背中、押します。 (旅のススメ)

え~と、記事のアップというほどのものではありません

「旅行の段取りすら出来ず、ひたすら机に向かっている」 というm.mさんのために、
過去記事の使い回しと、きちゃない昔の携帯写真を引っ張り出して、くっつけてみました。
もし、仕事が片付いて、大分旅行が実現しそうだったら、
参考にして下さい。
(実現しなかった場合は、ただのイヤガラセだな)

とかいって、また背中押してみます。
(他の人の背中、押しちゃったりして・・・)

ずーっと前に行った、大分県日田市の近くにある、
小鹿田焼の里の思い出です。




(以下は、2006年の記事に加筆修正したものですが、
文中の現地の写真は、当時携帯で撮ったものを引っ張り出してきました


我が家にある小鹿田焼の急須と、コーヒーカップ&ソーサーです。
20060326225659.jpg
ちなみに、この日のオヤツは「梅が枝餅」!

小鹿田と書いて、「おんた」と読みます。
大分県の日田市から車で40分くらいのところにある小さな山里が、
この焼き物の里です。
その名も陶芸の里らしく 「皿山」 といいます。

ここの焼き物に初めて出会ったのは、まだ高校生の時。
地元の民芸食器などを扱う 『光原社』 というお店(いつかここのことも書きたい)で、
小鹿田の食器に出会い、いっぺんで魅せられてしまいました。
小鹿田焼は日常使いの器ですから、お値段もお求めやすいのですが、
なにぶん私はその当時まだ高校生。
お金もなかったけど、自分の食器を買う・・・なんて思いつかず、
その時は小さな鳥の形の緑の箸置を二個、買い求めました。

それから○年経ち、可愛らしい?高校生だった私は、
立派に!成長して、念願だった小鹿田の里を訪れました。
2004年の初夏のことです。
小鹿田① 小鹿田②
里が一望出来る小高い高台にのぼる一本道沿いに、10軒の窯元が点在しています。
そして、その一本道に絡まるように流れている川の水を利用した「唐臼(からうす)」のある小屋が、
窯元毎に建てられています。
小鹿田③ 小鹿田④
この「唐臼」は、シシオドシを巨大化したようなもので、
川の水力で陶土を捏ねる(打つ?)もので、
里のあちこちから「ギー・・・ドシーン!」という音が響いてきます。
この音は、環境省の”残したい日本の音百選”になっているそう。
窯元はそれぞれ家屋の隣や一部に直売所を持っており、
緩い坂道を登りながら、一軒ずつ店を覗きながら登ります。

小鹿田⑦最後の窯元で、○年前、高校生だった私が買い求めたのと同じ、
緑の箸置きの小鳥をみつけました。
感動!旧友に出会った感じです。







友達へのお土産用とは別に、自分用にまた3つ買い足してきて、今はほら↓、5羽になりました!
20060326225719.jpg
どれが○年前のものか、もはやわからない?

別タイプの箸置きと豆皿20060326225735.jpg



P1010500.jpg
並べ替えて遊んだりして・・・
四面楚歌・・・なんちって20060326225748.jpg





ははは・・・手抜き~。
この後、都内の民芸品やさんで、急須とおそろの湯飲みを買ったり、
相変わらず小鹿田熱は冷めていません。
やっぱり小鹿田の肌が好きだな~。
窯元の町に行って、ますます好きになったみたいです。


さて、皿山の里を降りてきて、日田の町を歩くのも、また楽し。
日田は、天領水と、羊羹が有名ですね。

楽しい蔵元、気になる蕎麦屋、渋い羊羹屋さん、
見にくい写真ですいません・・・あとは、こちらで→日田市観光協会HP

古い店構えの赤司日田羊羹本舗
赤司日田羊羹② 赤司日田羊羹①


いい感じの蕎麦屋さん 麦屋』。
夜行きたかったと思った記憶だけが・・・(きっと地酒があったんだな)
豆田町・麦屋

日田の地酒 薫長』。 
泊まりでくれば良かったと思った記憶が・・・(地酒だからな)
豆田町・クンチョウ
おっと! いいちこも日田なのね!
いいちこのポスター、いいよね!

