立春大吉!

立春大吉

・・・を、『立呑み大吉 (たちのみだいきち)』 と読み間違えたことはありませんか?
私は、もちろん、あります。

鼓月

昨日は、節分でしたね。
豆まき、しましたか?

我が家では、うめ様が、
すでに黒豆をた~っくさんバラ撒いてくれてましたので●、
あえて、やりませんでした●●●


写真のお菓子は、大津の友達が送ってくれた
京都の 鼓月 さんのお菓子で、
その名はなぜか、お年越し
お年越し

なぜかとググってみましたら、

節分の本来の意味は季節の変わり目のことで、
立春・立夏・立秋・立冬の前日のことであった。
特に、立春の前日の節分が、年越しにあたり大切にされ、
いつしか節分とは立春の前日だけを指すようになった。

                  (Wikipediaさん、いつもありがとう)

で、節分=お年越し。
そういえば、厄年も節分までの区切りでしたね。

さて、「立春大吉」。

禅寺では、立春の早朝、
厄除けのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があるそうです。
よく、お店なんかでこの言葉を縦書きした貼り紙をみたことがありませんか?
なにやら、おめでたい感じはしますが、こんな説もあります。

「立春大吉」という文字は、縦書きすると左右対称なので、
表から読んでも裏から読んでも同じに読める。
そのため、鬼がこの札の貼ってある家の門を入って、ふと後ろを振り返ると、
その札は、裏から読んでも同じように立春大吉と書いてあるので、
鬼は、”まだここには入っていなかったな”と思って、また門から出て行ってしまうとか。
まぁ、一年間災難にあわないというおまじないのようです。

では、みなさまのご健勝とご発展を祈念しまして、

 オニはーっ、外。 うめはーっ、うち。

               
        春
        大
        吉
 
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/459-3fbaa0a7

Comment

surugaki

勉強にあります。世界から必要とされるブログとは、こちらの
ブログのことですね。(感心)節分は、コンビニの戦略にまんまと
引っかかり恵方巻をほうばっていました。そんな自分が情けなく
なりましたが、酒が程よく回ってきたので、よしとしました。

かげ

ふむふむ、なるほど、勉強になりました。
うちは豆まきしないで少しポリポリ食べたくらいでした。
いまのところ読み間違えていないので酔いが足りないようです(^^ゞ

↓の洗濯機や釜、母の実家で使ってましたよ。ペダル付きのバイクなんかもありましたし。

美鳥花

ふん。ふん。ほんわか~~知識に白あずき嬢の「確答印」でまたまた立春学習しやした!
誕生美の直後に迎える 節分の儀式翌日の
立春が言葉も響きも好き~~~♪この日から
アタスにとっての新年が始まるって毎年さらに
心新たに大切な日です。
↓惜しくも台北上空に散った 大輪の黄色いバラ ●向田邦子女史に関する書籍は、すべて持ってます! 空さぁ見上げ~~「大根の月」が観れた時は必ず彼女のことを思い出してます! いまでもこれからもずーーーと多感なおかんのババァです(笑)
  • URL
  • 2009/02/05 16:26

シードル

大津絵に鬼の絵がありませんでしたっけ?
節分とは関係ないんだろうか。。
それと酒飲んでる猫と鼠の絵とか。
白あずき氏とうめっちを瞬間連想してしまいました。

おかめの打ち菓子と豆と枡なんて楽し~!
そういえば、友達の家の柱に「立春大吉」が貼ってあったな。
こういうことだったんか。
ずーっと貼ったまんまなんだけど、、いいのか?

白あずき

> 勉強になります。
ワタクシもデス。
ネタのない時ほど、いっしょうけんめい調べて書きますので、
たいへん勉強になりますね。
だけど、来年にはまた忘れて、同じことを調べていることでしょう。

恵方巻に関しては、思うところがいろいろありますが、
バレンタインしかり、食い物がらみの行事には、
あえてまんまと乗ることにしています。

白あずき

> うちは豆まきしないで少しポリポリ食べたくらいでした。
ところで、TVでやっていましたが、
関東などでは、大豆のお豆?ですが、
東北ではピーナッツで豆まきします。
密かに、白あずき家だけだと思っていたので、ちょっと安心。
だけど、ピーナッツの方が、拾って食べられていいんだもーん。
かげさんとこでは、ナニ豆食べました?



白あずき

> アタスにとっての新年
ほんまに、そおなんですね~。
「お年越し」、まさに、ぴったりじゃないすか~。

> ●向田邦子女史に関する書籍は、すべて持ってます! 
やっぱり~。 そんな気がしたのさー。
私も好き! 
『父の詫び状』とか、泣けます。
あ、もしかして、「う」の引き出し持ってたりして?

白あずき

> 大津絵に鬼の絵がありませんでしたっけ
あるあるー。
もろ、節分の絵もありますよね。
だけど、念仏唱えてるのがメジャーみたいですね。

> それと酒飲んでる猫と鼠の絵とか。
さがしたー。 あった、あったー。
笑いました・・・↓
http://www.otsue.jp/images/g_detail/neko.html
> 白あずき氏とうめっちを瞬間連想してしまいました。
うめとネズミ、似てるー! トンガラシを箸で持ってるとこが、カワイイ!

「立春大吉」、書いてうめ様の小屋・・・おっと、お部屋の入口に貼っておこうか。
あいつも 「立ち呑み」と読むな、きっと。

m.m

なるほどなるほど、鬼のエピソードが面白いです。

豆撒きしなかったよ。
だからか、最近のちょめちょめi-229
がくっ=

私はコンビニ(スーパー)戦略には、はまるまいと寿司ネタを仕入れ、
さて、巻き巻き♪という場面で、海苔が切れているという、
財布を忘れたサザエさんのような、
愉快なオチ。

金沢とは天と地の海鮮丼にしました。
久々に銅の玉子焼きが活躍しました。
私が作っても、おいしくなる♪とさ。

白あずき

> 豆撒きしなかったよ。
> だからか、最近のちょめちょめ
i-229
き、気のせい、気のせい。
寿司食べたなら大丈夫!
え? 海苔なかったって? うーん・・・

> 財布を忘れたサザエさんのような
ゆかい、ゆかい。
うちの母は、同窓会を一週間間違ってたな・・・
あれ? これもどっかで聞いたような話し・・・。
m.mさん、結婚式一週間間違えて、軽井沢に行っちゃったことなかったっけ?
おっちょこには、豆撒いてもムダだぞ。

m.m

軽井沢の結婚式お呼ばれは、
たった2日の間違いです。
チューズディとサーズディの違い。
英語にすると似てるでしょ。

もちろん招待状には木曜日と書いてあったはずですがi-229

あの頃は、一月の時間外労働が220時間を超えていたので、
だいぶ、モウロウとしていましたね。

ね、ね、仕方ないことでしょi-179

白あずき

あ、たった2日でしたか、はいはい。
それは記憶違いでした、失礼。
でも、遠い軽井沢に、一日おいてまた行ったのはタイヘンでしたね~。
一月の時間外労働が220時間を超えていたのに・・・
だいぶ、モウロウとしていたのに・・・

二度とこのような間違いを起こしませんよう。
そして、そんな生活を、あまり長く続けませんよう、
どうぞ、どうぞ、ご自愛下さい。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作