スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな色

好きな色は何色ですか?
そう訊かれても、・・・普通に好きなのは青系だけど、
花なら白かな、植物の緑は大好きだけど、服を選ぶ時は黒か茶だったり・・・
とても、ひとつには絞れません。
でも、陶器だったら?
そう訊かれたら、迷わず、小鹿田焼の白と緑が好き・・・と答えます。

この前の和菓子の記事のコメントで、m.mさんから、
”「初桜」というお菓子の後ろにちらっと写っている焼酎の甕みたいのが気になる!”
・・・とのご指摘を受けましたが、それは、この小鹿田焼の急須↓です。
(焼酎の甕ではありません。・・・それも持ってますけど。)
つまり、この「白」が好き。
ちょっとミルキーな白・・・手前のコーヒーカップ&ソーサーも小鹿田です。
20060326225659.jpg
ちなみに、今日のオヤツは「梅が枝餅」!
小鹿田と書いて、「おんた」と読みます。
大分県の日田市から車で40分くらいのところにある小さな山里が、この焼き物の里です。
その名も陶芸の里らしく「皿山」といいます。
ここの焼き物に初めて出会ったのは、まだ高校生の時。
地元の民芸食器などを扱う『光原社』というお店(いつかここのことも書きたい)で、小鹿田の食器に出会い、いっぺんで魅せられてしまいました。
小鹿田焼は日常使いの器ですから、お値段もお求めやすいのですが、なにぶん私はその当時まだ高校生。
お金もなかったけど、自分の食器を買う・・・なんて思いつかず、その時は小さな鳥の形の緑の箸置を二個、買い求めました。

それから○年経ち、可愛らしい?高校生だった私は、立派に!成長して、念願だった小鹿田の里を訪れました。
一昨年の初夏のことです。

里が一望出来る小高い高台にのぼる一本道沿いに、10軒の窯元が点在しています。
そして、その一本道に絡まるように流れている川の水を利用した「唐臼(からうす)」のある小屋が、窯元毎に建てられています。
この「唐臼」は、シシオドシを巨大化したようなもので、川の水力で陶土を捏ねる(打つ?)もので、里のあちこちから「ギー・・・ドシーン!」という音が響いてきます。
この音は、環境省の”残したい日本の音百選”になっているそう。
窯元はそれぞれ家屋の隣や一部に直売所を持っており、緩い坂道を登りながら、一軒ずつ店を覗きながら登ります。
最後の窯元で、○年前、高校生だった私が買い求めたのと同じ、緑の箸置きの小鳥をみつけました。感動!旧友に出会った感じです。
友達へのお土産用とは別に、自分用にまた3つ買い足してきて、今はほら↓、5羽になりました!
20060326225719.jpg
どれが○年前のものか、もはやわからない?

こんなのも買いました。豆皿です。20060326225735.jpg



P1010500.jpg
並べ替えて遊んだりして・・・
四面楚歌・・・なんちって20060326225748.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

チビチビ机 from @すろうな暮らし@

机上の食う論。 あいかわらず無法地帯のチビチビ机。 いい味出てます。 ↓白あずきさんの四面楚歌をパクってみた(爆) 項羽大好き!! 決壊 カルテットシュート(チビ...
  • 2007/12/22 20:38

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/42-0af4500e

Comment

すろう

なんじをいかんせんっ(><;)

ミルキーな白!とろりとしてきれいですね。うう素敵~
それにしても高校生にしてすでに小鹿田焼とは
さすが白あずきさん。

?年たって、しかも窯元を訪れ同じものが売ってるという、そういうお話
大好きだ~。
えーと、AとB!(と勝手に予測。ってどれやねん)
最後の画像&コメント大爆笑です。

surugaki

「美意識が大人です。」・・・昔つくったコピーを思い出しました。
いい感じですね。昔は、唐津と備前にほれ込んでいて、
他には目もくれませんでした。
白あずきさんの美意識が光っています。
  • URL
  • 2006/03/27 09:16

m.m

>焼酎の甕みたいの
失礼しました。
だってぇ、白あずきさんはのんべぇだしぃ、
私ものんべぇだしぃ、
そう見えちゃうじゃないですかぁ、って
何ていうんですが、先入観
条件反射的な、そう見えちゃう現象
何て言うんだっけ???
あぁぁ、ボケも始まってきました。

そして、記事に対するコメントに相変わらず
なっちゃいませんi-182

m.m

朝はバタバタしていたので、気持ちがi-179
もう一度読み直しにきました。
大きなシシオドシ 画像は無くとも、文章で
イメージがふくらみました。
ふくらんじゃったイメージはホンモノとは
ほど遠いかも知れませんがi-229

四面楚歌
私も大爆笑!

白あずき

i-274すろうさんへ
すごいなー。すろうさんって、日本だけでなく、中国の歌(あ、歌ではないか、故事?)とかスラスラ出てきちゃうんだなー。
なんか、そういわれると、周りの4羽が楚の歌を歌っているようですね・・・。(どんな歌?なんの脈絡もなく、キューピーの”たーらこー♪”を思い出してしまった!)

i-274surugakiさんへ
surugakiさんって、コピーライターもやってらっしゃるんですか?!
なんのコピーだったんでしょう?
なんのコピーかわからないとこみると、PARCOあたりかな~。(古い!)

i-274m.mさんへ
”焼酎の甕”・・・ネタをふっていただいて、ありがとうございます。
巨大シシオドシの表現は、残念ながら一緒に行った友達が表現したのをパクッただけですー。
でも、まさにそれです。
私は見なかったけど、その土を人が捏ねたりする巨大餅つき(。←これは私のオリジナルでーすi-229)でもあるらしいです

surugaki

会社案内などの印刷物も、昔は自分で作っていましたので、
その時のコピーですよ~ぅ。では、またあした。
  • URL
  • 2006/03/28 00:41

SO-RA

乳白色の急須も、すごくステキだけれど
小鳥の箸置きが、たまらなく可愛らしいですね!
仲間が増えてヨカッタヨカッタ (^ ^)
そして私がいちばん気になるのは
小鳥の横にある、豆皿!超タイプだ!

窯元を訪れる旅なんて、買い物しまくりそー!

白あずき

i-274surugakiさんへ
すばらしい!アーキテクトとしてやっていけなくても、庭師としても、コピーライターとしても食っていけますね!

i-274SO-RAさんへ
窯元を訪れる旅・・・買いまくってしまいますよー。ハネモノとか結構お買い得ですしね。
でも、なんといっても現地で買う、というのが魅力なのです。
マメ皿は、単体で写真を載せたかったくらい、ほんとはデコボコがいい感じです!
栗きんとんとか、シンプルな上生菓子にピッタリなんですよ。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。