願わくは、よい旅を! (背中、もうひと押し!)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/514-164912d3

Comment

m.m

ございます♪i-179

なんかこの私のためにある記事!!
というラグジュアリ感で、旅行に行かずとも
お腹いっぱいになりそうですi-228

全然背中を押させてないですねi-278

爺風に言えば、
この記事をプリントして旅のお供にさせて頂きます~ぅ。
という気持ちです。
なぜ、爺風に言わなければならなかったのか、特に意味はありませんがi-179

いつかきっと、行くぜ皿山の里!
その時までに復旧してね東名高速i-34i-203

車で?
  • URL
  • 2009/08/13 10:26
  • Edit

美鳥花

背中どころかお腹も後頭部もアタスの好きな
大殿筋裂肛部(オィ変態か~そーだよ)も押してくれませた 緑なる小鳥のお箸置きには、いやがらせ感もビーム!今夜もどの写真を焦点にしてコメ書くかまよったぜぃ!
この葉月は、「動かざるごとじゃまのごとし」で
毎年、まいかた市エリアからでませーん!
どこもここも夏休めジンだらけなので。
美しい首をながーーくしてまってろよ 長月♪
そういえばアタスも可愛らしい高校生だったなぁ~~~キャキャ。

  • URL
  • 2009/08/13 21:54

シードル

どっかで見たぞと思ったら小鹿田焼の里総集編だー
NHKの見たかった番組の再放送キター━━━(゜∀゜)━━━ !!!!! 状態!

小鳥の箸置ききゃわいー!
好きなものが続いてて流れがあるっていいなあ。
私は飽きっぽくてダメなんす。
「うわおぅ取っときゃ良かった!ohマイガッ」何度やっても学習しないし。
「ちきりや」で買った会社用白いマグカップが画像の急須と同じ、、?かも。
そして割ったorz

「いいちこ」うめーですよね。
アートディレクターの河北氏の講演聞きに行きました。
ポスターばっか見てたっけ(汗

白あずき

どおいたしまして♪

オナカいっぱいになってしまいましたか(逆効果)
それは、残念。

仕事は落ち着きましたか?
夏休み、ゆっくり取れるといいですねん。

私は昨日、お盆帰省から戻りましたが、
郡山を通過i-32する時、念を送らせていただきました。
爺風に言うなら、気を送ったとでもいいますか、
なぜ爺風に言ってしまうのかは、不明。
  • URL
  • 2009/08/15 10:10
  • Edit

白あずき

あ、押してしまいました?
ちょっと押すと、速攻押されてスイスイ行っちゃうからなー、姐さん。
最近引きこもってるみたいだから、秋になったらでかけてみては?
私はこの旅の時、臼杵の磨崖仏まで足を伸ばす予定だったのですが、
台風が迫っていたのであきらめて、福岡経由で帰りました。 ぐすん。
いつかまた行きたいところ百選のひとつです。

> そういえばアタスも可愛らしい高校生だったなぁ~~~キャキャ。
プログって、便利だな~~~キャキャ。
  • URL
  • 2009/08/15 10:22
  • Edit

白あずき

すんません。 総集編というより、再編集。
レギュラーが不祥事起こして放送できないので、
今週は昔の番組を再編集してお送りします・・・的な。(意味不明)

> 私は飽きっぽくてダメなんす。
私もですが、ちょっと忘れていても、相手は変わらずにそこにいつもいてくれるから、
浮気してもまた戻ってきてしまうり・・・的な。(またまた意味不明)

「ちきりや」さん、いいな~。
「光原社」も同じような品揃えだと思いますよ。
だけど、そんなお店がすぐ近くにあったら、散財してしまいますね。

> アートディレクターの河北氏
西日本新聞のサイトで河北さんの講演みつけました。→http://www.nishinippon.co.jp/news/2005/perikan/004.html
いいちこポスターの作成経緯とか、面白いですね。
ナレーション、河北さんなんだー。
ちなみに、二階堂のCMも好きです。
  • URL
  • 2009/08/15 10:41
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作