スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春まだ浅き、美しき村へ

  • 2008/04/30 00:58
  • Category: 植物
連休、いかがお過ごしですか?
そして、”連休”ですか?

私は、ムリヤリ連休にしたこの週末、まだ早春の山あいの村を歩きました。

コブシ


コブシがまだ咲いています。  桜はこれからでした。

なんでしょう? そして、こんな植物に出会いました。
なんだか、わかりますか?








ヒント;この花に似ています。
♪夏がくーれば、思い出す~♪

水芭蕉









ザゼンソウ <座禅草/サトイモ科/別名;ダルマソウ>
ザゼンソウ

達磨大師や、お上人様が、座禅を組んでいる姿に見立てた名前です。

よくあるパターンですが、周りの、仏像の光背に似た暗褐色の花びらのようなものは苞(ホウ)で、
中にあるトウモロコシみたい?のが、花にあたる部分です。

この肉穂花序の部分は、なんと、開花するとき25℃くらいまで発熱して雪を溶かすとか。
しかも、この時発生する悪臭で、花粉を媒介する昆虫を呼び寄せるという、
すごいメカニズムを持っているのです。
(外国では、スカンクキャベツっていうそうですよ!)

雪が多く、虫も少ない早春に開花するこの花の、種の保存の術(すべ)なのでしょうね。
ザゼンソウ②


群馬県 片品村 針山ザゼンソウ群生地にて群生地

沢沿いや、湿地に水芭蕉と混じって群生していました。
流れ

なんだか、ほほえましくて、シャッターを切りました。
達磨さんが向かい合って、見つめ合っています?
帰りに高崎駅で、赤白対のミニだるまを買ってしまったのは、このせいかも?
見つめ合い・・・
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

2007・近くの山の草・・・スルガテンナンショウ(駿河天南星)orマムシグサ(蝮草)?? from 駿河木の家日記

近くの山には、葉と花の区別が付かない不思議な草が生えていました。地元の植物に最も造詣が深い「草花と自然Blog」さんが紹介されたスルガテンナンショウ(駿河天南星)のようにも見えます。頭に駿河と付いただけで舞い上がり、それに決定!!しても良いのですが、念のた...
  • 2008/04/30 18:57

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/349-f8e9b4e3

Comment

surugaki

日本の原風景を見ているようで良いですね。仲間の工務店が群馬に
ありますので、たまに伺うのですが、強風のイメージしかありませんでした。
これなら、私も行ってみたいです。自宅で水芭蕉を育てようとしましたが、
上手くいきませんでした。こちらでは、スルガテンナンショウ(駿河天南星)
orマムシグサ(蝮草)??が、山のいたる所から顔を出しています。
水芭蕉や座禅草のような品はありませんが、「ほう」仲間ということで、
TBさせていただきましたので、ご笑納くださいますようお願い申し上げます。

シードル

うおっザゼンソウだ!
以前、白馬へ仕事の手伝いに行った帰りに秘密の群生地へ
連れてってもらいました。
暗い林の中にニョキニョキと…ちと異次元な光景でした。

会社のお花見の日だったので、あまりの群生に
上司が1本引っこ抜いて(おい!)会社にお持ち帰りしました。
今ならとんでもねー行為ですね。
もちろんヒンシュク買いました。(臭いでかいグロい)
この自然林の群生地は長野オリンピックの道路整備で消えてしまいました。。

ミズバショウよりも大きいんですよね。
やっぱり自然の中の姿が美しいです>ザゼンソウ

ブリズ

あのー、すっごく、すっごくお久しぶりです。

ザゼンソウのようにザゼンを組んで、
本当にご無沙汰してしまったことを反省中です。
ということで、また来ます。
  • URL
  • 2008/05/01 16:12
  • Edit

白あずき

群馬といえば、からっ風ですね、たしかに。
他にも植物の写真をいっぱい撮ってきましたが、
常に風が吹いていて、写真はブレブレです(言い訳)。
でも、ザゼソウは大地にしっかりへばりつき、揺るぎも致しません。
そういう人に、私はなりたい。

TB懐かしく拝読いたしました。
毎度ありがとうございます。

白あずき

わたしゃカレンダー通りから仕事でマイナス1の振り休1で、プラマイゼロ。
え? いや、休みはゼロではなかったです。
でも、6日が休みなことに、昨日気づいて狂喜乱舞。
とっても得した気分になった安上がりなワタシ。

