スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバキの園

  • 2006/03/17 23:11
  • Category: 植物
m.mさんのところで、ツバキの話題が出ていたので、
そおいえば、去年のツバキの写真が何枚かあったな・・・と。
便乗させていただきます・・・
20060317233750.jpg

写真は去年の桜の頃、東京都調布市の神代植物園。
ここに「ツバキ園」があります。
ある一角ツバキばかり。
園路に沿ってツバキが植えられているのではなく、
椿林に迷い込んだ・・・といった方がふさわしい、
そんなところです。
そんなところなものだから、私の「好きな場所」のひとつです。
特に桜の季節だったりするものですから、植物園の端に位置する椿園は人影もまばらで、見回すと右も左も沢山の花をつけた椿の木・・・というシチュエーションに身を置くことが出来ますよ。
しかも、結構樹高が高いので、見上げると、周囲ぐるりと椿の木に囲まれて、なんていうところも。
恥ずかしながら、初めてここに行ったとき、理由もなく、無防備に、涙が溢れてきて閉口したものです。

椿が散る頃だと、一面椿のカーペットになるのでしょうか???
あそこは静かだから、まるで、蜷川幸雄の『卒塔婆小町』の舞台みたいに、椿がほとっ、ほとっ・・・と落ちる音が聞こえてくるかも知れません。
ツバキの品種名はよく知りませんが・・・
これは乙女椿?
20060317225606.jpg

20060317225634.jpg
ちょっとヒメシャラみたい

          20060317225648.jpg


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

椿(つばき) from 駿河木の家日記

先日、ご紹介したソテツで有名な能満寺には、椿が満開でした。私は椿の花が散る姿を、あまり好きではないので、今まで取り上げませんでしたが、日本古来からの木花と言えば、この椿と桜、アセビ、ツツジなどで、椿以外のことは一通り書かせていただきましたので、今回は椿で
  • 2006/03/18 00:19

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/36-a13c84f7

Comment

surugaki

お疲れのところ頑張りますね。私もmmさんに、TBさせていただいた
椿記事をこちらにも、便乗ではなく、特別にTBさせていただきます~ぅ。
  • URL
  • 2006/03/18 00:16

ひめ@キッチンひめ

ツバキは一輪でもたくさんでも、華があってきれいですね~
白あずきさんのお写真を拝見して、ああ、こんなにいろんなツバキがあったのね、と改めて思いました。
ツバキを見ると、なんだかおいしそ~♪と思ってしまうのは、わたしだけ?!

白あずき

v-252surugakiさんへ
特別なTBありがとうございます。
(なんだか最近太字会話が多いですね。)
静岡はツバキももう終わりなんですか?!
早いですねー。
今花やさんに行くといろんなツバキの株を売っています。なにか1本植えたいと思っているのですが、迷ってしまって(庭が狭くてあれこれ植えられないので)買わないうちに、花屋さんでも取り扱うのが終わってしまうかもしれませんね。今のところ、「白玉椿」にしようと思っているのですが。

v-252ひめさんへ
私もです!練りきりの和菓子を思い浮かべます。
よかったー、私だけじゃなかったんだ、食いしん坊・・・ところで、ひめさんの食卓にはよくお酒がチラッと写ってますが、もしかして、ひめさん、のんべぇ?
  • URL
  • 2006/03/18 12:23
  • Edit

m.m

さては、プロフィール画像のツバキも
ははん、○っぱらった時に頂戴した代物ですねぇ。
ちがーう!という悲鳴が聞こえそうですi-179
ツバキは品種が多いので、ツバキです!とまでしか書けません。
憶えても、耳の右から左の耳に行くまでに
ほとっ、ほとっと花のように落ちてしまいますi-182

白あずき

予想どおりの悲鳴になってしまいましたが、
プロフィールの画像は、去年同じ頃に目黒の自然教育園で撮った写真です。
松の木の股に、椿が二輪置かれていたのを撮ったまでで、椿を撮ったのは私ですけど、盗ったのは私ではありません!

すろう

ほうほう。もう目にうつる全ての椿が練りきりの和菓子に
見えてやみません。
椿の魅力・・というより魔力?
なんともいえない引力がありますね。
一面椿のカーペット・・・ほとっ、ほとっの音・・・
妄想しちゃいますね(@@)

白あずき

ほんと、観光のポスターでは時々一面椿・・・みたいな風景ありますが、実際はなかなお目にかかれないですよねー。
ちなみに、蜷川さんの舞台では、幕が開いてから閉じるまで、ずーっと椿の花が舞台のあちこちでほとほと落ちているのです。幻想的でしたー。・・・そうそう、妄想ってちょっとヤバイですよ、幻想です。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。