スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓フェチ すなわち 硝子フェチ

前回記事の「建物のカケラ」展示を見るため、
久しぶりに、江戸東京たてもの園に行きましたので、
しばらくは、その時の写真が続くと思います。

江戸東京たてもの園は、
「都内に所在した近世初頭から現代までの文化的価値の高い建造物」 を移築し、
復元・展示している、都立の屋外型博物館です。
もー! わくわくするような建物がいっぱい。

さて、プロローグは、窓と硝子の写真を少しだけ。


窓が大好きな私ですから、
窓枠に嵌められた、こんな硝子に目が留まります。

是清邸①
2.26事件で暗殺された、高橋是清邸の窓硝子。
是清邸②

同じく、高橋是清邸。
暗殺された部屋の周りの硝子戸です。
一昨年来たときは、このゆらゆらの硝子越しに見る庭の樹木が綺麗でしたが、
一昨年の写真)
20060409151928.jpg
今回見えるのは・・・ははは、ビデ足場 (補修工事中)

是清邸③


化粧水などを製造・販売していた
村上精華堂の玄関長押の嵌め硝子

精華堂

硝子といえば、曇り硝子。
子宝湯
北千住にあった銭湯の”女湯”入口。
注)けして、”女湯”フェチではありません

女湯
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/456-8752720e

Comment

美鳥花

喰いつきながら魅せていただき!
素晴しい日本家屋ですね!昨年の春 広島県の鞆の浦ってとこ旅ingしましたがここんちも
丸ごと江戸~~~って感じの建物だらけの中でフツーに生活してたジン。保存問題で揺れてましたがその後どうなったのでしょうかね。
  • URL
  • 2009/01/29 11:07

シードル

1枚目のはおばあちゃんちを思い出します。
曇りガラスの水墨画風風景画でした。
となりに足つきアンテナつきの木枠テレビにこたつ。ああ懐かしい~
5枚目のザラザラの色ガラス!
こういうのみんなどこ行っちゃったんだろうか。

>注)けして、”女湯”フェチではありません
えっ男湯ふぇちだったのか!
あっ石投げんなっ; 投げるなら建物のカケラがいいっ!

ブリズ

その女湯のすりガラスは
なんだか色っぽいねぇ。

そうそう、女湯で思い出したけど、
最近温泉とか行くと、
女湯と男湯を時間で区切って交代して
どっちも行けるようにしてあるよね。
色々楽しめるのはいいよね。
なんだか温泉行きたくなってきた!
  • URL
  • 2009/01/30 10:03

m.m

ビデ足場ではなく、ビケ足場ですよっ!
と突っ込もうと思ったら、あるのねビデ足場i-229

ちなみにうちの社長は ヒに○で、ピケさん、ピケさんって呼ぶ。
(ピとビをこの文字の大きさで書いても、リアリティないですねi-237) 

女湯を撮っちゃうあたり、日光金谷の更衣室を思い出しますわ。

白あずき

広島県の鞆の浦だって~???
そこ、今一番行きたいと思ってるところなんす~!
通販雑誌のロケ地で、すっごい魅力的な背景だったから、
調べてみたら、鞆の浦だったんす~。
いいな、いいなー。
そのうちゼッタイ行くぞー。

美鳥花

 またきたよ~~~♪鞆の浦ええよ!
あの池田武邦氏が保存運動してるとこなんよ!竜馬の足跡とも遭遇やんか。ここを後にしてよってけした岡山の「閑谷学校」がまたまたええよーー!今度帰省したら池田氏の住処にもよってけするつもり(西海橋の近くらへん)
  • URL
  • 2009/01/30 22:35

白あずき

> 1枚目のはおばあちゃんちを思い出します。
> 曇りガラスの水墨画風風景画でした。

あー、なんかわかるー。 その感じ!
あと、ざらざらガラスね。
紙をあてて、鉛筆でこすったりしたっけ・・・

> えっ男湯ふぇちだったのか!
あっ! そうきたかー・・・。
いや、違うって。
銭湯なんか覗いたって、拓哉とか福山はいないっしょ!
(すまん。面食いだ。)

白あずき

> その女湯のすりガラスは
> なんだか色っぽいねぇ。

え~っi-198
てことは、なんか妄想しとるな?

> 女湯と男湯を時間で区切って交代して
> どっちも行けるようにしてあるよね。

そうそう、ありますよね。
一日ごとに替えるとか。
私は温泉好きだけど、お風呂って結構疲れるので、
一日目しか入らないことが多いんですよね~。
(単に前日飲み過ぎるからか?)
だから結局片方しか入らないでしまうこと多しです。

白あずき

> 突っ込もうと思ったら、あるのねビデ足場i-229
ふふふ・・・。
元ゼネコンですから、そこらへんは間違いませんよ。
ビティ足場ともいうんだったかな?
でも、ビケ足場は知りませんでしたー、はははi-229

> 女湯を撮っちゃうあたり、日光金谷の更衣室を思い出しますわ。
うーん。
想像するだけで、色っぽい感じがしますね・・・って、ブリズさんじゃないんだから!

白あずき

>  またきたよ~~~♪鞆の浦ええよ!
早っ!
お返事書いた直後にコメントが入っていたので、行き違いかと思いましたよ・・・。

> あの池田武邦氏が保存運動してるとこなんよ!
池田武邦さん、知らなかった~。
ハウステンボスの人なんですね~。
へ~、色々名所もあるんだ。
私は、単に、なーんでもない町並みが、すごく懐かしくて、惹かれたんですよね~。
そう、どこか懐かしい昔こんなとこがあったなーって感じ。
なくなって欲しくない風景ですね。

fabio777

はじめまして。
昔は器用な建具職人さんがいて、こういう趣のある窓が普通に作れたんでしょうね。これってとてもすごいことです。サッシメーカーの既製品を使うしかない今は、こんな手作り窓は望むべくもないのかな。第一、すりガラスが手に入らないし。
鞆の浦、わたしも行きたいです。あと、尾道も。日本設計出身の池田武邦センセイが保存活動しているのは、知りませんでした。
  • URL
  • 2009/01/31 17:11

白あずき

はじめまして! ようこそ!

今の窓って、みんな既製品で規格品で、個性がないし遊びがないですよね。
特別なものを作ろうとすると、コストがかかるし、職人も居ない・・・。
でも、このザラザラのガラスとか、いろんな幾何学模様のガラスとか、
昔は既製品としてあったんですけどねぇ・・・(いくつなんだよ、私は!)
こういう風景って、そのうち博物館に行かないと見られなくなってしまうんだろうなぁ。
鞆の浦、ぜひ、住民と合意できるいい形で、保存が実現してほしいものです。

いま、fabio777さんのブログにオジャマしてきましたが、
サントリーのCMネタで盛り上がって、長々とコメントしてしまいました。
すいませんi-230
私も、日本の懐かしい風景が好きなので、
また伺いますね。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。