スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE IS ART <碌山美術館>

201007碌山の鐘

かれこれ●十年前、スキーの帰りだったか。(八方だったかな?)
帰り道にここへ寄ったとき、休館日で・・・
泣く泣く、塀の外から写真だけ撮って帰った想い出の場所です。

帰ってきたぜ! 碌山美術館!!

※今更の説明ですが、ここは、
 安曇野出身の彫刻家・荻原碌山の個人美術館です。
 (昭和33年4月 建設、鉄筋コンクリート造 、設計/今井兼次)
              あれ?これ建築探偵シリーズ?

201007碌山美術館・外観

まるで、教会のような建物。
ここの設計者が、教会建築を多く手がけた今井兼次といえば、うなづけます。

数年前訪れた、世田谷区成城にある、
カトリック成城教会の設計が、やはりこの人で、
調べていて、碌山美術館を設計した方だと知った。
2006.9月の成城教会の記事です)

成城教会の時も書いたけど、
今井さんは、職人さんの手仕事を残すのが好きで、
自らも現場で職人さんに混じってやってらしたそうですから、
もしかして、ドアのこんな意匠も、今井さんのアイディアかも。
・・・なんて、これは碌山の彫刻?
201007取っ手の妖精
201007取っ手の妖精②
(ボケまくり・・・すいません。興奮しちゃって。)

そして、この子。
201007ノッカーキツツキ
美鳥花姐さんへの宿題。
私が行ったときは、開け放されたドアの裏にひっそり留まっていて、
見逃すところでした・・・。



201007十字架の屋根

雨上がりの緑が、赤煉瓦に映えてみずみずしい~。

201007中庭の十字とベンチ

201007碌山・中庭

彫刻って、あまり見ないから偉そーなことは言えませんが、
きっと見る場所によって、印象が全然違うと思う。

建物の中か、外か。
緑の中か、都会のビルの間か。
暗い四角い美術館の中か、それとも・・・。

この緑に囲まれた、教会のような建物の、あの空間で見る「女」。
どこか違う美術館で見たら、きっと見上げているものが違って見える。
(当たり前か)

そういう意味で、東京の日暮里にある「朝倉彫塑館」が好き♪
あそこは、建物ごと、町ごと、好き。
ここもちょっと、同じニオイがする。くんくん。



ミュージーアム・ショップの入ったグズベリー・ハウスの窓。
長野には、木の暖かみを感じる建物が多いですね。
201007資料室の窓

酔仙翁(スイセンノウ)でいいのかな?・・・の赤い花が、
たくさん咲いていました。
201007碌山・裏庭
201007碌山・裏門

そして、東京ではもう終わっていたヤマボウシに、もう一度会えた♪
大好きな、木の花です。

201007ヤマボウシ

★記事タイトルの「LOVE IS ART」は、以下の碌山の言葉より。
 LOVE IS ART,  STRUGGLE IS BEAUTY.--愛は芸術なり 相剋は美なり--


碌山美術館
  長野県安曇野市穂高5095-1
  Tel. 0263-82-2094


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/653-0b9840a4

Comment

美鳥花

ウォイ!待ってました!!帰ってきたぜぃ白あずき嬢は観た★碌山美術館 人の視点って実に色々いろで着眼の対象物がおもしれい♪
その中でも共通視点が嬉しい♪今思えば、さり気に通過の鉄の門扉も美しかったなぁ。。。あっ確かに咲いていたヤマボウシ。。
アタスは、名水のそばの苔むした中のヘビイチゴの赤い実がやたら気になりました。。。。
君みせびらかせ~~の碌山美術館風景に
もう一度安曇野したいです。
この、碌山でアタスもおもったぞー朝倉彫塑館の存在 あと何年で修復完成?
  • URL
  • 2010/07/15 11:58

