ヒミツの居酒屋

あぁ・・・、「酒」 の一文字が、今宵も私を誘なう。
こんな寒い夜は・・・。

酒のれん

こんな佇まいの居酒屋で、ひと肌のぬる燗を・・・
いや、こんだけ冷えると、きゅ~っと熱燗もいいかな。

鍵屋
全景

って、実はここ、例の『江戸東京たてもの園』の一角に移築保存された
居酒屋 鍵屋
店内も、当時のまま再現されています。
(建物は、安政三年建造。内部は昭和の頃を復元)
20060409152131.jpg
(今回店内の写真を忘れたので、これだけ一昨年の写真です。ボケボケ・・・)

ここは、小上がり
小上がり
奥に見える電気炊飯器、なつかし~。(年バレ)
その下には、洗濯機ぐるぐるノシイカ製造ハンドル付き。(わかる人は同世代以上)
これ、ここの家の方が実際使っていたそうです。
で、今回は上がれませんでしたが、以前来たときは入れた2階に住んでいたそうです。
・・・なんで知ってるかって?
当時、ここに実際住んでた人から、直接聞いたんだもーん。

実は、鍵屋さんは、二代目建物で現在も営業中。
そこのおやじさんに聞いた話しです。
店内の写真はありませんが、ここが現在の鍵屋。
現鍵屋
渋い~~!店内も、昭和そのものです。
だけど、それだけじゃなくて、
お店の中は暖かい、昭和の時代の空気が流れています。
”三丁目の夕陽”そのものですね、と、よくお客さんに言われるそうです。
人の良さそうなおやじさんは、無口そうに見えて、実は人懐っこい。
カウンターに座ると、ぼそぼそと色々声をかけてくれる。

そして、三角布をきりっとかぶったおかみさんは、ちょっと向田邦子風。
(と、私は密かに思っている)

以下は、たてもの園の復元された店内に置いてあるおしながきや、薬味箱だけど、
現店舗も、値段を除いてそっくりこのまんまなのが、オドロキです。
ネギ箱
↑木で出来た薬味箱には、刻みねぎがたくさん入ってきて、
煮奴などの小鍋ものを頼むと出てくる。
薬味好きにはタマラン。

↓一番左の”雀やき”以外は、ほとんど今も同じメニュー。
箱の中の山椒は、おやじさん曰く、
 「たたみいわしにかけてみて」
たしかに、合うんだ、これが!
おしながき

いい気分になって、お店を出るとき、さらに暖かく懐かしい気持ちになるのが、
おやじさんとおかみさんの、
 「ありがとう存じます
の一言。
昭和どころか、江戸の町にタイムスリップしたような、
おみやげをもらったような、いい気分で、のれんをくぐって店を後にするというわけです。

「おしえたくない店」 なんて、もったいつけるほどケチなニンゲンではありませんが、
ここはあんまり、知られたくないな~。
ひみちゅの居酒屋だぁー。
(実は、調べればすぐわかります)
表札
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/458-2fca2a27

Comment

ブリズ

ま、要は酒ね。
それもいいね。
しかしこの薬味箱はいいねぇ。
江戸ってやっぱり、
時代としても粋だよね。^^
  • URL
  • 2009/02/03 10:21

美鳥花

 向田邦子健在の時にいきたかった「ままや」
約10年前に閉店したんよね!
「酒」の一文字をアタスの方が呼んでる~~^^^♪ほーよほよよ~~ほーよほよよ。。。
誰一番先にこんなうめぇ~~飲み物作ったんやろうね!
キャキャ。電器カマもいっそのもってるよ!
電器コードが布巻きでええんよ!
もちろん「3丁目の夕陽」も観たぞ~~♪
  • URL
  • 2009/02/03 18:32

シードル

雪の中を、明かり頼りに格子戸をガラガラっと入って
湯気の中で熱燗をキューっと。
あ~やりたーい。
最近は猫相手に自宅酒ばっかです。
気楽ではあるけど、こんなお店なら出かける甲斐がありますね。
お品書きのお値段もおっとびっくりなうれしさ。
山椒の粉か、家にいっぱいあるからやってみようっと。

をい、こんな隠れ家をいくつ持ってんだ~

白あずき

> ま、要は酒ね。
そ・・・、それを言われると、ぐぅの音も出ませんがな。

> しかしこの薬味箱はいいねぇ
薬味箱、ほしいくらいです。
なんとなく、特注っぽいな。
あ、おしながきも板だし、
熱燗も、小上がりの席だと、木の岡持に入れて運んでくれるんですよ。

白あずき

>  向田邦子健在の時にいきたかった「ままや」
私も行きたかった~! 赤坂にあったんですよね。
もしかして、向田邦子の暮らしのなんちゃらという本、持ってます?
いくつか、ままやのメニューのレシピも載ってますね。
そのうち作ってみようと思いつつ・・・幾歳月・・・

> キャキャ。電器カマもいっそのもってるよ!
> 電器コードが布巻きでええんよ!
布巻~! 懐かし~i-282
とかいって、物置の奥に今もあるはずの炬燵もたしか、布巻コード・・・
いまだに、昭和な我が家です。

白あずき

そうそう。
暗い夜道の彼方に、ぼんやり赤いちょうちんや、灯りを見つけたときのわくわく・・・
ちなみに、昔それで、ちょうちんの灯りに誘われて近寄ってみたら・・・
お通夜の斎場でしたv-12

> 最近は猫相手に自宅酒ばっかです。
それも理想ではあります。 うめを相手に・・・いひひ。
でも、こんなお店でくぃ~っは、やっぱ至福のひとときです。
つまみも、自分で作らなくていいし。(そっちです)
あ、ここの”たたみいわし”は、くるんと巻いていて、
炙った後醤油を軽くつけてます。
そこにサンショを・・・くぅーっ。
酒だーっ、うめ、酒をもてーっ!

かげ

いや~懐かしい形の炊飯器ですね~
ハンドル付きの洗濯機!いや~懐かしい・・・
って言っていつも「年ごまかしてるだろ!」と突込みが入ります(^^ゞ
飲み屋の燗つけ、渋いですね~
ぜったい長居してしまうなぁ・・・

白あずき

> いや~懐かしい形の炊飯器ですね~
> ハンドル付きの洗濯機!いや~懐かしい・・・

ほんとに、知ってます~???
> いつも「年ごまかしてるだろ!」と突込みが入ります(^^ゞ
・・・ということは、若く見えるほうですか?
いいなー。いいなー。いいなーi-232

まずは、ぜひ『江戸東京たてもの園』の鍵屋さん、行ってみて下さい。
(近いんですよね?)
で、気に入ったら、現役の鍵屋さんもぜひ!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作