建築探偵見習日記・その25 ~聖路加国際病院チャペル~

建築探偵見習日記も、もう25回目になりました。

建築探偵の醍醐味・・・というか、その一連の作業の中で最も印象深く、
また、最も才覚及び勘が問われる点はなんだと思いますか?
私にとってそれは、“建物への侵入方法”です。
もうひとつ、お散歩中に野生的・・・いや、探偵的勘で、
「この一角に、なにかいい物件がありそう」
と、路地を曲がったらソレがあった!・・・というのもありますが。
おっと、“建物への侵入方法”の話に戻りましょう。

明治村や、江戸東京たてもの園のように、
「はーい、ゆっくり観てってくださいねー。パンフレットもありますよー」
なんてとこばっかりじゃない。
中には、公共施設ではなく、場合によっては不法侵入罪という罪にも問われかねない物件もある。
しかし、どこから入れそうか、声をかけられたら何というか、
いかに素早く観るところは観て、撮影もし、最も良い外観撮影ポイントを抑えるか、
これらがうまくいった時は、探偵見習い冥利につきるというものです。
(こんなエラソーなこと言ってるのに、私っていつまで“見習い”なんだろ・・・)


さて、前置きが長くなりましたが、今回は、築地の“聖路加国際病院”
外観①
(昭和7年 バトラー&コーン建築事務所)

すでにアップした、築地本願寺と、佃島の間にあります。
実は、この日のメインお目当ては、ここのチャペル。
聖路加国際病院は、1992年に、超近代的な病院に改築されましたが、
もしやチャペルが保存されない場合を懸念して、
その前にと、ここのチャペルを見に行ったことがあります。
一体何年前だろ(遠い目・・・)。

教会、チャペルは、いつでも誰にでも、その扉を開いています。
迷える子羊ちゃん、どうぞ、いらっしゃい状態なので、教会を見ると、私は迷わず侵入します。
だけど、ここは病院の中に併設するチャペル。
まぁ、不審尋問されたら、「御見舞で~す」と答えればいいか、と、堂々と見学しに行ったものです。
建物の細部は記憶が薄れても、あの時の感動は今でも忘れません。
チャペルというだけでなく、病院という立地のせいかもしれません。
どちらにしても、居心地のいい・・・という感動でした。
それは、チャペルのことではなく、チャペルにつながるサンルームや階段、
病院と一体となっている祈りの雰囲気だったと記憶しています。

このン十年前の思い出とともに、先日ン十年ぶりに訪れた聖ルカ礼拝堂、
数回に分けてお届けします。

to be continued

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

世界遺産に登録された病院 from 駿河木の家日記

サン・パウ病院 (その1)  Hospital de Sant Pau バルセロナには、世界遺産に登録されながらも、現在でも使われている病院があります。今回、ご紹介させて いただく「サン・パウ病院」です。ドメネク・イ・モンタネールという、ガウディーと同じ時期に活躍した建
  • 2008/02/29 05:30

世界遺産に登録された病院 from 駿河木の家日記

サン・パウ病院 (その2)  Hospital de Sant Pau 正面玄関より中に入り、そこで後ろを振り返りますと、遠くにサグラダファミリが見えます。サグラダファミリア まで一直線に続く通りは、「ガウディー通り」と呼ばれていました。こちらでも、「ガウディー」のほう
  • 2008/02/29 05:31

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/329-e48b914c

Comment

m.m

建物探訪には確かにコツがありますね。
私が今まで一番だと思ったのは、
ヒゲのおじさんと一緒に行くことです ←見られたらやばいi-229
いかにも、なオーラが出ている人。
『ちょっと見せて』で案内までされます。

私がピンで行っても、無理は聞いてもらえないので、
何度ヒゲが欲しいと思ったことかi-179

あとは、におい も大事ですね。
吉村順三氏の軽井沢の山荘は におい で見つけました。
おいしい店を見つけるのと同じ嗅覚i-236

シードル

すてきな建物だなあ。
戦前のもんなんですね。
居心地のいい…これって理屈じゃなくて感覚ですぐわかっちゃいますね。

学生のころオサレな一般の会社のビルを見つけては勝手に入って行って、
そこのトイレを借りることをマイブームにしてたの思い出した。
公園のトイレなんぞよりきれいなんで。
今考えると冷や汗モンでなんて失礼な行為、、
聖ルカ礼拝堂特集wktkで楽しみにしてます。

surugaki

これは素晴らしい!!!感激です。・・・続きが楽しみです。
見習いさんを見習わせていただこうと心に誓いました。
小豆で被った某ブログに以前TBさせていただいた「世界遺産に
なった病院
」をこちらにもTBさせていただきました。

夕香

ご無沙汰してもうしわけありませんでした。やっと復帰しましたが、まだまだ手続きは残っていていそがしいのですが、忘れ去られないうちにとご挨拶申し上げます。
すこしずつですが更新もしたいとおもっていますのでどうかよろしくお願いします。
  • URL
  • 2008/02/29 14:52

かげ

ある程度公共性のあるところだとそれほどでもないでしょうが、建築探偵は難しそうですね。
う~ん、中が楽しみです。

白あずき

ヒゲはないけど、
美味しい居酒屋を発見するのは、
自慢じゃないけど得意なのが自慢です?

私は、ついビクビクしてしまうからよくないのかも。
なるべく、「私はここの建物の関係者です」 って感じで歩いてみるのですが、
やはりアヤシイ感はぬぐえないのかも・・・。
最近は、それがまた快感だったりして・・・。

白あずき

昭和初期の建物って、すごい。
なんでこんなに凝ってるの?とか、
これってどおいう意味~? 用途は~?
なんて無駄なの、でも無駄ってステキ~、
と思ってしまうオンパレードなんですよねー。
く~、たまらん!
この建物、そんなのがてんこ盛りでっせ、お客さん。

トイレは探偵ポイントのひとつですぅ~。
そそられる~。

白あずき

世界遺産のTB有難く受領いたします。
なんと、拝見したら、聖路加病院のことをコメントしているではないですか。
そういえば、壁の色がちょっと似ていますね。

見習いの見習い?
月謝はワインでよろしいi-239

白あずき

少しずつ事務的なことが片付くと、かえってドッと疲れと寂しさが出てくるものです。
ムリせず、少しずつ復帰してくださいね。
気候もよくなってくるから、建築探偵にでかけてみては?

白あずき

中もよいですよ~。
でも残念ながら、暗くて写真がうまく撮れませんでしたi-182
すいません・・・。

建物侵入はタイヘンですが、
ちょっと楽しかったりもしますよ。 おっと・・・

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作