スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲 窯元めぐり ~出西窯~

今回の島根行きの目的は、宍道湖周辺の窯元めぐり。
出雲は、バーナード・リーチ、浜田庄司、柳宗悦、河井寛次郎などの民芸運動の提唱者が訪れ、
薫陶を与えた土地なんだそうで、
ちょっと北欧風のシンプルモダンな普段使いの器が、お手頃値段で手に入ります。

結局、2カ所しかまわれなかったけど、十分満足でした。

   ★今回、写真が多いです。
    その分、文字を少なくしますね (自己弁護)。

工房
つち

宍道湖の南西にある、”出西”というところにある、
その名も、 出西窯 (しゅっさいがま)

シロヤマブキの実止まった時計
お飾り工房を覗く
(うふふー、ちょっとシードルさん風に。)

工房の隣にある、直売所は、古い米蔵を改築したもの。
広く、見やすく、品数も多く、ゆったり買い物を楽しみました。

窓辺
2階へ
しぶし焼

鶴亀①鶴亀②
どれにする?
店の奥に、明るいカフェがあるのねー、と思ったら、
「お茶のご用意がありますので、ご自由にどうぞ」 とのこと。

コーヒー、 ばんちゃ、紅茶 とあり、
しかも嬉しいことに、ここで焼いた器でいただけるのです。
どれにしよ~♪
コーヒータイム
結局私が選んだカップ(右の黒いの)は、なんか見たことあるな~と思ったら、
実家で母が使っていた物と同じでした。
あれは、ここの窯だったのかー・・・。
ずっと昔に、出西窯に出会っていたとは!
どおりで、なんだか懐かしい気がしたわけだ!

で、ここのショップでは、スープカップを買いました。
早速、冷蔵庫の野菜一掃セールも兼ねて、ボルシチ風スープを作りましたよ。
スープカップ
★今日のお昼です。 左の青い実は、オリーブの漬け物。 めちゃ美味です!


出西窯
★出西窯(しゅっさいがま)
島根県簸川郡斐川町大字出西3368
0853-72-0239





外に出ると、里の秋・・・
柿とくら
柿の空
水路


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/408-8fa8db3c

Comment

美鳥花

 深まりいくやんか~~~山陰の出雲路を堪能させて頂きやしたよーー♪どっちかっていううと限りなくふぐに近い山口よりの日本海を第二の故郷としたアタスにとって「河井寛次郎は
もっとも親しみ感あふれんぼーーの陶芸家なんよーー!
そいから、イギリスジンの「リーチ展」は、2~3年前 兵庫県のなんちゃら美術館で観ませたよーー!色んな日本ジンとの交流ある
リーチは楠本憲吉(奈良の彼んちいきやしたか?)とも、ふけぇ~~~交流!
なんだかんだの「立杭焼き」と類似してるのも
また、丹波らへんでもリーチは窯のナビジンしてたみたぁ~~~ぃですね!
アタスは特にエゲレスジンが好きさ!だから
今回の山陰路のリーチはうれしかったぞーー!
☆ほんと~~一瞬も二瞬も「シードルワールド」~~ここはどこどこどこ!あっせりましたがなぁ~~~白あずき 魅惑の出雲路
深まりゆきすぎやんかぁ~~の秋!
ありがとよ☆


  • URL
  • 2008/10/25 11:26

m.m

いいですね、思い立ったら即行動っぷり。
コメントで’しぶし焼’って書いてある窓際の棚の2段目の左から3番目が柳宗理っぽい。
=民藝って言いたかっただけi-229

一枚目の瓦の色とカメの色が同じでイイ感じ。
同じ土なんでしょうね。
地域性が出ていて、うずうずする写真です。

あー私も飛び立ちたくなってきた。

シードル

キャーー☆(某美○☆姐さんのマネっこ)
私よりよっぽどきれいじゃんかーおい!
出西窯知りませんでした。
古きよき日本的ないいところですね。
のどかな中でやきもの、なんてすばらしい。
お茶まで飲めるなんて、更にすばらしい!

