赤光のアインシュタイン塔

とにかく、日射しの強い日でした。
プラタナスの実も、青い空にクッキリです。
(レンズの汚れも、クッキリ・・・)

プラタナス

大赤道儀室を後に、雑木林の中を抜けると、
そこにそびえ立つのが、アインシュタイン塔
これも、国登録有形文化財。

雑木林を抜けて
アインシュタイン塔

だから、すんごい日射しだったんですってば。
でもって、逆光で、
しかも、ここは立ち入り制限していて、建物の近くまで寄れません(涙)。
なもので、このアングルでしか撮れず、逆光のままお送りします。
すんません。

窓
入口

この入口庇のカーブ!
近くで見たかったなぁー。

玄関庇

正式名称:太陽分光写真儀室
設計:東京帝国大学営繕課
施工:中村工務所
完成:昭和5年(1930)
構造:鉄筋コンクリート造、地上5階、地下1階(この部分のみ大正15年完成)建て
中は吹き抜けになっていて、高さ約20mの天辺のドームから入った光は、直径65cmシーロスタット(平面鏡2枚)に反射して垂直に取り込まれ、北側に続く半地下の大暗室で七色のスペクトルに分けられる構造

ちなみに、アインシュタイン塔の名前の由来は、
ドイツのポツダム天体物理観測所にあるアインシュタイン塔と同じ構造と機能を持っていたため。
ちなみに、ドイツのアインシュタイン塔は、一般相対性理論を太陽光の観測から検証する目的で建てられたものだから・・・私には、サッパりさち子さんです

で、逆光にジャマされていないアインシュタイン塔の正体はこんな感じ 
einstein.jpg
※国立天文台HPより
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/479-e6220983

Comment

美鳥花

☆アインシュタイン=相対性理論とあの天パーおかっぱヘアーの舌出しジンの写真がひらめきましたが~~~このジンゆかりのレトロな
建物の存在を初めてしりました!
逆光の方がより素晴しく観えるのはアタスだけ~~~!そいからプラタナスの磨いたぜレンズからの天翳し実も素敵やんか☆
  • URL
  • 2009/03/21 21:43

シードル

アインシュタイン塔
名前からハイIQの天才的なオーラが逆光のスペクトル光線とともに
じわじわきます。
これと同じ機能のものがドイツにもあるんかー
同じ観測を西と東でやってると思うと距離感が変わりますね。

立ち入り禁止なのはなんでだろ?
見ごたえありそうなのにもったいない。
半地下の大暗室ってー!そそられるじゃないか。
見せろよ減るもんじゃなし。
もしやなにか見せられないものでも。。

白あずき

舌だしアインシュタインは、ウォーホルですねん♪
最近では、唐沢くんとのインスタント・コーヒーのCMが・・・。

逆光はけっこう好きで、写真でもバンバン歓迎しちゃうんですけど(アラが見えなくなるし・・・)、
これは見えなさすぎ・・・i-229
まぶしいし・・・。

プラタナス、もう少しすると新芽のボンボンが。
これまたラブリー。 ぜひ、探してみてください♪

白あずき

建物の名前、もらったパンフを読むと、ふむふむなのですが、
予備知識無しに聞いただけでも、
なんだか意味もわからないくせに頭の中に銀河系が渦巻いて見えてくるのだ~v-352

たぶんここ、以前は近くまで行けた筈なんです。
だれか、いたずらでもしたんじゃないかなーと・・・i-182
あ、近くで撮れなかったので写真はありませんが、
タイルはスクラッチタイルだそうですよん。

>もしやなにか見せられないものでも
そっちの妄想の方がおもしろそうだな・・・

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作