白あずき

> 人の視点って実に色々いろで着眼の対象物がおもしれい♪
そーなの♪そーなの♪
自分が撮りっぱぐれた写真があったりすると、なお嬉し♪

名水のところのやたら重いカップを撮り忘れたの~。
姐さんとこでみつけて、嬉しかったよん。

> この、碌山でアタスもおもったぞー朝倉彫塑館の存在 あと何年で修復完成?
やっぱりすか!?
なんか嬉しいなー!
修復工事中だったんですね。知らなかった~。
教えて貰ってなかったら、近々行ってたかも・・・ありがと!
今調べたら、25年3月までだって。長い・・・
  • URL
  • 2010/07/15 22:39

たんぽぽ

しばらくぶりです~。
箱根、そして安曇野~と旅づいていますね!
箱根もよかったですがこちらもいいですね。

そうですか~、萩原守衛の彫刻はよく目にしましたが、この美術館のことは知りませんでした。クリスチャンだったからこういう教会みたいな建物なのかな。表はツタでみえませんがこんなレンガの建物ですか。
ドアノブとか、かわいいキツツキさん?とか。いろんな細工が面白いですね。

ヤマボウシが今頃なんですね。
赤い花は、酔仙翁っていうんですか、とっても印象的な赤ですよね。

今度はどこか、楽しみにしています。

いつかいってみたいな~。

  • URL
  • 2010/07/15 23:36

シードル

おぅっここにもデジャヴュ的なものが。
碌山美術館もさんざん素通りしましたが
こうして見ると、いいところですね。(何お言ってる)
ん~、撮る側の感性だな。

隣の中学校、昔は木造の古~い校舎で
ここと相まって味のある空間だったんですけども
どうも戦後のやっつけ仕事だったそうでさっさと新築されて
今のコンクリ学校に至ります。(人口が増えたってこともあるみたい)

ちょい西には昔の「中村屋」のカリー?と同じ味のカリーを出す
レストランがあって好きでちょいちょい食べに行きました。
(過去形、今はありません)

相剋か、、黒光と愛蔵のことを連想させられるなあ。

白あずき

こちらこそ、お久しぶりです!
そちらに伺ったら、変わった葉っぱか゜出ていて、
なんの葉っぱだろう?と検索しているうちに、何をしているのか忘れちゃって、
そのままコメントせずに戻ってきてしまいました。
深刻な、認知症の症状です。

碌山美術館、いいですよー。
松本方面に行かれることがあったら、ぜひ。
あ、休館日はちゃんと確かめて・・・(それは私です)

酔仙翁、今まであんまり気にしてなかったんですが、
ここで見たら好きになっちゃって(単純)・・・
どこかでみつけたら、家のお庭の一員に、と考えております。

  • URL
  • 2010/07/16 22:27

白あずき

あ~あ、こんな素敵なところが周りにたくさんあるシードルさんが羨ましいですー。
ま、近くにあったらあったで、行かないもんですよね。

> 隣の中学校、昔は木造の古~い校舎で
ありましたね、中学校。
なんか、中庭をつっきって行けそうな感じで扉があったような・・・。

ここの資料を色々見てから、
新宿の中村屋を見る目が変わりそう・・・。
そのうち久しぶりに行こうかな~、カレー食べに。

> 相剋か、、黒光と愛蔵のことを連想させられるなあ。
どおいうこと~?
二人は対立関係だったんですか?
実は、黒光は同窓生?です・・・(ん?違ったかな?)
  • URL
  • 2010/07/16 22:42

riri

私も行きたいなー。
食べたいなー。
まあ、写真だけでもちょっと行った気分になれるけええか。

下の魚の丸いのは見たことないです。
大きいたこ焼きか思いました。
  • URL
  • 2010/07/26 20:30

白あずき

私もシードルさんのブログを見ていつも、
> 行きたいなー。
> 食べたいなー。
と思っていたところに、ついに!つという感じです。
いつか行く日のために!って思って、他の人のブログに行くのも楽しいですね♪
広島にもいつも行ったつもりになってますよん。

> 大きいたこ焼きか思いました。
た・・・たしかに!
これは見ただけではわからない味&食感ですよ。
ましてや私の写真では・・・。
しかも、規格外の商品を分けて貰ったものなので。
  • URL
  • 2010/07/27 22:25

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。