飴色の器のがイッタラのビンテージもんみたい。
こちらの民芸品屋さんにも似た形のものがありますが
もしかしたらここがもとかな?
黒いカップ&ソーサーに似たやつでミルクピッチャー持ってますよ~
みんな形がかわいくて優しそう。
う~ん、行ってみたい。

あ、遅れましたが松江の和菓子は山川と若草と菜種の里の
有名どころぐらいしか知りません;
菓子博は県持ちまわしでやってるらしいですよ。
松江のときはかなり前、面白かったけど出展が多すぎて時間なかった。。

surugaki

旅に出られてから、写真がいっそう美しくなった気がします。
腕+素材の良さでしょうね。やっと私のD80も退院してきま
したが、目がイマイチです。美しい日本の風景をこちらのブログ
で楽しませていただきます。いいな~ぁ。

白あずき

奈良の富本憲吉記念館は行ってないのですが、
京都の河井寛次郎記念館はなんども行っています!
国内の大好きな窯元に行くと、必ずってほどリーチや浜田庄司など、あの人達の足跡があります。
精力的に歩いていたんですね~。

今度お江戸にいらっしゃる時は、ぜひ『日本民藝館』へ!
ちなみに、芹沢介文字の店にハズレなし!

白あずき

>あー私も飛び立ちたくなってきた
飛べ、飛べ飛べガッチャマーン(古?)

>いいですね、思い立ったら即行動っぷり。
いやいや、思い立って突然一人五色沼とか安達太良登山の男前っぷりには負けますわ。

>柳宗理っぽい。
柳さんの影響は、かなり強く受け継いでいるようです。
もちろん、柳宗理コーナーもありやした。
カトラリーねほしかったけど、ここで買わんでもいいか・・・と、陶器に集中。
民藝好きには、タマラン店ですよ。

白あずき

>飴色の器のがイッタラのビンテージもんみたい。
青いのも、そんな感じですよ♪
和食にも、洋食にも合いそうです。
現に、昨日は、ここで買ってきたスープカップを煮物に使いました。

>黒いカップ&ソーサーに似たやつでミルクピッチャー持ってますよ~
ミルクピッチャーは、別の窯で買いました!だけど、ミルクに使わず、既にお花生けてます。
ほんとは、でっかいピッチヤーが欲しかったんだ~(予算の関係で挫折)

>松江の和菓子は山川と若草と菜種の里の 有名どころぐらいしか知りません;
たしか、若草と菜種の里は、いただいたことがありますが、
ちょっと苦手でしたi-202
食感が・・・

>菓子博は県持ちまわしでやってるらしいですよ。
4年スパンくらいでやっていて、今年姫路でやったばかりなんですね・・・
あと四年・・・待てないぞ。
ひとり菓子博するか。

白あずき

>旅に出られてから、写真がいっそう美しくなった気がします。
お褒めの言葉、痛み入ります。
で?目の方は治ったうえでの感想なんでしょうね???
そちらに伺いましたが、長らく更新されていないようで、
妹と心配しながら●ニを食っておりました。

紅葉の美しくなる季節、1日も早いご回復をお祈りしています。
元気になったら、郡山にお祝いにでかけましょう。

アベッカム

愛媛もようやく、秋本番。今日も仕事をサボって、ふとんの中で読書。そして久々のブログめぐり。ああ、あったかいボルシチ!たまらんですな。
 伊予緋かぶという赤カブで、ちょいと作ってみたくなりました。

かげ

大変ご無沙汰していました。
この時期、忙しくて暇がもてませんね・・・
「ご自由にどうぞ」っていうのがいいですね~
ボルシチ風スープ、体があったまって美味しそう。

白あずき

お返事遅くなってしまい、ごめんなさい。

寒くなってきたら、ボルシチとか、煮込み系がたまらないですね!
>伊予緋かぶという赤カブ
カブですか!
大好きですが、すぐ煮えるから、いつも柔らかくしすぎてしまいます・・・
伊予緋かぶ、気になるなぁ。

白あずき

相変わらず、お忙しそうですね。
私はまだ休職中で恐縮です・・・。
近頃やっと、”骨が付いてきた”実感がしてます。
年度末に向けて、ぼちぼち始動かな・・・と。

だけど、今月中は、うめも病み上がりなので、二人でリハビリです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。