スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカリヤ ヒガシ <松本市>

(また、松本に戻ってきちゃったよー。)

これは初日のお昼の写真です。

前回の松本訪問時、今度来たときは、ここでランチって決めてました。

蔵のヒカリヤマーク

120年前に建てられた名門商家『光家』の建物を使った、
日本料理の『ヒカリヤ ヒガシ』。

同じ敷地内には、フレンチのレストラン、『ヒカリヤ ニシ』もあります。

ヒカリヤ・ヒガシ201007

どうしてここにしたかっていうと、
前回の松本行きの記事に載せたこの写真

ヒカリヤ・街灯

私は、お城の型抜きが面白くて、街灯を撮ったんだけど、
めざとい気の利くシードルさんが、
「ヒカリヤは、旧商家のお屋敷を改築した和と洋別々のレストランです。」
と、教えてくれた。
で、HPを見てみて、俄然行きたくなって、初日のランチに予約しました。

ヒカリヤ・ヒガシ
ヒカリヤ・座敷
相変わらずボケ写真ですいません

店内は、座敷に低いテーブルと椅子(このスタイル増えてますね、好きです)。
衝立で上手に目隠しされているので、個室のような感覚で落ち着けます。

衝立も、長野の山々を描いた素敵なもの。
こういう絵もいいな~。
ヒカリヤ・衝立
ヒカリヤ・違い棚

お蕎麦のついた”箱膳”を頼みました。
おっと、その前に、”信州ナチュラルビール”。
さっぱりスッキリの、私好みのビール(ビールは重くない方が好き)。

信州ナチュラルビール
ヒカリヤ・箱膳
ヒカリヤ・箱膳②
これにお蕎麦がついて、¥2000って、安くないですか?!
ヒカリヤ・お蕎麦

食事の後は中庭に出てみました。
広い庭ではありませんが、『ニシ』との緩衝帯にもなっているのでしょう。
モミジが「秋にもおいで」と言ってるし、次は『ニシ』だな。

ヒカリヤ・中庭

ナチュレフレンチレストランの『ニシ』の方は、
蔵を改造しているらしい。

こちらは、『ニシ』の厨房(ここは新築ですね)
ヒカリヤ・ニシ・厨房

中庭のスグリ。
(姐さんも、スグリの写真撮ってたなぁ)

ヒカリヤ庭のすぐり

松本は、まだドクダミがリアルタイムで咲いていた。
よかったー。 ドクダミの帯を持ってったんだー。

ヒカリヤ庭のドクダミ

テラス席もあるみたい。
(夏期の夜、ガーデン・バーベキューのコースがあるらしい。いいな~)

ヒカリヤ・テラス
ヒカリヤ・蔵とザクロの花

蔵の白壁に、ザクロのオレンジ色の花。

ヒカリヤ・ザクロの木下
ヒカリヤ・ザクロの木下②

外観はこんな感じです。
前回の松本訪問の時、前を通ったのに、スルーしてました。
なんてこった!

ヒカリヤ・外観

そうそう、ここ、扉温泉明神館のプロデュースするお店だそうですね。
同じく扉グループの、松本駅前の『花とびら』も、気になってます。
(きっと地元の方からレポが届くことでしょう

ヒカリヤ
  長野県松本市大手4-7-14 
  定休日/毎週水曜日
map.gif
(地図は『ヒカリヤ』HPより)





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://amarantine2.blog46.fc2.com/tb.php/654-768f54b7

Comment

美鳥花

ここは、もしかして、 松本は、蔵シック通りですか?今回の信州泊でギリまで、天空のホテル
王が頭にするか、扉温泉は明神館にするか
タコ占い決めしたいぐらいまよっちまいでしたが~~~そうか、あの明神館のプロデュース
なら絶対だぁ~~~♪車中から休めのちぎりやさんから未練タラタラリン 撮ったぞーに、ここんちの写真が1枚ありました。
箱膳も美味しそうで安い!「山城」さんちは、蕎麦&オチケモンチラッでここんちと同額!
赤色に惹かれて撮った写真=スグリってネーミングなんだ~~~知らなかった。
行くたびに好きになる町ですね。。。。。
あぁ~~~秋にもう一度いきたい!!
その前に白あずき嬢のまつけん 受検しなくては、よーし、学習開始!
  • URL
  • 2010/07/17 16:57

白あずき

んーと。 たぶん蔵シック通りではないと思います。
(きっとシードルさんが説明してくれる? つか、記事最後の地図参照)
扉温泉もいいですね、行ってみたいな~。
天空のホテルも、ますます行きたくなってきたし・・・。
年内にあと一回は行ってしまいそうです。信州。
姐さんもきっと行くねi-278 まつけん美鳥花版とかどおでしょう?

