スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪股邸 ⑥ ~茶室編~

長々とぶっ続け (引っ張り、ネタの小出しともいう) ましたが、
今回で最終回です。

前にも書きましたが、猪股邸には、茶室がふたつあります。
ここでご紹介するのは、庭に離れ風に建てられている茶室です。
庭からのアプローチ

こちらの茶室は、玄関から渡り廊下で繋がっています。
(お客さまは、庭から躙り口で出入りします)
渡り廊下

四畳半の茶室
床と炉
内部

水屋の陰影が美しいです。
水屋

DSC_0409.jpgDSC_0523.jpg
玄関側渡り廊下・天井

お正月は、久々にお茶でも点ててみるかー。
おっと、末富に花びら餅を予約しなくちゃ!
待合

猪股邸
 竣工/昭和42年8月
 敷地面積/1,861.7㎡
 延べ床面積/371.0㎡
 構造/木造平屋建 (一部RC造)
 設計/吉田五十八設計室
 施工/水沢工務店、丸富工務店(茶室)

 東京都世田谷区成城5-12-19
 小田急線 成城学園前駅北口より徒歩5分
 ☆詳細は、(財)世田谷トラストまちづくりのHPでご確認下さい。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/429-7c42d881

Comment

美鳥花

最終美に充分「四畳半」に魅せられしやしたよ~~~♪お茶など点てるみやしょうか。
いいなぁ~~呼んでおくれゲンチャリに老松さんちの和菓子そいからノロからの離脱お祝いに「越の寒梅」積んでかけつけまっせーーー(そこかよ!進歩なきババァ)
そーーいえば、今年のスタートは「小堀遠州さま」のお茶室、お茶グッズ観展からはじまっただーーー!君、縁の神戸大丸ミュージアム
  • URL
  • 2008/12/14 16:28

シードル

↓ 茶室の隣が北欧ちっくな書斎でびっくり。
血気盛んなころ茶会に着物着てって狭い茶室で足がしびれて
地獄の苦しみを味わいました。
足くずすにもぎゅうぎゅうだし、前に足をのばすしかないし。。
(ンなことデキネー;)
苦しみ悶えながらリベンジを誓って毎度玉砕して公衆の面前で
醜態を曝しまくりました。

それ以来茶室は見るだけ~
茶会は立礼席だけー(が希望)
でもしっかり菓子と点心は食う!
炉がきってあるのが冬らしいですね。
うちは開運堂(何度目だこの名前)で花びら餅予約でーす。

白あずき

>老松さんちの和菓子
>「越の寒梅」積んでかけつけまっせーーー
やたーーーーっ!
お湯沸かして待ってるよ~っ。
あと、ツマミ作って待ってるよ~っ。
あ、オナカ空いてきちゃった。 ノロ完治です。

茶道はデタラメだけど、お茶の世界って楽しいですよね。
特に、季節ごとの行事が。
自分の生活にも取り入れたいと思いつつ、ムリムリ・・・
まぁ、ワンポイントずつとか、テイストだけ真似っこして遊んでみるのが好きです。


白あずき

私も、とにかくもー、正座はだめだめです。
ましてや、着物で正座はありえない。

以前お付き合いのお茶会に行って、
もう何年もお茶やってないから忘れてる~、前の人の真似すればいいよね、
なんて言ってたのに、ハッと気がついたらお正客席に追いやられていて、
大変な思いをしたことがあります。
ひ~v-12

私も、お茶室は見るだけが気楽~

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。