スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のおわり、秋のはじめ

夏が終わりかけ、秋の始まりのころ、
武相荘を訪れました。

武蔵野の”武”、相模原の”相”、で、武相荘。
言わずと知れた、白洲次郎・正子の住んだ家です。


長屋門より
武相荘

初めて訪ねたのは何年前だったろう?
その後何度か訪れてるけど、そのたびに周りが都市化している。
正子の住み始めた頃は、ほんと、武蔵野の山の中だったんだろうに。



新聞受け
薄と窓

それでも、ここに入ると、周りには今も、
武蔵野の原が広がっているような錯覚。


水引の道
くつべら

ゲンノショウコ
トイレの窓
椎

喫茶でアイスをいただいてたら、団体さんが・・・。
NHKスペシャルドラマの影響か、最近は、はとバスツアーにも入ってます。
私の家ではありませんから何とも言えませんが、
こういうところは、団体さんは拒否されたらどうかと・・・。


狛犬狛犬②

邸内を巡る遊歩道に立っている、”鈴鹿峠”の石標。
武蔵野の面影は、もはやここに残っているだけ。


鈴鹿峠

柿の葉

武相荘
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷町 1284
2008map-s.jpg
(武相荘HPより)




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/555-15430e45

Comment

シードル

ふーんそうなのかツアーコースに入っちゃってんですね。
この佇まいは(行ったことないけど)ゆっくり静かに
見たいもんですが。
秋のけはいを感じる庭がいいですね。
赤い水引?これ好きっす、うちにもあった。

しみじみした風景を見てたら国木田独歩の『武蔵野』思い出した。
(本モノは読んでません、マンガで、、、;)
ところで!ここ売店もあるんですよね。
どんなもんが売ってるんすか?興味深々
前にも言った(と思う)けど隣の相模大野に親戚がいるんで
そのうち行ってみようかと思ってるんですよ。

美鳥花

武相荘 。あれからもう一年か。
アタスも白あずき嬢といっそのこと思いませたよ!(自分は行っといてなんですが。。。。)
こんなに数多くの縁もゆかりもなき人々が毎日やってきて、果たして故人の意思はどうなんよ!って!
しかし ドラマだから美化されてるところありと言えど最高のカップルでしたね♪
ああ~~~英車ベントレーアタスも乗ってみたぁーぃ!日本ジンでそれなりのジンが保有しているそうですね。
  • URL
  • 2009/10/02 19:51

白あずき

相模大野ですか! じゃ、すぐ近くですね。ぜひぜひ。

売店ありますよ、あっ、アップし忘れてた。
私はチョウチョの箸置きを買ってきました。
たしか、白洲正子のブローチかなんかのデザインを真似たもの。
あとは、絵はがき、陶器、正子の書籍類、↑の写真に写ってる竹の靴べら、
オリジナルグッズのTシャツ、トートなどなど・・・。
すごくいいとまでは言いませんが、まぁ楽しいです。
ただ、欲しいものは・・・高いです(仕方ないねぇ)。
白洲邸にある鉄製の吊り型花器のレプリカ、欲しいんだけどなー。

赤い水引、我が家でも今、満開。
白い水引もあるんですよ。

  • URL
  • 2009/10/04 21:45

白あずき

ええっ、もう一年経っちゃったの? 早いですね・・・絶句。
姐さんの武相荘記事を再見しようと伺ったのですが、
検索機能がないうえに、記事の量が膨大過ぎて、挫折しました。

> ああ~~~英車ベントレーアタスも乗ってみたぁーぃ!
真っ赤なジャガーで信濃路を疾走する美鳥花&古ぼっちゃま、
私は密かに、ベントレーの白洲夫妻を連想していましたよ!
  • URL
  • 2009/10/04 21:55

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。