スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三分の一レシピ

むかし、むかし。

大好きな、ばあちゃんちの庭には、二本の梅の木がありました。

一本は「お母さんの梅の木」で、二階くらいの高さの白梅。
もう一本も白梅で、
こちらは一階の屋根くらいの高さで、「ばあちゃんの梅の木」。

毎年家族総出でウメ取りをして、
「お母さんの梅の木」から採れたウメは母が持って帰り、梅干し作り。
「ばあちゃんの梅の木」から採れたウメは、ばあちゃんが漬けた。

2010うめ豊作

オモシロイのは、親子なのに、漬け方が全然違う!
母親のは、紫蘇を散らして、どっちかというとトロッとした仕上がり。
ばあちゃんのは、一個一個紫蘇で丁寧に包んであって、実がシッカリしてたっけ。

もちろん、どっちも美味しかった!
もう一回食べたいなー、二人の梅干し!
私はお手伝いはしてたけど、部分的にしか作り方を覚えてなくて×。
もちろん姉の記憶も、私と同等程度。
ざんねん・・・

* * * * *

さて、
今年は、我が家の庭のウメの木に、たくさん実がつきました!
・・・といっても、まだ植えて4年目くらいだから、
ばあちゃんちの二本の梅の木とは、比べぶべくもないけど。


そのままにしておくのは、もったいないかな?
という程度に実をつけたので、
今年初めて、「収穫」なるものをやってみました。

2010うめ収穫

計ってみたら、300gだって。 ははは・・・

梅干しはシンドイので、
梅漬けにしてみようと思います。
レシピは大抵1㎏なんですが・・分量1/3にしないとね。

さて、どおなることやら・・・



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/637-d4e17d7f

Comment

美鳥花

白あずき嬢家の「梅物語」にチョィウルウル。。この水無月の季節は梅の季節 亡き母の梅干し&ラッキョ漬けを懐かせーく思い出しました。どっかいやいや市販のモノとは全くちがった伝授味を受け継ぐことができなかったことにも後悔。
3分の1のレシピ楽しみにまってるけんねぇ~~~♪ (アタスの待つわの意味をくれぐれも
夏が来る前に思い出しておくれ。)
あっ、まだまだ不順の天候の間の中でウメピョンは、元気なん?
  • URL
  • 2010/06/03 19:55

たんぽぽ

お~っ!りっぱな梅が採れましたね!
やっぱ、おばあちゃんのおうちに梅の木があったんですね。
うちもありました…遠い昔のこって。。。

親子でも漬け方が違うんですね。
どっちでもやっぱり手作りはうまいべな。
懐かしい味だべから。

私も田舎の梅干が大好き、今年は叔母さんがこの前送ってくれたから、しばらくはもちそう。
つい一昨日は甘いハチミツの入った高級な南高梅の梅干を頂いたけど、即!人にあげちゃいました。甘ったるいのは好きになれないの、いくら立派な南高梅とか言われてもね~。
田舎モンだから、へへへ。

白あずきさんはどんな梅干がすきなの?
ウメさまは梅干食べないよね~。
  • URL
  • 2010/06/03 22:30

シードル

もうひとつの梅の季節ですね、早いなあ。
そういや我が家もキッチンに梅の実がいつものデカ鉢にゴロゴロ入ってた。
あれ?今年は小梅みたい。小粒だ。(私が漬けないのまるわかり)
こっちの方は梅干じゃなくてカリカリ紫蘇梅やリカー漬が多いです。

おばあちゃんとお母さんの漬け方が違うってことは
それぞれ外せないこだわりがあったのかそれとも年季の差だろうか。
はたして白あずきさんの味はどっち寄り?いやmix?

ザル盛り梅の実がきれい~、このままパンフレットになりそう。
ザルはあそこの?
漬けたらアップしてくだせえ。

白あずき

なんか自家製ものって、母親とか思い出しちゃいますよね~。
結構、細部は思い出されるんですが・・・。
実を二つに割って、種のあったくぼみに塩を盛って、
バットに並べて屋根の上に干す。
雨が降り出すと、慌てて取り込んで・・・とかね。

3分の1のレシピは、ふつーにどっかのレシピを調べて、
分量を3分の1にするだけでーす。(手抜き)

> あっ、まだまだ不順の天候の間の中でウメピョンは、元気なん?
思い出してくれて、ありがぴょん♪
うめぴょんは、白あずき菜園産直の無農薬ミニトマトを、
口の周りびちょびちょにしながら食ってます!
下僕はその間、ティッシュでお口をフキフキしながら控えております。
  • URL
  • 2010/06/04 19:35

白あずき

梅、そんなに立派じゃないんですよ。 
写真じゃわかりにくいけど、、小梅ちゃんより少し大きいくらいかな?
でも、自分んちで出来た梅だと思うと、ほっとけないですよね。

たんぽぽさんのおばあちゃんちにもありましたか?
梅の収穫しました?
うちは、父母、叔母、姉、私で、虫取りの網を使ったり、
二階の屋根に上ったり、イベントでしたね♪

叔母さんが作ってくれるんですかー、うらやましいなー。
あのー、300gですが、送ったら一緒に漬けてくれないかしら~。

> 白あずきさんはどんな梅干がすきなの?
私も甘い高級梅干しより、ばあちゃんぽいスッパイ梅干しが好きだーっ!!
カリカリ梅もいいですね。よく駅弁に入ってるような。
今日は、刻んだカリカリ梅が入ってる「梅しらすピラフ」を食べました

うめ様はきっと食べないけど、もし食べるとしたら、
口をすぼめて眉間に皺を寄せて食べそう。
(トマト食べるときに、そういう顔をする)

  • URL
  • 2010/06/04 20:14

白あずき

もうひとつの梅?
そうね、うめぴょんはオールシーズンOKだからね♪

私も今年はカリカリ梅にしてみようと思ったのですが、
収穫してからグズグズしていたので、実が柔らかくなりかけて・・・
カリカリにはならないかも?

> おばあちゃんとお母さんの漬け方が違うってことは
> それぞれ外せないこだわりがあったのかそれとも年季の差だろうか。
たぶん、母がえー加減で、ばあちゃんがキチッとしてるから。
本文にも書いたけど、ばあちゃんの梅干しは、一個ずつ紫蘇が巻いてあって、
壺の中に、きれーに整列しておりました。
なので私のは、母寄り。(もちろんおーざっ・・・)

> ザルはあそこの?
そうなの、あそこの♪
このザルを小脇に抱え、梅の実を収穫する日を夢見ていたのよん。
来年は、もっと沢山成りますように。

> 漬けたらアップしてくだせえ。
それは、出来しだい。
  • URL
  • 2010/06/04 20:26

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。