>この自然林の群生地は長野オリンピックの道路整備で消えてしまいました
残念です・・・
ここのザゼンソウは水芭蕉より大きかったですが、もっとデカイ水芭蕉も見てきました。
もしかすると、あとでアップします。

白あずき

おっひさしぶりですー。
まぁ、前の雲隠れの時ほど心配しませんでしたけどね。
またそのうち復活するだろうと・・・。
もちろん、更新もされているんでしょうね?i-235
あとで、遊びに行きまーす。

夕香

変わった花ですね。こい紫はいいのですが、花を開花させる時、強烈な香りを発生させる?ますますもって変り種ですね。
このあたりにはみあたらない珍しい植物です。
  • URL
  • 2008/05/02 12:03

白あずき

たしかに、変わった花です。
初めて知ったときは、へー、でしたよ。
えー???、でもありましたが。
今はなんか好きになったかも。
でも、敢えてにおいは嗅がなかったので・・・。
発熱して雪を溶かしたり、においで虫を誘ったり、
おぬし、なかなかやるな、な花ではあります。

牛柄

水芭蕉やらザゼンソウ、好きな方が多いようですけど、俺はあんまし・・・。
なんだかわざわざ見に行く要も感じない花なんですよ、世ではよく行楽客と水芭蕉の組み合わせのニュースが流れますが。
・・・・こんなこと書くとシツレイなんだろな。
ちなみにおふくろも苦手です、こういう類の、マムシグサとか含め。
何でかっていうと、蛇を連想させるだからなんだそうな (ヘビバッコとかいったかな、上記の植物の総称で)。

でもそうか、ダルマだと思えばいいんですね! (ザゼンソウに関しては)。

白あずき

私も、マムシグサとかウラシマソウはアンマリ・・・ですね~。
でも、季節になって、みかける喜びってのはありますね。

>ちなみにおふくろも苦手です
わかりまーす。
きっと、そうだと思った!
あの、ヘビの抜け殻の記事を読んだとき、
畦道にマムシグサが咲いてるんだと思ったんですよ~。
そんなこと言ってた友達がいたんで・・・。

かげ

おお片品村ですか、懐かしいなぁ・・・以前によく仕事で行ってましたよ。
スカンクキャベツですか、これまたひどい名前をつけられたものですね。
それにしても熱で雪を溶かすとは、凄いパワーだなぁ・・・

白あずき

片品村、行ったことあるんですか?
私も群馬では何件か仕事してたんですが、
この近辺は初めてで、いっぺんに気に入ってしまいました。
古い民家や蔵がふつーに沢山残っているんですよね。

熱で雪を溶かす植物なんて、びっくり機能ですよね!

m.m

ちは~
今日は仕事出ようと思いましたが、休んでいます。
あぁ、明日も休んじゃおうかなぁ、休みなんだけどi-179
近頃、代休がはけません、うぐぐ。

で、文章を読んでいて、うちのローカル回線は画像が遅いものですから、
後で画像がついてきたのですが、

ホントだ、臭そう。

と、思ってしまいました。
失礼極まりないですね、ダルマさんに。
少しはいてんしょーんi-237

白あずき

おおっ。
携帯からチェックしたときは、コメント三連発とは気づきませんでした。
ビックリ。

相変わらず忙しそうですね。
今日は休めましたか?
姉さんも振休とる日がなくて、せめて連休は休んでます!
それも明日までかぁーi-238
再来週はズル休み振休とるぞー!
(有休でもいいんだけと゜、取れればね)

アベッカム

言葉の響きが似ている気がしまして。

自ら発熱、匂いまで操るとは、ぜひとも実際に見たくなりました。

 片品、いいところだとよく聞きます。私の父も、一時期移住を考えていました。
 奥利根生まれの父は、現在、ふるさとに近い町に空き家を借りて、週末田舎暮らしを楽しんでいます。

白あずき

ぎくっ。
>午前様
うめは、きっと私のこと心の中でそう呼んでいるかも(被害妄想)。

片品は、あまり行かなかったのですが、
たっぷり堪能した川場村、
よかったですよ~。
明るくて豊か(色んな意味で)な村、
懐かしい風景が残る村、
そんな感じがしました。
造り酒屋が二件もあるのも気に入りました♪
>週末田舎暮らし
憧れですね~。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。