スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京で一番低い山だってさ (飛鳥山)

飛鳥山公園と その周辺の写真の 残りです。

お城
赤青黄色
飛鳥山公園は、むかーーーーし、一度来たことがあったけど、
たしかこの辺に、円形の展望台みたいのがなかったかなー。
電車からも見えたんだ。
あ、「回転式展望タワー」って言うんですね。 ふむふむ。
・・・と、Wikipediaを開いて調べてみたら、なんとなく面白かったので、
飛鳥山公園の歴史を つまみぐい してみましょう。

(太字部分はWikipediaさんより)

 享保5年 徳川吉宗がサクラの苗木を植える整備を行う。
 元文2年 江戸庶民に一般開放。


     そうそう、ここ、桜の名所です。
     吉宗さんが植えたのね。

 明治12年 渋沢栄一が飛鳥山に別荘を構える。

     これは、前回のっけた建物のことに関連ね。

あ、うめ様のゆかいな仲間たちがいました。
うめたち

これ、ツボりました。
 明治16年 高崎線の開通に伴い、かわらけ投げが禁止。
     かわらけ 投げてたんかい!
     しかも、明治になるまで!!

ピンクのうめ様
しろくまくんのおしり

これこれ! 飛鳥山タワーって言ったんだ!
 昭和45年 回転式展望タワー「スカイラウンジ」(通称・飛鳥山タワー)開業
 平成5年 スカイラウンジ廃止


     なくなるってウワサは聞いていた。
     老朽化のせいだったかな?
     登ったことはありませんでした。


そして、もっとも新しい歴史はこれ!
 平成21年7月17日 飛鳥山公園斜行モノレール運転開始。
モノレール
私が行ったときは、試運転中でした。
王子駅側から行くと、結構な上り坂なので、モノレール、あると思います!



公園の話から、まったくかけ離れますが、
ランチした駅前のレストラン、
はっきり言って店内に入ったときは、ママさん達が子供連れで大騒ぎだったり、
正直、”ハズレだな” と思ったのですが、(ゴメンナサイ)
出てきたお料理が、あまりにもその雰囲気とのギャップで驚愕。
味も見た目も、芸術点・技術点ともに高レベル!!
写真はガマンしていたのですが、デザートに至ってガマン出来なくなり、
ついに「写真撮ってもいいですか?」と・・・デザートだけ撮ってきました。

オレンジピューレとソースを添えたチョコケーキ
デザート②

こちらは黒米のプディング、だったかな?
甘みを抑えた小豆粟ぜんざい?て感じ(意味不明)。

デザート

あ、ホワイト フォックス というお店でした。
王子の狐伝説から取った名前ですね。
思わずHP見たけど、シェフさん、なかなかすごい経歴だったんですねー。


行きはJRでしたが、帰りは念願の 都電荒川線に乗りました
そのうち、都電荒川線・途中下車の旅とかしてみたいな~。
都電







スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/531-4b213ca2

Comment

美鳥花

激しすぎやん雨の日々ですがその後ウメピョンの体調はいかかですか?雨にもまけず、そして夏の暑さにも負けずじまいしてますか?
でぇ、時代と自然の流れには逆らえない逆らわないアタスですが「アーーーッ、あの頃はよかったって過去を懐かしむことってその過ぎ去りし日を充実した生き方をしたんやってことなんだ~~て、書きながらも上手く表現できない
もどかしさをーーーー。
この移り変わりいく風景とメタボーうさぴょんの
臀部観ながら~~独り言ブツブツッツ。。。
  • URL
  • 2009/07/26 19:43

シードル

公園の動物の遊具って独特ですよね。
ありえない形とか不条理なキャラとか、素敵。
特に古くなってるやつで塗装が剥げたのも素敵。
うささんタマンネ、1個お持ち帰りしたい。
ところでいばりまくるうさっこ共のうしろで肩を落とす白クマもツボるんですが(笑

王子はあまり行ったことのないエリアです。
ここのレストランのHPにも載ってる広重の狐火の浮世絵好きなんですよ~!
みんなでマイ狐火灯して集合だぜーっ、つるっとした狐がきゃわいくて。
このシェフはなぜ王子に腰を落ち着けたんだろう、聞いてみたい。
アーンド食ってみたい!

白あずき

あらあら、なんか感傷にひたっちゃってる姐さん。
最近、ムスコッチズへの思い入れと相まって、
いろいろ物思うオトメなのね・・・(オトメに年齢制限なし!)。

私もほんっと最近昔のことをよく思い出して、シンミリしてます。
両親が健在な頃、じいちゃん、ばーちゃんが生きていた頃は、楽しかったなー。
町も活気があったし。 なんて。
地元の町を毎日アップしてくれるブログがあって、
時々チェックするのですが、変わっていく町並みを寂しく思いながら、
昔の町並みを思い出して、あの頃はよかったなぁ~と。
決して後ろ向きに生きてるわけではないですが、
昔を思い出すのっていいことじゃーないですか!
それに、時々思い出さないと、忘れちゃうしー。(ボケ進行中)
  • URL
  • 2009/07/26 22:41
  • Edit

白あずき

>塗装が剥げたの
いい味出してて素敵なんですけど、
剥げ具合によっては、ちょっとかわいそうだったりもしますね。
(痛そうな場所とか)
メタボうさ、もちろんまたがってきたのは、言うまでもありません。
(うめ様ごめんなさい)
実は後ろのシロクマの方がお気に入りで、他にも写真撮って参りました。
でも、やはり後ろ姿に漂う哀愁が一番グッと来たので・・・。

私も、この浮世絵好きですー。
あと、王子のお祭りで、きつねメイクして嫁入り行列するの、参加してみたーい。
大晦日だったかなー。 夏祭りだったかなー。
(行きたいなら、調べろよ)

ちなみに、私の推理では、このシェフさん、
奥様(日本人)の地元が王子なのでは?・・・と(根拠なし)。
  • URL
  • 2009/07/26 22:54
  • Edit

アベッカム

その、昔の展望タワーへ、何度か行ったことのあるアベッカムです。

小学生のとき、友人たちと都電に乗って、飛鳥山へ行きました。そのころのはっきりした記憶はなかなかないのですが、回転する展望台へは、登った記憶がしっかりとあります。

 実家は板橋なので、赤羽とかも行動範囲内でした。

白あずき

お! いたいた!
生き証人が・・・。
そうですか、登ったことありますかー。
ちゃんと回転してたんでしょうか? 常に?
たぶん、このうさぎとかお城とか象のすべり台のあったところが
展望台のあったとこだと思うんですが、
ここの広場にあったものも結構レトロで・・・。
(人魚姫の像とか、知りません?)
そんなの知ってる人も少なくなってくるんだなー。
アベッカムさん、やっぱり、貴重な時代の生き証人。
  • URL
  • 2009/07/27 22:57
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。