ドラゴンの住む寺

通りがかりのお寺の境内に入ってみたら、
そこには、一匹のドラゴンがいました。

ドラゴン

なんつって、これは、コウヤマキ(高野槇)の枯木。
第二次大戦中の、昭和20年5月の空襲で戦火を浴びたもので、
戦争の痛ましさを忘れないように保存しているのだそうです。

ドラゴンの木

円乗院
ここは、小田急線 世田谷代田駅近くの、円乗院というお寺。
境内は、さほど広くないのですが、きれいに手入れされたお庭に、
梅の花がよい香りをさせていました。

紅梅も。

紅梅

白梅も・・・。

白梅

枝垂れ梅は、今にもツボミがほころびそうに、陽を浴びて光ってました。

枝垂れ梅

紅梅も、

紅梅②

白梅も・・・梅、ウメ、うめ・・・
あ、うめに会いたくなってきたから、早く帰ろう。

白梅②1

初夏には、たくさんの蓮の花が咲くようです。
その頃は、なにをしているんだろう。
また、訪れてみたいものです。
蓮鉢

そして、ドラゴンは、一声の雄叫びを残して、
青い空に飛び去って行きました。

ドラゴン後ろ姿
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/462-fd2d8fd2

Comment

ブリズ

重要な役割を担ったドラゴンなんですね。
確かに平和な時代が長いから
忘れがちなものが一杯ありますね。
身近に大切なものがあることに
感謝していくとしましましょう。
  • URL
  • 2009/02/12 10:24

シードル

きれいに手入れされてますね>梅
もう六分咲きのもある!
こっちなんてまだまだ蕾も固いのに。
負の遺産のドラゴンの木ですが、
何かを訴えかけてるオブジェにも見えますね。
このお寺も被害を受けたんだろうなあ。。

ぎょっ!この鉢ぜーんぶ蓮の子供?
ぜひ夏に再レポきぼん。
ドラゴンていうと勝手にいろいろ連想。
マ○ガとか、アニ○とか、映○とか。(程度がわかっちゃうorz)

美鳥花

 最期の決めのフレーズがカッコイイやんか!
と思いながらドラゴンの雄叫びってどうんなん?って色々いろ自分でも叫んでみようとおもったけど、うん。まだ羞恥心が残ってるみたいです!
でぇ。今日、君ブログの栖鳳さんち跡のイタリアンレストラン行ってきたぜぃ!
★大満足~~~~♪
おせーてくれませてありがとよ!
昼餉の前に建仁寺にもよってけして「双龍図」
観てきやしたよ!
アタスにとってのドラゴンは「ドラゴンボール」
かな!ムスコッチズをこれ観せながら育成したからなぁ~~~~!
平和な日々に感謝!写真のコウヤマキドラゴンに向かって合掌!


  • URL
  • 2009/02/12 20:58

白あずき

いつになく、真面目なコメントありがとうございますi-227
おっと、失礼。

原爆記念館に行ったとき、やっぱりかなりインパクトがありました。
戦争を経験していなくても、こういう遺産に触れることによって、
感じることが出来るかも。
あとは、伝える人と、聞こうとする耳、かな。
あ、いつになく真面目なお返事になってしまいました。

白あずき

そう、とても手入れの行き届いた境内でした。
流水もあり、ちょっとした一休みベンチもあり、
近所に住んでいたら、ぼんやりお散歩に通いたい。
(お弁当でも持って)

> 負の遺産
まさに、そおですね。
すごいインパクトでした。
もう60年以上もこの形でここにいるのね・・・。

> ぎょっ!この鉢ぜーんぶ蓮の子供?
はい。
しかも、蓮の鉢、まだこの倍はあったんだな~。
夏まで覚えていたら、また行ってみたいけど・・・
記憶力が・・・
時期になったら、つっついて下さい。

白あずき

>  最期の決めのフレーズがカッコイイやんか!
うふ♪ ありがとうございます。
でも、ほんとに空に向かって駆け上ってるみたいに見えてきません?
羞恥心なんてかなぐり捨てて、雄叫びってみてみて~。

> 今日、君ブログの栖鳳さんち跡のイタリアンレストラン行ってきたぜぃ!
早速ありがとうー。
ほんと、思い立ったら早いですな~。
なかなかよかったでしょ? ご贔屓に。

「ドラゴンボール」 ですかー。
私はやっぱ、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』どす。

アベッカム

最後の写真などは、特にインパクトがあるとおもいます。素晴らしいです。

 うまく表現できませんが、深く印象に残りました。

 ご無沙汰なのに、ひねりのないコメントですんません。
  • URL
  • 2009/02/16 21:59

白あずき

いや、べつにひねりとか、なくていんですよ。
ついオチをつけたくなる性格?
わかる。 わかります。
最後の写真なんて、まさにオチねらいだったかも・・・
なのに、褒めていただいてウレシイです。
でも、たしかに近くで見ると、やっぱり迫力です。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作