「爆発空間」・・・だそうです。

万博で、尾形光琳の燕子花図屏風を見たはずなのに、
忘却の彼方・・・というシードルさんに捧げます。
(万博=大阪ですよね?)

まさか、これは忘れてないよね?
201005太陽の塔①

で、”太陽の塔”といえば、この人、ですよね?

201005太陽の塔の横顔

前回記事の、根津美術館を出て、骨董通りの方面に曲がると、
大々的な更地が出現!
たしかここには、インテリア・雑貨のお店、IDEE(イデー)があったような???
(久しぶりの青山なもので、記憶違いかも・・・)
と、その更地の向こうに次の目的地が見えてきました!

201005記念館裏側

前面に建物がなくなったおかげで、
以前は見えなかった、建物の裏側が見えた♪

正面に回ってみましょう。
ここ、久しぶりに来たけど、大好きなところです。

岡本太郎記念館だー!

201005岡本太郎記念館

元々、太郎さんのお家だったところで、
もちろん、アトリエもあります!

なんと受付のお姉さん、聞いてもいないのに、
 「館内は撮影OKですから、カメラお持ちでしたらどうぞ」
って、え~、なんて太っ腹なの~!

アトリエは、当時のまま。

左側の窓が、裏から見えたとこですね!
201005アトリエ①
201005アトリエ②
201005アトリエ③
201005アトリエ④
これが天才の机の上。
酒瓶があるあたり、いたく共感出来る。


居間には、TARO(以下、愛をこめてこう呼ばせて)作の椅子やオブジェ、
食器なんかも置いてありました。
(あ、TAROの蝋人形も・・・

201005居間の食器


201005吹き抜け

二階には展示室。

201005展示室①
201005展示室②

TAROのカメラが展示されていました。
うちの父もカメラ小僧だったから、なんか懐かしい。

201005TAROのカメラ

TAROは、1950年代から60年代にかけて、
首からカメラを何台もぶらさげて、日本各地を回り、
膨大な写真を残しているそうです。

で、記念館では、「岡本太郎の眼」と題して、
TAROの撮影した写真を紹介する企画展を開催中(6/27まで)。

201005写真展

展示室の中央に、赤いカーペットが敷いてあり、
TAROの写真が、無造作に置いてある。

201005赤いカーペット
201005鹿踊りの写真

みんなでこのカーペットの上に座って、モノクロの写真に見入る。
しばし、古き良き時代の日本に、思いをはせる。

赤いカーペットで写真を見る


さて、狭いけど、お庭もTAROぽい楽しい顔がいっぱいです!

201005お庭
201005お庭で①

201005これ好き~

これって、最初から植物を植えるつもりだったのかなー。
201005植木鉢①

こちらは、元々植木鉢らしい。
201005植木鉢②

お庭に面して、ケーキが美味しいカフェもあります。
お目当てのレモンのケーキは、この日はなかったけど、
チャイとケーキで、お庭を見ながら一休み。
201005お庭の見えるカフェで

前衛っぽいゲイジツとかは、まるっきり苦手なんですが、
なんだかTAROの作品を見た後は、顔がにこにこしてしまうので、好きです。
元気とパワーをもらった気がする。

ありがと、TARO!
また、来るね!!   (レモンケーキ食べに・・・)

201005寄せ書き


<オマケ>
裏がよく見えるようになったら、
裏門にもTAROの作品があるのに気づきました。 らっき♪
201005記念館裏門

岡本太郎記念館
 東京都港区南青山6-1-19 TEL.03-3406-0801
TAROのmap
(地図はクリックすると大きくなりますよ)


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/632-4ca2c5f5

Comment

美鳥花

「芸術は爆発だ!」岡本太郎のこの言葉は、彼の天才画家としての存在を不動のものにしましたが、太郎といえば万博の太陽の塔もさながらメキシコで見つかった★明日の神話
♪風の中のスバル~~的番組でパートナーでもあった岡本敏子女史が超巨大な壁画の日本移送、修復までのプロセスに熱き思いをしたことがありました。
広島にも勝ったぞ 渋谷に招致のこの壁画も
観たいぞー! 岡本かの子も一郎も好き!
  • URL
  • 2010/05/17 11:21

surugaki

「爆発だ~ぁ!」は、テレビCMでしか見たことがありませんが、ド迫力でしたね。
圧倒されました。もちろん、私のような若い世代には、この塔を知る由もありま
せんが、テレビでは見たことはあります。・・・ウソですよ~ぅ。
実は、大阪万博の時は高校生でしたから、外国人、特にコンパニオンにサイン
を頂いた覚えがあります。皆さんもサインをオネダリしていましたね。そんな時代
が懐かしい。(twitter)
それにしても、この記念館は10年ほど前にテレビで放映された時と変わっていま
せんね。しっかり「家守り」をされているようで、安心しました。

シードル

あっ太陽の塔だー!
知りませ…知ってます(ちっ)
これはもとの作品?実物は姐さんちエリアにまだあるのかな。

岡本太郎のアトリエは私も日曜美術館かなんか見た記憶があるような。
このデカ窓覚えてるような、、、
画家のアトリエってハズレがないですね、かっこええ。
はい超ミーハーだもん。形から入るもん。
赤バックにモノクロ写真がらしいし、階段や間取りおもしろそう。
主の感覚が今も息づいてて好きですこーいうの。

地図見たけど、ぜってー迷うコレ。ぜってー逆方向行くと思う(笑
自分でわかる。(行くつもりかっ)
ここらへんて土地高いんだろうなあ、いやその庶民の詮索ですが。
ささげものばっちりいただきました、多謝!

