi-278
官庁は、いい建物が多いし、残してくれる確率も高いので、旅行先では要チェックですね。
神戸は、地震で壊れた建物も多いようで、残念です。
兵庫県民だったときに、よく見ておくんだったなぁ。

すろう

ふおお~、生きてるか~~!
飯食ってるか~呑んでるか~

ドアの上の窓まで違うってすげー。
いいねそういうの♪
娘やみんなのブログ見て、建物をジロジロ
見るようになりましたさ(笑)

白あずき

生きてるぞ~!
食ってるし、呑んでるぞ~!

ドアの窓、案外壊れてあとで直したもんだったりして・・・と、ふと。
いやいや、それにしても、色窓は入れないよなー。
今度は他の窓も見てみますが、なんとなく違ったような・・・で、写真を撮ったのでしょう。←えー加減。
建物、じろじろ見て下され。
やつら、よろこびますぜ(誰っ?)。

シードル

>あれは、諏訪退社の仕業でしょうか、
それとも、藤森センセの「奇想天外」なのでしょうか???

藤森センセの「奇想天外」というよりも、
守矢家の史実の資料再現展示って感じが強かったけどどうなんでしょうか。
私はまあ平気なんですが(レプリカだから)、一緒に行った子はドン引き。
あのちょっと見カフェにも見える外観からはイメージしにくかったんでしょう(笑
私むっちゃ方向音痴ですが良いですかのう?

白あずき

いえいえ、何度でもどぞどぞi-179

え、レプリカ・・・って、レプリカ?
剥製はホンモノですよね。
手元に写真集があるので、もう一回見てみましたが、シカの顔、微妙にみんな違うしぃ。
あ、イノシシもいたんだ。
ウサなんて、脳天串刺し・・・諏訪神社、恐るべし。
(氏子のみなさん、ごめんなさい。
決して非難しているわけではありません)

私はバリバリ方向音痴ではない(ハズ)なので、大丈夫。 まかせなさいっ!
(じゃあ、一人で行けって)

シードル

剥製の他にも
動物の脳味噌や内臓の(リアルですまん)ロウ見本があるのですよ。
ちゃんと貢物用に再現されてて白木のお盆に乗ってたような。(これもうろ覚え)
うさぎもそうだけど、脳味噌って…昔はみんなこうだったんかい;
現代では確かに理解に苦しむなあ。。

白あずき

>動物の脳味噌や内臓の(リアルですまん)ロウ見本
v-12思わず写真を見直してしまいました・・・
これのことかしら・・・
なんか、本気で行ってみたくなってきました。
子供が見たら泣くぞ!

牛柄

ほう、レトロ感たっぷりのいい建築ですね。
岩手にはそういうものがあり、守っていこうという気風もあるというに・・・秋田はなんだ!?
かの(大昔)白あずきさんが訪れたという平野美術館、あれも(平たく言えば)壊そう、それも県が先頭に立って、という ┐(´~`)┌  
前に住んでた山形にもレトロ、和洋折衷なけ建造物が多くあり、しかもちゃんと残されてます (旧県庁の建物はスゴイですよ、ドコの国だ?ってなくらいw)。
もし機会があれば、そちらもご覧あれ~。
  • URL
  • 2008/02/19 22:16
  • Edit

白あずき

山形といえば、済生館病院がまず浮かびます。
県庁は行ったことあるはずなんだけど、
写真が残っていません・・・まだ建築探偵見習いになる前のことでした。
行ってみたいですねぇ。

平野政吉美術館は、芦原義信設計じゃなかったかなぁ・・・。
好き嫌いは別として、勿体ないなぁ。

牛柄

今や近代病院に^^;
中心地商店街に建ってるので、 「済生館ホテル」 ともw
ちなみに俺が帯状疱疹の時に泊まった “ホテル” でもあります。
謳い文句は、「立地は最高、料理は最低」w
  • URL
  • 2008/02/21 22:48
  • Edit

白あずき

え~っ!
じゃあ、あの建物はどおなったんですか?
敷地に残っているのでしょうか???
地図を見ましたが、たぶん友人の家(本町)の近くなんですねー。
すごい、町中。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。