スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイム・トリップ*バス・ターミナル

盛岡に住んでいた頃は、自転車か原チャ移動だったので、
あまり縁のない場所だった。

カクトラノオ

カクトラノオの花の向こうの、無愛想な古い建物は、
盛岡のバスのターミナル、通称 <盛岡バスセンター>

バスセンター
ターミナル

市内のバス路線の中継点でもあり、長距離の発着が多いのではないかな。
(すいません。 バス使わないんでわかりませんが・・・)
タヘミナル

昭和35年に作られたというこのバス・ターミナル。
なんの変哲もない建物だけど、昭和の香りに充ち満ちている。
昔は屋上に遊園地なんかもあったらしいけど、
連れてきてもらった記憶はないなー・・・。

最近は、この懐かしさを求めて訪れる人もぼちぼちいるらしい。
近い将来建て直しするらしい報道があったせいか。

内部
待合室

そうそう、バス利用者じゃなかったけど、
一度だけ、このバスセンターを使ったことがある。
海の方の現場に行っていた当時の彼氏に会いに行くため、
仕事が終わった後、ここから最終のバスに乗ったっけ。
時間がなかったから、ターミナルの中の様子は記憶にないですが、
そんな、ちょっとショッパイ思い出がヒョイと出てくるから、
故郷の街ってアナドレナイ。

扉
階段

狭いロビーには、昭和な店舗が何軒か入っている。
残念ながら、私が行った五時には、
だいたいシャッターを下ろしてしまっていました。

時計屋さん
フジワラ売店

ここでコーヒーとトーストをいただいて、
県内のちょっとした長距離の旅に出る。
そんなことを、もう一度やってみたくなって、
だけど、そんな時間はもう自分にはなくて、
とりあえず、コーヒースタンドのカウンターに腰掛けてみました。

トースト照明
コーヒーは200円。 はちみつバタートーストは、なんと150円!!

ゆでたまご
カーテン
カウンター

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

ガウディーの建築・・・カサ・バトリョ(その3) Casa Batlló from 駿河木の家日記

[?第一広場 バセオ・デ・グラシア] カサ・バトリョ「ノブレの階」の中では,?第一広場 (バセオ・デ・グラシア) が最も込み合っていました。 しかも、 半数以上の人が、携帯に耳を傾けています。「マナー違反ですよ~っ!」と、注意しようと思いましたが、よく見ます
  • 2009/08/18 22:34

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/539-45b8e931

Comment

シードル

バスターミナルってどうしてあんなに郷愁が溜まってるんでしょうかね。
家が駅から遠かったのでバスはよく利用してたなー
ほこりくさい木造で1台ずつ船のドックみたいにバスがおしりから入ってくる
バスターミナルがありました。
けど駅前再開発で怪しげなもの一掃、残念。。

ほおほお、しょっぱい思い出ですかい。
海へ行くバスに乗ってカレシに会いに行くユーミンの歌なかったっけ?
あれは相模線か。
こういうとこのコーヒーカップはなぜかブ厚い。そんで欲しくなると(笑
蛍光灯インの看板て今じゃ作らないんだろうな。
最期のセピアっぽい1枚が特に素敵です!思い出グラフィティな感じ。

そういや↓の盛岡行きでここからバスでユースホステルに行ったはずなんだけど
覚えてない…ガビーン!

白あずき

おおっと、前のコメントのお返事を書いてるうちに、
こちらのコメントが書かれていて、びっくり。
i-186からお帰りなさいませ。

松本にもありましたか、郷愁バスターミナル。
だけど、交通ターミナルは、どんどん新しくなりますよね。
ここも今まで残ってたのが不思議なくらい。
ちなみに、東京の家の沿線の某駅のホーム、
都内とは思えない、いい雰囲気を醸していたのですが、
複々線化のために、ついに壊されてしまいました。
あのベンチ、写真撮りに行こうと思ってたのになー。

> 海へ行くバスに乗ってカレシに会いに行くユーミンの歌なかったっけ?
> あれは相模線か。
♪夏の終わりのー、天気雨ー♪ ですね。
春色の汽車に乗って海に連れてってもらうのは、松田聖子か。
ははは・・・そおいう世代です。

> 蛍光灯インの看板
実は、もっともっとシビレル看板があるらしいのです。
「フルヤのチョコレート」 とか、「でん六ミックス」 とか、「明治のスカット」 とか。
「明治のスカット」 は、さすがの私も知らんけど。

え? バスセンター来たことあるの?
まぁ、そんなに輝いてる場所じゃないしね。覚えてなくても。
乗り換え時間に気を取られてたら、ただのオンボロ・・・おとと、以下自粛。
  • URL
  • 2009/08/18 22:38
  • Edit

surugaki

特に8枚目以降の写真は、カサ・バトリョ( Casa Batlló)を
彷彿させますね。白あずきさんのコメントと共にリンクさせて
いただきましたので、比較してみてください。またバルセロナ
に行きたいな~ぁ。・・・想いはきっと叶えられると信じてやみ
ません。

美鳥花

アタスもしょっぱい思い出に喰いつきませた!あったーーぞ「モンキーズ」のピーター・トークうり似の彼とさよなら~~な、バスの中国山脈越えセブンチーン~~~その頃バスで3時間もかかったなぁ~~。。。この風景とよく似た場所、雑貨類も青い時代を過ごした町にもあったぞ!シードル巨匠ちの風景写真もそうだけど~~~いいなぁ~~昭和な風景!
  • URL
  • 2009/08/19 16:03

白あずき

ガウディと並べられるとは、盛岡バスセンターもさぞや、
驚いていることでしょう。
光栄過ぎて、涙が出ました(嘘っぱち)。
まさか、今年の海外旅行は、またバルセロナに・・・。
>想いはきっと叶えられると信じてやみません。
で、想いが叶った・・・というオチなのでは?
早速スペインのお土産を調査しておきます。
あ、ワインなんか、いいかも!
  • URL
  • 2009/08/19 22:51
  • Edit

白あずき

やはり、ショッパイ想い出に食い付きやしたか!
姐さんは、愛の逃避行履歴があるもんねー。
あ、もしかして、それがモンキーズ?
(モンキーズ、知ってますよー、もちろん♪
うちに、ソノシート(古っ)があったよー)

昭和な風景、ついつい探し求めてしまいます。
旅先でも、そんなとこばかりみつけて写真を・・・。
周りには、ヘンな顔されてますけどねー。
  • URL
  • 2009/08/19 23:28
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。