すぐりの実、きらきら宝石みたいで美味そう・・・え?
食えるのかな?
(食えるか食えないかが、大事な基準)
  • URL
  • 2010/07/18 21:18

シードル

ぶっちゃけますとワタクシ自慢じゃないけど行ってないんです。
休日の昼めしタイムどまんなかに行って
満員御礼x2回、披露宴で貸切x1回ですごすごメニューだけ
持って帰りましたっけ。(遠い目、、)
うまかったんですね。よーし行くぞ!(逆じゃんか)

『花とびら』は十年前ぐらいに行ったのが最後かな。
同じく間仕切り席で、隣にうるさいグループがいて
ムカついて食ったという記憶が(笑
味は良かったです、でもしつらいやメニューの充実っぷりは
ヒカリヤの方がいいと思います。

↓相剋つーか、黒光を生涯想い続けた碌山と夫の愛蔵の関係って
どんなだったんだろう?と勝手に思ったんですよ。
二人で親密な相談してて愛蔵さんは気づいていたのかなと。
そういや黒光は仙台?の人ですよね。
  • URL
  • 2010/07/18 21:18
  • Edit

たんぽぽ

松本っていいところがいっぱいありますね!
歴史ある町並みなんでしょうね。おしゃれなお店も多そうですね。
ヒカリヤって立派なお屋敷だったんですか。
おそばもさぞ美味しかったことでしょうね~。

お庭の柘榴もきれい!私はこの花の落ちたのがかわいくて大好きなんです。実もね。
スグリもかわいい。多分食べられると思うんだけど。
この前桑の実に似てるのを卑しく食べて口の中がトゲトゲになってひどい目に遇いました。
おなかは大丈夫だったけど確かめて食べないと。(苦)

下↓ 碌山の展覧会があるようです。
東京芸術大学美術館で10月23日から、「ラグーザと荻原碌山」と題して。
あ、もうご存知でしょうか。


  • URL
  • 2010/07/19 21:04

白あずき

ええっ、行ったことないんですか?
まぁ、いつでも行けるとこって、そんなものさ。
料理は、ひとつひとつ、丁寧に作っている感じだったな~。
お店のお姉ちゃん達が、長い袴をひらひらさせてたのが少し気になったものの、
おおむね、よい感じでした。

カレペンパルが住んでいた頃は、
遊びに来たことなかったのかな?
味噌か醤油の蔵元だったみたいですが・・・。

『花とびら』は駅の近くだし、リーズナブルな感じなのかな?
他にも行きたいとこがありすぎなので、
しばらくは、おあずけかな?

黒光と碌山って、そんな感じだったんですかー(どんな感じだよ)?
いきなりなワイドショー的展開にビックリ。
そういえば、「女」のモデルって、黒光さんなんですよね。
ううむ。興味津々。
(やじうま女です)
  • URL
  • 2010/07/19 22:46

白あずき

松本って、行くたびに好きになります。
長野県内は、他にも色々行きたいとこが沢山あるのに、
なぜかつい松本に向かってしまう・・・。
たんぽぽさんは、行ったことありますか?
ヒカリヤさんは、町中にあるので、すごく広い敷地というわけではないですが、
蔵造りの建物が中庭を囲んで何棟もあって、立派です。

> お庭の柘榴もきれい!私はこの花の落ちたのがかわいくて大好きなんです。実もね。
私は、落ちた花に注目したのは、今回初めてなんです。
思っていたより、小さい花で意外でした。(実があんなですからね)
桑の実に似てるの、ありますよね。
そーか、類似品注意なのかー。
あぶねー、あぶねー。
(桑の実に目がないヒト)

> 東京芸術大学美術館で10月23日から、「ラグーザと荻原碌山」と題して。
お!そうなんですか! 行ってみよう~。
そういえば、前回の芸大美術館で、
↓の本文にも書いた朝倉文夫の彫刻が沢山出ていたので、
朝倉彫塑館はガラガラなのでは?と心配してしまいましたが、休館中だったんですね。
  • URL
  • 2010/07/19 22:58

シードル

ここは古い商家だったらしいです>ヒカリヤ
私をナンパしてくださった老紳士はここの当主で
(あとで松本の名士らしいと聞いてビビりまくり)
伺いたいと思っていた矢先に他界されてしまいました。

碌山は生涯黒光ひとすじプラトニックらぶe-415だったとか。
彼女への叶わぬ激情を表現したのが「デスペア」という作品だそうです。
今ならレポーター飛んでくるかも(コラ#
  • URL
  • 2010/07/20 23:46
  • Edit

白あずき

そうか、では光家当主の晩年にお知り合いだったのですね。
亡くなる前に、素敵な女友達が出来て、きっとより豊かな晩年を送られたことでしょう。


「デスペア」・・・ぐぐってみました。
「絶望」・・・なんですね。

なんか、調べれば調べるほど、げげげな話しが出てきて、ビックリ。
好奇心というか、ヤジウマ根性がむくむくしてきました。
碌山の生涯を書いた本ってないのかな~。
うーむ。また安曇野に行くしかないか・・・。
(資料室、はしょって見てこなかったヒト)
  • URL
  • 2010/07/21 23:52

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

 白あずき

Author: 白あずき
基本的には、フラフラするのが好き。
旅行したり散歩しながら、道端の植物やお店を覘いたり、美味しいお菓子を探したり・・・
現実はそんなことばかりもしていられないので、せめてブログでフラフラしよう・・・

月別アーカイブ

カウントダウンリアルツリー

ブログパーツ制作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。