白あずき

「芸術は爆発だ!」って、今で言えば、流行語大賞間違いなしですね。
あのCM、強烈でしたー。
実は、川崎にも岡本太郎の美術館があって、そこに行ったとき、
TAROの昔のCMフィルムが上映されていたり、
商業デザインがたくさん展示されていて、懐かしかったです。
「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」のグラスとか。

『明日の神話』、京王井の頭線とJRの乗り換え途中にあり、
私はよく利用する乗り換えなので、いつも見上げながら通ります。
TAROの作品を見るとニコニコしてしまうと書きましたが、
この絵だけは、見る度TAROが訴えたかった思いを受け止めようと、
マジメ顔でみつめています。

瀬戸内寂聴の『かの子繚乱』は、マイ愛読書です!!
  • URL
  • 2010/05/17 23:39

白あずき

ご無沙汰しておりました~。お元気そうでなによりです。
近頃はtwitter一辺倒かと・・・。

surugakiさんは、高校生でしたかー。
やはり行かれたのですね。
私は○歳で幼かったため(実は遠かったから)、現地には連れてってもらえませんでした。
オトナになって、阪神高速から太陽の塔を見たときは感動したな~。
初めて東海道新幹線から富士山を見たときくらい感動しました。

実は私もここに行ったのは久しぶり。
10年ぶり、いや、それ以上かも?
たしかに変わってなかったけど、新鮮な感動でしたよ。
吹き抜けに架かった二階のグレーチングの渡り廊下は、
相変わらず恐かったですi-230(高所恐怖症)
  • URL
  • 2010/05/17 23:57

白あずき

よく考えたら、年齢考証出来そうな記事を名指しで捧げてしまい、ごめんなさい。
でも、だいたいみんな同じくらいの年代みたいだから、
気にしな~い。(あ、surugakiさんは頭ひとつ抜けてるかな)

太陽の塔、当時は「ヘンなの~」と思ってましたが、
オトナになってから高速走っていて、
いきなり目の前に実物が出現した時は感動ものでした!
この前、眼の照明が点灯した時も、ちょっと感動したな。

ほお、日曜美術館でやりましたか。
アトリエって天井高いから、なんとなくみんな雰囲気似てますよね。
元自宅だから、コンパクトな建物ですが、ちょっとわくわくする建物です。
二階渡り廊下はスケスケで、高所恐怖症の私には、ちと恐怖ですが。

> 地図見たけど、ぜってー迷うコレ。
私も久しぶりに行ったので、迷うんじゃないかと不安だったのですが、
前の建物が全消去していて見通しがよかったおかげで、
すぐみつかりました♪
まぁ、逆方向に行った場合は保証の限りではありません。

  • URL
  • 2010/05/18 00:13

たんぽぽ

わ~、びっくり!根津美術館の後、私も行ったデスよ!だって、近いもん、行きますよ。
そのうち根津の記事といっしょにアップを、と思っているうちに…ここは、季節関係ないようなのでまたいつか・・・

私はここに行く時、全消去の空き地を通り過ぎて、ぐるっと回ったけど。空き地の反対に「ブルーノート」があって、一回ここ来てみたいななんてみていたら気づかずに通り過ぎていました。
岡本太郎はう~ん、よかった~、やっぱり元気もらえますよね!私もよさがわかったのは、数年前位、それまではふ~んって、あまり感じませんでしたが、「明日の神話」を知ってから、興味湧き本を読んだりして、大好きになったんです。
ここで、私も写真とっていいですっていわれて、うれしくてたくさん撮りました。
立ち去りがたくて、カフェでお茶し、お庭を眺めました。太郎さん(知ってる風)がいて、何をしても許してもらえそうな?包容力をかんじました。階段上の白黒の写真、あれ、かっこよかった~!
渡り廊下は確かにちょっとどきどきですね。ズボンでよかった~、(じゃないって?)

作品もでかいし迫力あるけど、植えてある植物もみんなでかかったですね!特に奥の木の葉っぱは、3,40センチありましたよ~。さすがです。

p.s. 私もリンクさせていただきました。またいろいろ教えて下さいね。今後ともよろしく~。



白あずき

ひぇ~、三度目のびっくりですね!
たしかに根津美術館の近くだけど、ここをハシゴする人は半分以下だと思いますよ~。
すごい確率でカブってますよね。私たち。

「ブルーノート」は、昔は骨董通りの方にありませんでしたっけ?
私も一度行きたいと思いつつ、行きそびれています。
やっぱりお気に入りのアーチストが来たときに行きたいですからね。
あ、なぜか大阪の「ブルーノート」には行ったことありますi-229

TAROは、瀬戸内寂聴がTAROのお母さん(岡本かの子)のことを書いた小説、
『かのこ繚乱』を読んでから興味を持ち、
川崎の 岡本太郎美術館に行って、好きになりました。
子供の時は、ばかにしてたのに、きっと私がオトナになったのね・・・。

私も写真たくさん撮ったけど、ボケボケだったので、ほとんどボツになりました。
たんぽぽさんのアップ、楽しみにしています。

カフェも行かれたんですね。
あそこ、記念館に入らないでお茶だけでもOKなので、
仕事途中風のオジサンとかもコーヒー飲んだりしてました。
あの庭のデカイ木は、バナナですよね、たしか。
すげーグロい花で、私はあそこで生まれて初めてバナナの花を見ました。
「ハチに注意」って書いてませんでした?
バナナの花に寄ってくるのかな~。i-263

とにかくいちいち歓喜しちゃうスポットです。
元気のない時、また行こう。
  • URL
  • 2010/05/19 22:24

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作